Our New Website 「TOCC JAPAN」 coming soon...

 

僕たちが住む日本という国は、

世界から見ても豊かで、色々な物が揃い、便利で、

みんながある程度均等に生きることができる国です。

 

それは、海外に住んだ経験のある方からすれば、

その日本の素晴らしさを実感できますよね。

 

僕も海外に住んだからこそ、

客観的に日本と海外との違いを確認することができ、

良い面も悪い面も分かることができました。

 

そんな素晴らしい国のはずの日本なのですが、

実は自殺率は、

世界でも上位に入っていることは知っていますか?

 

しかも若者の自殺率に関して言えば、

世界でもトップレベルです。

 

これ異常な事態だと感じていますか?

 

豊かであるはずの日本なのに、

自殺率が高い。

 

僕たちは真剣に若者の未来の為に、

動き出さなければいけないのかもしれません。

 

 

世界の自殺率の高い国から見えてくるもの

 

1位 グリーンランド
2位 リトアニア
3位 韓国
4位 ギニア
5位 カザフスタン
6位 スロベニア
7位 ハンガリー
8位 クロアチア
9位 スリランカ
10位 ラトビア
11位 ベラルーシ
12位 ウクライナ
13位 日本
14位 ロシア
15位 モルドバ

 

この順位を見て、どう思いますか?

 

これを紐解くと、それぞれの国の事情があり、

例えばここに入っているヨーロッパの地域などでは、

日光不足の問題により鬱病などの精神疾患が原因で、

自殺を選ぶ人が多くいるそうです。

 

又は寒い地域ならではのことで、飲酒の量が他国に比べて多く、

結果病気や依存症などになり、仕事を失ったりで、

先が見えなくなって自殺したり。

 

あとは紛争などにより貧しい生活を虐げられて、

自殺者の増加を促進させてしまっているなど。

 

各国それぞれ色々な理由により、

自殺者が多くいるという話なのです。

 

でもここで気づいて欲しいことが2点あります。

 

まず1つ目が、

比較的貧しいと言われる国が上位に入っていないこと。

 

そして2つ目が、

先進国の中でも日本が上位に選ばれていること。

 

ただのランキングだけでは見えてこない、

日本が抱える大きな問題がそこには隠れていました。

 

 

「幸せとは何なのか」が分からない日本人

 

nippon.comより引用

 

日本の自殺者年齢層は60代が最も多く、

次いで50代→40代→30代の順になっています。

 

ただ最近の調査では、若者の自殺者数も増加していて、

若年層の自殺率は世界でトップクラス。

 

しかも、日本の15歳から39歳の死因の第1位が「自殺」なんです。

 

そして実は、「事故死」よりも自殺が多い国のトップも、

日本になっています。

 

これは世界を見ても異常な事態で、

そこに対して特に問題視していない、

更にはより促進させるような国の制度や、

環境になりつつあります。

 

このままいけば、高齢化がより進むのは当たり前で、

働き手が少なくなる日本で、

今後誰がどうやって支えていくのでしょう。

 

むしろ先をよく観察している若者からすれば、

「別に日本で生活しなくても海外に住めば良いや」

なんて人が増加していくことにもなりかねません。

 

そうなると、この先の日本という国がどうなるのか、

大人の方ならだいたい想像できますよね。

 

ではなぜ、

若者が自殺したくなるような国になってしまったんでしょう?

 

それは、

「日本人の多くが、幸福を感じることができなくなっている」

ことに理由があるそうです。

 

さっさく聞きたいのですが、「皆さんは幸せですか?」

 

実は簡単なこの質問に対して、

素直に「幸せだ!!」と答えられない人が多くいるのが日本。

 

それに対して、外国人に聞いてみると、

多くの人が「幸せだ!!」と言えるそうです。

 

もちろん世界各国それぞれ色々な問題があって、

仕事やお金、人間関係などの悩みはそれぞれ抱えています。

 

それは海外だろうが、日本だろうがどこでもあること。

 

でも日本人は「自分は幸せだ!!」と、

答えられない人が多い傾向にあるそう。

 

これこそが日本人が抱える大きな特徴であり、

日本人の多くが間違って認識している「幸せの定義」が、

外国人とはかなり違うのです。

 

では僕なりに感じる原因をまとめてみました。

 

①お金や物でしか幸福さを感じれない

②他人と比較しての豊かさが幸福だと思っている

人生においての自由な選択ができない

④日本人にとっての幸せが何かが分かっていない

 

この上記の4つが、日本人が抱える闇であり、

それに伴う意識改革が長年されていないことや、

古い価値を変える勇気が無いことによる影響が関係していると思います。

 

それぞれ解説していきましょう。

 

 

①お金や物でしか幸福さを感じれない

 

お金があって、自分の欲しいものが何でも買えて、

それはそれで幸せなのかもしれないですが、

それを『人間にとっての幸福』だと思うのは間違っています。

僕たちが知らないだけで、世界中で食べることもままならない、

教育だってまともに受けることができない国が数多くあります。

でも彼らは決して不幸そうでは無いのです。

そういった環境であったとしても幸せそうにし、

純粋な笑顔で日々を楽しんで生きています。

そんな国があるにも関わらず、日本人はある程度は皆平等で、

仕事もあり、お金もある程度は手にでき、食べるものにも困らず、

教育だって誰もが受ける権利があります。

そんな幸せな国とも言えるのに、

僕たちが感じる『幸せ』という本当の部分を、

実ははき違えているのです。

本当の幸せとは、お金や物の豊かさではなく、

その人自身の道を自分なりの方法で楽しむこと。

それはその人自身の意識の問題ですよね。

お金を稼いだとしても、ほとんどの人の場合、

結局自分の自己満足でしかないと思います。

色々なデータでも、

「ある一定までの所得は幸福感を得れるが、

ある程度を越えると、いくらもらっても幸福感を得ることは無い」

と言われています。

それほどお金を手にすることだけを目標としても、

その人自身の生き方に影響するかと言われれば、そうでは無いのです。

[参考記事]

お金や物で価値を決める時代はもう古い。これからは『個人』が価値になる。

 

②他人と比較しての豊かさが幸福だと思っている

 

本来、自分が幸せかどうかなんて、人には分からないし、

人がどう思おうが勝手です。

もちろん他人の幸せを感じる部分なんて、どうでもいい話のはず。

でも日本人の多くが、他人と比較して自分が劣るか、

長けているのかを判断するクセがあり、

その悪いクセが原因で、自分を更に追い詰め、挙げ句の果てには、

人のグチを言ったり、ひどければイジメに発展してしまうなど。

単なる嫉妬心から生まれたようなどうでもいいことを、

気にする意味がどこにあるのでしょうか。

自分は自分、他人は他人。

昔は当たり前だったような感覚だと思うのですが、

いつからこの当たり前が消えてしまったのでしょうか。

他人と比較しても何も生まれない。

僕たちはもっと自分の道を歩んでもいいはずなんです。

誰にも止める権利なんて無いはずです。

[参考記事]

日本人がやたら見た目を気にし過ぎたり、ついつい他人と比較してしまう本当の理由

 

③人生においての自由な選択ができない

 

日本人の多くは人生のほとんどを仕事に捧げる意識が高いですよね。

真面目でしっかりやることが求められる環境だからなのか、

とにかく日本という国はちゃんとしてる。

でもそれは裏を返せば、日々の生活の中で気を張っているからこその、

ちゃんとした環境が成り立っている訳で、

ある意味、ちゃんとしなければいけないというプレッシャーでもあると思う。

海外に行けば分かると思いますが、仕事中であろうと、

お客様の前でスタッフ同士でのプライベートの話や、

レジでご飯を食べてたり、

お客さんと長話してしまって後ろに列を作ってしまったりは当たり前。

でも不思議とお客様も文句も言わず、

むしろその場を楽しんでいるかのようにも見えます。

よくも悪くも真面目ではない外国の環境だからなのか、

人に対してもそこまで多くのことは求めないし、

自分に迷惑がかかれば伝えれば良いというスタンス。

それは自分の人生観や日々の生活スタイルに関しても、

人のことをとやかく言う人なんて皆無で、

むしろそんなことを言うものなら、

その人とは絶交、職場であれば退職するでしょう。

結局自分の意識を持っていくところが、

『自分』よりも『他人』を優先するところは、

実は世界を見渡しても日本独自の価値観で、

そのせいで息苦しさを作ってしまっているとも言えます。

日本人の真面目さを変えることはできませんが、

真面目すぎたり、周りの目を気にすることを止めるだけで、

もっと個人が自由で生きやすい環境を作れると思います。

[参考記事]

「個性はいけない」と教えられる日本と、「個性は宝」だと教えられる海外

 

④日本人にとっての幸せが何かが分かっていない

 

これは上記のまとめになりますが、

日本人にとっての幸せと、外国人にとってのは幸せを感じる部分は、

全く違います。

まずそんな他とは違うことを受け入れるだけのキャパがないことの方が異様で、

日本人がいかに限られた環境で、狭い価値観しか持てず、

日本だけでしか通用しない文化を受け継いでるのかと言うこと。

まず日本人が大切だと思っている幸せだと思うような感覚は、

外国人のほとんどがそんなこと思っていません。

「ブランド物を持つのがそんなに羨ましいことなのか?」

「家を買うことがそんなに大事?」

「仕事を頑張ることが人生においてそんな重要なのか?」

「人の顔色伺いながら生きていて、何が楽しいのか?」

これら全て日本独自の価値観でしかなく、

外国人には理解できないことなんです。

彼らにとっての幸せとは、お金や物や仕事ではなく、

自分の道をしっかり歩むこと。

どこの国でも仕事をしてお金稼ぎをして、

時には残業する時もあるでしょう。

でもあくまでそれは単なるお金稼ぎ(ツール)であって、

家族や友人の為、

そして自分自身の人生の為に働いている訳です。

だからいくつになっても新しいことに挑戦したり、

資格が必要なら50代であろうと大学に通い、勉強し、

新たな自分を開拓しようとします。

全ては自分の人生を楽しむ為です。

職がなくても、結婚してなくても、自分が幸せだと思っていればそれで良い。

そこに他人もなんの興味も無いから、

結局自分に迷惑かからなければそれで良いのです。

日本は何でも求められるものが多く、

立場や肩書きを重要視する傾向が強いので、

少しでもそぐわないことをすれば叩かれる。

でもそんな立場や肩書きなんてその環境でしか通用しないものでしょう。

世界に出た時にその肩書きをアピールしたところで、

彼らは何とも思わないですよ。

もっとそれぞれの個人を尊重し、

個人の生き方を否定するほど誰も偉くも無い。

むしろ否定する人は嫉妬や、

自分の価値観に無いものだから否定するしかなく、

その発した言動が相手を傷つけ、

自殺を吹聴してることもあると思います。

若者には若者なりの幸せを感じる部分がある訳で、

年長者はその新しい価値観を潰す権利なんてどこにもありません。

むしろ年長者である人ほど、どんどん聞き入れ、受け入れる器を持ち、

若者と共に自分も成長していこうぐらいの気持ちがなければ、

若者を潰すだけの単なる老害でしか無いのです。

[参考記事]

[新社会人の皆様へ] 年寄りの言うことは半分取り入れて、もう半分は自分の為に時間も神経も使え。

 

 

何かが狂い始めた日本、僕たちはどうすればいいのか?

 

出典 http://www5.cao.go.jp/seikatsu/whitepaper/h20/01_honpen/html/08sh010301.html

 

上記のこれらをすごく分かりやすくしたのが、

毎年発表される『世界幸福度ランキング』ですよね。

 

あくまで統計的な話なので、参考程度ですが、

日本は毎年のように順調に順位を落としています。

 

〜世界幸福度ランキング2018〜
第1位: フィンランド
第2位: ノルウェー
第3位: デンマーク
第4位: アイスランド
第5位: スイス
第6位: オランダ
第7位: カナダ
第8位: ニュージーランド
第9位: スウェーデン
第10位: オーストラリア
第11位: イスラエル
第12位: オーストリア
第13位: コスタリカ
第14位: アイルランド
第15位: ドイツ
第16位: ベルギー
第17位: ルクセンブルク
第18位: アメリカ合衆国
第19位: イギリス
第20位: アラブ首長国連邦

第54位: 日本

 

日本の今年(2018年)の順位は、第54位です。

 

前年は51位でしたが、着々と順位を落としているわけです。

 

この統計の主な指標として、

以下の6項目を集計して幸福度として表しています。

 

(1)人口あたりGDP(対数)
(2)社会的支援(困ったときに政府や人を頼ることができるか)
(3)健康寿命
(4)選択の自由度(人生においての自由な選択と満足度)
(5)寛容さ(過去1か月の間に慈善団体への寄付など)
(6)腐敗の認識(政府や仕事上で腐敗の蔓延)

 

この中で日本の自慢できるところは、(3)の「健康寿命」だけです。

 

医療制度が整っており、最も寿命が長いという理由だそうです。

 

そしてその中でも最も他国と比べて劣っているのが、

(2)と(5)の「社会的支援および寛容さ」

 

日本人にとって国や政府を頼れないという点や、

それに対する社会の寛容さが無いという点。

 

社会的支援については、国などの支援は北欧諸国には劣り、

孤独死などが増えている日本の現状では、

人と人との関係性が希薄になっていると言わざるをえません。

 

人としてこうあるべきとか、社会人として、妻としてなど、

個人の価値観を他人に押し付ける傾向が強いことから、

それがプレッシャーでストレスになり、

人が生きるうえでの自由さを制限させてしまっています。

 

それが原因で人に対する不信感や、自然と人との交流が減り、

孤独死を生み出しているというデータもあるほど。

 

そして最近、その影響が若者にも浸透し始め、

特に20代では死因の半数を「自殺」が占めるという結果に。

 

これは他国の自殺と事故の割合で比べれば分かります。

 

[各国の「自殺」と「事故」の割合]

フランス … 8.3 :12.7

カナダ … 11.3 :20.4

米国 … 13.3 :35.1

日本 … 17.8 : 6.9

 

日本だけ事故死よりも自殺のほうが圧倒的に多いのです。

 

そもそも自殺は2つ以上の理由(ストレス要因)が重なったときに起こると言われ、

そのストレスの理由のほとんどが「人間関係」に関する悩みが多い。

 

そして自殺者の98%が、

うつ病などの精神疾患に罹患していることが多いと言われています。

 

うつ病が増える主な理由として、いくかの問題が指摘されていて、

確かに個人の問題もありますが、

環境による要因もかなり大きいのではないかと思います。

 

どんな人でも、人は環境によって変化することができ、

死にたくて自殺する人なんていませんよね。

 

何かを頑張りたい、必死に生きたいという思いがあっても、

何かしらの理由で生きることを継続できない。

 

その結果、自殺を選択する。

 

これが個人の問題だけと言えるでしょうか。

 

周りとの人間関係や、仕事、家族との関係など、

色々な要因が重なった上で、

自殺を選択せざるを得ないということは、

環境による影響もかなり大きいと思います。

 

もちろん「辛いんだったら辞めればいい」

「逃げればいい」という声もよく聞きますが、

当人にとってはそんなことの判断すらもできないほど、

追い込まれていて、どうしようもなかったのでは無いでしょうか。

 

人なんて自分の意思や考えをとことんまで捻じ曲げられたら、

相当な信念が無い限り、とことんまで落ち込みます。

 

しかもそこに手助けをしてあげる環境があればまだしも、

仕事による残業続きで親や友達に連絡すらもできない環境だったら、

最終的にはそういった判断をするかもしれないですよね。

 

気づく人が身近にいればいいですが、

そうでは無い人が多くいるのも事実。

 

それを個人の問題というだけで片付けてしまうのは、

あまりにも人ごと過ぎませんか。

 

僕たちにできることの一つとして、

古い価値観や今必要のないものを捨てること。

 

そして、新しい価値観や、自分と違ったものを持っていたとしても、

それを受け入れ、お互いに高め合う意識が必要なんだと思います。

 

 

まとめ

 

 

なんでもそうですが、最初から否定するのは、

ただの自分の価値の押し付けでしかなく、

その人自身の成長にも、今後の未来の為にもなりません。

 

人それぞれには、人それぞれに価値のあるものが存在する。

 

良い大学を出て、良い就職をし、たくさん稼ぐことにだけ、

価値がある訳では無いはずです。

 

違いを認め合い、自分が知らないことを受け入れ、

それを糧に自分を成長させていく。

 

この気持ちがなければ、

今後の日本で若者が活き活きと生きていくことは困難になるでしょう。

 

もし今後本当にそういう国になるのであれば、

一刻も早く、世界に飛び出せ!!

 

何も怖いものは無い。

 

世界はあなたを受け入れてくれます。

 

決して日本という国が全てでは無いことを知ってほしい。

 

世界を見渡せばどこにでも生きるヒントや、

チャンスはたくさんあるのだから。

 

自分を信じて、無理をしなくてもいい。

 

嫌だったら止めればいい。

 

辛かったら逃げればいい。

 

とにかく生きていれば、絶対に花開くときが来る。

 

とにかく死んではダメだ。

 

限られた人生の中で、全ての自由な選択は自分自身にあるのだから。。

 

読んで頂きありがとうございました。

 

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG