僕は26歳の頃に、海外で美容師をやることを決めてから準備をすすめ、一年も経たずにワーホリで移住した経験があります。

何も知らない、何も経験値のないままいきなり移住したのですごく苦労しました。

 

でも今だからこそ思うのは、この決断は自分の人生においてかけがえのない、そして一生この経験を元に自分の人生を作り上げていくことになると心から思っています。

 

人間行動してしまえばなんとかするしかないし、何かに挑戦するには何かを捨てることもあれば、新たな自分を見つけることにも繋がる。

自分が今まで信じてきた何かが、実は違ったり、自分の小ささを実感するきっかけになったりする。

 

でもその”気づき”にこそ海外に住む価値があるんです。

今回は、そんな僕がなぜ海外での生活を勧めるのかを解説していきます。

 

英語を確実に自分のものにする

 

【種類別】海外で働くメリット・デメリット

 

エド君
そもそも、海外で働くにはどんな方法があるのでしょうか?そして実際に働いたらどんなメリット・デメリットがあるのか、一緒に確認していきましょう。

 

海外で働く3つのプラン

①日系企業から派遣される

②現地企業や日本企業に直接出向いて就職

③現地で起業orフリーランスとして働く

 

大きく分けるとこの3つの方法があり、日本人の多くが①の日系企業に勤めていて、転勤や事業展開などの理由により派遣されて働くパターンですね。

ではそれぞれのメリット・デメリットを簡単に解説しましょう。

 

①日系企業から派遣される

<メリット・デメリット>

  • 日本で働いてた時よりも高い給料が支給される
  • 仕事とプライベートが充実する
  • 安定した生活ができる
  • 会社から住居や家族へのサポートがある
  • 滞在期間の目安が分からない
  • 急な転勤がある
  • 会社によっては様々な国に移住させられる
  • 家族と離れ離れで生活することもある
  • 日系企業なので職場環境は日本文化そのもの

 

②現地企業や日本企業に直接出向いて就職

<メリット・デメリット>

  • ワーキングホリデーや留学などを通して現地就職する
  • 好きな企業や働きたい企業で働ける
  • 自分のペースで就職するタイミングを決めれる
  • 現地で直接問い合わせる必要がある
  • 確実に働ける保証がない
  • 全ての手続きを自分一人で行う
  • 現地で活躍できるだけの語学力が求められる

 

③現地で起業orフリーランスとして働く

<メリット・デメリット>

  • 日本での経験をそのまま活かせる
  • スキルがあればビザも仕事も比較的簡単に得れる
  • 日本よりも収入が安定する
  • プログラミングなどの特殊な技術を持っていると高所得は確実
  • フリーランスとして自由な働き方が可能
  • 基礎となる専門知識や技術がある人に限る話
  • 一般的な会社員としての経験値だけでは難しい
  • 語学が堪能なのは必須
  • 全て自己責任の元に行動する

 

まとめ

安定を求めるなら…
①日系企業から派遣される

自分のペースで新たな挑戦したいなら…
②現地企業や日本企業に直接出向いて就職

専門的な何かを身につけているなら…
③現地で起業orフリーランスとして働く

 

オースティン君
とにかく自分に合った方法(スキルや経験値)をちゃんと理解したうえで、海外に渡航することが何よりも大切だよ。無闇に行ったところで挫折して即帰国する可能性大だから計画的に進めることが超重要!!
関連記事

  オーストラリアは日本からも行きやすく、旅行や移住者に大変人気な国として有名ですよね。   前回はニュージーランドの国で働く日本人について説明しましたが、オーストラリアは位置的に […]

 

10〜20代の年代別海外移住を成功させる最強プラン

 

 

【10代】専門分野を現地の学校で学んでから就職しよう

もしこの記事を読んで頂いてるあなたが10代なら、まずはお金を貯めるなりして留学しましょう。

そして現地で専門スキルを身につけて、現地で就職するのが最も確実で失敗が少ない最強プランです。

 

なぜ10代に留学を進めるかと言うと、10代の頃って自分のことも、社会のこともまだよく分からない時期ですよね。

堅苦しい日本で大人になって変な知識や価値観が染み付く前に、海外で通用するようなスキルや知識を現地で直接学ばせた方が、よっぽど価値があるからです。

 

特に「いつか海外に住みたい」とか「いつか海外で働きたい」と少しでも思っているなら、日本の大学とか専門学校とかどうでもいいから、お金貯めて海外に行きましょう。

 

実際に僕自身もそういった形で、海外に勉強で留学してきた子をたくさん知っているし、その子達はその後も現地でしっかりお金を稼ぎながら充実した生活を送っています。

中途半端に日本の価値観を定着させるより、これからのグローバル社会においては、海外の文化を若いうちからしっかり根付かせた方が、国籍や国関係なく対応できる社会人へと成長していくことでしょう。

 

若いうちだからこそ、違う文化や学びを得ると言うのは、今後に確実に活かせる経験になると思いますよ♪

日本人に大人気のハワイ留学

日本人に大人気のワイキキでビザなし英語留学【Hawaii Palms English School】

ワイキキの中心、美しいオーシャンビューとハワイ独特のアロハスピリッツが魅力の語学学校です。

ハワイ留学の何よりのメリットが、日本人に馴染みやすい環境であることや、気候の心地よさ、そして英語がアメリカンイングリッシュで聞きやすく覚えやすいこと。

日本人は小さい時からアメリカの英語を聞いて覚えているので、イギリスやオーストラリアなどの英語に比べて聞き慣れているから、会話も聞き取りやすく上達も早い。

もちろん日本人スタッフが常駐し留学に関するアドバイスから宿泊先の手配、授業内容に関する要望、アクティビティの手配まで「生徒は家族」をモットーに講師と共にあなたのハワイ留学生活を完全サポートします。


 

 

【20代】最低限の英語・専門スキルを身につけてからのワーホリが最強

ではもしあなたが20代なら、最低限の英語と専門スキルを身につけてからワーホリで渡航しましょう。

 

もちろん20代前半とかなら、上記で挙げたような留学という手段でも全然アリですが、20代後半からの海外留学は結構しんどいと思います。

僕自身も26歳の時にワーホリで渡航して、ある程度の社会人としての考えや価値観が定着してしまっているので、海外の文化をいきなり受け入れて自分を変えるというのにとにかく苦労しました。

 

そこで僕なりに思ったのが、『ある程度の英語力と専門的なスキルは必須だな』と。

海外ではよくも悪くも実力主義の傾向が強く、即活躍してくれそうな人材や、会社でしっかりコミュニケーションがしっかり取れる人を優先します。

 

しかも20代後半とかなら、外国人から見ても実績や社会人経験がある年代なのは分かる訳で、いくらスキルや知識があってもコミュニケーションが取れない人には雇ってくれるチャンスはほとんど無いと言ってもいいでしょう。

なので既に社会人として働いている人であれば、数年ぐらいのスパンで考えて計画的に進めていくことをオススメします。

 

例えば大卒で就職するのが22歳だとして、3年間日本の企業に勤め、25歳で海外に就職することを目標にするとします。

そうなると、ここで重要になってくるのがこの3年間で何を学び、何を活かして海外で貢献できるかを考えることです。

 

個人的にオススメの職業はエンジニア(プログラマー)や、生活に関連する職業(水道の整備・ガス・電気・建築関係等)の専門スキルを持っている人であればほぼ間違いなく仕事を得ることはできます。

  1. 英会話レッスンなら…【RIZAP イングリッシュ】
  2. プログラミングスクールなら…【DMM WEB CAMP】

 

後はコミュニケーション力の問題になってくるので、3年間を使ってしっかり英語を習得するプランを立てましょう。

 

3年もあればスキルを得るのに必要な経験値、そして語学習得に必要な知識や慣れが整っているはずなので、実際に現地に行ってまずはワーホリで現地での経験値を積む。

その後、クビにならずにワークビザ申請まで進むことができればかなりの確率で成功するし、先ほど挙げた職業はビザの取得も容易な仕事ばっかりです。

 

このように計画的に、そして戦略を立てて挑むことが求められる年代でもあると思うので、ぜひ実践してもらいたいオススメのプランです。

関連記事

「自分の職種が海外で需要あるのかな。。」 「海外で働くのってなんだか難しそう。。」 「英語が喋れないけど大丈夫かな。。」   実際に海外に移住目的で来られる方には、専門職だったり技術者の方が […]

 

まとめ

 

今回は、実際に現地で経験しながら学んできたことを述べさせて頂きましたが、いかがだったでしょうか。

若いうちは取得できるビザの種類も多いし、ワーホリを使えば色々な国を行き来できて、たくさんの経験値を積める最高の年代です。

 

でもだからこそ、無駄に消費してプラプラして過ごすのはすごく勿体無いこと。

20代までという短い期間だからこそ、計画的にしっかり自分の道を構築していけば、海外で就職して生活を送ることは必ずできます。

 

その為には『英語力』と『専門のスキル』は必須です。

年代や環境にもよると思いますが、どの国でも求められる人材に必要なのは誰もができないことができる専門的な能力です。

 

海外で生活する上で非常に重要なポイントなので、ぜひ覚えておいてくださいね。

読んで頂きありがとうございました。

今大人気の予約が取れない英会話レッスン

ライザップと聞けば筋トレのイメージがあると思いますが、英語教育にも力を入れているのは知っていますか。

しかも「成果にコミットする」というテーマの元、30日以内に成果がでなければ無条件で全額返金というシステムをそのまま教育分野にも導入し、実際に多くの方が成果を残しています。

 

【RIZAP イングリッシュ】の特徴とは?

  • マンツーマンによる個別指導
  • 個人のレベルに応じて徹底強化
  • 高速レスポンス型教育
  • レッスン以外もオンラインサポート

徹底的なマンツーマン指導による会話力を上げ、その人に合った目的・レベルを元に瞬時に判断できる英語脳にするよう叩き込みます。

 

RIZAP ENGLISHのQ&A

「何でレッスン代が高額なの?」
格安の学校にダラダラ通うより短期間で質の高いカリキュラムを叩き込んで成長を早める為です。

 

「宿題が大変すぎませんか?」
ライザップ独自のシステムにより英語で考える時間を強制的に作る為です。

 

「日本人トレーナーのみ在籍で本当に上達できるの?」
ネイティブよりも日本人の方が間違いにすぐ気づくことができ、改善点をその場でアドバイスできるので実は上達が早いんです。

 

RIZAP ENGLISHに向かない人

  • のんびり自分のペースでやりたい人
  • 特に予定もなく勉強したい人
エド君
これらに当てはまる人はライザップではなくて、別の学校に通いましょう。あくまでライザップは「本気で英語を学びたい人だけに本気で向き合う為のサービス」です。高額で厳しくする代わりに成果はしっかり残す。それがライザップのやり方なので、信じれる人だけまずは無料カウンセリングを受けてみましょう。

資産運用&お金稼ぎ情報ブログ
【シェアクリ】

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告