Our New Website 「TOCC JAPAN」 coming soon...

現在、英語習得法において、今までとは違ったシステムの『英語コーチング』が注目され予約が殺到しています。

その代表格とも言えるのが、【RIZAP ENGLISH】ライザップイングリッシュ【PROGRIT】プログリットです。

どちらも『コーチング系英会話スクール】であり、受講者一人につき専属のコンサルタントが付いて完全マンツーマンで徹底指導を行ってくれるシステムとなっています。

コーチングとは?

生徒に合わせた勉強法や指導を完全マンツーマンで行い、英語習得法や英語習得の為の精神面の改善・サポートまで、目的の為に行ってくれるサービスのことを言います。

そこで実際に申し込む際にどちらかで比べられることが多く、正直どちらも仕組み的には似ています。

ただそれぞれの特徴や向いている人、スクールの方針や違いなどがあるので、それぞれ見比べながら解説していきたいと思います。

 

それぞれの特徴を改めて確認しておこう

 

【PROGRIT】プログリットとは?



マッキンゼー出身で代表の岡田 祥吾(おかだ しょうご)氏が、たった2か月間で英語習得させる為のカリキュラムを開発し、より最短で効率よく成果を出す為のシステムを作り上げたパーソナル英会話スクールです。

短期理論に裏付けされた学習法で、

  • 短期間で英語学習の絶対量を増やす
  • あなたの【目標】【目的】【弱点】【強み】を分析
  • 一人一人に合ったカリキュラムをオリジナル作成

英語力向上のためには、正しい方法を継続して行うことが大切で、受講者のレベルに合ったカリキュラムを設計し、それを毎日進捗を確認することで、日々改善させていきます。

また、続けることができるように専属のコーチが2ヶ月間一緒になって目標を目指し、

毎日オンラインでのコーチング

週1回の対面でのトレーニング

を行ってくれます。

特にTOEICに関しての評価は高く、受講者のほとんどがTOEICの平均伸び点数「205点」と驚異の数字が出ているほど。

ただし期間で比較すると料金は高く、3ヶ月のスタンダードプランで約45万程と決して安くはないですが、考え方として月額3〜4万円を他社で1年間通うと約40万円ほどかかりますよね。

プログリットならその上がり幅をたった2〜3ヶ月で達成するため、決して高い金額ではないはずです。

成果を上げる為には、英語を習得する為の思考そのものから改善し、より短期間で確実に成果を出す、その為に専属コーチの手を借りながら自分で勉強法を見つけ出すサービスを行ってくれます。

大好評につき月の予約数には限りがございますので、予めご了承ください。

 

【RIZAP ENGLISH】ライザップイングリッシュとは?



ライザップイングリッシュを簡単に説明すると、

”英語をやらなければいけないのが分かっていてもできない人”に向けて、半強制的に専属コーチと共にマンツーマンで指導するシステム』となっています。

要は今まで、「英語を勉強したい」「英語を使って仕事をしてみたい」「英語を勉強して海外に住んでみたい」など色々な目的があっても、なんだかんだしてこなかった。

もしくはやってきたけど三日坊主で継続できなかった人などが、多少強引にでも英語を勉強しなければならない環境を作り、指導&サポートをしてくれるサービスなのです。

もちろん実際に受けた多くの人が成果を実感していて、TOEICの伸びに関しても驚愕の数字を叩き出しています。

本気で英語を習得したい、中途半端な意識を根底から変えたいと言う方には最適なスクールとなっています。

 

ライザップイングリッシュとプログリットの決定的な違いとは?

上記で両者の特徴を解説しましたが、正直どちらも仕組みとしてはほぼ一緒です。

どちらも一人一人に合わせたカリキュラムを用意し、コーチがマンツーマンで付いてサポートしてくれるので、「英語の勉強が続けられない」「これから本気で英語を習得したい」人にとってはかなり便利なものとなっています。

ただし、実はたった一つだけ大きな違いがあるのです。

それは、受講者に対してのコンサルタントの指導の仕方に違いがあります。

ライザップイングリッシュ

完全マンツーマンによる”レッスン重視”

プログリット

完全マンツーマンによる”勉強を進める為のサポート重視”

実は、ライザップイングリッシュではレッスンによる指導が主な目的となっていますが、プログリットではレッスンを一切行わず、あくまで勉強の為のサポート役として(コンサルティング的な役割)指導を行ってくれる仕組みになっています。

実際にプログリットの公式ページにも記載されていますが、

あなたにマッチした正しい学習法

×

成果が出るまで継続できるサポート

この2つが主な役割で、英語を継続して勉強させる為のアドバイスやサポートを行ってくれる会社なんですね。

なのでテキストや英会話の授業というのはなく、あくまで英語の勉強を自主的に行う為の支援をするサービスなのです。

一見無駄なように感じるかもしれないですが、実はこのプログリットの試みは、確実に成果を出す最強の方法とも言えると思います。

詳しくは下記で解説していきましょう。

エド君
もちろんどっちが正しくてどっちがダメとかではなく、受講者に対しての向き合い方に大きな違いがあるだけで、短期間で英語を習得させると言う基本的な目的に関してはどちらも一緒だから自分に合う方法を選択することが大切。

 

プログリットが他社とは違う3つの仕組み

①あくまで英語の勉強法を教える

プログリットには、テキストなどを使ったマンツーマンによるレッスンと言うのは全くありません。

なぜそのようなシステムを導入しているかと言うと、英語を習得する上で大事なのは”継続性”であり、とにかく毎日やり続ける意識を持つことが大事なんですね。

通常の英会話スクールだと、その学校に来ている間は英語に意識を向けていても、いざ学校を出てすぐから英語で考え、英語で話す・聞くことを徹底するような人がどれだけの数いるでしょうか。

家に帰ればテレビやスマホを見ても日本語で、日本語で知識を得て、友達や家族と日本語で話しますよね。

それではせっかくスクールに通っていても、英語の思考になる瞬間がスクールにいる時だけでは全く意味がないし、何よりその甘えとか意識を持ってしまうことが何よりも大きな問題なんです。

そこでプログリットでは、テキストなどをやって答えを教えるような教育法ではなく、『効率的な勉強法を自分の頭で考えて自主的に継続できる為のサポートをする』ことに重きを置いたスクールなのです。

 

②科学的な理論を元に英語を習得させる

一般的な英会話スクールだと英語がなかなか伸びない理由を挙げる時に、「単語力が足りない」「文法を理解していない」などと教えられることが多いと思いますが、それがなぜできないのか?

そして、なぜ聞き取れない?なぜ話せない?などと言う科学的な部分に関してのアドバイスが少ないですよね。

要は、言葉を音として聞ける能力はあっても、その意味や意図を理解することができないまま、ただ聞き流してしまっていることに成長を妨げる問題があると言われています。

プログリットでは、そんな根本的な脳の構造を科学的に研究し、聞き取れない・話せない理由をより深く、脳の仕組みや音の認知に関しての部分まで追求し、思考を司る部分から改善することが何より重要だと言うのです。

そうすることで英語と言う言語ではなく、音としての言語の認識力を脳の内部に植え付け、改善することで、無意識レベルで聞く・話す力を身につける指導を行ってくれるのです。

 

③実力のあるコーチが有能で安心して任せられる

プログリットはTOEICのスコアを伸ばす為の取り組みにもかなりの定評があり、その理由は、講師自体の採用条件が『皆ビジネス経験者のTOEIC900点以上の実力者のみ』で構成されていることなんです。

スクール内だけでなく、家での勉強や分からないことがあった時にLINEでの質問受け付けや疑問に対しても即座に対応、いつでも丁寧に学習の指導を行ってくれます。

とにかく自主的に勉強をする意味を理解させることが重要視されるので、専属のコーチが寄り添い、勉強の精神的なサポートをしてくれるのは辛い時の支えになってかなり心強いと思います。

更に受講者それぞれにはリスニングが苦手な人、スピーキングが苦手な人などの特性があり、その特性に合った教育法やカリキュラムを作り出して最適な学習プランを提供してくれるのも大きなメリットと言えるでしょう。

このように有能な人材が丁寧にサポートしてくれるから、最短で効率よく確実に成果を残せるスクールとして、今大変注目されているのです。



 

ライザップイングリッシュとプログリットどっちがオススメなの?

 

ではここまで説明してきたら結局どっちがいいの?と思いますよね。

正直どっちがいいとは簡単に説明できないほど、世間の評判も良いし、確実に成果が残せる実力のあるスクールなので、どちらも魅力溢れるスクールであることは確かです。

ただ人によっては「どっちが向いているか?」と言うのは多少あるので、参考までに一緒に確認していきましょう。

ライザップイングリッシュが向いている人

  • 自己管理が苦手で自分一人の学習ができない人
  • なるべく短期間で成果を出したい人
  • マンツーマンでのレッスンが必要な人
  • TOEICのスコアを確実に伸ばしたい人
  • 関東にお住いの人

プログリットが向いている人

  • 英語の勉強法自体が全く分からない人
  • 英語を勉強してきたけどあまり成果が出なかった人
  • ある程度の自己管理ができる人
  • とにかく”継続性”を意識して長く続けられる勉強法を学びたい人
  • 関東にお住いの人
パメラちゃん
これを見て分かったけど、ライザップイングリッシュは「初心者の人が半強制的に勉強をさせられる仕組みが豊富」で、プログリットは「初心者の人がどうやって勉強すればいいのかを自分で考えさせる仕組みが整っている」と言う違いがあるんだね。どちらも1ヶ月以内なら全額返金保証付きだからカウンセリングだけ受けてみるとより違いが分かると思うよ♪

 

まとめ

ライザップイングリッシュもプログリットも成果が確実に残せて、丁寧なサポートが魅力的な実力派の英会話スクールであることが分かったと思います。

ただ、正直価格は高いです。

でも長期間通って払うお金なのか、それとも短期間という限られた時間でも確実な成果を残す為に払うお金なのか。

時間効率で考えるなら、圧倒的に短期間で習得できる方法にお金を支払った方がいいに決まっています。

一気に何十万と言う金額を支払っているから高く感じるだけで、英会話スクールに1〜2年通っているのに、成長を感じれていないと言う人は実は多くいるのは事実です。

英会話スクールに何年も通っていれば、数十万なんてかかってしまうのは当たり前で、かつ成果が微妙だったりする。

もちろんその判断基準はあなた次第ですが、お金は取り返せても時間は取り返せません。

もし気になる方は1ヶ月以内だけの全額返金保証もあるし、まずは無料カウンセリングを受けてみて、どちらが自分に合うか試してみる方がより詳しく分かるのでぜひ受けてみることをオススメします♪

では最後に、プログリット代表の言葉を引用して終わりたいと思います。

読んでいただきありがとうございました。

英会話のレッスンというのは、スポーツでいう練習試合みたいなもの。たとえば野球がうまくなりたい人は、コツコツと練習を積み重ねたうえで試合に臨みますよね。

英語も同じで、まず日々のトレーニングを行わなければ、上達はありえない。にもかかわらず、そこがすっぽりと抜け落ちた状態で、ひたすら練習試合、つまり講師との英会話だけを繰り返す方が大半です。

もちろん、レッスン以外の時間に自習ができていればいいのですが、多くの英会話スクールでは週に1度、時間を決めてレッスンを受けるので、それ以外の時間に何をするかはお客様に任されています。

そうすると、ほとんどの方は他力本願になり、「週1のレッスンを続けていれば英語がうまくなるはず」と、まるで奇跡のようなことを願ってスクールに通うようになります。

当然、それでは勉強量が足りないので、英語は身につきませんよね。逆にいえば、英語力の8~9割は自習によって習得されるものだと思います。

英語コーチングの中でよく行うのは、睡眠と食事を除いたオン/オフの時間をすべて書き出していただいて、そこから無駄をなくし、効率化できる部分は効率化すること。毎日の生活スケジュールの見直しです。

1日3時間を捻出するハードルは高いですが、それくらいの時間を勉強に割かなければ、英語は習得できません。

そのためには3カ月という期間も重要で、それより短ければ結果が出ないし、長いと途中でダレたりサボったりしてしまう。3カ月、12週間だけなら、頑張れば誰でも集中して打ち込めます。

「その飲み会は本当に必要ですか?」

「この会議はあなたが出なければ成立しませんか?」

そうやって聞いていくと、必要のない予定が結構出てくるものです。無駄を削って空いた時間に勉強の予定を組み込むので、皆さんそれほどキツいとは感じられず、「かえって毎日の時間に余裕ができた」とおっしゃる方も多いですよ。

一部引用:【PROGRIT(プログリット)】公式サイト

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG