Our New Website 「TOCC JAPAN」 coming soon...

日本人の多くが海外に住む手段として、「留学」「ワーホリ」「海外転職」などが挙げられますが、実際に海外に住む上で問題になってくるのが英語(その国の言語)です。

コミュニケーションが取れないのに渡航するのは、自ら苦労する道を選んでいるのと一緒で、なるべくなら日本にいる間に多少の言語は習得してから行くことをオススメしています。

誰もが勘違いしている「海外に行けば英語が喋れる」と言うことに関しては、過去に記事にしたので参考にされてみてください。

参考記事

【体験談】英語が話せないのにワーホリ・留学に行っても大丈夫!?実際に経験したからこそ分かるデメリットを解説

ただし日本で英語を習得したから終わりではなく、海外渡航後からが一番重要で、その先更に上達していく人と、しない人に分かれるのですが、彼らを分析してみたところいくつかの特徴があることが分かりました。

これから海外に渡航される予定の人、もしくは現在海外に住んでいるけど英語が上達しなくて悩んでいる人などにも、今一度自分の状況や考え方を改めて頂いて、この記事を参考に今後に活かせてもらえると嬉しいです。

海外渡航前に最低限の英語に慣れておこう♪



 

海外に住んでも英語が上達しない人の特徴&解決策を解説

そもそも英語を使って会話をする時間が少ない

いきなりですが、皆さんは普段から英語を使って外国人と話していますか?

まず根本的な理屈抜きにして、英語を上達させる上で英語を使って会話をしなければ上達する訳がありません。

「そんなこと分かってるよ!!」なんて声が聞こえてきそうですが、じゃあ日々の中でどれだけの時間を英語に時間を使っていますか?

以前の記事でも説明したのですが、海外に住んだところで英語を使わなくても普通に生活はできるし、外国人の友達ができなくて日本人同士でもそれなりに楽しめます。

今の時代どこの国に行っても必ず日本人はいて、日本人と会話をする機会と言うのは実は意外と多い。

もちろん異国で日本人に会うと妙に親近感が湧いて盛り上がっちゃったりするので、話すことが100%いけないとは言いません。

ただ、海外に渡航する理由や目的を常に忘れないでほしいのです。

外国人として海外に訪れる理由は、仕事や留学など色々な理由があっても、目的は2つ。

『異国の文化や言語を学ぶこと』です。

例えば街を歩いている時も看板や標識は英語表記であり、街を歩く人々の会話の英語が飛び交っています。

耳を澄ませて歩いていると、会話の内容や話し方、表現の仕方など、学ぶことなんて探そうと思えば星の数ほど身近に存在しているのです。

では日本人とばかり接していて、日本人との時間が長ければどうなるでしょう?

当たり前ですが、日本語で考え、日本語で聞き、日本語で話す。

これでは海外に住んでいたとしても、日本語で考える時間の方が圧倒的に多いことになり、英語習得の邪魔になる。

そもそも海外に住んだとしても英語が上達しない人の特徴として、

  • 英語で考える時間が少ない
  • 英語を聞く時間が少ない
  • 英語で話す時間が少ない

まずこの当たり前のことが普通にできていない人が多いです。

要は、「数やって経験値を稼げ!!」と言うこと。

日本に住んでいても英語が上達しないのは、単純に周りの環境が日本語で表記され、日本語で聞き・話しているから、単純に英語で捉える時間が圧倒的に少ない。

英会話教室に通っても成長しないのは、この為なんです。

まず上達させる為に必要なことは、英語で考え、聞き、話す時間を増やすこと。

これを徹底的に行うようにしましょう。

 

海外に住んでいれば英語が話せるようになると本気で思っている

これもよく言われることですが、正直、海外に住んだだけでは英語はほぼ100%上達しません。

詳しくは↓コチラ↓を参考にしてください。

【重要】留学・ワーホリなんて行くんじゃなかった・・・と後悔しない為に知っておくべきたった1つのこと

では僕が英語習得の際に実際にやってきたことを軽く紹介しましょう。

現在ペラペラと言うほどではないですが、渡航した当初と比べると遥かに上達はしました。

一時期は本当に英語が喋れなくて真剣に悩んだ期間があり、色々なことを試してきた結果、今でこそそれなりに話せるようにはなりましたが、正直つらい期間の方が長かったです。

もし、皆さんがペラペラと言うレベルになりたいなら、僕がやってきたことを目安に更に上を目指してください。

  • 外国人と一緒に住み・遊ぶ
  • 職場は完全英語環境(社員は外人のみ)
  • なるべく現地のお店に買い物に行く(飲食店etc…)
  • 分からない英語は日本人以外の人に聞く
  • 家では海外ドラマや映画を毎日真剣に観る
  • 何度も同じ映像を見て目と耳で覚える
  • シャドーイング(真似する)を欠かさない
  • 分からない英語は英語で調べる(分かるまで調べる)
  • 英語で独り言を話す
  • 日本語で考える時間を減らして英語で考える時間を増やす

これはほんの一部ですが、実際に僕がやってきてある程度実感できたことです。

でもこれらは英語習得者にとってはごく普通にやっていることであり、むしろもっと努力して習得されている人もいるとは思います。

なのであくまで目安ですが、最低限これぐらいは普通にやらないといけません。

もし現在のあなたが、これ以下の努力しかやっていないのであれば、絶対にこれを毎日行うようにしてください。

たまにではダメ、毎日です。

毎日、意識的にやること。

もちろん人によって英語の習得法は違うし、合う合わないがありますが、英語で考える・聞く・話すことを強制的にでも増やすことは、英語習得者にとっては常識と言えるでしょう。

そもそも家が日本人環境だったり、日本語のYoutubeばっかり観たり、日本人の友達と遊ぶ頻度が多いこと自体が大きな間違いで、それで英語が習得できるなんて単なる幻想です。

まずは気持ちから、そして実際に行動しなければ何も得ることはできません。

 

英語を”勉強”だと勘違いしている

英語教育とは日本で言えば授業の一つで勉強の一種となっていますが、英語は単なる会話のツールです。

例えば僕たち日本人が、日本語を話す為の授業って受けてきましたか?

もちろん歴史や国語などで漢字や難しい言葉や意味を勉強してきましたが、会話の勉強ってしてきてないですよね。

じゃあなぜ日本人は日本語が話せるのか?

それは小さい時から日本語をずっと聞いて、ひたすら日本語を覚え、そのまま真似して言葉として発しているだけなんです。

僕たちは小さい時から日本人の親の元に育てられ、日本語で「ごはん」とか「ママ」とかの単語を毎日のように聞き、自然と目と耳で見えた物と声を認識し、そこにあるのが何なのか?そして何と呼ばれているのか?などをを自然と覚えてきています。

「この状況の時には〇〇」「そこに置いてあるのは〇〇」「あの人は〇〇だ」と言った感じで、聞いた音をそのまま目で見て認識し、それが何なのかを理解していつの日か言葉として発するようになる。

これは勉強と言うよりも人間が持つ自然の認識能力と言った方が正しく、座学で頭を抱えて無理矢理記憶するのではなく、目で見てすぐに答えられる能力や、聞いて即対応できるように鍛えられ、時間をかけて培ってきているのです。

だとしたら、英語を勉強する(意識して学ぼうとする)ではなく、自然の中で勝手に記憶する(無意識の中に溶け込ませる)ことに意識を向けさせた方が圧倒的に習得が早いんですね。

例えば、箸らしき物を見た時に「箸」ではなく、「Chopsticks」と答えられるかどうか。

日本語よりも英語ですぐに反応できる能力を身に付けることがすごく大事なのです。

もちろん何十年も日本語で覚えてきているので、いきなり英語で考えろと言われても無理な話ですが、英語で考えて話す習慣が身に付いてくると、今まで知ってたはずの日本語が出てこなくなったり、ルー大柴さんのように英語と日本語ミックスした言葉を話してしまうこともよくある話で、これは仕方のないことであり、むしろ英語がそれだけ思考を司っている証拠となります。

もし寝言や夢で英語を喋っているのを見たら、脳が進化している証拠なので、そのまま維持して英語の思考を身につけましょう。

僕自身も英語で外国人と会話をしている夢や、外国人に襲われて「Help me!!」とか言って助けを読んでいる夢も見たことあるので、その当時は英語漬けで病んでいたのかもしれませんね笑

でも英語習得にはそれだけ思考や生活の一部にすることがすごく大事なので、とにかく英語環境を自らの意思で作り出して、その環境に身を置くことが一番の成長に繋がるのです。

 

まとめ

今回は、海外に住んでも英語が上達しない人の特徴を解説しましたがいかがだったでしょうか。

まず英語が上達しない人に圧倒的に欠けていることとして、とにかく経験値が少ないこと。

成功・失敗関係なく、数稼いでどんどん挑戦している人の方が成長が早く、どんなことにも言えますが、行動力がある人は何事にも成果に結びつきやすい。

特に元々海外の文化や英語が好き、外国人に興味があると言う方は尚更ですね。

そして今回伝えたかったのが『英語=勉強だと思うな!』です。

とにかく自然と身につけることを目指して、無理をせず、生活の一部にすることができれば違和感なく習得することができます。

ま、結局は「とにかく数やれ!!」ってことを伝えたかったと言う話でした。

ぜひ参考にされてみてくださいね。

CMで話題の初心者向け英語習得ツールを利用して英語に慣れよう♪

【英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH】

日常英会話からビジネス英会話まで全部これ1つで完結!人気ゲーム制作会社が考えたドラマ形式レッスンはビジネスにもプライベートにも使える英語が満載!英語初心者から始められて、気軽にいつでもどこでも英語を勉強できる、今CMなどでも大注目の新しい英語習得ツールです。

スタディサプリのメリット

  • 実際に使える英語が豊富
  • 英語で考える・話すことが習慣化する
  • 定期的に機能が更新するのでモチベーションを保てる
  • 英語を話すことに抵抗がなくなった
  • ディクテーションで聞き取れる音が増えた
  • 破格の値段でコスパが良く初心者に優しい

スタディサプリのデメリット

  • 最低3ヶ月は真剣にやらないと効果ない
  • TOEICなどの試験向きではない
  • 「話す・聴く」がメインなので文法の基礎が学べない
  • 毎回ダウンロードが必要で通信料が大きい
パメラちゃん
何事にも言えることだけど、数ヶ月やったら効果があるとか無駄な期待はせず、とにかく継続して自分のペースでやることが何よりも効果的なんだ。あくまで留学やワーホリの為の予習的な感覚で勉強し、ちゃんとした習得は現地に行ってから体験を交えて覚えるのがすごく大切。ある程度本気で習得しておきたい人は今大人気のライザップイングリッシュがオススメ!!

今だけ先着5000名限定で月額740円キャンペーン実施中!


この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG