Our New Website 「TOCC JAPAN」 coming soon...

 

海外にしばらく住んだ後に日本に帰国すると、たった数年だけでも色々な流行やシステムが変わっていることに気づきます。

 

特に、スマホなどの携帯事情やインターネットに関することは世界どこでも進展が早く、情報をいち早く取得していないとあっという間に時代に乗り遅れてしまいます。

実際に僕自身も、海外に数年の間住んでから日本に帰国した時には、スマホ事情が大きく変わっていたことにカルチャーショックを受けました。

 

その中でも今後日本で当たり前になりつつある【格安SIM】に関しては、海外のスマホ・ネット環境よりも全てに関して圧倒的に上です。

僕自身は帰国後からすぐにLINEモバイルを利用していますが、海外で経験したような電波が途切れたり何か問題が起きたということは一度もなく、しかも日本大手のドコモやソフトバンクよりもかなりお得に利用させてもらっています。

 

そんなこれから日本へ帰国する方や日本のスマホ事情に関して興味がある方に向けて、記事を書いてみたいと思います。

※日本帰国者の方に向けての記事となりますが、日本在住の方で格安SIMに変えたいと思ってる方でも読んでいただける記事となっています。

 

どこの格安SIMがオススメ??

 

※まず日本帰国者の方でも日本でスマホを使ってる方両者に言えることですが、そもそもSIMフリーのスマホを持っていることが前提で話を進めていくので、ドコモやソフトバンク等でしか使えないキャリアをお持ちの方は、SIMフリーのスマホを用意するところから始めてください。

 

①便利に、そしてお得にLINE・SNSをよく利用したい方なら【LINE MOBILE】

LINE MOBILEとは日本人なら誰もが利用したことあるあのLINEが出しているSIMカードになります。

まず基本的なプランとしては3つの特徴があり、

[LINEフリープラン]
・LINE(通話・トーク)が使い放題で500円

[コミュニケーションフリープラン]
・3~10GBから選べる
・LINE
・Twitter
・Facebook
・Instagramが完全無料

[MUSIC+プラン]
・LINE MUSICを付随させたプラン

基本的なメリットとしては、スマホを利用する際のほとんどがLINEやSNSだけと言う方に最適なプランとなっていて、お得にかつ通信速度も申し分のない特徴を持っています。

実際に僕が使っていて感じるデメリットと言うのはほとんどなく、僕自身もSNSやブログを書いたりGoogleで調べ物をするのが主な利用環境なので、その際に感じる不満な点など本当にありません。

通信速度も時間帯問わず普通に安定しているし、月々の支払いも大手キャリアのものとは比べ物にならないほど安くなったので、大変気に入ってるとしか言えない状況です。

 

LINE Mobileの特徴・LINE、SNSが無料
・SNSをよく利用する方にオススメ
・通信速度も安定していて爆速
・通信量翌月繰越可
・普通に利用して月2500~3000円
・地域によっては電波が入りづらい時がある
・低速状態との切り替えスイッチがない

詳細確認・申し込みはコチラ

 

②月3~6GBしか利用しない or Youtube等をよく利用する人は【BIGLOBEモバイル】

プロバイダのビッグローブ(KDDI子会社)が運営する格安SIMで、通信速度や安定感に定評のある会社です。

BIGLOBEの最大のメリットとしては、通信品質が良くドコモ&auの回線を利用しているので常に安定していて、かつ通信費が安く済むこと。

そしてユーザーの利用状況に合わせてプランの変更が容易なことが挙げられます。

<電話の利用頻度で選べるプラン>

・月額600円 / 3分かけ放題
・月額600円 / 通話パック60(無料通話60分)
・月額830円 / 10分かけ放題
・月額830円 / 通話パック90(無料通話90分)

次にBIGLOBEの魅力と言えるのが、月額480円で見放題・聴き放題になるエンタメフリーオプション。

<対象サービス>

・Youtube
・Youtube kids
・AbemaTV
・Spotify
・Google Play Music
・Apple Music
・Amazon Music
・U-NEXT
・AWA
・Radiko.jp

YoutubeやAbemaTVをよく見る方、音楽が好きで定額聴き放題で安心して聴きたいという方に最適なプランとなっています。

個人的な印象としては全体的なバランスが良くコスパに優れた会社です。

通信速度の安定性・速度、料金の安さ、プランの選択肢、エンターテイメントが充実してる点など、他にないサービスが相対的に充実しているのが特徴。

たくさんの格安SIM会社の中でも最もお得で、色々な目的で使いたいならBIGLOBEモバイル一択と言えるでしょう。

 

BIGLOBEモバイルの特徴・安定した通信で安くコスパがいい
・通話の利用に合わせたプランが豊富
・Youtubeなどをよく見るなら必須
・通信速度、安定性第2位(2018年9月)
・BIGLOBE Wi-Fiが無料で利用
・専用アプリがある
・チャット相談が24時まで可
・スマホセットが一括で払えない

詳細確認・申し込みはコチラ

 

③スマホの利用頻度が多く、とにかく安定した通信速度が欲しい方は【UQモバイル】

UQモバイルはau回線を使ったMVNOで通信速度や安定性はダントツの格安SIMです。

格安SIMユーザーにとってデメリットになりやすいのが、ネットを利用する人が増える時間帯(出勤時間、帰宅後18~24時)に通信速度が落ちること。

これは大手キャリアにはない唯一のデメリットと言ってもいいぐらい、人によっては不満に思うことの一つ。

しかしUQモバイルならそういった心配も他社に比べると圧倒的に少なく、安定している時間帯が多いので安心して使えます。

ただ、上記で挙げた2社と比べて目立つのが料金の高さなんですね。

引用:UQモバイル

見てお分かりの通り決して安いプランとは言えません。

もちろん格安SIMの他社同士で比べると高いだけなので、大手キャリアと比べると圧倒的に安いのには変わりはありません。

現在大手キャリアを利用していてこれから格安SIMにしたいけど、安定した通信速度を維持したいと言う方には最適な選択になると思います。

 

UQモバイルの特徴・格安SIM業界で断トツの通信速度
・時間帯問わず通信が安定しやすい
・家族割がある
・無料お試し期間が15日間ある
・専用アプリがある
・通信容量の欲月繰越ができる

※上記のプランは契約時点から2年間の契約期間が設けられ、25ヶ月目の契約期間満了月に解約手続きをしないと、また2年間の契約が自動更新されるので注意しましょう。

詳細確認・申し込みはコチラ

 

3社比較を簡単にまとめると…

LINE・SNSの利用頻度が多いなら
LINEモバイル

総合的なコスパが良いものをお探しなら
BIGLOBEモバイル

とにかく通信速度重視の方なら
UQモバイル

 

なぜ格安SIMがオススメなのか?

 

 

①大手キャリアの半額以下で利用可

僕が海外に滞在する前は、ドコモを利用していて普通に毎月1万円前後は使っていました。

多い時だと2〜3万円いった時もあり、毎月ヒヤヒヤしながら利用していたのを覚えています。

しかし実際に海外に住んでみると、海外の多くは日本よりも格安で月に4000~5000円ほど。

もっと安いキャリアだと毎月3000円とか当たり前の環境ですよね。

その波がやっと日本にも訪れてきていて、最近になって安く契約できる企業が増え、格安SIMの多くが月に2000円〜多くても5000円の範囲で利用できるようになっています。

これはかなり大きな進歩で、僕自身もLINEモバイルを利用していますが、月に普通に使ってもだいたい2500円前後です。

SNSもやるしYoutubeも見るし、ネットで検索してもこの値段。

しかも海外に滞在中の方の多くは、SIMフリーのスマホを利用している人が多いことから、海外で利用していたスマホをそのまま日本でも利用することができ、SIMを入れ替えればあっという間に使えるというのも◎

そして当たり前ですが日本の通信事情は、海外とは比べ物にならないほど爆速なので、ほとんどストレスを感じることなく何でもできるのが大きなメリットですが、格安SIMも体感的には十分すぎるほど早いです。

海外に住んだ経験のある人なら誰もが思う海外生活のストレスの一つだったと思いますが、日本でその心配は一切必要なく、かつ安いのであれば格安SIM以外の選択はないと言っていいでしょう。

 

②申し込みは全てオンラインで可

海外から帰国した後というのは、色々な手続きや買うものがあったりして、落ち着くまで多忙になりがち。

でも日本では契約や証明に電話番号が必要な機会も多く、なるべく早くスマホを契約して電話番号を取得したいところ。

今まではドコモショップなどの店舗に出向かないと契約できなかったのですが、今ではオンラインで買い物する感覚で申し込むことができます。

しかもここは日本、申し込めば数日の間には届き、手続きを踏めばあっという間に接続完了、数日で契約できるので帰国数日前に(※住所が決まっているなら)お好みのSIMカードを申し込んで、到着後すぐにでも使えるので大変便利だと思います。

もしSIMフリーのスマホをお持ちでなくても、最新の機種と一緒になったプランもあるので、月々高くても5000円以内で利用できる点も大きなメリットです。

機種が豊富な格安SIMはコチラ

 

③帰国直後だから余計な違約金が無い

通常国内のスマホ契約をする場合は、1〜2年間の契約期間の縛りがあります。

その契約期間内に途中解約してしまうと多額の違約金を支払う必要があり、その違約金を払うのが手間だからなかなか格安SIMに移行しにくいといった理由が挙げられます。

しかし海外滞在中は契約を解除、または休止してから渡航してる人がほとんどなので、基本的な違約金などが存在しません。

これからの時代は確実に格安SIMのスマホ市場が広がってくるはずなので、何も考えず大手キャリアと契約することは損することを選んでいるのと一緒です。

僕自身も最初悩みましたが、結果的にLINEモバイルに申し込んでみて本当に不満を感じていないし、十分すぎるほど使えて満足しています。

このタイミングを逃してしまうと、また2年後、また更に2年後と先延ばしにしてしまうことになるので、この機会を逃さないようにしてください。

 

まとめ

 

もうすでに格安SIMのスマホが市場を締めてきている中で、今後どんな進歩を遂げるのかが楽しみですよね。

 

今の時代的にも無駄を省いてよりシンプルに、そして余計なコストを減らした生き方が求められつつある時代の中で、毎月のスマホ代に関しても負担が少ない方がいいのは当たり前。

求めれば求めるほどキリがないだけで、もうそんな余計な買い物や高いものを買わなくても十分に生きていけます。

 

格安SIMに関しても検索すると色々な情報がありますが、海外に滞在していた人なら日本クオリティの素晴らしさはより理解していますよね。

日本で普通に販売されているものに変なものはほとんど無いし、結局どの機種を買おうがSIMにこだわろうがそこまで大きな差はありません。

多少それぞれに特徴があるだけで、デメリットや問題があるものの方が少ないので余計な心配は不要でしょう。

 

今回紹介した3社を比較し、自分に合ったキャリアを選択すればそうそう間違いないので自分好みを探してみてください。

 

では今回はここまで。

 

読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG