元々僕はフルタイムで美容師をやっていた時期がありますが、本当にこの仕事は魅力的な職業だと思っています。

ただすごくいい仕事なんだけど、辞めていく人が本当に多い職業でもあるんですね。

 

やりがいもあって楽しくて、常に刺激のある日々の繰り返しでなかなか飽きない。

そんな仕事は他にはあまり無いと思います。

 

しかしそんな魅力的な仕事にも関わらず、厳しい現実があるのもまた事実。

辞めていく人は色々な理由があって離れていくし、中には美容師を続けたいけど手荒れや家庭の事情などにより、辞めざるを得ない人もたくさんいます。

 

僕の場合は美容師が嫌で離れた訳ではなく、自分の目指すべき生活スタイルや目的が変わったことが大きな理由です。

では美容師を辞めた人達の後は、どんな職業に就いているのでしょうか。

 

美容師から異業種への転職する際のオススメ職業をまとめてみました。

 

20~30代の就職・転職を相談するなら

 

美容師を辞める理由BEST3

 

  1. 長時間労働の割には給料が低い
  2. 自分の時間を確保できない
  3. 手荒れなどの身体的な事情

 

僕が色々な美容師さんを見てきて、辞める人の理由に多いのが上記の3つになります。

これらをまとめると「長時間労働で自分の時間を確保できないのに収入が少ない」ことが一番の問題でしょう。

 

確かに美容師をフルタイムでやっていると、ほぼ毎日美容室にいてプライベートも休みも全て美容一色になってしまうことが多いです。

でもそれは美容師をやる以上は覚悟しておくべきことだし、そもそも美容師が好きで選んでいるのだから、美容だけやっていれば充実しているはず。

 

でも当たり前ですがその考えが通用するのは、心から美容が好きな人のみの話です。

 

人によっては、「美容が好きだけどプライベートな時間が欲しい」

「美容が好きだけど休みはしっかり欲しい」といった人は必ずいる訳で、強制されて美容をやっていると思った時点で向いていない可能性があります。

関連記事

  美容師を辞める人には様々な理由がありますが、その中でも、「自分は辞めた方がいいのか?」「それとも続けた方がいいのかが分からない」と言った質問を受けることがあります。   美容師 […]

 

昔ながらの体育会系的なノリが拭えず、プロ意識が高い職業であることから厳しい環境にあるのも現状なんです。

その環境や考え方に合わない人達はどんどん辞めていくし、美容師を完全に辞めてしまう人が後を絶たない原因を作り出していると言えるでしょう。

 

美容師から異業種へ転職するメリットとは?

 

  1. 美容師時代よりも収入が上がるケースが多い
  2. 仕事と休日をきっぱり分けることができる
  3. 仕事内容が美容師よりも感覚的に楽な職業がある

 

僕自身も海外滞在中に初めて美容師以外の職業に挑戦したことがありますが、美容師は本当に大変な職業だと言うことを痛感させられました。

 

もちろんどの職業においても大変さや辛いことなどありますが、美容師ならではのお客様への気遣いや、強い精神力を持つことへのプレッシャーは他業種ではなかなか無い感覚。

 

美容師としての技術を磨くこと、お客様やスタッフへの配慮、自分の売り上げや会社に対しての想いなど、言ったらキリがないほど色々なことを意識して仕事をしなければいけないのが美容師という職業。

 

じゃあ他業種はどうかというと、

  • 美容師ほどの他人への気遣いは必要ない
  • 売り上げや会社に対しての想いよりも真面目にやることが求められる
  • 仕事は仕事、遊びは遊びでしっかり分けて取り組むことができる

美容師時代よりもある程度の気軽さもありながら、定時に帰れることもあって自分の時間はしっかり確保できる。

 

更に美容師時代よりも収入が増える(ボーナス支給等)可能性もあって、人によっては大きく年収が変わることも大いにあり得るんですね。

美容師時代はそこまで他業種のことを知りませんでしたが、実際は違う大変さがあっても、業種によっては美容師よりも楽で稼げるケースもあることは理解しておくべきです。

 

なので自分にとって美容師しか選択肢が無い、とだけは思わないようにしてください。

関連記事

  美容師のみなさん、今どんな気持ちで、どんな想いで働いていますか?   美容の世界は奥が深くて、やりがいもあり、永遠に楽しめる職業だと思います。   しかし裏を見れば、 […]

 

美容師から異業種へ転職するデメリットとは?

 

美容師を辞めて異業種へ転職して、一番のデメリットになることと言えば『仕事のやりがいを感じにくい』ですね。

 

世の中には色々な業種がある中でも、美容師という職業は人と人との関係を持つことができる独特な職業でもあります。

年齢問わず色々な方と会話し、様々な方の近況などが聞けて、そのうえでその人に合った技術を施す必要がある。

 

すごく簡単そうに見えても美容師は色々なことを気にしながら、そしてとにかく課題が絶えずに楽しくできる職業だと言うのは、一度離れてみるとすごく実感すると思います。

 

『仕事のやりがい』という事だけで捉えると、他の職業では体験できないような魅力がある特別な職業。それが「美容師」なんですね。

関連記事

  美容師を続けるか、辞めるかを考えるときに、必ず考えてしまうこと。   それが、『後悔』   「美容師を辞めたことで後悔しないだろうか?」   「辞めたはいい […]

 

元美容師だからこそ活躍できるオススメ職業+転職サイトを紹介

 

正直美容師の方ならどの職業に転職しても、ある程度何でもやりこなせるスキルはすでに持ち合わせていると思います。

 

美容師の技術以外で習得しているものといえば、

  • 圧倒的なコミュニケーション能力
  • どんなことがあってもめげない精神力
  • ある程度のことはガッツで乗り切る体力

長年の立ち仕事によって体力は身につき、年齢問わず会話できるコミュニケーション能力、そしてどんなことがあってもめげない精神力は、他業種よりも圧倒的にすば抜けている人が多いです。

 

なのでその強みを活かして転職するというパターンが多く、比較的スキルを要する職業や、やりがいを感じやすい職業に転職した方が絶対に楽しめると思います。

では早速、美容師だったからこそ活躍できる職業をまとめてみました。

 

①プログラマー・Webデザイナー

意外だと思われるかもしれないですが、美容師だったからこそ最もオススメしたい職業が「プログラマー」や「Webデザイナー」です。

 

なぜこの職業がオススメかというと、

  • スキルを習得するまでの忍耐力と精神力が必要
  • お客様の希望を引き出し答えられるコミュニケーション能力が超重要
  • 美容師時代の売り上げと一緒で自分次第で収入に上限がない

 

プログラマーなどのWeb系の仕事って、オタク気質の暗い人がやっているイメージがあるかもしれないですが、実際はコミュニケーションを取る機会が非常に多い職業でもあります。

 

僕も嫁も現在はWeb系の仕事に携わって仕事をしていますが、何よりも仕事を請け負うまでの対話力や、相手の希望を引き出す会話力が非常に重要だと実感しています。

 

そこに今まで勉強してきたスキルや経験値が関係し、お客様の希望を叶える再現力が必要だったりして、まさに美容師の仕事ともリンクするところが多いんですね。

 

更に魅力的なところとしては、ある程度の経験値さえ積むことができれば在宅での仕事の受注も可能になり、より自由な働き方ができる。

そして収入にも上限がなくなる為、自分で事業を起こせば年収数千万円とかも夢ではないんです。

 

もちろんパソコンに向き合って地味な作業を一日繰り返すことになるので、ある程度の向き不向きがあるかもしれないですが、仕事のやりがいやこれからのトレンドで考えても必須の職業だと言えるでしょう。

【初心者向け】基礎知識から就職サポートまで徹底指導してくれるプログラミングスクール

AI技術が学べて就職までしっかりサポート


完全初心者でも気軽に通えて料金も良心的

 

②販売系(サービス業)

おそらく美容師を辞めた後に進む業種で一番多いのが、販売系ではないでしょうか。

その理由としては、接客業の経験値を活かして販売でも繋げることが目的です。

 

販売などのサービス業とは、

  • ホテル
  • 旅行業
  • アパレル
  • 雑貨
  • 家具家電
  • 飲食店

ほとんどの方が、これらの業種を選ぶ傾向にあると思います。

 

後は美容師時代よりも個人売り上げにこだわる必要もなく、気軽に楽しみながら接客をし、お客様との距離感もそこまで近くないので自分のペースで仕事ができるのも魅力。

 

しかもこの業種は人手不足で困っている企業が多く、就職先の選択肢も多くて自分の理想の働き方や、収入も選べるのでより自分に合った職場を探せるのもメリットと言えるでしょう。

お洒落なブランドアパレルの求人サイト

スタッフブリッジ

 

③医療・福祉関係の仕事

美容師から医療や福祉関係の仕事に転職するのは、圧倒的に女性が多いです。

 

もちろん看護師や医者となると、資格が必要なのでそのような職種に就く人は少数ですが、歯科助手や医療事務、福祉施設の事務とかであれば働くことは可能です。

  • 歯科助手
  • 看護助手
  • 介護の生活援助
  • セラピスト
  • 整体師
  • これらの業種の事務関係

このような業種は美容師の経験を活かしやすく、会話力や人の為に努力する思考が重要になってるので、やりがいや働きがいもある職業になっています。

 

後はこれらの職種も人手不足で困っている企業が多いので、求人が見つけやすくチャンスさえあれば自分の働きやすい環境を探すのが容易なのも魅力の一つなんですね。

ただし介護や整体師などは力仕事でもあるので、ある程度体力に自信のある人の方がオススメだと思います。

無資格・未経験でも探せる介護の求人サイト

 

④美容関係

美容師なら美容の知識を活かして、美容関連の仕事に就きたいと言う方も多いことでしょう。

  • ヘアメイク
  • ブライダル
  • ネイリスト
  • エステ
  • 美容ディーラー
  • 美容関連商品の販売
  • ウィッグ(カツラ)

僕の知り合いの女性美容師さんの中にも、これらの職業に転職されている人が結構います。

 

ヘアアップなどが得意なら「ヘアメイクやブライダル」、手荒れの心配がない「ネイリストやエステティシャン」、営業が得意なら「美容ディーラー」といった感じで、美容師とはまた違った視点で美容に触れることができるのが大きな魅力。

 

コミュニケーション能力はもちろん、スキルや知識が必要なので一から勉強する必要がありますが、その辺は美容師時代と同じような感覚で取り組むだけなので余計な心配は無用でしょう。

未経験でも働ける美容系の求人が豊富

 

⑤多様な働き方

これは現在の僕のことでもあるのですが、「一度安定した所から離れたからこその自由な働き方を選ぶ」というのも、今の時代はアリだと思います。

 

現代社会でそこそこ需要のあるものと言えば、

  • ユーチューバー
  • ブロガー
  • ライバー
  • インスタグラマー
  • プログラマーのフリーランス
  • 美容師のフリーランス
  • 調理師のフリーランス
  • カメラマンのフリーランス
  • 得意な自分のスキルを販売

もう言ったらキリがないほどの、自分でお金を稼ぐ仕組みが豊富にあります。

 

現代を象徴すると言ってもいい新しい働き方とも言え、収入を得る方法も多種多様になってきているのです。

色々なことを並行してやりながらお金を稼ぎ、自分の職業が何なのか分からないといった人は実際にたくさん誕生しています。

 

僕自身もそのうちの一人で、収入源は、

  • ブログ
  • ユーチューブ
  • 嫁と一緒にやってるWeb系の事業
  • 外国人向けの事業
  • フリーの美容師
  • 農家

もう何者か分かんないですよね笑

 

でも僕自身の感覚としては、今の方が美容師をしていた時よりも充実感はかなりあるんです。

もちろん大変だし、色々なプレッシャーを抱えながら日々何とかやり過ごしていますが、ありがたいことに全体的に収益は右肩上がり、美容師時代よりも年収は上がってそれなりの生活が確保できています。

 

これが一生続くとも思っていないですが、僕のタイプ的にも時代に合わせてやりたいこともやるべきことも変えていくので、そんなに心配はしていません。

むしろこのような行動や考え方は、徐々に一般的になっていくと思っています。

 

今この時何をして、何に充実感を感じ、そして人のために何ができるのかを常に考え行動するというのは、これからの時代では超重要なキーワードになっていくからです。

 

今後は間違いなく正社員の働き方や給料制度、全体的な仕事の概念も大きく変わっていくことでしょう。

時代の流れを読んで先に行動しておくのは、いつの時代においてもすごく大切なので、もしタイプ的に同じような考えをお持ちであれば、ぜひオススメしたい生き方の一つではあります。

シェアクリ

会社員や主婦でもできる比較的簡単な副業をランキング形式で紹介しています。…

 

【番外編】海外での美容師

エド君
僕自身も海外で美容師をやっていた経験があるので、もし日本でうまくいかなかったとしても、海外での美容師なら十分に活躍できる可能性があると断言します。

 

日本で習得した美容の技術なら外国人相手に普通にやれば、大満足してくれること間違いありません。

ホントです、僕がそうだったので自信を持って言えます。

そして働き方も時間の拘束もないし、残業や夜遅くの練習もほとんど無し、自分のペースで好きなように働ける環境が整っています。

 

ただ、日本人にとって一番の問題になるのが英語(会話力)ですね。

日本語ではいくらでもコミュニケーションが取れても、英語でとなると話は別。

 

相手の希望を聞き出し、それを理解して表現するというのは、やはりコミュニケーション能力がとても重要になってきます。

でも逆に会話さえすることができれば、それだけで美容師として重宝される機会が増えるということ。

 

実際に海外ならどこに行っても日本人は住んでいるし、日本人美容師がいるというだけで現地に住む日本人はほぼ確実に顧客になります。

まずはそこから狙っていくと、そのお客様の家族や友達にと伝わり自然とお客様は増えていくので、大丈夫です。

 

もし現在は英語力がダメでも、ある程度の基礎を学んだうえで現地で更に鍛えることも可能なので、まずは渡航前に多少でも英語に触れておくことが必要です。

忙しくて時間がないから気長に勉強したい方


短期間で凝縮して一気に英語を習得したい方

とにかく日本人美容師なら世界中どこでも需要があるので、日本だけで諦めずに世界にも視野を向けるといくらでもチャンスは転がっています。

ぜひオススメしたい選択の一つですね。

関連記事

  いきなりガッツリ言わせていただきます。   日本人美容師よ、悩んでるなら世界に行け!!!   「海外で働くなんて…」「英語ができないし…」なんて言ってる場合じゃない。 […]

関連記事

  最近は美容師の働き方も多様化されてきて、フリーランスだったり、他の職業と並行してやってる方など、色々と面白い人が増えてきましたよね。   長時間労働で自由もない、技術職で厳しく […]

 

まとめ

 

今回は美容師だからこそ活躍しやすい、異業種への転職についてでしたがいかがだったでしょうか。

 

美容師は本当に素晴らしい職業であり、仕事内容も奥が深くて面白い職業の一つです。

しかし残念なことに難しい職業でもあることから、辛くて辞めていく人が多いのもこの職業の特徴であり、一生美容師として安定した生計を立てている人は意外に少ない。

 

でも僕は一生美容師じゃなくてもいいと思うんです。

年齢を重ねていくごとに考え方や状況も変わっていくわけであって、それに伴って世の中全体の流れも変化していくのは当たり前のこと。

 

その際に無理して美容師を続ける必要なんてないし、また新しいことに挑戦して新たな自分を見つけることができればそれでいい。

せっかく美容師時代に色々なことを学ばせてもらったんだから、そのスキルや経験を今後に活かしていけばいい。

 

たったそれだけのことなので、余計な心配せずにやりたいことやりましょうよ。

人生なんて死ななければいくらでもやり直しが効くし、いくつになっても挑戦し続けることにこそ価値があると思っています。

 

ぜひ今後の新しい人生に向けて、参考にしてもらえたら嬉しいです。

読んで頂きありがとうございました。

資産運用&お金稼ぎ情報ブログ
【シェアクリ】

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告