Our New Website 「TOCC JAPAN」 coming soon...

 

美容師を続けるか、辞めるかを考えるときに、必ず考えてしまうこと。

 

それが、『後悔』

 

「美容師を辞めたことで後悔しないだろうか?」

 

「辞めたはいいけど、その後は大丈夫だろうか?」

 

こういったことを考えるうちに、

「このまま美容師でいた方がいいんじゃないかな。。」なんて考えてしまい、先輩や親の意見なども受け入れ、やっぱり辞めずに続けようなんて思ってしまう。

 

でも僕から言わせてもらうと、「辞めたい」と思った時点で美容師を続けない方がいいと思うんです。

 

なぜならそれだけ厳しい業界でもあるから。

 

でも一つだけ、できることなら辞める前にやっておいてほしいことと、忘れないでほしい意識があります。

 

今回は、辞めて後悔しないかに対する僕なりの意見や、辞める前にやっておいた方がいいことについて解説していきます。

 

国内求人で他業種への転職希望の方は、リクルートが運営する専門のキャリアコーディネーターに無料相談して、自分に合う職種を探してもらおう♪

就職Shop

 

美容師は他業種と比べようも無いほど難しい業界

 

美容師なら誰もが分かってるとは思いますが、美容師という職業は決して楽な仕事ではありません。

 

若い時は皆同じように教育を受け、技術的にも社会人としてもしっかり教えてもらいながら育っていきますが、アシスタント時代はあくまでスタイリストになる準備期間。

 

スタイリストになって初めて美容師としての実力や、それぞれの個性が出始め、そこで段々と格差が生まれてきます。

 

どんどんお客様から支持されて、売り上げを伸ばして成長していく人もいれば、スタイリストになっても先輩の手伝いをしながら少しずつ売り上げを伸ばしつつ、地道に伸びていくタイプ。

 

またはなかなか成長せずにいつまでも伸び悩むタイプなど、色々な個性が出る分、大きく差が開いてしまう。

 

美容師である以上は、お客様から支持されてナンボの世界。

 

売り上げられないスタッフに関しては、先輩や店長などからアドバイスを受けながら地道に努力していくしかありません。

 

とにかく、思っている以上の実力主義社会が、美容室の世界では起きています。

 

都内の有名な人や、めちゃくちゃ売れている人というのは、ほんの一部の人たち。

 

彼らは人よりもたくさんの努力をしてきた人や、コツを掴むのが上手で要領がいい人、そしてとにかく根っからの美容が好きな人など。

 

実力主義である以上に、どれだけ真剣に美容師というものに向き合い、お客様の髪のことを研究し、何よりも美容が心から好きな人だけが結果を残し、伸びていく。

 

ある意味、仕事としての美容師というよりも、趣味や生きる目的としてやっている人が生き残る世界でもある。

 

スポーツ選手を目指すのと似てるところもあるかもしれません。

 

努力をして飛び抜ける人もいれば、なぜかいつまでも伸びない人もいる。

 

同じような練習を重ねても、皆が皆、イチロー選手や大谷翔平選手のような、超有名で結果も残せる人になることはそう簡単なことではありません。

 

でもそれが勝負の世界ですよね。

 

美容師も「辞めようかな」と思った時点で、他の実力のある美容師さんには負けている訳で、その時点で辞めることを決断した方がいい。

 

僕は、例えあなたが美容師を辞めても、「負け組だ」なんて全く思いません。

 

早い段階で自分の実力に気づき、受け入れ、そして辞めて次にいく判断をしたというのは、ある意味勝ち組の考え方です。

 

逃げてはいけないけど、努力した結果、それでも逃げるしかない時は逃げるしかない。

 

それも人生においての戦略の一つであって、ある意味強靭な心臓を持ってる人でもあると思う。

 

とにかく美容師は中途半端な気持ちで向き合う職業ではなく、好きで好きでたまらない、ご飯食べるのと同じぐらい習慣化した当たり前のものにしなければ、なかなか結果も、継続も難しい職業だということは覚えておいた方がいいでしょう。

 

 

美容師を辞めても…後悔なんてしないで!!

 

 

ちょっと夢の無いことを言わせてもらうと、

美容師を目指してから、20代までは楽しく、充実した美容師ライフを過ごせると思います。

 

しかし30~40代に入ると、色々な現実が待ち受けているのです。

 

例えば、結婚や、親の老後の問題、マイホームの購入など、色々なことで周りが動き始めてくる年代でもあります。

 

仲が良かった友達が、家を買ったとか、高級車を買った、子供ができたなど、色々な情報が得られる時代だからこその、美容師内の話だけではなく、周りの環境が大きく変化していくことをより実感していく時なんです。

 

とにかく色々なことがリアルになっていく。。

 

まさに『お金が物を言う世代』に入っていくんですね。

 

美容師は平均すると、年収300万前後です。

 

30代だと多くても、350万いくかいかないか。

 

サラリーマンや公務員の人なんかでは、ボーナスも含めると年収500~600万とかもらう人もいると聞きます。

 

中には専門職であれば、1000万とかもらう人も続出していく。

 

でも美容師は、月に25万しかもらってないなんてことが普通に起きている。

 

しかもそれだけならまだしも、後輩の教育や飲みの付き合い、休日は講習会などで、お金も貯まらなければ、時間の余裕もない。

 

こんな生活がずっと続くと考えた時に、一般の女性や奥様からすれば、これが幸せなことだと感じるでしょうか。

 

まだお金は少なくても、一緒に子育てができるとか、家事をやってくれる方が、今の時代だとまだいいのかもしれません。

 

とにかく美容師である大きなデメリットは、お金を稼ぐのがかなり難しい上に、年齢を重ねるごとに色々な意味での立場が危うくなってきて、しかもとにかく時間がない。

 

美容師である以上は、自分の自由だけでなく、家族や彼氏・彼女の自由も奪ってることを知った方がいい。

 

だったらガッツリ稼げばいいんです。

でもほとんどの人が稼げないほど難しいんです。

 

もしどこかのタイミングで美容師を辞めたとしても、

それが「ダサい」とか、「あいつオワコン」なんてことにはなりませんよ!!

 

むしろ真剣に将来を考えて、ちゃんと行動できたまともな奴だと思います。

 

お金を稼ぐ手段はいくらでもあるので、別に美容師でなくてもいいんです。

 

美容師を辞めて後悔する方がおかしくて、辞める決断したことは何も間違ってないし、正解をこれから作っていけばいい。

 

辞めて後悔なんて考えるよりも、前を向いて、その経験を活かして次に繋げることが、今までお世話になったお客様や先輩への恩返しになるのではないでしょうか。

 

美容師をずっと続けているから「俺は偉いんだ」なんてことはないです。

 

自分の道は自分で切り開いていきましょう。

 

悪い参考になる先輩の真似だけはしなように。。

 

 

辞める前に絶対にやっておいた方がいいこと

 

 

それは、”せめてカットまでは学んでおいた方がいい”ということ。

 

美容師を辞めることはいつでもできますが、辞めたあと、その経験を無駄にするようなことは絶対にしないほうがいいです。

 

なぜなら美容師という資格があり、技術を習得していれば、その経験を今後いくらでも活かすことができるから。

 

例えば友達や、親や恋人の髪を切ったり、家族ができれば子供のカットまで一生涯その技術が活かされるチャンスがありますよね。

 

美容師という職業においては稼ぐことが難しい業種であっても、美容師で学んだ技術に関しては、自分の武器であり、その武器が今後何に繋がっていくかなんて、今はまだ分かりません。

 

なので最低限のラインとして、スタイリストになるまでは必死に技術を習得し、その後辞めることをオススメします。

 

よく辞めるタイミングが分からないと言った相談を受けますが、そのラインなんて人それぞれなんで一概にいつとは言えないですが、『自分が損しないところで辞める』のが得策なんじゃないでしょうか。

 

1年目で辞めるのであれば、まだ若いので変な美容師のクセが付く前に、次の職業にすぐ意識を切り替えることができます。

 

ではもし、スタイリストになってから辞めるのであれば、それなりの美容師としての思考が出来上がった状態ですよね。

 

なので、美容師を活かした職業(接客業)に就くか、海外での美容師という選択が僕はベストだと感じます。

 

デビューして最低でも1年ぐらいはやってから辞めた方が、お客様の希望に答えられるぐらいの技術は習得してると思うし、とにかくそこで学んだ責任感が今後に繋げやすいです。

 

そこまでやっていれば『元美容師』と名乗っても、かっこ悪くはないでしょう。

 

ただし、一つだけ注意することは、

スタイリストになるということは、自分に付いてくれるお客様がいることは忘れないでください。

 

美容師はお客様あっての仕事であって、辞めるということはスタッフよりも何よりも、お客様を裏切ることになるのは理解しておいた方がいい。

 

美容師という職業を選んだ以上は、必ず通る道ではありますが、その責任感や誠意を持って辞めるか続けるかは判断されるようにしてくださいね。

 

僕が前の職場を辞める時も、何が一番心残りかと言われると、自分なんかを指名してくれていたお客様との別れでした。

 

ただ僕の場合は、それでも自分の目指す姿を貫きたかったから海外で働くことを決めたので後悔はありません。

 

しかし今だに、以前お世話になったスタッフやお客様のことを考える時がしょっちゅうありますね。。

 

それぐらい人と人とが近い距離感で繋がってる特殊な職業でもあることは、肝に命じて判断するようにしてください。

 

 

まとめ

 

 

美容師をやる以上は、食っていかないといけません。

 

食っていくということは、お金を稼ぎ、生活をしていくということ。

 

しかし現実はそう楽な仕事ではなく、色々な葛藤や壁を乗り越えながら必死に喰らいついて登っていく必要がある職業でもあります。

 

ただその中で年月が経てば経つほど、お客様やスタッフとの信頼感や親密さが増し、その中でうまく自分の将来設計を考えなければいけないというある意味残酷な現実もあります。

 

実際に美容師を辞めた人の中には、後悔はしてないという意見が多い中、やはり心のどこかには、お客様との繋がりやスタッフとの時間は一生忘れない出来事の一つとして残ることでしょう。

 

でもそれでいいんです。

 

辞めても次があるし、その経験を活かすも殺すも自分次第。

 

美容師という職業はそれだけ価値のある、でも本気でやらないと厳しい世界でもあり、全てが自分次第でことが進んでいく。

 

ただし、一生それで食っていける人はごく少数であって、その中で生き残れるかどうかも自分次第。

 

今後、例え違う道を選んだとしても、スタッフやお客様への感謝の気持ちを忘れず、自分を信じて、自分なりの道を切り開いていきたいですね。

 

美容師を辞める前に、日本の技術を活かせる海外転職のススメ

 

美容業界No1求人サイト「リジョブ」

リジョブは掲載求人数3万件にも及ぶ業界No1の転職サイトです。

 

リジョブに掲載されている主な職業一覧・美容師
・ネイリスト
・セラピスト
・マッサージ師
・指圧
・ヨガのインストラクター

 

元美容師の多くはその美容の経験を活かして、ネイリストやセラピスト、アパレルなどに転職する人が多いです。

やってることは多少違うだけで、お客様を満足させることには変わりはなく、美容師より体力的にも精神的にも楽に、しかも稼げるようになったという話をよく聞きます。

「リジョブ」では、より自分の働きたい条件や給料なども細かく設定しながら検索して探し出すことができ、美容師の求人だけでなく、美容師の経験を活かしやすい職業の求人も多く掲載されています。

主に国内の求人向けとなっていますが、海外の現地でやっている日本企業などからの求人もたくさんあり、自分が気になる国や条件で選択できるのも大きなメリット。

なぜ僕が海外転職を勧めるかと言うと、美容師さんは個性的な感性を持ってる人や、我も強くて負けず嫌いの人も多いから、海外で働くのに色々な壁があっても辛抱強く、我慢して乗り越えられる力を持っているからです。

海外に転職する上で大きな壁になるのが、仕事を見つけるのと、やはり言語習得までの時間と労力がかかってしまうので、最初の期間だけでも日系企業で働き、環境や言語に慣れてきて更に挑戦をしたいと思えば、現地のローカルのお店で働くのがベストな選択だと思います。

海外での仕事事情や気になることがある方は、ぜひメッセージをくださいね♪

 

オースティン君
海外転職をしたことないから不安という方は、まずは日系企業で海外の環境に慣れることが何よりも大事だよ♪

 

↓まずは自分に合った求人を検索↓

リジョブ - 美容業界の求人・転職・仕事探しアプリ決定版

リジョブ – 美容業界の求人・転職・仕事探しアプリ決定版

REJOB CO.,LTD.無料posted withアプリーチ

 

専門のキャリアコーディネーターが無料相談から、面接対策、就職に繋げる企業研究まで、合格させる為の個別対応により徹底的な転職サポートしてくれる

就職Shop

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG