Our New Website 「TOCC JAPAN」 coming soon...

 

日本人にとっての海外留学と言えば、誰もが思うのは『英語習得』ですよね。

それは非英語圏の国の人たちも、オーストラリアやカナダなどに留学に行く目的は同じく『英語習得』です。

 

でも、日本人が英語を習得する目的と、外国人の英語を習得する目的にはある部分において、大きな違いがあることは知っていますか。

 

僕の周りにいた韓国人も中国人も、英語以外の違う目的があって、その際に英語が必要だから英語習得に来てる人ばっかりでした。

もちろん全ての人がそうとは言いませんが、日本人よりもしっかりとした目的の元に訪れて来ている人が多かった。

 

僕たち日本人はそういった意味でも、言語習得の目的に関して勘違いしてたり、いつまでも英語を習得できない理由を自ら作ってしまってることに気づかないといけないんだと思います。

 

今回は、なぜ英語以外の目的を作らないといけないのか?について解説します。

 

なぜ日本人の多くは目的もなく海外留学を選ぶのか

 

 

僕が海外に住みたいと思った理由は、「海外で美容師をやりたい!」と思ったから渡航することを決めました。

 

それ以上でもそれ以下でもありません、ただ外人の髪をやってみたかった、それだけです。

 

それは僕が美容師だから目的があったのかは分かりませんが、そこに英語という目的はほとんどなかったんですね。

もちろん住んでみて初めて「ヤバイ」と思って英語の勉強を始めた訳ですが、それまで行けばなんとかなると思ってたし、未知の世界だから行ってみないと何も分からなかった。

 

だから”外人の髪を切る”という目的以外には理由がなかったんですね。

 

でも実際に現地に来ている日本人の多くは、

「なんとなく」とか「住んでみたかった」とか「英語が喋れたらカッコイイ」、挙げ句の果てには「外人と付き合ってみたかった」など、目的という目的がほとんどなく、”ただ来た”という人が本当に多かった。

 

渡航してきた行動力だけでも素晴らしいことですが、他国の外国人で英語を勉強しに来た人の中には、そんな曖昧な目的で渡航してきている人はいません。

 

ただ知り合いにいなかっただけかもしれませんが、少なからず僕の周りにいた友達にはいませんでした。

 

では分かりやすく箇条書きで、彼らの目的で多かった理由をまとめてみます。

・母国で良い給料の職に就くには英語が必要
・良い大学に行くには英語が必要
・海外で新しい仕事を始めたい
・移住して前職のキャリアを活かしたい
・英語の教師で生の英語を学びたかった
・お金を貯めて新しいビジネスを始めたい

 

彼らはの目的は、やはり英語ではなく、英語を使って何かをする。

もしくは英語を使って次に繋げたいなどと言う目的が多かったように感じます。

 

あくまで彼らにとっては通過点でしかなく、単なるツールとして自分の人生に必要だから学びに来てるのです。

 

それに対して日本人の多くは、別に仕事にも困ってないし、お金にも困ってない、けどなんとなく行ってみたかったから留学行こうかなと言う感じ。

第三者として聞いてても日本人のヤバさに気づきませんか。

 

だからいつまで経っても英語が下手な国民だと思われ、日本人自体も英語に対して変な特別感を持ってしまっているんだと思います。

 

英語は単なるコミュニケーションにおいてのツールでしかないし、英語が上手に喋れるよりも、何か特別な別のスキルを持ってる方が確実に重宝されます。

それは僕自身が美容師として、英語が下手でも色々な人の髪を担当できたので、間違いない話です。

 

英語圏では英語は喋れて当たり前だし、日本で英語を使う場面なんてほとんど無い、そこに日本人が英語を学ぶ理由なんてありますか?

 

まず意識することとして、自分の武器となる何かを身につける、もしくはその武器を学ぶのに英語が必要だったら習得する必要があるのではないでしょうか。

 

英語以外の”何か”を学んだ方が、海外でも日本でも活躍できるし、何より自分が今後生きていく上での武器であれば今後確実に誰かの為になる。

世界に出たら英語が喋れる人なんてそこら中にいるし、英語が喋れるだけでは全く使い物にはなりません。

 

まず優先すべきことは、

『英語を学んで何をしたいのか?』を意識して行動することだと思います。

 

英語以外の目的にはどんなものがあるの?

 

①言語

そもそも、僕たちが日本語を喋れる時点で世界で重宝される存在であることを忘れてはいけません。

世界において日本語が喋れるということは、日本語を伝える側に回ればいくらでも仕事になるチャンスがあるのです。

日本語教師や翻訳、現地での日本企業で働くこともできるし、日本語を仕事にすることは容易にできてしまいます。

それは日本語だけに限らず、世界各国の様々な言語を操れるというだけで一つの武器になるし、もし多言語を喋れるようになれば希少な存在として注目されることでしょう。

まず知っておいてほしいことの一つに、英語は世界一使われている言語ではないということ。

1位 中国語
2位 スペイン語
3位 英語
4位 ヒンドゥー語
5位 アラビア語

世界で通用する言語を学ぶには、中国語、スペイン語などを喋れた方がより多くの人の役に立つし、日本でのビジネスにおいても、中国語やスペイン語が堪能な人は少ないので、様々なビジネスチャンスになることは間違いないです。

「英語=必須」だと思って育ってきた日本人ですが、学ぶ言語なんて他にいくらでもあるし、自分が好きな国ややりたいことができる国などを基準にその国の言語を学べばいいんです。

英語が全てではないことは、言語を学んでいる人からすれば当たり前の話なんですね。

 

②資格取得

例えば日本でも医師や弁護士は様々な分野で活躍でき、高所得で安定している職業と言われていますが、実は海外の方が社会への貢献度も所得も圧倒的に上です。

実際に海外で美容師を体験したから分かることですが、世間からの信頼度や尊敬度で見れば、日本よりもプロという立場の人に対して尊重する人が多かったように感じました。

もちろん現地で活躍している人の所得も日本とは桁違いです。

なので専門職の方で、よりキャリアップを目指す方などは海外転職なども視野に入れると、自分のキャパが広がりより活躍できるチャンスがあります。

ですが、日本で国家資格を所有してるとは言え、国によっては全く通用しない場合があり、その国の基準の勉強をし直す必要があるので、その際に留学を選ぶ人も少なくはありません。

 

③芸術・スポーツ関係

音楽・美術・舞踊・スポーツなどをやられる方は、日本よりも有名な国で活躍の場を広げる為に、海外の現地の学校などに留学をし、自分のキャリアアップの為に勉強し直す人もいます。

ただこれらの芸術やスポーツ関係などは、ヨーロッパなどの国に留学される方が多く、現地でも英語が多少通じるとは言え、現地の学校はその国の言語で教育してることの方が多く、教えてくれるコーチや友人などとのコミュニケーションも現地語なので、英語よりも通学する国の言語を習得しておく必要があります。

英語以外の言語を習得する意味というのは、こういった専門的な芸術・スポーツ関係の職の人が学ぶ傾向にあります。

 

④世界での体験談を日本で活かす

上記で挙げたようなことは一部の専門的な人たちの場合であって、一般的な人が学ぶことというのは、これだと思います。

自分が生まれ育った国を離れて外から日本を見るというのは、実はすごく大切なことで、今まで知らなかった日本の良い所や逆に悪い所が分かり、自分で感じた体験談や価値観を通して、新たな道を構築していくというもの。

海外に住んでみると分かりますが、日本の常識や当たり前なんて世界では全く通用しなく、今まで日本で培ってきた色々なものがガタガタと崩れ始めます。

でもある意味一度壊すことに恐怖心がなくなれば、何度でも挑戦できる勇気が持てるし、自分で道を作れるということが自分の自信にも繋がる。

実際に僕の周りでも、前職は全然違うのに海外で一から料理を学んで、日本に帰ってきてからもその道に進んだ人もいたりして、海外での経験を元に新しいことを始めようとしてる人もいます。

僕自身も農家をやってみたりこのブログを始めたりして、次から次へとやりたいことが見つかるようになったので、今までの自分からは信じられないほど価値観も考え方も変わりました。

海外での体験を通して新たな自分を見つけるというのも、一度きりの人生においては重要なことなんだと感じています。

 

海外留学を自分の人生の糧にしよう♪

 

 

確かに英語は上手に活用すれば、世界中で使える最高のツールになります。

 

ただ、英語を使えるよりも自分の得意な分野があったり、人を喜ばせてあげる何かがある方が、世界からは認められることが多いです。

 

実際に日本人のミュージシャンやスポーツ選手、芸を持ってる人が世界で活躍していますが、彼らは英語から学んだ訳ではなくて、その道で進んでいたけど更なる挑戦の為に海外で活動することを決め、その際に言語を習得する必要があったという人がほとんどだと思います。

 

”何か”の目的がある上でその国の言語を習得した訳であって、その”何か”がなければそんな言語を勉強する必要なんてありません。

 

日本に住んでるだけでも十分満足な生活はできるし、お金にも仕事にも困ることはありませんよね。

 

でも世界に出る以上は色々な人がいて、色々な事情や価値観の元に共存し、様々な目的の元に生活してる人もたくさんいるので、中途半端な気持ちで海外に挑んだところで潰される日本人が多いのも事実なんです。

 

正直、海外に住むとなると厳しいことも辛いこともありますが、その分海外での体験において学べることも多いし、何より自分の成長に繋がるのは間違いないので、少しでもやる気があるなら、ぜひ明確な目標を持って挑んでみることをオススメします。

 

英語習得が必要な方は、最低限の英語に慣れてから留学した方が圧倒的に伸びが違う!!

 

「留学したら英語を喋れるようになる」なんてことを一度は聞いたことあるかもしれないですが、断言します、嘘です。

もちろんある程度の基礎的な部分は聞いたり喋れるようにはなりますが、カタコトのなんとか喋れる程度の人がほとんどなんです。

でもその中でも一部の人はすごく上達が早くて、気づいたらペラペラになってるという人がいますが、そういった人にはある共通点があります。

・英語を学ぶ為の目的がある
・そもそも英語(欧米)が好き
・元々英語に触れる機会が多かった

まず知っておいて頂きたいのですが、「英語が喋れるようになりたい」とか「英語が使えたらカッコイイ」なんて曖昧な気持ちで挑んでる人ほど、喋れないまま挫折している人が多いということ。

そして英語が喋れるようになる人は必ずと言っていいほど、「仕事でいつまでに必要だから」とか「○○の国で○○の仕事をしたい」などという具体的な目標がある人が多いんですね。

なので最低限、英語を使う為の目的は必ず自分の中で決めるようにしてください。

留学すれば喋れるようになる訳ではなく、”留学を活用して今後の仕事や人生に活かす”という目的の方が圧倒的に伸びが早いです。

更に留学生活を楽しむ為に、渡航前に少しでも英語に慣れておくことで、現地に着いてからの不安要素やコミュニケーションの壁をだいぶ解消させることができます。

そんな方の為に、破格の値段で英語習得ができるイングリッシュビレッジを紹介します。

 

English Villageとは?・日本最安値のマンツーマンレッスン
・2100円〜という破格の値段
・講師は大卒以上の欧米人のみで構成
・元ホテルマンや元CAなど個性あふれる講師陣
・先生がかなりフレンドリー
・体験レッスンで最後にアドバイスがもらえる
・都内主要駅に教室がある
・土日も営業している
・30年近く運営している歴史ある学校
・広告費を最大限に省くことで最安値を実現

 

オースティン君
正直、英語は独学でも学ぶことはできますが、忙しい日々を過ごしている方は、なるべくコストをかけずにスクールなどを活用した方が絶対いいです。独学でひたすら単語覚えたり書いたりすることも大事ですが、とにかく喋ることを優先して感覚的に体で覚えた方が圧倒的に成長が早い。English Villageは実力のある講師陣で構成され、かつフレンドリーに友達みたいに話せるというのが満足度に繋がってるんだ。

 

まずは無料体験レッスンから始めよう

お申し込みはコチラから

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG