Our New Website 「TOCC JAPAN」 coming soon...

[30代から要注意] 実はあまり知られていない現代人の亜鉛不足。「薄毛」「老化」「うつ病」などを促進させてしまう危険性大。

男の人にとってはある程度年齢を重ねると不安になる、

髪の毛のこと。

 

30代を超えてくると、色々なものがリアルになってくるので、

よほど美意識が高くない限り、

どんどん老化を感じやすくなるもの。

 

敏感な方にとっては、

かなり深刻なのが見た目の問題。

 

その中でも髪型が及ぼす影響もなかなかのもので、

それなりに整った髪型にしているかどうかで、

実年齢よりも若く見られるか、老けて見られるか左右されます。

 

年取れば皆老けるのは当たり前なので、

より清潔感のある、カッコいい大人でありたいと誰もが思いますよね。

 

そこで一つ大きな問題になるのが、「薄毛」

 

最近では男性だけでなく女性の薄毛も深刻になってきていて、

調べてみると、

いくつかその原因とも言える事実が見えてきました。

 

そんな方の為に今からできることや、

まだ薄くはなってないけど、

将来の為に知っておきたい方の為に、

いくつか解決法をシェアできればと思います。

 

 

そもそもなぜ髪の毛が薄くなるの?

 

ではまず薄くなる理由を、簡単に解説していきます。

 

男性の場合、薄くなる根本的な理由と言われるのが、

男性ホルモンの影響です。

 

例えば頭頂部の薄毛は、そのほとんどが「男性型脱毛症」と呼ばれ、

いわゆる『AGA』と呼ばれる症状になります。

 

『AGA』は、男性ホルモンの作用によって、

髪の毛の抜ける量が増えてしまう疾患のことを言い、

頭頂部や生え際などに薄毛が発症すると言われています。

 

AGAの主な原因として、男性ホルモンの「テストステロン」と、

「5α還元酵素」が結合することによって生まれる、

ホルモンの『ジヒドロテストステロン』が原因となります。

 

この『ジヒドロテストステロン』は男性ホルモン受容体に結合し、

『TGF-β』と呼ばれるタンパク質を生成してしまいます。

 

髪の毛というのは、

成長期

退行期

休止期

また成長期に突入

といったサイクルを繰り返しています。

 

でもこの通常のサイクルを邪魔する事になるのが、

先ほど言った『TGF-β』なのです。

 

このTGF-βは、髪の毛に脱毛指令を送り、

強制的に抜け落としてしまうと言われ、

成長途中のこれから強く生える髪の毛であっても、

TGF-βに指令されてしまうと、

抜け落ち、休止期に入ってしまうそうです。

 

しかも生成されると、生成された分だけ頭皮にある髪の毛に作用し、

最終的に生えてくる量よりも、抜ける量の方が多くなってしまいます。

 

そうなれば、段々と薄くなってしまい、

手遅れ状態になってしまうのです。

 

ただし女性の場合は少し違います。

 

当たり前ですが女性は女性ホルモンが多いですから、

男性ホルモンの影響によって薄毛になるリスクは小さいです。

 

でも中には、「FAGA(女性男性型脱毛症)』という形で、

薄毛になってしまう方もいて、加齢と共に女性ホルモンが減少、

その後、男性ホルモンの割合が高くなり、

その影響で薄毛を発症すると言ったケースもあります。

 

他にも、出産後に抜け毛が増えたり、ストレスによる円形脱毛症など、

男性ホルモンとはまた別の理由で、

女性でも薄毛になってしまうことがあると言われています。

 

 

要注意!!普段の生活から分かる薄毛の原因

 

 

一般的に言われる薄毛の原因はいくつかあって、

人によってその原因が違うので一概には言えませんが、

簡単にその原因をまとめてみました。

 

それぞれ解説していきましょう。

 

・男性ホルモンによる影響
・仕事のしすぎによるストレス
・乱れた食生活
・生活が不規則で夜寝ない方
・運動不足
・冷え性(結構不良)
・喫煙による影響
・シャンプーやカラーなどの影響

 

 

・男性ホルモンによる影響

「筋トレすると男性ホルモンが増える」とか、
「性欲が強いと男性ホルモンが多い」とか、
聞いたことありませんか?
実はこれらと男性ホルモンとの関係性は低いと言われています。
過度に男性ホルモンを気にして、筋トレしないとか、
性的欲求を抑えるなどは間違っています。
このようなことをすれば精神的ストレスを促し、
逆に薄毛の原因になることも。
男性ホルモンが薄毛を進行させるのではなく、
男性ホルモンが変化することによって、
薄毛が進行すると言われています。

 

・仕事のしすぎによるストレス

現代社会において、
ストレスが無いなんてことがあり得ない世の中ですから、
うまくストレス解消することが求められます。
ストレスがかかると、無意識のうちに身体は蝕まれ、
ストレスが原因で不眠症、偏食、生活習慣の乱れ、血行不良、うつなど。
これらが原因で薄毛を促進させることにもなります。
薄毛も身体の異常を知らせてくれてるサインなのです。

 

・乱れた食生活

薄毛と食生活は最も関係している一つです。
外食やコンビニ食ばかり食べていては、
食品添加物、塩分、糖分、脂質の摂りすぎで、
体に必要な栄養バランスが偏りがちです。
栄養バランスが崩れた食事を続ければ、
病気のきっかけを作り、肥満や、薄毛にも影響します。
髪の毛は、表に生えてる部分が大事ではなくて、
その皮膚の内側の細胞を活性化させることが最も大事なので、
栄養バランスが崩れれば、
髪に必要な栄養も不足し、健康的な髪を生やすことができません。

 

・生活が不規則で夜寝ない方

髪の毛が最も伸びやすい時間帯は、
午後10時から午前2時頃とされています。
この時間帯に起きていると髪の成長が邪魔され、
十分に髪が成長できなくなってしまいます。
なるべく、午後10時から午前2時の間は、
睡眠をきちんと取ること。(もちろん8時間睡眠も超大事)
そして睡眠はホルモンバランスを整える効果もあることから、
髪の毛に影響すると言われています。

 

・運動不足

運動することはストレス解消や血流を良くし、
体内の毒素をうまく体外に放出することができます。
でも運動不足の場合、体内脂肪が増え、
血液の中にも脂質が多くなり、毒素は溜まりっぱなしで、
ドロドロ血液が循環することに。
こうなれば体の隅々に栄養分がしっかり届かず、
脳卒中などのリスクも高まります。
そして男性ホルモンを活発化させてしまうことで、
脂質過多による薄毛を進行させてしまうことになります。

 

・冷え性(血行不良)

冷え性は血行障害により、指先や足先が冷えているような状態で、
この原因とされているのが、
ホルモンバランスの崩れや、運動不足や不規則な生活など。
血行障害が起きれば、頭皮への栄養分が十分に行き渡らず、
血液はドロドロで様々な症状を発症しやすくなります。
その結果異常な頭皮の皮脂が増加や、栄養バランスが崩れ、
薄毛の原因になるのです。

 

・喫煙による影響

タバコは様々な病気の原因になり、
吸うと血行不良を起こすと言われています。
その結果、体の隅々への栄養分が行き渡りにくくなり、
髪の毛にも影響を受けます。
血中の栄養不足と血行不良が薄毛の原因になるのです。

 

・シャンプーやカラーなどの影響

これは以外な薄毛の理由の一つでもあると思います。
1日に何度もシャンプーしたり、カラーやパーマの繰り返しにより、
頭皮に刺激を与え、頭皮の保護機能を壊し、
皮膚の内側まで化学物質の影響を受ける可能性もある為、
細胞自体の活性化を阻害してしまうことに。
シャンプーもカラー剤も化学物質の塊です。
女性の薄毛が昔に比べて多くなったのも、
色々な化学物質による影響ではないかとも言われています。

 

女性の場合だと、これら以外にも、

「極度のダイエット」「産後による影響」なども、

薄毛になると指摘されています。

 

 

[薄毛の原因] 現代人の多くが亜鉛不足!?

 

実は上記の問題以外にも、現代人は「亜鉛不足が深刻」とのことで、

それが原因で薄毛を作り出しているというデータもあります。

 

亜鉛とは、必須ミネラルの一種で、

人間が生きていくうえで必要不可欠の、

体中のあらゆる細胞に必要な栄養素の一つです。

 

[亜鉛の働き]

①生命の維持
②男性ホルモンを作り、精子を作る
③髪の組織を作る

 

そして髪の毛においても、

タンパク質を髪の毛に変えるために活躍してくれています。

 

髪の毛はタンパク質から構成されていますが、

タンパク質を多く摂っても、

亜鉛不足だとタンパク質が髪の毛を生成してくれないのです。

 

髪の毛を生成する上で絶対に必要な栄養素が、

亜鉛なんですね。

 

つまり、現在の食生活で懸念されている亜鉛不足が、

薄毛の原因のひとつでもあるということ。

そして亜鉛不足が及ぼす影響は、

他にもたくさんの障害を起こすと言われています。

 

それが『味覚障害』

 

味覚を感知する味蕾には、亜鉛酵素が豊富に分布していて、

亜鉛が不足すると、味蕾の形態が失われ、

感覚細胞としての機能が損なわれます。

 

詳しくは以前味覚障害について記事にしたので、

参考にされてみてください。

↓↓↓

[大人が知らない本当の理由] 子供はなぜ好き嫌いが多いか知ってますか?

 

では亜鉛が不足することでどのような症状が出るのでしょうか。

以下にまとめました。

 

[亜鉛不足が疑われる症状]

・毛が細い
・抜け毛が多い
・肌荒れ
・白髪が多い
・キズが治りにくい
・食欲不振
・濃い味付けを好む
・性欲低下
・風邪をひきやすい
・疲れやすい
・生理不順
・立ちくらみ

 

このような症状に心当たりがある方は、

亜鉛不足の疑いがあるので要注意です。

 

では次に亜鉛を補うためにはどうしたらいいのか?

以下にまとめたので確認してみましょう。

 

[亜鉛が豊富な食物]

・牡蛎(カキ)
・レバー
・乳製品
・ライ麦
・ナッツ類
・ゴマ
・卵黄
・うなぎ
・納豆
・干しエビ
・のり

 

この中でも亜鉛の含有量が特に多いのが、「牡蛎」です。

 

牡蠣は好き嫌いが分かれる食材ですが、

これほどの豊富な亜鉛を補うには、

牡蠣が一番良いと言われています。

 

あとは、手軽なところで言えば、

肉類やレバー、魚介類なども亜鉛を豊富に含んでいるので、

積極的に摂る必要があるでしょう。

 

〜亜鉛を効率よく吸収するには?〜

亜鉛は、肉・魚・乳製品・卵等の動物性蛋白質と一緒に取ると、
亜鉛の吸収率が上がり、更に効率良く摂りたいなら、
クエン酸と一緒に摂ることで、
クエン酸が亜鉛を包み込み、
食物繊維などの影響を軽減して体内に吸収されます。
ビタミンCはクエン酸の作用を強める働きがあり、
亜鉛の吸収率を上げます。
カキフライや生牡蠣などににレモン汁を添えるのは、
亜鉛摂取にはとても効果的かつ最も適した摂り方と言えます。

 

 

まとめ

 

 

では最後に、

亜鉛不足が疑われ、薄毛の危険性のある方をまとめます。

 

①運動不足や、睡眠が足りていない方

②加工食品や過度の喫煙など、体への影響を考えない方

③潔癖や洗いすぎなどの菌に対して過敏な方

 

 

上記に当てはまる方や、気になる方は、

なるべく意識的に亜鉛を摂った方が良いでしょう。

 

これらに当てはまるポイントは、

『化学物質』『血行不良』『男性ホルモン異常』です。

 

偏った生活や体への負担が大きいことをすればする程、

体は悲鳴を上げ、様々な症状を発症するだけでなく、

最悪の場合、生命活動にも影響することになります。

 

普段から生活習慣はもちろんのこと、

栄養のある食事は薄毛とも密接に関係している為、

意識的に亜鉛などの栄養素は摂る必要があるのです。

 

ただし、亜鉛の摂りすぎは逆に良くないという報告もあるので、

1日に必要な摂取量の範囲で、

摂ることが大切です。

 

[亜鉛の1日の推奨量]

男性・・・9mg
女性・・・7mg

*上限量は30mgまで。
(参考:生牡蠣100gに対して約13g)

 

なるべくなら牡蠣や肉・魚介類などで摂取することを心がけ、

それが難しいのであれば、

サプリメントなども併用すると良いでしょう。

 

あくまでサポート役として、食事はしっかり摂った上での話です。

 

絶対にサプリメントだけで大丈夫とか、

安易な考えだけはやめて下さいね。

 

では個人的にオススメの商品を貼っておくので、

ぜひ参考にされてみてください。

 

 

↓↓こんな方にオススメ↓↓
・亜鉛・葉酸・アミノ酸などの栄養補給
・女性でも安心な無添加を好む方
・髪のコシや薄毛で悩んでる方
・男女関係なく2人で健康生活
・最近体力の衰えを感じる方
・食生活&睡眠が疎かになっている方
・妊活中の方

 

↓↓男性の方にはコチラが高評価↓↓

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG