Our New Website 「TOCC JAPAN」 coming soon...

海外に住む方法として、ワーホリや留学であれば軽い気持ちで行けて英語習得も仕事もでき、外人の友達もできる…

しかし現実はそう甘くはありません。

日本人の多くが1年程度海外に住んだところで、

「英語が微妙に喋れる」

「外人の友達はアジア人ばっかり」

なんてことが普通であり、幻想だけを抱いて海外に訪れる人が後を絶ちません。

ワーホリ・留学に行けば英語が流暢に話せるなんて単なる空想の世界でしかなく、それなりの努力が必要なのは当たり前。

ではどういった人がワーホリや留学に向いていて、逆に向かない人とはどんな特徴があるのでしょうか?

今回は、近いうちに海外に渡航する・またはこれから留学などを考えている人にぜひ参考にしてもらいたく記事にしました。

2話に分けて解説していきます

海外渡航前に最低限の英語に慣れておこう♪



 

ワーホリ・留学に向く人、向かない人の特徴とは?

向く人

  • とにかく英語&海外が好きな人
  • 臨機応変に対応できる人(何でも気にしない人)
  • 目標や将来に向けてのビジョンがある人

向かない人

  • ”何となく”や逃げる為に海外に行く人
  • 対応力や臨機応変さに欠ける人
  • 英語習得だけが目的の人

ざっとまとめてみましたが、大きく分けるとこのような特徴があります。

では下記で更に詳しく解説していきたいと思います。

 

ワーホリ・留学に行った方がいい人とは?

①とにかく英語&海外が好きな人

以前の記事で説明しましたが、英語を習得すると言うのは単なる言語の問題だけではありません。

海外留学は英語だけが目的じゃない!! 英語以外の”学び”を最大の目的にするべき理由

言語習得において「言葉=文化=歴史=思考を司る」ので、英語を喋るならその国の文化や伝統、そして人々がどのような思考で生活しているのかを理解しないと、本当の意味での言語習得はできないのです。

例えば笑いのツボや遊び方、仕事に対する考え方まで日本人とは全く異なり、最初渡航した時には言葉と言うよりも、この人が何を言いたくて何を伝えようとしているのかが分からず、ある程度の理解できるまでにかなり時間がかかりました。

もちろん英語が喋れればある程度のコミュニーションは理解できても、本当の意味での信頼を構築するにはそれなりの慣れや理解力が大きく関係してきます。

その為には最低限、海外や西洋の文化が好きでなければ相手を受け入れられず、そのうち自分が辛くなると思います。

  • 英語が好き
  • 海外の歴史や文化に興味がある
  • 洋楽や海外ドラマが好き
  • 外国人が好き
  • 海外の生活の仕方が好き

そもそも日本の当たり前が海外では通用しないのですから、日本には無い海外独自の魅力や発見を求めて行かないと全く意味がないし、ただつまならないだけで完全に時間の無駄です。

何事にも言えますが、「好き」だから継続できるし、嫌なことがあっても耐えられる。

まずは自分が本当に海外に何を求めているのか?を再確認してもらい、好きなことを更に好きになってもらう為のワーホリや留学にしてほしいと思います。

 

②臨機応変に対応できる人(何でも気にしない人)

日本に住んでいる時とは違い、海外に住むと基本的に自分で何でもやる必要があります。

しかも「その国の言語で」です。

例えば日本語でも何かの契約や手続きを行う時に、難しい言語や理解しにくい文章などありますよね。

当たり前ですが、それを英語で理解しないといけません。

これはある程度の英語理解者でもちゃんと理解できないようなことを英語ど素人の段階でやる必要がある。

  • 銀行口座
  • その国のマイナンバー手続き
  • 携帯契約
  • シェアルームや賃貸契約
  • 雇用契約

おそらく日本人のほとんどがお金を払ってエージェントにやってもらうと思いますが、意欲のある方はぜひ誰にも頼らずに挑戦してみることをオススメします。

なぜなら言葉が通じにくい、よく理解できないようなことを体験すると、その体験が自分の自信になって「私は何でもできる」「今は大変でもそのうち何とかなる」と思える強い精神力を鍛えることができるからです。

実際に海外で生活してみると、日本ではあり得ないことが起きたり、信頼していた人に嘘つかれたり、人によっては騙されたりすることもかなりの確率であります。

英語が喋れない、外国人だからこの国のことは分からないだろうと、完全に見下して適当な扱いすることなんて日常的に起こるものなんです。

そういった時に、日本風の黙って我慢とか、いつか分かってくれるなんてことは絶対に無いので、思考そのものを環境に対応すべく変える必要があります。

やられたらやり返す、言われたら言い返す精神力や、気にせずすぐに気持ちを切り替えていける思考や行動力がすごく大切になってきます。

ある意味何事にも適当な方が海外ではうまくやっていけるのは事実です。

世の中にはいい人ばかりではなく、悪い人も一定数いるのはどの国でも一緒のことで、海外においては自己管理や危機管理能力というのが優れていないとそこを平気で狙ってきます。

「海外は日本とは違う」「自分のことは自分で守る」「真面目よりも適当でいい」ぐらいの方が、海外では適応できるし、より海外生活を楽しめるキーワードでもあるのです。

 

③目標や将来に向けてのビジョンがある人

ワーホリや留学に訪れる人の多くは「英語習得」が主な理由だと思いますが、最終的に結果を残せる人と残せない人にはある共通点があります。

それは『将来のビジョン』です。

ワーホリ・留学から帰国した後みんなどんな仕事をしている?オススメ職業やパターン別対策法を紹介

もしあなたが、英語を母国語とする国で英語が喋れたとしても、それはごく普通の当たり前のことであり、”英語を使って何をしたいのか?”が最も重要なポイントになってきます。

それはある意味英語が上手じゃなくても、その人ならではのスキルや職を持っている方が仕事を得る可能性は高いのです。

要は、その国で活躍するにしろ日本に帰ってきてからのことにしても、その国で何をして何を得て帰るのか?がすごく大切になってくるので、単なる旅行感覚で英語習得だけで行っても何の意味も成しません。

例えば、海外だからこそできることや体験したいことを自分の意思で見つけるんです。

  • 日本でやってた趣味の幅を広げる
  • 日本での仕事の経験を活かして活躍する
  • 海外の大学などに通い就職に活かす
  • 海外移住の為に資格習得や大学を卒業する
  • 本物の英語を習得して英語の事業を始める
  • 趣味や特技を活かして現地のコミュニティに参加
  • 現地向けの情報を収集してブログやYoutubeで発信する

このようにただ旅行として行くのではなく、あくまで将来的なビジョンがあってこそのワーホリや留学にすることが、行動したことを成功に導くか失敗に終わるかを決めることになると思ってください。

 

まとめ

今回はワーホリ・留学に行った方がいい人の特徴について解説しましたがいかがだったでしょうか。

僕も実体験として色々な人を見てきて分かったことなのですが、海外に行った方がいいひとの特徴として”何でも自分でできる人”なんですね。

誰かに言われてとか誰かの支持の元に動く人ではなく、

  • 自分で考えて行動できる
  • 自分で調べることができる
  • 自分で努力できる
  • 自分で何でもやろうとする

この”自分で”と言うキーワードがすごく大事で、最終的に何かを得て帰る人は自分で考え抜いた期間や、辛い環境でも自分で乗り越えることができた人など、とにかくどんな状況であれ乗り越えるだけの精神力や強い想いがある人が多い。

もしくは、逆に周りのことなどが何にも気にならない、ある意味自分主義ぐらいの人の方が生き残る世界でもあるかもしれません。

長年海外に住んでいる日本人の多くは変な人が多く、日本に戻れないだろうなと言う感覚を持っている人が本当に多い。

でもだからこそその国に対応できている訳で、長い期間をかけて自分を変化させてきた結果、今があるのです。

それだけ国が変わるとか環境が変わると言うのは、人の性格そのものを変えてしまうことでもあり、今まで自分が知らなかった自分の魅力を再発見できるきっかけになったりもする。

だからこそぜひこの機会を無駄にしないように、自分の目指す将来的な夢に向かって行動してほしいなと思います。

読んで頂きありがとうございました。

CMで話題の初心者向け英語習得ツールを利用して英語に慣れよう♪

【英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH】

日常英会話からビジネス英会話まで全部これ1つで完結!人気ゲーム制作会社が考えたドラマ形式レッスンはビジネスにもプライベートにも使える英語が満載!英語初心者から始められて、気軽にいつでもどこでも英語を勉強できる、今CMなどでも大注目の新しい英語習得ツールです。

スタディサプリのメリット

  • 実際に使える英語が豊富
  • 英語で考える・話すことが習慣化する
  • 定期的に機能が更新するのでモチベーションを保てる
  • 英語を話すことに抵抗がなくなった
  • ディクテーションで聞き取れる音が増えた
  • 破格の値段でコスパが良く初心者に優しい

スタディサプリのデメリット

  • 最低3ヶ月は真剣にやらないと効果ない
  • TOEICなどの試験向きではない
  • 「話す・聴く」がメインなので文法の基礎が学べない
  • 毎回ダウンロードが必要で通信料が大きい
パメラちゃん
何事にも言えることだけど、数ヶ月やったら効果があるとか無駄な期待はせず、とにかく継続して自分のペースでやることが何よりも効果的なんだ。あくまで留学やワーホリの為の予習的な感覚で勉強し、ちゃんとした習得は現地に行ってから体験を交えて覚えるのがすごく大切。ある程度本気で習得しておきたい人は今大人気のライザップイングリッシュがオススメ!!

今だけ先着5000名限定で月額740円キャンペーン実施中!


この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG