Our New Website 「TOCC JAPAN」 coming soon...

 

皆さんは、「有機野菜」「無農薬野菜」の違いを知っていますか?

 

ちょっとこだわりのあるスーパーなどでは当たり前に使われている言葉ですが、実は一般的に知らない人が多いという実情があります。

 

調べてみると意外な違いや、色々な農業裏事情が見えてきました。

 

健康志向の強い方にはすごく為になる話だと思うので、ぜひ参考にされてみてください。

 

 

そもそもなぜ農薬を使う必要があるのか?

 

オースティン君
現在は、農薬が危険だと分かっていても消費者自身が虫がついてるのを嫌がったり、見た目を気にして売れない問題などがあるから農薬を使わざるをえない状況でもあるんだよね。。

 

まず根本的になぜ農薬を使うのか?については、ネット上では多く議論されていますが、僕個人的な意見として、国や農家自体の問題というより、実は消費者である我々に問題があると思っています。

 

生産者を責めるのは簡単ですが、「じゃああなたは虫が付いてる野菜を買いますか?」ということ。

 

恐らくほとんどの方が買わないでしょう。

 

昔はそれでも買う人が多くいました。

 

虫が付いてようが穴が空いてようが、食べることには変わりはない訳だし、そもそもそんなことを気にしてなかった。

 

いつの日からか、虫や見た目の問題などにやたら文句を言うようになり、その結果生産者は追い込まれ、農薬を大量に使わざるをえなくなった。

 

そして現在、世界でもトップレベルの農薬使用量を誇っていて、ヨーロッパなどでは禁止している毒性の強い農薬を普通に使用しているのです。

 

それでも中国産が危険??

 

いやいや、日本産も他国を否定できないほどかなり深刻です。

 

ある国では、一部の農薬まみれの日本産野菜や、東北産の放射能の影響を受けている野菜などを輸入できないように制限してるという事実は知っていますか?

 

なぜ各国がそのような対応をしているのか?

 

よく考えれば当たり前ですよね。

 

毒性の強い食品を輸入する意味がどこにあるのか?

 

国としては国民を守る権利がある訳ですから、わざわざ国民を病気にさせる訳にはいきません。

 

そして何よりも問題なのが、そういった危険な食品でも平気で販売できるシステムがあり、テレビやメディアなどの大きな媒体でほとんどその危険性に触れていないこと。

 

日本では当たり前のように売れる物でも、海外で外国人には売れない。

 

日本人と外国人は身体つきが違うから、国によって取り締まる基準も違うなんて本気で思っていませんよね?

 

メディアとは何の為にあるのか?

 

そしてニュースや番組とは何の為にあるのか?

 

今一度日本の現状を考えるべきではないでしょうか。

 

簡単に国が悪いとか、農家が悪いとは言えない真実がそこには隠されているのです。

 

 

世界で禁止されている農薬を使用する日本

 

 

日本で主に使用されている農薬は、世界で禁止されている農薬『ネオニコチノイド系』と言われるものです。

 

なぜ世界各国は、この農薬を禁止することを決めたのか?

 

答えは簡単、人体への有害性があまりにも高すぎるから。

 

ネオニコチノイド系農薬による症状・アルツハイマー
・パーキンソン病
・ADHD(多動性障害)
・ASD(自閉症)
・発達障害
・うつ病
・精神障害

 

これらの病気に密接に関わっているから、より安全性を守る為に禁止にしたということ。

 

皆さんは上記に挙げた病気を見て、ある共通点に気づきましたか?

 

全て脳や精神系の病気と関係があるものですよね。

 

なぜなら、野菜を守る為に害虫駆除の目的で使用するネオニコチノイド系農薬ですが、この虫に対する作用の仕方が異常なほど強烈なのです。

 

この農薬を浴びた虫は、脳や神経を狂わせ、錯乱状態や極度の興奮状態を作り出し、その結果自分で身体をコントロールできなくなって、死に至らしめるという方法なのです。

 

普通に考えて相当ヤバイ薬であることは分かりますよね。

 

もちろん人間もこの農薬散布中などに直接吸ってしまい、中毒症状を起こして、亡くなった例が過去に何件もあります。

 

しかもこの農薬に関しては水溶性であり、洗っても落ちないどころか、野菜の組織に浸透し、後から100%排除することはほぼ不可能だと言われています。

 

当たり前ですが虫も人間も同じ生き物なので、効果の差は多少あっても、僕たちは日々の生活の中で野菜を食べ続けている訳です。

 

少しずつ少しずつ毎日口にして、塵も積もれば山となるではないですが、確実に僕たちの神経系に作用してるのは間違いありません。

 

野菜に付いている農薬が目に見えてないから気にならないだけで、100%付着していますからね。

 

だからそれが危険だと認知した国は、禁止にしました。

 

でも日本は今だに使用しています。

 

これがいかに普通じゃない判断をしているのか?

 

どっちがまともな判断をしているのか?

 

そしてだからこそ、なぜ農薬を使用していない野菜を買うべきなのか?

 

分かっていただけたのではないでしょうか。

 

オースティン君
もちろんネオニコチノイド系農薬の使用を禁止にした国でも、他の農薬は使っているんだ。でもより安全性の高いものを使用していたり、日本よりもオーガニックなどの食品が簡単に手に入れやすい環境作りに力を入れているから、農薬に関する危険性は消費者次第でいくらでも選択できるようになっているんだ。

 

有機野菜と無農薬野菜の違いとは?

 

 

まず野菜を買う時に判断する基準があるので簡単に説明します。

 

大きく分けると4種類。

・無農薬野菜
・有機野菜
・減農薬野菜
・農薬使用した野菜

簡単にまとめるとこのような種類に分けられ、

上から下に向かうに連れて農薬の使用量が多くなると思ってください。

 

「あれ?有機野菜は農薬使っているの?」と思った方、素晴らしい気づきですね。

 

そう、実は使用しているのです。

 

その理由を上から順に解説していきましょう。

 

無農薬野菜とは?

 

無農薬野菜とは字のごとく、農薬を一切使用せずに栽培した野菜です。

一見農薬を使用していないから一番良いものだと思いがちですが、実は大きなカラクリがあります。

栽培期間中に無農薬で栽培した野菜に関しては「無農薬」を謳うことはできますが、もし前年、その同じ場所で農薬を使用したけれど、今年は使用していない場合でも「無農薬」と表示しても良いことになっているのです。

しかもこの表記をするかどうかは自己申告制になっています。

農薬は野菜に直接吹きかけたかどうかの問題ではなく、土から栄養素を吸って育っていることを忘れてはいけません。

長年培った農薬の影響が地中に含まれていても、栽培した期間に無農薬で育てた野菜であれば「無農薬野菜」と言えてしまうのです。

 

有機野菜とは?

 

有機野菜とは、化学合成された農薬や肥料を3年間以上使わずに栽培された野菜のことを言います。

これも農薬を使ってはいけない部類に入るのですが、実は農林水産省が認めた農薬だけは使用しても良いことになっているのです。

なので正確に言えば無農薬ではありません。

これは国の判断で、完全無農薬で栽培することがかなり難しいことであるから、天然由来の指定された農薬(ナタネ油など)であれば、特別に使用しても有機野菜として販売して良いことになっています。

しかもこの農薬の使用量に関しては、生産者次第になっていて、全て業者に任せられているので信頼性が最も大切になってきます。

 

減農薬野菜とは?

 

これも字のごとく、農薬の使用量を通常の半分にまで減らして栽培された野菜のことを言います。

なので、通常に比べて半分程度少ないだけで農薬は普通に使用しています。

日本は世界でもトップレベルの農薬使用量なので、その半分だけ使用していると言われても何とも言えませんよね。

また、無農薬野菜と同じく農薬の表記も自己申告制になっているので注意が必要です。

 

 

有機野菜&無農薬野菜の違いまとめ

 

上記の説明だけを見ても結局どれが一番良いのかが判断しにくいですよね。

 

正直、どれが正しいとは言い切れません。

 

しかし、この中でも唯一信頼できそうなのがあります。

それが「有機野菜」です。

 

他の無農薬野菜と減農薬野菜に関しては、農薬使用に関して自己申告制になっている事と、前年に農薬を使用した場所でも「無農薬」と謳える点に関しては、少し信ぴょう性に欠けるというか、いくらでも隠蔽することが可能なので、かなり信頼できる生産者でないと判断しにくい。

 

もちろん実際に無農薬野菜に力を入れている生産者さんがいるのも事実なので、信頼できることが何よりの購入の判断基準になると思います。

 

では有機野菜はと言うと、同じ場所で3年以上も化学合成された農薬などを使用していない点や、農薬を使用しても極力減らす努力をされていたり、野菜の種類によっては全く使わないで生産されている業者さんが多くいること。

 

もちろん有機野菜を購入する上でも、生産者さんへの信頼性が最終的な判断基準になると思います。

 

Check Point!!「有機野菜」「無農薬野菜」などという表記だけで判断して購入するのではなく、あくまで生産者さんがどのような想いで栽培し、どういった過程において栽培されたかが最も大事!!

 

 

信頼できる宅配業者をお探しなら…

 

らでぃっしゅぼーや 有機・低農薬野菜、無添加食品の宅配サービス


オースティン君
健康志向の方達の中で話題の「らでぃっしゅぼーや」を紹介するよ。いくつかある野菜宅配業者の中でも、安全で、安くて、美味しく、コスパが良いというので評判の会社だよ。

「家族や子供が口にするのはなるべく良い物を選んであげたい。。」

「健康の為に有機野菜などを買いたいけどどこで買えば良いの。。」

実は一部の方達の中で、野菜の宅配サービスに登録して買い物してる方が続出中なのは知っていましたか?

スーパーでは売られていないような野菜や、安心安全の無農薬&有機野菜などを買いたい方達にとっては、ネットを活用して買い物するのが当たり前になりつつある現代。

ただそういう会社も今ではたくさんあり、正直どれを選んで良いのか分からない方も多いはず。

そこで、個人的に応援している優良野菜宅配サービスを行なっているらでぃっしゅぼーやさんを紹介します。

 

らでぃっしゅぼーやのメリット・自宅に届けてくれるのでとにかく楽
・買い物の時間が必要ないから時短になる
・野菜だけでなく無添加商品も扱っている
・こだわり野菜を扱っていて自然で美味しい
・無農薬&有機野菜を扱っていて家族にも安心
・放射能検査は他者と比べて最も厳しい基準
・宅配業者の中では最も安くコスパが良い

 

らでぃっしゅぼーやのデメリット・有機野菜である為市販の野菜より2~3割高
・定期宅配コースで野菜を選べないものもある

 

<利用者の口コミ>

 

 

「オイシックスドット大地」が「らでぃっしゅぼーや」を買収合併

2018年2月28日付けで大手野菜宅配業者である「オイシックスドット大地(Oisix&大地を守る会)」が、「らでぃっしゅぼーや」を買収合併することが決まりました。

同年7月1日に社名変更をし、経営統合は10月1日から開始するそうです。

よく経営統合により何か大きく変わるんじゃないか?と噂されていますが、今の所特別変わることなく継続して3社共に通常通りのサービスを提供して頂けます。

「オイシックス」と「大地を守る会」共に運営元は一緒ですが、更に「らでぃっしゅぼーや」が加わることで、それぞれの特徴を活かしてより良い方向に向きそうなので今後が楽しみですね。

★らでぃっしゅぼーやの公式サイトはコチラから★

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG