「ウォーターサーバーを契約したいけどみんな良い部分しか言ってない。。」

「ウォーターサーバーのダメなところやデメリットを知りたい。。」なんてことが気になったことはありませんか?

 

もちろん良い所ばかりではなくて、気になるところやダメな所は少なからずあります。

ちなみに僕のウォーターサーバー利用歴は、「ボトル交換型→水道直結型」に変更しているので、両者の良い所も悪いところもよく理解しているつもりです。

 

そこで実際に利用したから分かった、ウォーターサーバーのデメリットについて考察していきたいと思います。

 

コスパ最強水道直結型ウォーターサーバー



実は損するかも!?ウォーターサーバー5つのデメリット

 

エド君
ウォーターサーバーのデメリットに関しては、契約前に絶対に知っておくべき大切なポイントになります。場合によっては損してしまうケースや無駄にお金がかかる場合もあるので、しっかりと理解したうえでご自身に合ったベストな選択をしてほしいですね。

 

①契約期間の縛りや注文本数にノルマがある

ウォーターサーバーを契約するうえで、多くの方があまり気にしていないことの一つに「契約内容の確認」が挙げられます。

まずは色々なメーカーと比較して、どれが自分の利用環境に合っているのか?を確認することが非常に重要。

何も調べずに契約してしまうと、他社と比較した時に圧倒的に損している場合も。

 

なので契約前に確認すべきポイントをまとめてみました。

  1. 毎月の定期配達の最低注文数
  2. 最低契約年数
  3. 途中解約にかかる手数料
  4. 引っ越しの際の移動手数料
  5. サーバー設置にかかる手数料
  6. メンテナンスにかかる手数料

このように契約の段階で判断材料になる項目があり、しかもこれらはメーカーによって大きく違ってきます。

 

例えば、契約の時に毎月の注文数を決めたけど、後で利用状況に合わせて自由に変更することは可能なのか?

また、今後引っ越す予定のある方や仕事の都合で引っ越しが多い家庭だと、最低契約年数や引っ越しの際の移動費用、または解約の手数料など生活に大きく関わってきますよね。

 

なのでご自身の生活スタイルや仕事の環境、または家族構成なども踏まえて的確な判断をする必要があるのです。

もちろん間違った選択さえしなければそこまで心配する内容ではありません

 

②お子さんが使用する場合のやけどに注意

もし小さいお子さんがいる家庭であれば、チャイルドロックやお子さんの手に触れる位置にスイッチ類があるかどうかは確認しておくべき項目です。

 

ウォーターサーバーは冷水も温水も出せるのが便利な機能ですが、スイッチやノブを軽く押すだけでお湯が簡単に出てくるので、お子さんの柔らかい肌にお湯がかかってしまうと、ひどい火傷をしてしまう可能性があります。

 

なので最低限確認することとして、

  • チャイルドロックが付いている事(カバー付きが◎)
  • 倒れないような場所に置ける事
  • なるべくお子さんの届かない位置に設置する事

サーバーの種類によっては卓上のサーバーを用意されているメーカーもあるので、設置する場所や高い場所に置くべきかどうかも非常に重要になってきます。

 

③非常時に使えない(水道直結型のサーバーは要注意)

これは地震などの非常時に電気が止まった場合のみの話です。

 

ボトル型のウォーターサーバーの場合はボトルに水が入っているので、飲用や洗う場合などに気軽に使えますが、水道直結型の場合、サーバー内部に水を溜めてあるので簡単に取り出すことができません。

当たり前ですが電気が止まってしまうと水を出すことすら不可能なので、いざという時の補助的な役割で水を使いたい方は、ボトル型のウォーターサーバーがオススメです。

 

④メンテナンスに多額の費用がかかる

ウォーターサーバーを利用する場合、最低でも数年は利用する人が多いので、サーバー本体のメンテナンスや衛生面をいかに維持できるかが重要になってきます。

特に普段使っているとコーヒーの飛び跳ねや、料理に使う際の何かしらの汁など、口の部分からその周りにかけて汚れることが非常に多いです。

 

その際に汚れたままにしておくと雑菌が繁殖して、水やお湯を注ぐたびに雑菌も一緒に容器に侵入してくる可能性も。

匂いの原因にもなりかねないし、抵抗力の弱いお子さんにとっては危険な面もありますよね。

 

なので定期的な掃除やメンテナンスが付いているかどうかは、絶対に確認すべきこと。

機種によっては「自動クリーニング機能」が付いているものもあるので、気になる方はそういった機種を選ぶ方が良いでしょう。

 

サーバーのメンテナンスに関しては、定期メンテナンス込みのメーカーと別で請求する所に分かれているので、メンテナンス込みの料金設定になっているところを選んだ方が長く使えてオススメです。

極端に安い料金設定のメーカーはメンテナンス代が別になっているケースが多い

 

⑤ボトルの交換・処分がとにかくめんどくさい

特にウォーターサーバーを利用する方が女性のみの環境だったり、高齢の方の家で利用する場合は注意が必要です。

 

ボトルのサイズが選べる会社で注文する場合でも「最低が8kg~」とかになっていて、物によっては「12kg」の重いボトルしか用意していないケースもあるので、必ず確認するようにしましょう。

 

解決策としては、

  • ボトルの差込口がサーバーの下部にあること
  • 用途に合わせてボトルのサイズを選べること
  • 水道直結型のウォーターサーバーを使うこと

この中で特にオススメしたいのが、水道直結型のウォーターサーバーを使うことです。

 

僕自身もこのサーバーを使うようになってから、ボトルの交換や注文の手間が全く無くなり、水道から直接水を溜めているので残量気にせず飲めるので本当に楽なんですね。

詳しい内容は別記事でまとめてあるのでよかったら読んでみてください。

関連記事

当サイトでは、健康に良いお水の選び方に関して記事を書いてきましたが、よく質問される中に「ボトル型と水道水を使ったウォーターサーバーのどっちが良いの?」と聞かれることがあります。   これに関 […]

関連記事

ウォーターサーバーと聞いて、まず最初にイメージするのは、「健康に良い天然水が飲めるサーバー」ではないでしょうか。 しかしウォーターサーバーには、大きく分けると2種類あることは知っていますか? ボトル型 […]

 

⑥水代や電気代のコストが結構かかる

ウォーターサーバーは機種代や人件費、配送料など込みの料金設定にしてあるので、利用者は「サーバー代」や「水代」、そして「電気代」などを支払って利用する必要があります。

メーカーによっては「メンテナンス費用」や「カートリッジの交換代」などもかかるケースがあり、何も知らずに契約すると損する可能性大です。

 

よくウォーターサーバーと比較される対象に、浄水器やペットボトルの水が挙げられるのですが、料金だけで見ると確かに安いので、価格だけで選ぶならそちらを選んだ方が良いかもしれません。

 

しかしウォーターサーバーは毎月かかるコスト以上にコスパの良い商品なんです。

  • 冷水・温水が飲みたい時に即飲める
  • 料理などにも気軽に使える
  • コーヒーやお茶も手軽に飲める
  • 健康に良い安全な水がいつでも飲める
  • 赤ちゃん用のミルク作りにも最適
  • 水分補給として素晴らしい効能がある
  • 水道直結型ならサーバー代と電気代のみで済む

また家庭での利用する頻度や家族構成によっては、ボトル型ではなくて水道直結型のサーバーの方が適しているケースもあるので、しっかりと調べたうえで最適な選択をすれば、そこまで損することはないと思います。

 

もちろん何でも安い方が良いのは当たり前ですが、ウォーターサーバーは高いだけでなく便利で健康的なうえに、うまく使いこなせば節約にもなるコスパに優れたものなんですね。

関連記事

誰もが赤ちゃんが生まれてすぐの間は、母乳やミルクを与えることになると思いますが、そのミルクに使用する水はどんな物を使っていますか? ネットで調べると、「水道水はダメ」「ミネラルウォーターは危険」とかの […]

 

まとめ

 

今回はウォーターサーバーを契約する前に知っておいてほしい、デメリットに関してまとめてみました。

 

この中でも主に気になるポイントと言えば、

  1. 毎月のコスト
  2. 手間
  3. 安全性

この3つではないでしょうか。

 

確かに利用頻度や選び方によっては損することもありますが、その為にもしっかり調べたうえで判断してもらえれば損することはほとんど無いと思います。

水は僕達が生きていくうえで最も大切なものだからこそ、より慎重に良いものを飲んだ方が良いです。

 

良い水を適度に飲むことによって、

  • 代謝UP
  • ダイエット
  • 便秘
  • 美容
  • 病気改善

など女性に嬉しい魅力がたくさんあるので、水選びは普段の食事よりも重要だと思います。

 

ぜひ正しい選択をして、健康的な日々を過ごす為に参考にしてもらえたらと嬉しいです。

読んで頂きありがとうございました。

資産運用&お金稼ぎ情報ブログ
【シェアクリ】

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告