Our New Website 「TOCC JAPAN」 coming soon...

 

美容師のみなさん、今どんな気持ちで、どんな想いで働いていますか?

 

美容の世界は奥が深くて、やりがいもあり、永遠に楽しめる職業だと思います。

 

しかし裏を見れば、厳しい世界でもあり、技術を磨く努力や、人間関係の悩みなど、実は多くの壁が存在し、定着率も悪い職業の代表格でもあります。

 

現在多くの美容師さんが存在しますが、今後数十年で激減すると思っています。

 

美容師の数や、店舗の数、そして美容界自体も大きく変わっていかないといけない時期がやってきたからです。

 

いつまで現役を続けるのか?

 

そしていつ独立し、オーナーになるのか?

 

またはいつ辞めて、違う職種に就くのか?

それともお店を変えるのか?

 

今がその転換期であり、今気づいて判断・行動をしていかないと、この大きな時代の変化に乗り遅れてしまいます。

 

もし今現在、将来に不安があったり、辞めようか悩んでるのであれば、何も考えずに辞めましょう。

 

今回は、そんな悩み多き美容師さんに向けて記事を書いてみました。

 

国内求人で他業種への転職希望の方は、リクルートが運営する専門のキャリアコーディネーターに無料相談して、自分に合う職種を探してもらおう♪

就職Shop

 

いつまで美容師やるの?

 

 

「あなたはいつまで美容師を続けますか?」

 

美容師歴が長くなればなるほど、このキーワードを真剣に考え、将来の為に行動する必要があります。

 

「俺は生涯美容師だ!!」

 

少し前まではこの想いはすごく大事な要素で、真剣に美容の世界に取り組み、一つのことを極める為に日々努力をし続ける職人気質の仕事でもありました。

 

しかし時代の変化と共に働き方も多様化し、インターネットを活用した生活が当たり前になり、在宅での仕事や、ネットで稼いで生計を立ててる人も多く存在します。

 

ただ、美容の世界だけは今だに、昔の風習である職人魂が重要視され、腕一本で食っていく的な考えがあるように感じます。

 

でも現実として、美容師になる若者が多くても、美容師を続けられない若者も多くて、どこのお店も人材不足、その結果お店の売り上げは下がり、生活するだけでカツカツ。

 

子育てや家の購入などのリアルなお金の問題が浮き彫りになり、その結果、お店を閉める個人事業主も多く、新しく店舗が出来ては潰れての繰り返し。

 

更に美容師は体力勝負の仕事でもあり、ある程度の年齢を越えると、病気や腰痛、腱鞘炎などの理由により、美容師自体を辞める人も少なくはないのです。

 

美容師として知っておくべきことは、

”自分がいつまで美容師として働き、いつ決断するのか?”

 

実はここに気づいて行動してる美容師さんはとても少ないのです。

 

せっかく良い職業なのにも関わらず、現実問題であるお金のことや、時間がないことでの家族との問題、そして身体自体の変化による病気や痛みなどの解決しようもない問題も多くあるのが、この美容師という職業です。

 

もし今、「このままでいいのか?」と思ってるのであれば、その時点で辞めることを決断した方がいいです。

 

売り上げあげて、しっかりお店にもお客様にも貢献してる人ならそんなこと考えもしないでしょうが、全ての美容師さんがうまくいってる訳ではありませんよね。

 

継続しているうちに自分が思ってる美容師像と違ったり、売り上げが伸びなくて悩み、所得も少なくて家族に迷惑かけてるなど。

 

もしくは身体的な問題もあって、真剣に今後のことを悩んでる人もいることでしょう。

 

これらのことが当てはまってる人であれば、すぐ辞める準備をしてください。

 

そのままやってても意味ないし、精神的にも体力的にも削り続けるだけなので、やり続ける必要なんてありません。

 

そして何よりも時間は限られているので、悩んでるよりも次に行った方が結局は自分の為です。

 

その判断を止める人は、そこまであなたのことは考えてないですよ?

 

信じるのは自分だけ。辞めても大丈夫です。

 

辞めても美容師の経験を元に自分なりの道を作っていけばいいだけ。

 

仕事を変えることが悪である文化なんて日本ぐらいですから、日本がおかしいんで気にしないでください。

 

とにかく自分の将来を真剣に考え、早めに行動すること。

 

その判断が良かったかどうかなんて人生において、結局どうでもいいことですから。。

 

 

あなたはお店を辞めても一生美容師として生きていく

 

 

『美容師』って何なのか真剣に考えたことありますか?

 

僕が思う美容師は、

「人よりも髪を扱うのが上手」なのと、「接客が上手」、「センスがある」ぐらいだと思います。

 

バカにしてる訳ではなくて、職業という部類で考えるからおかしくなってるだけ。

 

専門の知識や技術があって、特別な存在だと思うかもしれないですが、実は”ただの髪を上手にいじれる人”です。

 

人よりも得意なものがあるというだけの話。

 

お店で働いて髪を切っても、家で親や兄弟の髪を切ってようと同じことなんですね。

 

「美容室」という空間で働いていないだけで、美容師として誰かに貢献してれば、どんな環境であれ、誰が何と言おうと美容師なんです。

 

そう考えたら、もし他の仕事をやってたとしても、あなたは一生美容師として生きていくんです。

 

”美容室で働くのを辞めた人”であって、美容師であることには代わりはないんです。

 

決して、職業としての美容師でなくていいし、収入としての仕事は業種が違くてもいい。

 

変に偏って考えてしまっているから、今いる環境を辞めづらいし、辞めた後のことで悩んでしまう。

 

でも職業なんて、ただ所得が違うだけや、人よりも少し得意なものがあるだけで、お金を得る為の職業という意味では何ら変わりません。

 

美容室で働くことが嫌なら時間の無駄だから辞めた方がいい。

 

辞めてもあなたは一生美容師として生きていくんですから、何も気にせず自分の道を作っていくことに全力で向かってください。

 

 

まとめ

 

 

多くの美容師さんがどこか頭の中で、

「一度決めたことだから続けないといけない」と思い込んでる人が多いように感じます。

 

本当に美容が好きだったり、結果も残していて、お金にも生活にも困ってないのであれば続ける価値はあるでしょう。

 

しかしそんな人気の美容師さんでも、オーナーとしてお店を持って維持していくというのは難しく、いくら人気美容師でもたくさんのお店が潰れている現実もあるのです。

 

美容師として活躍するのと、ビジネスとしてお店を維持するのは全く別物です。

 

例え美容師でなくてもビジネスをよく分かってる人であれば、美容院を経営してもうまくいくでしょう。

 

あくまであなたは、”美容師として一生暮らすのか?”

 

それとも”お店を持ってオーナーとしてやっていくのか?”

 

または”そのうち辞めて違う職業に就くのか?”

 

によって、学ぶべきことも、今やるべきことも全く違ってきます。

 

真剣に美容師という職業にどんな実態があって、どんな危険性やデメリットがあって、どんな問題があるのか?を学び、改善していくことが何よりも大事なこと。

 

夢を持つことは大事ですが、その分のリアルな現実もあることは絶対に忘れないでくださいね。

 

美容師を続けても良し!!

 

辞めても何も問題無し!!

 

自分の判断でしっかり先を見据えて「今」を行動するようにしましょう。

 

美容師の経験を最大限に活かす転職なら【エンジニア】がオススメな理由

美容師という職業を経験して得たものとは、単に美容の技術だけではありません。

  • 社会人としての豊富な経験値
  • 接客業で学んだ社会で通じるマナー
  • 圧倒的な接客力

美容師が普段何気なく行なっている、

「相手の話を聞けるスキル」

「お客様が何を求めているのかを見極めるスキル」

「その期待に応えられるだけの知識と対応力」など、

他の職種ではなかなか得ることができないものを自然と習得できているのです。

 

このスキルは世の中に存在するほとんどの専門職や、お客様を相手にする仕事であれば確実に活躍できます。

特に、これから先も長い間需要を保てる職種と言えば『エンジニア』です。

世界中で優秀なエンジニアが不足する中、これからの時代には絶対に欠かせないスキルで、現時点でも知識と技術力を兼ね備えていれば高所得・高待遇は当たり前。

しかもパソコン一つあればどこでも仕事として成り立つなど、現代社会で理想的な働き方ができる唯一の職業とも言えると思います。

 

更になぜ美容師が向いているかと言うと、

  • 時間や労力をかけても技術を習得することに抵抗が無い
  • 相手の希望を徹底的に理解しようとする対応力

これらを既に持ち合わせているから。

 

エンジニアの職業は決して楽して得られるスキルではないし、それなりの経験値や知識は必要不可欠です。

しかし美容師も何年もかけて技術を習得し、毎日のように勉強を重ね、お客様の希望に応える為に努力を欠かさないですよね。

単純にこの経験をエンジニアにも活かせばいいし、美容師なら普通にできると思います。

むしろ美容師経験者ほどエンジニアが向いている職業はないのではないでしょうか。

 

最初はエンジニア業界に対してよく分からないと思うので、まずはスクールなどに通ってみることをオススメします。

もちろん初期投資こそ必要ですが、そこで学んだ金額分は就職してしまえば数ヶ月で元が取れるほど収入は保証されているし、無事に就職するまでを担当してくれるスクールも存在するので、お金は先行投資だと思えばそんなに心配することではありません。

もし興味があるならスクールのカウンセリングなどを活かして専門家に無料相談してみると、より自分の方向性が分かって将来を見据えることができると思います。

エド君
参考までに、定評のあるエンジニアスクールのリンクを下記で貼っておくので、興味のある方はぜひ登録してみてください。

【ネットビジョンアカデミー】


TechAcademy キャリア転職支援コース


未来のキャリアを作るプログラミングスクール【tech boost】

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG