Our New Website 「TOCC JAPAN」 coming soon...

現在海外滞在中の方、ワーホリや留学などで実際に海外に住んでみて、充実した生活を過ごすことはできていますか?

終わりが見えてくると、次に考えるべきことはその後の就職や進路をどうするか?ですよね。

人によってはそのままワークビザを申請してもらい滞在を伸ばす人、永住目的で進路を考える人などもいるとは思いますが、ほとんどの人はその後帰国する人が多いと思います。

でもちょっと待って!!

その後のこと、ちゃんと考えていますか?

帰国前にしっかりとした目標ややりたいことを決めて帰らないと、日本ならではの現実が待っています。

ぜひこの記事を参考にして頂いて、帰国前に準備することや、帰国後に注意しなければいけないことなどをまとめたいと思います。

 

海外に住んでた経験は日本では全く活かされない!?

実はワーホリや留学経験があって日本に帰国しても、理想としていた就職先や仕事が見つからなくて困っている人が多数いるという話があります。

これは事実です。

実際に僕の周りの人たちでも、海外に住んでた経験とは全く関係ない仕事に就いていたり、フラフラとバイトなどで食い繋いで生活している人は結構多い。

でも中には、その経験を活かした仕事を見つけることができ、英語や学んできたスキルを使って充実している人もいます。

ただごく少数ですが。。

では何がその違いを分けるのか?というと、たった1つの違いだけなんです。

”滞在中に何を得て帰国してきたのか?”

要は海外滞在中に何をしてきたか?よりも、何を得て帰ってきたのか?が最も重要視されることなんです。

例えば、

  • 飲食店で働いた ⇒ シェフやウェイトレスとしてどこまでできるか?
  • ファームで仕事した ⇒ 農業などの知識をどこまで持っているか?
  • 留学で資格を取得 ⇒日本で使える資格なのか?

このようなことが言え、海外で経験を積んで大変だった思いをしていたとしても、結局その経験や知識が日本でも活かせるようでないと意味がないということ。

現実的な話ですが、雇う側としてはその人が海外で何をしてきたのか分からないし、ワーホリや留学とは言っても日本に住む日本にしか住んだことない人にとっては遊んできたというイメージを持ってしまっても否めません。

なぜならワーホリや留学に来る多くの人は目的や特に理由も無しに、ただ単に海外生活を楽しむ為や、英語を喋れるようになりたいという目的だけで訪れている人が本当に多いからです。

英語が喋れるというだけでは、社会で通用しにくいことは理解されていますか?

  • 英語が喋れる=現地では当たり前
  • 英語が喋れる=他人を教育できるだけの資格を保有しているか?
  • 英語が喋れる=英語を使って何をしたいのか?

これらの英語以外の資格や特技、そしてそのスキルを活かして何をしたいのか?が最も大事な要素です。

日本は当たり前ですが、日本語が通じ、日本語だけで生活できる国ですよね。

その国で英語を使って仕事をする機会というのはそんなに多くないし、外資系や英会話の先生と言っても相当な専門知識や、間違いを間違いと言える判断力など、様々なスキルが必要と言えます。

それをたった数年の滞在で、しかも将来に活かす為の職に就いていた経験もない、日常会話の軽い感じしか喋れないという程度では、海外経験を活かして仕事を探すというのは正直難しいです。

だとしたらまずは意識から変える必要があり、「なぜ海外に住む必要があったのか?」をもう一度深掘りして考え改めてみること。

そして「その経験を活かして今後何に繋げていきたいのか?」を海外に移住する前、もしくは滞在中の早い段階で決めておかないと、単なる時間の無駄になりかねません。

それぐらい現実的にシビアな面もあることは十分に理解しておくことがすごく大切なんです。

 

海外滞在中に最低限やっておくべきこととは?

では海外滞在中にやっておくべきこととは何なのか?について解説していきましょう。

※英語や海外での経験を活かす職業に就く人の場合です

  1. 他言語による会話力
  2. 資格の取得
  3. 将来働く職業で活かせる仕事を経験

大きく分けるとこの3つがポイントになってきます。

まず、そもそも目的も無しに海外に移住することは、あまり良い選択ではないことは理解されておいてください。

最初に決めた目的や理由というのは、滞在が終了するまでに迷った時や辛い時の原動力として、努力する理由を再確認する為に大切なことなんです。

最低限、渡航する前の段階でなんとなくでもいいから、目的を掲げてから渡航するようにすること。

次に大事なのは、海外に住む以上は欠かせない会話力です。

正直数年で流暢に話せる人というのはそんなに多くはないですが、最低限の会話や相手の言ってることが理解でき、自分の言いたいことが簡単にでも言える程度にはしておくようにしてください。

なぜならワーホリや留学に行くことで誰もが得ることができるものと言えば、英語などの他言語を喋れるようになることであり、そのスキルを活かして次に繋げることができる自分の特技にもなり得るからです。

そして次は資格などを取得して、その業種による経験を積んでおくこと。

これは日本でも海外でも言えることですが、資格を取得したとしても実践的に活躍できる人材でなければ、企業は雇ってはくれませんよね。

上記でも述べた通り、何ができて何が会社に貢献できるか?はすごく大事なことであり、その経験や知識を実践でやってきたという話は相手にも信頼感を抱かせ、就職などにも有利になると言えるでしょう。

エド君
とにかく渡航前も滞在中にも意識して欲しいのは、『先々を考えて何を得て帰るのか?』を絶対に決めて日々を過ごすことです。それぐらい海外での経験を将来に活かす為に常に心がけておくことは、実は海外生活を充実させる大切なポイントにもなるんだ。

 

日本に帰国を決めたらやるべき3つのこと

ではここまで来たらもうあとは帰国に向けて準備をするのみですが、最低限やっておいた方がいいことを3つにまとめてみました。

  1. 転職エージェントに登録・相談
  2. できるだけ貯金しておく
  3. TOEICを受ける(※英語が必要な場合)

①転職エージェントに登録・相談

まずやっておいた方がいいことの一つが、転職サイトなどの仕事を斡旋・紹介してくれる会社に登録して、カウンセリングを受けながら理想とする会社を見つけ出すこと。

就職や企業との関係性の深い専門のスタッフがその人のスキルや経験を確認後、企業の理念や評判、そして相性なども含めて総合的な判断で紹介してくれるサービスです。

なぜオススメかと言うと、日本にはまだまだブラック企業と言われる時代性に合っていない制度を続けている会社が多く存在し、働いてみたら全然違ったとか、過度の残業や働き方に問題があったりしても、その情報があまり一般的に公表されていません。

なのでせっかく就職したのに嫌な会社ですぐ辞める事になったり、余計な負担を減らす為にも、専門的な業界に精通したスタッフに任せることで、そういった心配やのちの問題を大きく軽減することができます。

しかも取り扱っている業種や会社も何万社と言う中から、理想とする働き方や給料形態などに合わせて斡旋してくれ、しかも面接や履歴書の対策、そして就職が決まった後も定期的に状況確認するサポートなど、安心して任せられるのが利用者からの信頼に繋がっています。

当サイトオススメの転職エージェント



 

②できるだけ貯金しておく

実はあまり意識していない人が多いのですが、ある程度の貯金はしておいた方が何かと安全と言えるでしょう。

まず就職活動が順調にいく保証がないし、あちこち移動するのにかかる交通費や滞在費、住まいに必要な引っ越し代や家具など、意外とお金がかかることが多くなりがち。

特に戻って来た最初の頃はお友達との付き合いや美味しい食べ物を食べに行ったり、または旅行などにも行く機会があることでしょう。

その時にある程度のお金があった方が色々楽しめ、就職前に日本での生活を謳歌しておくのはストレス解消にもなるのでお金があって損するということはないと思います。

都心部&駅近&格安で探せるシェアハウスがオススメ

【TokyoDive(トーキョーダイブ)】



↓参考記事はコチラをクリック↓

【留学・ワーホリ・駐在から帰国後の方向け】これからはシェアハウスに住むのが超絶オススメな理由

 

③TOEICを受ける

これは英語を必要とする職業に就く場合の話で、海外の多くは英語力を測るのにIELTSを主に使っていますが、日本はTOEICが一般的です。

両者は英語の試験と言ってもそれぞれ異なる特徴があり、TOEICは比較的会話力とかよりも文章力や理解力などが試される試験となっています。

例え海外でIELTSを取得していたとしても日本ではあまり通用しなく、海外滞在中にTOEICの試験を受ける予約や、その対策の為にある程度の勉強をしておいた方がオススメ。

最近はTOEIC専用のオンライン教育などが盛んに行われていて、参考書などが手元になくてもネット上で勉強できるので、活用しない手はないでしょう。

TOEICのオンライン学習はコチラ

TOEIC3ヵ月以内に200点以上UP!スタディサプリENGLISH



  • 「3ヶ月の集中学習でTOEIC275点UPも出た新サービス!」業界初・オンライン特化型専属コーチ
  • 驚異的な実証結果を経て、圧倒的低価格でリクルートより誕生
  • 「短期でTOEICの結果を出したい人に!」対策時間がないとは言わせない
  • 言訳スパイラルをオンライン専属コーチが徹底排除
  • 定期的な実力チェック
  • 音声通話による定期カウンセリング&チャットでアドバイス
  • 短期集中3ヶ月コースとコツコツ6ヶ月コースの2種類から選択
  • 満足できない時は返金対応可
エド君
専属コーチによる徹底した管理システムやアドバイス、スマホを使ってチャットや通話での対応もできる点など、これら全て含めて月額5667円〜始められるのはかなりコスパに優れたサービスだと思うよ。
パメラちゃん
しかも定期的なキャンペーンを行っていて、キャッシュバックやお得に通えるプランが盛りだくさんなのも大きな魅力だよね。

まとめ

今回はワーホリ・留学から帰国後の仕事の探し方や注意点に関して解説しましたがいかがだったでしょうか。

実際に多くの日本人が海外に渡航して帰ってきたはいいものの、まともな職に就けなかったり、自分がやりたかったことができないと言った話はよく聞かれます。

でもそういった方達には特徴があり、就職に繋げにくい知識や経験だけでは、なかなかうまくいかないのが現実とも言えるかもしれません。

なので最低限、事前の準備や計画的に先々を考えて行動すれば、より充実した仕事や生活が可能になるので、ぜひ上記で挙げたようなポイントを意識して頂いて、今後の進路に活かしてもらえたらと思います。

読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG