Our New Website 「TOCC JAPAN」 coming soon...

海外に滞在している方が帰国することが決まった時点で、まずやらなければいけないのが日本での家探しです。

帰ってきたはいいものの、住む家がなくて実家に一時滞在できる環境ならまだしも、ホテルや友達の家に入り浸ってしまってはお金はかかるし、実家や友達だとしても迷惑をかけがち。

そこでとりあえずの滞在方法としては、まずはシェアハウスに住んでから、仕事や生活が落ち着いてからアパートや自分の好きなように家探しをした方がいいと思います。

特に海外に住んでるとシェアに関しては抵抗が少ないと思うし、ここは日本、比較的おしゃれで物やサービスが整っている施設が多いので、ぜひ参考にしてもらえたらと思い記事にしました。

 

海外から帰国後に賃貸を探す時の2つの注意点とは?

これは僕自身も帰国後にあった実体験でもあり、日本のシステムを忘れていたことでもあったので、おさらいも含めて一緒に確認しておきましょう。

日本で賃貸を探す最大の注意点とは、

日本での仕事が先に決まってないと家を借りれない問題です。

まあよくよく考えれば当たり前の話なのですが、海外から帰国したばっかりという理由はあったとしても、仕事が決まってない人に部屋を貸す訳がありません。

賢い人であれば帰国する前に日本で働ける場所を決めてアポ取って、帰国後すぐに仕事を始めるよう準備されている人もいるのかもしれないですが、僕たちは海外に4年弱ぐらい滞在していたのもあって、日本のシステムを完全に忘れていたし、何とかなると思ってなめてました。

日本はとにかくなんでも証明が必要な国。

しっかりとした証明がなければ、契約ができないというのが日本なんです。

これ、海外の期間が長い人ほど見落としがちな感覚なので気をつけてくださいね。

なのでまずは、家探しよりも帰国後の仕事を決めるのが先で、決まってから賃貸を探すのがベストな流れ。

Austin
帰国前にあらかじめ仕事を決めておいて、仕事が決まった後、その証明を持って賃貸契約するようにしよう。特に正社員じゃなくても問題ないし、バイトや派遣でも、とにかく職を持ってることが大事。

・内定率80%超の転職カウンセリングで確実な就職を目指す方は、
ハタラクティブ

・とりあえずバイトや派遣などで生活の基盤を確保したい方は、
ジョブリンクワーク

 

では次の注意点は、

引っ越し費用や家具を揃える為のお金を用意する必要があること

分かってるとは思いますが、日本は家具付きの賃貸アパートなんて、レオパレス以外ではほとんど見たことがありません。

そう、全ての家具を揃える必要がある=めっちゃ金がかかると言うこと。

引っ越し代や敷金・礼金、家具代とか込みで考えれば最低でも50万円ぐらいは必要でしょうし、そのお金を貧乏ワーホリ留学組が前もって準備している訳ないですよね。

ちなみに僕たちの場合は、とにかくオーストラリアでガッツリ金稼ぐしか考えてなかったので、嫁と2人で2年間で1000万弱貯めることができ、お金の心配はほとんどしなくても大丈夫でした。

ただ日本のシステムを完全に考えていなくて、基盤を作るまでにかなり時間がかかってしまったんですね。

このように、海外滞在中に最低限のお金を準備しておくことや、帰国前にあらかじめ仕事を決めておくという心構えがなければ、帰国後バタバタでやらなければいけないことが多すぎてかなりしんどいと思います。

そんな人にオススメしたいのが、都市部限定にはなりますが、シェアハウスにとりあえず住んで安心する環境を確保すること。

これは実家が近くにないとか、仕事を都心部でしたいと言う方向けにはなりますが、最近の東京などの都心部のシェアハウスはかなりクオリティが高く、海外のシェアハウスのレベルと同じようには考えない方がいいほど、かなり充実した環境となっています。

 

海外vs日本のシェアハウスは何が違うの?

海外に住んでる日本人の留学生やワーホリの人たちは、シェアハウスやバックパッカーに住んで生活をしている人が多いと思うのですが、共通点として汚いところが多いですよね。

僕も最初住んでたバッパーは、部屋の汚さと匂いが衝撃的で、海外生活の現実を知ったような感じでした。

ちなみに僕たちが住んでたバッパーはこれ

ヤバイでしょ。

汚いし、臭いし、やたら親切な何年もこの部屋で寝ているインド人と一緒だし。

更にある日寝てたら、ベッドの結合部が折れて床に落ちたんです笑

でもこんなこと海外ではよくある話だし、これを笑い飛ばせるぐらいの気概がないと本当にやっていけません。。

では日本のシェアハウスと何が違うのかを言葉で説明するよりも、分かりやすく写真で比較した方がいいと思うので、まずは見てください。

参考写真:シェアハウスドーミー舞浜

僕はこの写真を見た時に衝撃を受けました。

普通に住める、この家!!

さっき見せた僕たちが海外で住んでた所は、倉庫、いや広めの刑務所みたいな感じだったので笑

海外のバッパーやシェアハウスは自分専用の個室があるところとないところがあって、人によってはリビングを仕切って部屋として使っている人もいたり、狭い個室に5〜6人とかで住んでるのなんて結構普通の話。

プライバシーも安全性もほとんどありませんよ、本当に。

でもここは日本。

全室個室で自分の部屋があって冷蔵庫も設置、そしてトイレやキッチンお風呂が共同なだけで、住む環境としては何の問題もない。

では次に、先ほどの「シェアハウスドーミー舞浜」の部屋以外の環境をお見せしましょう。

ここはコワーキングスペースみたいなところで、Web系などのフリーランスの人が働いていたり、色々な人が集まってコミュニケーション取れるような作りになっていて、普通におしゃれなカフェ風になっています。

キッチンも綺麗に完備され、しかも広いし、電化製品も色々揃っていて混雑時でも安心して使えそう。

しかもめちゃくちゃオシャレ!!

そしてこのシェアハウスの最大の魅力と言えばこれ、

健康センターばりのお風呂が完備されていて、銭湯感覚でシャワーが浴びれること。

こんなところ海外では絶対に無いです。

快適性と安全性が揃っていて、じゃあ一体いくらなの?と思いますよね。

はい、肝心な料金ですが、

[月額] 最安39000円〜最高52000円

もう衝撃的な安さだし、海外留学組からすれば羨ましくて喉から手が出るほど住みたいシェアハウスです。

地域によっては一人暮らししても変わらない金額かもしれないですが、忘れてはいけません、普通に賃貸ならこれにプラス家具代がかかるんですからね!!

そして先ほども言ったように、ワンルームを賃貸しようとすると、仕事の証明や様々な契約などがあって手間がかかります。

でもシェアハウスならネットで申し込んで、実際に見てみて、良ければその場で契約。

簡単じゃないですか。

ヤバくないですか。

住まない理由の方がないと思いますが、いかがでしょうか。

 

シェアハウスに住むメリットとは?

 

海外在住の方ならシェアハウスの仕組みは理解していると思うので簡単に説明しますが、外国人や今まで交流を持てなかった人と繋がりを持てることですよね。

特に個人的には、海外から帰ってきた今だからこそ、シェアハウスに住んで外国人との交流を持った方が良いと思います。

しかもここは日本!!日本にいる外国人は、日本に興味があって訪れている訳であって、住んでる人も旅行で来た人も何かしらの目的があって来ています。

と言うことは、外国人にとっても会話の相手がいて助かるだろうし、自分自身も語学力の維持が容易にできる訳です。

僕自身もそうですが、海外から帰って来て何が一番残念なことかと言うと、英語を話す機会が全くなくなることで聞き取りも話の精度も低下してしまうことです。

普通に一人暮らしや実家にいるようでは英語なんて喋る機会がありませんから。

更にシェアハウスに住みたいと思って来る人の多くは、駅前などの立地の良い場所を選ぶ傾向にあり、都心部で駅前、格安で住めるというのも大きなメリットではないでしょうか。

 

シェアハウスのデメリットとは?

 

散々メリットを語ってきましたが、もちろんデメリットもあります。

それは人間関係のトラブルや相性、そして安全性の問題です。

色々な人がいるから楽しいことも多いのですが、世の中には色々な人がいます。

しかも外国人となるとルールを守らない前提で利用する人も多く、人によってはキッチンやトイレを利用したあと汚くして部屋に帰るような人も普通にいます。

更にはどうしても相性が合わない人がいてストレスを抱えたり、人間関係のトラブルで悩んでしまうことが全く無いとは言えません。

僕がいたバッパーでも、盗難や女性専用お風呂場での盗撮などが実際にあったのも事実です。

でも外国人はそれ前提でシェアに住んでる訳だし、嫌だったら移動するか、もしくは大家に相談するなどのことは日常茶飯事。

なのでそんな時は、まず管理している人に相談して部屋を変えてもらうか、場合によっては強制退去をお願いして出て行ってもらうよう促すのもありだと思います。

絶対に自分一人で抱え込まずに、自分の家でもある訳だし、みんなの家でもある。

それがシェアで住むと言うルールなんですから、無理せず自分の住みやすい環境づくりを整えるようにし、自分の身は自分で守るよう心がけるようにしましょう。

 

シェアハウスの探し方を紹介

今回は海外から帰国した人向けに記事を書きましたが、シェアに抵抗がなければ誰でも入居可なんで興味のある人は実際に見学したりして体験してみると良いかもしれません。

最初はどうしても多少の抵抗はありますが、色々な人との出会いもあり、結構楽しいと思います。

多様な考えを交流できる環境と言うのは、普通に日本に住んでるだけではなかなか体験できないことだし、実はすごく大切なことでもある。

しかも日本でそんな体験ができて、安くて綺麗な環境であればむしろメリットの方が多いのではないでしょうか。

最後に当サイトがオススメするシェアハウスのリンクを貼っておくので、興味のある方はぜひ参考にされてみてくださいね。

 

オススメのシェアハウス専門サイト

 

SHARE HOUSE180°



SHARE HOUSE180°は、名古屋を拠点に東海地方最大のシェアハウス数を取り扱っていて、様々なコンセプトやお客様が理想とする環境を多く紹介している専門サイトです。

 

SHARE HOUSE 180°の特徴・様々な条件により好みの部屋が見つかる
・駅近などの好立地で英語や女性限定などのコンセプトで検索可
・外国人との交流も楽しめる物件有り
・おしゃれな作りで共同ルームも必要最低限のもの完備
・場所によってはジムや広めの銭湯付き
・BBQやテニスやランニングなどの趣味友達作りやイベント多数有り
・最低価格約30000円前後〜

 

オースティン君
スタッフが住み込みで清掃や安全面などの管理を徹底しているから、安心して滞在を楽しめ、楽に住める環境が整っているよ。しかも様々なライフスタイルに合わせた環境づくりができるよう、プライバシーを守りつつ様々なイベントを開催して楽しい空間を演出しているんだ。おしゃれな部屋も多く取り扱っている印象が強いからこだわり派の人にはオススメのサイトだよ。

ハナサカス



ハナサカスは池袋や高円寺など、都内42ヶ所のシェアハウスを取り扱っている女性向けの専門サイトになっています。

様々な働き方や生き方が誕生してきている現在、多種多様な分野で活躍する女性にとってのコミュニケーションスペースが完備されていたり、危険や防犯に特化した作りにしてある部屋など、それぞれの目的に合わせた女性に優しいお部屋が多く揃っています。

 

ハナサカスの特徴・敷金礼金仲介手数料一切不要
・家具家電付きで家賃以外の経費なし
・生活必需品などの共有するものは全て支給
・共有スペースは専門の清掃会社が管理
・日本人女性限定で安全性、防犯システム完備
・最安約30000〜で都内ぐらしが可
パメラちゃん
短期間で住みたい人や上京してきたばかりの人など、様々な理由で訪れる人が多い東京に住む最大のデメリットは、生活コストが高いこと。しかしハナサカスなら、様々な目的や理想とする環境を簡単に探し出すことができ、女性専用の物件で、かつ家賃も安い物件を取り揃えているというのが一番のメリットになります。

【TokyoDive(トーキョーダイブ)】



Tokyo Diveは、東京で働きたい方に多様な働き方と住まいを同時に提供するサービスです。

サポート内容としては、

  • あなたの「やりたい!」を発掘させる丁寧なカウンセリング
  • 確実に就職させる為の履歴書添削
  • 面接突破の裏技や練習の機会を与える極秘面接対策
  • 今後のキャリアや進路なども含めた相談・アドバイス

正社員、派遣、紹介、紹介予定派遣と雇用形態も様々で、企業とあなたを繋げるプッシュ役として徹底的にサポート!!

しかもここの最大の魅力は、お仕事の提供だけではなく、東京での新居選びも一緒にサポートしてくれます。

  • ワンルーム賃貸
  • レオパレス21
  • シェアハウス

この中でやはりオススメはシェアハウスで、

◆敷金・礼金・仲介手数料0円
◆家具・家電付き
◆家賃補助

通常かかる上京費用の約3分の1まで抑えて住むことが可能なんです。

なぜTokyo Diveがオススメなの?
企業それぞれの働き方やそのエリアに合わせた物件を紹介することができ、企業とその人に合った生活環境の紹介を丁寧にサポートできること。

〜サポートの流れとは?〜

  1. 無料相談
  2. お仕事紹介
  3. 履歴書・面接対策
  4. 仕事決定
  5. お住まい紹介
  6. 住まい決定
  7. 生活が始まる

内定後の悩み相談やTokyoダイブ利用者で集まって交流を深めるイベントも無料開催

 

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG