Our New Website 「TOCC JAPAN」 coming soon...

 

オリーブオイルと言えば、パスタやピザなどによく使われ、洋食にはとても相性のいいものですよね。

 

現代では和食だけでなく、イタリアンやフレンチ、中華など多国籍な料理をどこでも頂けますが、必ずと言っていいほど必要なのが『油』です。

 

日本で油と言えば、サラダ油を使ってる家庭も多いと思いますが、海外では主にオリーブオイルを使用します。

 

僕も海外滞在中はオリーブオイルを和食などにも使用し、確かに多少和食っぽさがなくなるのですが、より体に良い油を使いたかったので、良質なオリーブオイルをメインで使ってました。

 

日本で販売されているオリーブオイルの種類は少ないですが、海外のスーパーに行けば大量のオリーブオイルが陳列されています。

 

そんな中でも僕が色々試した中で一番ベストな選び方や、よく間違えがちな選び方を解説します。

 

そして日本で多くの偽物のオリーブオイルも出回っている、という話まで舞い込んできたので、詳しく解説していきたいと思います。

 

オリーブオイルの基礎知識

 

①オリーブオイルの何が素晴らしいのか?

オリーブオイルが、他の油と違うところは、果肉から得られるということ。

ほとんどの食用油は種子から得られるため、その工程で加熱、処理精製などが必要となりますが、その分植物本来が持っている風味や効用も失われてしまいます。

しかしオリーブオイルの場合、オリーブの果肉をそのまま使用しているので、精製の必要性も無く、風味や効用が自然そのものに近い。

そして脂肪酸の75%がオレイン酸である為、酸化しにくく、酸化を防ぐビタミンEやポリフェノールを豊富に含まれており、栄養価が高く、人体に負担の少ない油の一種なのです。

また不飽和脂肪酸(オレイン酸)などの成分は、医学的効果が科学的に証明されていて、「リノール酸」「リノレン酸」「抗酸化物質」が、バランス良く配合されています。

 

 

②オリーブオイルの種類とそれぞれの特徴

通常オリーブの果実のみから作られるものであることから、化学薬品の使用や加熱処理などを行いません。このような過程によって得られるものを「バージンオイル」と呼び、その中でも酸度が1%以下であり、欠点がなく、

最高品質の風味を持つものが「エクストラバージンオリーブオイル」です。

そして、バージンオイルを精製処理したものを、「精製オリーブオイル」と呼びます。この精製オリーブオイルとバージンオリーブオイルをブレンドしたものが、「ピュアオリーブオイル」と呼ばれます。

非加熱料理などオリーブの香りを楽しみたい場合は、「エクストラバージン」炒め油(加熱)などに使用される場合や、風味が必要としない場合は、「ピュア」というように調理の仕方によって使い分けていただくと良いでしょう。

 

 

③オリーブオイルは加熱してはいけない?

植物油や動物脂は、過熱すると加水分解を起こし、「遊離脂肪酸」「グリセリン」に分解されます。そしてグリセリンがさらに加熱されると「酸化」をして、神経&肝臓細胞にダメージを与える危険物資に変化します。

この危険物質が人体に有害なものとして、様々な病気の原因を作り出していると言われています。

しかし、オリーブオイルの場合、加熱による酸化に強く、人体への有害性が少ないものなのです。

一般的にほとんどの食用油は、酸化を防ぐために160℃以上に加熱しないようにと言われていますが、オリーブオイルだと180℃程度でもほとんど酸化しません。

更に揚げ物の場合でも、他の油脂は素材の中に浸透しやすいですが、オリーブオイルは中へ浸透しにくい性質があることから、油っぽくならずに素材の持ち味も活かされやすいのです。

これは過度の油の摂取を避けることにもつながり、健康的で安心して食べることができるものとなります。

 

オリーブオイルのメリット・デメリット

 

 

では次に、オリーブオイルを摂取するメリットから見ていきましょう。

 

オリーブオイルを調べると、健康に良い主な栄養成分は3つ。

1つずつ解説していきます。

 

オリーブオイルのメリットとは?

 

[ビタミンE]

オリーブオイルにはビタミンEが含まれ、若返りのビタミンとも言われていて、高い抗酸化作用を持ち、体が錆びるのを防ぐ働きがあると言われています。

 

[オレイン酸]

オメガ9系の不飽和脂肪酸「オレイン酸」を豊富に含み、70~80%という驚異の含有率を誇ります。

オレイン酸には高い健康効果があるとされていて、悪玉コレステロールを減らす効果や、血管の循環を促進、動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果的と言われています。

また脂肪酸が小腸で消化吸収されにくく、腸を刺激することで、便秘解消にも役立つと言われています。

 

[オレオカンタール]

オレオカンタールは他のオイルには含まれず、オリーブオイルにしか含まれない成分で、

(*「エクストラヴァージンオリーブオイル」のみ)

抗酸化作用、抗炎症作用、神経細胞の伝達を良くしたり、心臓病の予防にも効果的とされていて、高い健康効果が期待されています。

 

では次に様々な症状に対する、

オリーブオイルの効能を見ていきましょう。

[コレステロール値を下げる]

コレステロールを下げる効果があり、動脈硬化・心筋梗塞の予防などさまざまな生活習慣病予防に◎

 

[ダイエットに効果的]

腸内環境を整え、インスリンの分泌量の調整により、糖が脂肪へ変わる量を調整してくれることから、太る原因を排除し、ダイエット効果も期待できます。

 

[老化防止・白髪・抜け毛]

高い抗酸化作用があるため、活性酸素除去による老化防止、美肌、美髪などに効果的であると言えます。

 

[便秘解消に役立つ]

オレイン酸には腸を刺激し排便を促す効果があり、体質によっては下痢になることもあるようで、球を要する場合などには効果的であるでしょう。

 

ここまで見れば健康に最適な食材であることは間違いないですが、もちろんデメリットもあることは忘れてはいけません。

 

オリーブオイルのデメリットとは?

 

<カロリーオーバーにより太る>

確かに健康に良いオリーブオイルですが、結局は油なので、カロリーはそれなりにあります。

過剰摂取すればカロリー過多により、太る原因や高コレステロールの原因になります。

毎日少しずつ長期的に摂取するのが◎

 

<劣化しやすい>

直射日光を避け、暗い所で保存します。

そのため、本物は暗い色のビンに入って売られています。

また、5度以下の温度の冷蔵庫での保存も✖︎

保存状態が良ければ1〜2年は問題ないようですが、色や香りが落ちてしまうので、開封後は早めに食べた方が良いでしょう。

 

<偽物のエクストラバージンオイルが蔓延>

基本的にエキストラバージンオイル以外を買ってはいけません。

品質が悪いものだと、健康効果に問題があり、むしろ人体に有害なものも含まれています。

エキストラバージンオイルの、日本の基準と世界の基準が違うのもあり、日本では怪しい商品が多く販売されているので、注意しなければなりません。(*詳しくは以下説明)

 

 

日本で販売されているほとんどが偽物!?

 

 

実は、日本の市場では他国に比べ、多くのエキストラバージンオリーブオイルが販売されています。

 

ただしそれが世界基準で見ると本物か偽物かと言うと、話が違ってきます。

 

それは世界の基準と日本の基準とで、”エキストラバージンオリーブオイルの基準が異なる”ことに理由があります。

 

世界各国では、多くの国々が加盟してる「IOCの基準」により、オリーブオイルを区分けして販売されています。

 

これが世界基準の本物を販売できる許可証みたいなもの。

 

でも日本だけは、その加盟を行わず、「JAS(日本農林規格)の基準」により販売されているのです。

 

そこで分かりやすいのが、エキストラバージンオイルの酸度の基準値です。

下記を見てください。

 

IOC・・・100gに対して酸度0.8%以下

JAS・・・100gに対して酸度2.0%以下

 

この2つの酸度の基準値の違いが世界と日本とでは、大きな違いになるのです。

 

なぜなら日本で市場に出回るエキストラバージンオイルの、約8〜9割が「酸度2.0%の範囲内」で製造されているから。

 

世界ではこの酸度0.8%以下に入らないものは、ピュアオリーブオイルに分類されます。

 

でも日本では酸度を2.0%まで広げてある為、世界基準では通用しない商品を、エキストラバージンオイルとして普通に販売できるのです。

 

世界の基準では条件を満たしていないのに、日本の規格においては大丈夫なんて訳がありません。

 

これは販売元にとってはメリットですよね。

 

ピュアオリーブオイルよりもエキストラバージンオイルの方が、名前で購入される方が多いのですから、結果的に得してるのは企業側と言うことになります。

 

更に、エキストラバージンオリーブオイルの、基準をクリアできない精製したオリーブオイルなどを、他のオイルとブレンドしても、日本では、エキストラバージンオリーブオイルとして売ることも可能だそうです。

 

それだけ見た目は一緒でも世界基準と、日本独自の基準では大きな違いがあり、それを偽って販売できるのは異常以外の何者でもありません。

 

では日本で偽物が蔓延しやすい理由をまとめます。

・日本の規制が世界基準と全く違う

・そもそも国内での生産数が少ない

 

これらの理由で日本では偽物とも言える、オリーブオイルが蔓延しやすいことから、しっかりとした知識を得た上で選択しなければなりません。

 

では次の項目では、エクストラバージンオイルの選び方を解説しましょう。

 

 

オリーブオイルの選び方

 

 

では早速買おうと思った時に、どうやって本物・偽物を見分ければいいのか?という問題がありますよね。

 

そういった場合に、最低限確認してほしい項目がいくつかあるので、以下で説明していきます。

 

<これ偽物?本物?チェックポイント>

 

①遮光性の高いボトルに入ったもの

光に弱いエキストラヴァージンオリーブオイルは、必ずと言って良いほど遮光性が高いボトルに入ってるはずです。

太陽光どころか部屋のライトでも劣化すると言われているぐらいなので、透明なビンやプラスチックに入ってるものは、避けた方が良いでしょう。

 

②酸度が0.8%より低いものが◎

もしボトルに「acidity 0.1~0.2」「acid 0.2」とか書いてあればOK。

表記の無いものや、正確に分からない場合は買わない方が無難でしょう。

 

③安すぎる商品はダメ

エキストラバージンオリーブオイルとして認められるオイルは、本当にわずかなので、販売される生産数も多くありません。

最低限、1mlが3円以下のものは買わない方がいいでしょう。
(例:500ml=1500円以下)

 

④コールドプレス製法かどうか

高温で抽出されたオイルは栄養成分が少なく、風味や味も良くありません。

更にトランス脂肪酸が発生している可能性もあるので、非加熱か30度以下で処理されたものを選ぶようにしましょう。

 

⑤品評会での受賞歴があればベスト

国際エクストラバージンオイル品評会での、受賞歴があるものなら一番信用できます。

オリーブオイルソムリエたちが選び抜いたオイルですから、間違いなく高品質な本物の商品となります。

 

★成分偽装オリーブオイルに要注意!!★

本当は食用ではないオリーブオイルを細工し、販売したという事件がありました。
イタリアで色を付ける為に猛毒の硫酸銅を添加したなどで、アメリカと日本で数千トンが販売されており、強い毒性を持つことから注意勧告が出ています。

[危険メーカー]

・ベルトーリ
・サッソ
・カラペリ
・ピエトロ・コリチェッリ
・サンタ・サビーナ
・アンティーカ・バディア
・プリマ・ドンナ

 

 

安心・高品質のオリーブオイルを紹介

 

では最後に、これらの注意点を踏まえた上で、世間で高評価を得てるものや、オススメの商品を紹介します。

 

たまたまなんですが、調べていたら実際に僕が海外滞在中に愛用していたものも、日本で販売されていることを知りました。

 

すごく好きだった商品なので、今使っているのが無くなったら絶対買おうと思っています。

 

ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

 

海外滞在中にいつも料理に使っていた高品質オリーブオイル。
オーストラリア国内を始め、世界各国での受賞歴があるコチラの商品は、
風味豊かで何よりクセもなく使いやすい。
殺虫剤不使用での栽培により安心安全で、0.2%という驚異の超低酸度。
酸化しにくいノズルを採用していて、こぼれにくい設計にもなっています。
比較的リーズナブルで最高品質のオリーブオイルをお求めなら、
買って損はしない商品だと思います。

↓↓更に上の最上級グレードはコチラ↓↓

 

 

・農薬不使用のオーガニック栽培
・酸度0.1~0.2
・数々の国際大会でゴールド受賞
・ポルトガルから直輸入
・有機JAS認証取得品

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG