Our New Website 「TOCC JAPAN」 coming soon...

 

実は、僕自身無類のコーヒー好きで、飲まない日はないぐらい毎日2〜3杯は飲んでいます。

まあ一種の中毒ですね笑

 

近いうちに本気でコーヒーのことを学ぼうかと思う程好きで、そのうちカフェかコーヒー豆専門のショップを立ち上げたいなとまで思っています。

 

そこで個人的におすすめする、

「Amazonに売ってるコーヒー豆やコーヒーマシン」を紹介したいと思います。

 

実際に色々試した中で現在使用してるものや、個人的に好きなものまで、ぜひ皆さんにも紹介できたらと思います。

 

Amazonで買えるインスタントコーヒー

 

原産国名・・・オランダ
原材料・・・コーヒー豆(生豆生産国名:ブルンディ、コスタリカ、他)

伝統のブランド技術を集結して作り上げた、豊かな芳香と深いコクのある味わいが特徴のモッコナを代表する最高傑作です。

海外に住んでる時に最も飲んだコーヒーと言えば、この「モッコナシリーズ」。

むしろ僕自身コーヒーが好きになったきっかけを作ってくれたものであり、家で簡単に美味しく飲めるインスタントコーヒーになっています。

正直、スーパーで売ってる比較的高めなインスタントコーヒーよりも断然おいしいです。

さすがにドリップほどではありませんが、ほどよく苦味もあり、とても香り高いうえに、後味はスッキリしています。

インスタントコーヒーにはないと思っていたコクというか、美味しい苦味が感じられる唯一のハイクオリティインスタントコーヒーです。

 

原産国名・・・ベルギー

中南米とアフリカの山岳地帯産出の豆を、最高の比率でブレンドした本品は、ブルーマウンテンに劣らぬなめらかなコクのあるコーヒーです。

世界に先駆けてフリーズドライ製法を開発したメーカーが、常に最高級の味と香りを求め続け最新の技術を駆使し、製品化したクライスカフェのフラッグシップの逸品です。

こちらも飲み始めて長く付き合ってる我が家の定番。

特に苦みの強いのが苦手な方におすすめで、マイルドさと香りの良さは他の商品よりダントツ。

酸味、苦味のバランスがうまく取れていて、飲みやすい。

国産のコーヒーに飽きたという方にもオススメです。

 

原材料・・・有機コーヒー豆(100%アラビカ種)
原産国名・・・ドイツ

深く豊かな香りをもつ高地有機栽培の最高品質アラビカ豆100%によるブレンドです。

マウント ハーゲンは、オーガニックコーヒーの代表的ブランドです。

化学肥料や化学的な農薬を使わずに栽培された農作物や加工物を指します。

日本では、農林水産省のもと、登録認定機関によってオーガニックの認定が行われています。

様々な基準をクリアして、認定が下りたものに、有機JASマークが付けられるのです。

その基準とは、2、3年前から化学肥料を使っていない土壌で栽培したこと、遺伝子組み換えの種を使用していないことが基準になっています。

これ始めて飲んだ時、衝撃で、かなりびっくりしました。

インスタントコーヒーとは思えない味で、全く期待していなかった自分が後悔したほどの美味しさです。

香りも味も国内インスタントコーヒーとは別格の美味しさ。

これ飲み始めるともう国内のインスタントコーヒーは飲めなくなるので、覚悟してください。

 

Amazonで買えるコーヒー豆

 

原材料・・・有機コーヒー豆(生豆生産国名:エチオピア、グアテマラ)
原産国名・・・日本

日本有機栽培認定食品(有機JAS)認定。

小川珈琲は1952年創業。京都の厳しい味の伝統に鍛え育てられて、コーヒーを愛する人々からご支持をいただいてきました。

妥協を許さない職人気質から生まれる、磨きあげた味と香りをお楽しみ下さい。

フェアトレードとは、コーヒー、紅茶、バナナなどを栽培する途上国の生産国を支援するための活動です。

苦味、酸味、コクが程よくあって、万人に受け入れやすいコーヒー豆。

特に、酸味がフルーツっぽいのが特徴で、苦味が強いものが苦手な方にとってはかなりおすすめの商品となっています。

そして何より比較的リーズナブルで選びやすいのが一番のメリットだと思います。

 

お客様に、より焙煎の鮮度が新しい状態でコーヒーを楽しんでいただこうと考え、人気の高い2銘柄をお飲みいただきやすい量で、セットにしました。

それが「土居珈琲人気銘柄セット」です。

【1】グァテマラ カペティロ農園

お客さま人気第一位の銘柄、それが「グァテマラ カペティロ農園」。

農園運営のすばらしさは、グァテマラ国内の数あるコーヒー農園のなかで「奇跡の農園」と称されています。

料理王国100選にて、3年連続「優秀賞」に選ばれた銘柄。

【2】エルサルバドル ラ・レフォルマ農園

100年以上の歴史を積み重ねることで、この銘柄の味わいは作り出されました。

100年の歴史の中で、受け継がれる「手摘み」での収穫作業風景。

完熟したコーヒーの実のみを選別し、一粒一粒丁寧に収穫していきます。

2011年「カップ オブ エクセレンス」3位入賞。

一番の特徴は、新鮮であるがゆえの雑味がなくスッキリとした味わい。

よく後味スッキリするみたいなコーヒーは、

悪く言えば物足りなさを感じたりするのがデメリットでもあるのに、

こちらの商品はその物足りなさは全く無く、むしろしっかりとした奥深さを感じれます。

値段は多少高めだけど、「この味じゃ仕方ない」と思わせる一品となっています。

 

神戸で1959年以来、約600店の喫茶店で愛され続けたブレンド「神戸上島義弘ブレンド」になります。

安さの秘訣は、卸販売を行っているため大量流通によりコストダウンをしています。

決して、品質を落としているわけではございません。

「コストパフォーマンス重視」で、毎日おいしく飲める「家計に優しいコーヒー」がメリットです。

こちらの商品は、注文後に焙煎してくれる仕組みで、家で到着した頃が一番ベストな状態で、発送してくれます。

なので、コーヒーそのものが持つそのままの香りと風味を味わうことができ、焙煎したては全く別物であり、他では味わえないクオリティの高さを堪能できます。

そして、こちらのメリットは、注文してもらえることであるサービスをしてくれます。

それが注文後のお楽しみですね。

 

その産地の気候や土壌にあったアラビカ種を栽培している農家から、手作業による一粒一粒の生豆の選別作業(ハンドピックを超えたハンドピック)し、発酵して腐った豆、未熟豆、虫食い豆、発酵した豆を100%排除した、超こだわり豆を厳選。

 常に新鮮の状態をキープし、冷めれば冷めるほど美味しくなる風味は、一度飲んだら忘れられないほどです。

こちらの商品の大きなメリットは、コーヒーの種類からブレンド法までたくさんの種類から選べることです。

高品質の管理体制と豆の品質の良さからくる生豆の風味を実感でき、とことんまでコーヒー豆にこだわって選別されています。

包装やパッケージにも高級感があり、プレゼント用などにも喜ばれる商品となっています。

 

健康を考える人、そして、完全無欠コーヒーに最適なコーヒー豆です。

良質なコーヒー豆を使用し、カビ毒を徹底的に取り除きました。

とにかく香りが癒されるほど良い香りがします。

そして、体調が良くなったという方も多くいらっしゃいます。

このコーヒー本気でうまいです。

個人的にもまずは、オーガニックコーヒーを勧めているのですが、『カビがないコーヒー豆』 であることで他と比べて新鮮さと風味が格別。

正直オーガニックのものより美味しいです。

少し苦味が強めではありますが、酸味はほとんどなく、芳醇なアロマ、深い味わい、何よりカビなしということ…非の打ち所がない。

バターコーヒーとの相性も抜群で、濃厚でしかもスッキリとした味わいを堪能できます。

まず届いて袋を開けた瞬間から香りにびっくりするはずなので、一度試してみる価値ありますよ♪

 

Amazonで買えるコーヒーメーカー&マシン

 

・サイズ:22.0cm×24.5cm×34.5cm
・本体重量:2.9kg
・容量:5カップ(670ml)
・主な素材:PP樹脂、硼珪酸(ほうけいさん)ガラス
・消費電力:790W
・保証期間:1年間

■豆の挽きからドリップ、ミルの洗浄まで「全自動」
■新たに豆の「挽き分け」が可能になり、従来の「淹れ分け」と合わせて、好みに応じた4種類の味が楽しめる
■カルキを90%以上除去する沸騰浄水機能

最近の全自動コーヒーメーカーの中では、最もコスパに優れ、国産の中でも評判の良い商品ではないでしょうか。

水入れて、豆入れて、スイッチ押すだけ。

本当に簡単に美味しいドリップ式コーヒーが飲めます。

紙フィルターなので使用したらさっと捨てて、全部をお湯でジャバジャバと洗うだけ。

手間という手間はかからず、使用後の清掃も超簡単(粉からも使えます)

コーヒーミルの自動洗浄機能も付いてます。

 

・サイズ:約幅240×奥行430×高さ350mm
・電源:AC100V 50/60Hz
・消費電力:1450W
・保証期間:1年間
・セット内容・付属品:本体、計量スプーン、クリーニングブラシ、水硬度チェッカー、除石灰剤、簡易マニュアル
・最大使用水量:1.8L
・豆ホッパー容量:250g
・コードの長さ:2m
・本体重量(kg):9kg

全自動のコーヒーマシンやエスプレッソメーカーと言えば「デロンギ」と言われる程、お家で美味しいコーヒーが飲めると評判の企業。

デロンギのマシンもいくつか種類があるので、好みで選んで頂く必要があるのですが、個人的に色々調べた結果、我が家で使用してるお気に入りの一台がこれ。

この商品を選んだ理由は、「カフェジャポーネ」というハンドドリップのように抽出してくれる機能が付いてること。

コーヒーの最も美味しい飲み方はハンドドリップと言われていて、お店の味に近いコーヒーがお家でも再現できるとして高い評価を獲得。

しかも1杯当たりのランニングコストが安く、コーヒー豆を自由に選べる選択性の高さと、なにより自動で美味しいコーヒーが飲めるのは何より魅力的ではないでしょうか。

少し値段は高いですが、日々のコスト面を考えると、長い目で見れば簡単に元が取れると思います。

★実際に僕も使用しています★
参考記事:コーヒー好きには、全自動の【デロンギマグニフィカS】が断トツでコスパよくて最強!!

 

まとめ

 

今回は、Amazonで買えるおすすめのコーヒーと使用するマシンについてでした。

 

正直、Amazonで売ってるコーヒーの種類はかなり多く、結構レベルが高い商品が多くあります。

それだけたくさんの種類や製法があると、それぞれ全く違う特徴や味があり、選ぶのにもちょっと苦労しますよね。

 

僕自身、海外に住んでた時によくコーヒーは飲んでたし、嫁が海外の本場のカフェで働いた経験もあり、基礎からある程度学んだ経験があるので、多少はコーヒーに関しては詳しい方だと自信を持って言えます。

 

好みに合うような物を探すのにぜひ参考にされてみてください。

 

もし何か他に美味しいコーヒーを知ってるようでしたら教えてくださいね。

 

読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG