Our New Website 「TOCC JAPAN」 coming soon...

ウォーターサーバーを選択するのに大きく分けると、「ボトル型」と「水道直結型」の2つに分けられます。

  • ボトル型とは、ミネラルウォーターを飲みたい人に適したもの
  • 水道直結型とは、水道水をろ過して飲む為のサーバー

どちらもメリット・デメリットがあり、一概にどっちが良いとは言い切れませんが、僕個人的に思う飲料水としての選ぶ基準があります。

それが、”生きた水を飲むこと”

↓詳しい内容はコチラを参考↓

ミネラルウォーターを飲んでも意味ない!?浄水の水道水の方が安全で健康にも良い理由。

 

その中で僕が出した結論は、水道水をろ過して飲めるクールクー/Cool Qooでした。

僕が選んだ当時はそこまで選択肢がなかったので、Cool Qoo一択だったのですが、今ではいくつかの会社と比較しながら選ぶこともでき、そちらの比較記事も過去にまとめてあるのでコチラを参考にしてください。

 

実際に使ったからこそ分かった、クールクーの良いところや契約前に確認してほしいデメリットについて解説していきます。

クールクーをオススメする理由とは?

 

まず他者のウォーターサーバーと大きく違う点として、一番のメリットと言えるのが、『自宅の水道水をROろ過して給水するサーバー』であると言うこと。

各種飲料水のTDS(不純物量)比較

ROろ過を簡単に説明すると、ほぼ完全に不純物を除去したピュアウォーターを作り出すシステムのことを言います。

水自体の元と言えば、雨ですよね。

雨が地上に落ちて、様々な工程を経て家庭の蛇口から水が出てくる訳ですが、その水には様々な不純物が混入しています。

 

例えば、雲から雨が落ちてきて地上に落ちるまでに、空気中に漂う排気ガスなどの様々な物質を吸収し、更には地上に落ちても土の中を通る間や、それを採取して浄水場で浄水された水であっても、完璧に不純物を取り除くことはできません。

牛乳すら真水に変えるROろ過(逆浸透膜)を搭載

日本の水は厳格な基準値によって世界最高レベルの水質を誇ってはいても、蛇口から出てくる水が絶対的に安全とは言えないのです。

水道管の老朽化やサビなどの不純物がどうしても混入してしまい、多飲しすぎるのは健康的にあまりよくはありません。

しかしROろ過のシステムなら、その水道から出てくる水に含まれる不純物をほぼ100%除去することに成功。

通常のウォーターサーバーと言うよりも、”究極にろ過したピュアウォーターを飲める浄水器”と言った方が良いかもしれませんね。

高水準の浄水器の機能に、温水冷水機能が付いたサーバーなのです。

 

どんな物質を除去するの?・放射性物質
・環境ホルモン
・カルキ
・ウイルス
・カビ
・細菌
・重金属
・不純物
パメラちゃん
田んぼの泥水でさえろ過してピュアウォーターに変えるほどの高性能フィルターで構成されているから、安全な水が飲めるようになっているんだ。

 

クールクーの特徴やメリットとは?

ボトルウォーターの不満から解放します

水道直結ならではの利便性

従来のウォーターサーバーのデメリットと言えば、

  • 毎回ボトルを注文する手間が必要
  • 10kgほどあるような重いボトルの差し替えが必要
  • 使い終わったボトルの処分に困る
  • 届いたボトルの置き場所に困る

一部の利用者からはこう言った意見が寄せられ、ウォーターサーバーのデメリットとしてよく挙げられていました。

狭くて物が多い部屋だったり、子育て中の方やご年配の家庭などでは、重いものの移動に本当に困ったのではないでしょうか。

しかしクールクーなら水道直結なので、これらの手間が一気に省けます。

注文の手間なし!

ボトルの差し替え必要なし!

ボトルの処分の必要なし!

ボトルの保管に困る必要なし!

エド君

僕自身も契約を申し込んでから今まで、一回も手間だと感じたことはなく、常に安全な水を料理などにも使うことができているので、特に不便だなと感じたことはありません。

 

水道直結ならではのお得さ

宅配水なんてもう古い

水質の安全性に関しては先ほど上記で簡単に述べたので理解されていると思いますが、何より残りを気にせず飲み放題であることが最大のメリットだと言えます。

個人的に毎日結構な量の水を飲むので、ボトル型を利用していた時は常に残量を気にしながら飲むのが本当に憂鬱でした。

しかしクールクーは水道直結なので、水代は水道料金に含まれ、しかも安全な水を飲めると言うのはコスト的にもお得と言えます。

例えば、普段生活していて水を利用するのには飲料用だけではないですよね。

料理や野菜などを洗う時に水道を使う方も多いのではないでしょうか。

そういった場合にも気兼ねなく、残量を気にすることなく使え、更にはお味噌汁やご飯を炊く水にクールクーの水を使うと、すごく美味しく出来上がるんです。

やはりピュアウォーターだからなのか、ご飯はふっくら、お味噌汁もより風味豊かなお味噌汁に変身します。

気になる方はぜひお試しあれ♪

エド君
コスト的な面で見ると、サーバーメンテナンスの有無もすごく大事なこと。クールクーは年に一回、有人のメンテナンスが無料で行うサービスがあります。他社だと有人メンテナンスの場合、一回5000円とかかかるところも多く、年間コストで見るとお得なのが分かるよね。

 

【要注意】契約前に必ず確認してほしいこと&デメリット

パメラちゃん
当たり前だけど、契約前に確認してほしいことと、使って分かったデメリットと言える面もあるので、一緒に確認していきましょう。

ROろ過水ならではの「捨て水」によるコスト

ROろ過水を作り出す上で必要になってくるのが、「捨て水」と言われるもの。

捨て水とは、RO膜(逆浸透膜)に水を通す際に生じる排水のこと。

細かいフィルターに水を通し純水とそれ以外をわけることで純度の高いRO水そのため必ず排水が生じる。

要は、完全なるピュアウォーターを飲む為に、ろ過した水以外の水を排水として処分してしまうと言うことです。

その為、「水代がかかってしまうのではないか?」と懸念されている方も多いかと思います。

では捨て水にかかるコストを見ていきましょう。

平均して、水1リットルにつき、3〜4リットルの排出が必要だと言われています。

「え!?そんなに??」と思いますよね。

でもほぼ100%のピュアウォーターを作るのに、どうしても仕方のないことなのです。。

じゃあそうなると気になるのが水道代ですよね。

水1リットルにつき、0.2〜0.3円ほど。

あれ!?びっくりするほど安くないですか?

そうなんです、RO水1リットルあたり、捨て水が4リットルだとして全部で5リットルほどかかりますが、水代は約1.5円ほど。

もちろん地域によって水代に差があるので多少上下しますが、そこまで気にするほどのコストではないことが分かるかと思います。

 

月々の費用はどれくらいなの?

クールクーには3つのプランがあり、

  • UFろ過フィルターのプラン月額4200円(税別)
  • ROろ過フィルターのプラン月額4900円(税別)
  • ROろ過フィルター水素水プラン月額9000円(税別)

この中で最も人気なのが、真ん中のROろ過フィルターを使用したプラン(月額4900円)です。

最もコスパに優れていて、安心安全の水が飲めるとしてたくさんの方に利用されていますが、実は他社の水道直結型ウォーターサーバーの中では月額料金が高い部類に入ります。

例えば最もコスパが良いと言われる会社で言えば、【Purest(ピュレスト)】が挙げられますが、月額2980円〜始められる会社として今急激に伸びているのです。

正直、同じROろ過を使用したサーバーでも月額3980円で利用できるので、業界最安値で利用できる【Purest(ピュレスト)】の方がお得だと言えるでしょう。

そうなってくるともし差別化を図るなら、健康に良い水素水が飲み放題のプランが選択できるかどうかになります。

月額9000円と決して安くはないですが、様々なメディアや健康に詳しい方でも水素水に関してはお墨付きなので、水素水に興味のある方はクールクーを検討してみても良いかもしれません。

あとはお客様が月々支払える金額に応じて、もしくは家族構成などの様々な条件に応じて判断されるのが良いかと思います。

 

最低契約期間と引越しに関すること

これが最も気をつけることになると思うのですが、クールクーの最低契約期間は3年となっています。

  • 1年以内…30000円
  • 2年以内…20000円
  • 3年以内…10000円

このように年数に応じて解約料金がかかるようになっているので、ご自身の仕事の都合や家庭の事情などで転勤が多い方や、短期間しか使えないと言う方にはあまりオススメできません。

ポイントとしては最低3年以上使える方のみです!!

もし事情により解約される際には、基本的に2ヶ月前には申告しないといけないので覚えておいてください。

特に引越しや転勤などが少なく、ほとんど家も変わることがないと言う方にとっては特に心配する必要はないと思います。

※引越しの際の移設費用にも20000円ほどかかります。

 

有人メンテナンスに関しても注意!

先ほど、1年に1回有人メンテナンスを無料で行ってくれるのがメリットだと言いましたが、それ以外のメンテナンスに関しては有料になることもあります。

もちろん状況や製品のミスなどではお金がかかることはないでしょうが、利用者側による故障の場合やメンテナンスを希望する場合には、18000円ほどのメンテナンス費用を頂戴することもあるようなので注意しましょう。

 

支払いは口座振替以外の方法で!

もし口座振替での支払いを申し込んだ場合、月額の定額料金に300円が加算されて請求されるようになっています。

僕自身はクレジットカード決済にしているので、カードでの支払いが面倒でなければカード決済をオススメします。

 

クールクーを利用した方が良い人とは?

CoolQoo月々4900円定額 ボトル不要 水使い不要

では最後に、まとめに入りたいと思います。

  1. 1日につき水をよく飲まれる方
  2. 安心安全な水を料理などにも気兼ねなく使いたい方
  3. なるべく手間を省いて楽な方法を選びたい方
  4. キッチンなどに置けるスペースを確保できる方
  5. 安心安全な水をお子様などに飲ませたい方
  6. 多少お財布に余裕のある方
  7. 引越しや転勤が少ない方(最低3年)

大きく分けると7つのポイントにまとめることができました。

結果的に見れば、人によってはお得にもなるし、損にもなると言えるでしょう。

家庭や仕事の事情などで引越しが多い家庭だと、完全に損するのであまりオススメはできません。

または普段から水をあまり飲まない、ミネラルウォーターで十分、水に関してそんなに興味がないと言う方に関してもあまり意味がないものと言えます。

 

とにかくクールクーのメリットとしては、余計な手間がかからず、ほぼ完璧に不純物を取り除いた安心安全な水をいつでも飲用できると言うことです。

僕自身は常に”生きた水を飲む”と言うことを意識しているので、ペットボトルなどのミネラルウォーターよりも水道水の方が安全性が高いと思っています。

しかもその水道水をろ過して飲めるのであれば尚更、安全面に関しては保証できるのではないでしょうか。

 

水に関してはお金には変えられない、人が生きていく上で最も大事なものでもあるので、水の選び方は慎重に検討する必要があると思います。

個人的には最近急上昇中の業界最安値の【Purest(ピュレスト)】を推しているので、詳しい内容は下記のボタンを参考にして頂いて判断してもらえたらと思います。

読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG