皆さんはケーキはよく食べられますか?

お誕生日などの記念日や、毎年のクリスマスの時期などには必ず食べるという方も多いことでしょう。

 

しかし、実はそのケーキに使用されてる食材の一つである「生クリーム」に、黄色信号が点り始めていることをご存知ですか。

なんと偽物の生クリームとも言える商品が、普通に販売されているらしいのです。

 

しかも市販の大手チェーンなどのケーキ屋さんでも使用されてるお店もあるらしく、コストを抑えて販売する為に生クリームの代用品を使用して製造されているとか。

今回はそんな生クリームの仕組みや、正しい選び方について解説していきたいと思います。

 

本物の生クリームの見分け方を知っていますか?

 

では一体生クリームはどんな成分で、どうやって製造されているのでしょうか?

クリーム(英語: cream)は、脂肪とたんぱく質が濃縮した、白色や薄黄色の濃厚な液体。

原則的に牛乳の成分からできたものである。

また、乳等省令では「生乳、牛乳または特別牛乳から乳脂肪分以外の成分を除去し、乳脂肪分を18.0 %以上にしたもの」と定義されている。

生乳、牛乳を分離して取り出した「乳脂肪のみ」を原料とした、容器に「種類別:クリーム」と表示されている乳等省令上のクリームが一般に「生クリーム」といわれる。

商品名で「純生」等と記載されているものもある。

用途目的で脂肪分により18 % – 30 %のもの(ライトクリーム)は「コーヒー用」、

30 % – 48 %のもの(ヘビークリーム)は「ホイップ用」に分類される。

 

この説明を簡単に説明すると、生クリームは牛乳から生成されている訳です。

それは誰もが知ってますよね。

 

商品の裏の表記を確認してもらえれば分かると思いますが、牛乳の成分でしか作られていないので、原材料表示がありません。

引用:牛乳と生クリームとコーヒーフレッシュ

 

当たり前ですよね、牛乳以外使用していないのですから。

ではまた別の似た商品があるので、こちらの商品の表記を確認してみましょう。

【生クリームの選び方!】商品表示を見たことはありますか??

先程と大きく違いますよね。

通常牛乳だけで製造されるはずの生クリームが、色々な成分を掛け合わせて製造することで、生クリーム風の商品に仕上げてあります。

 

これ、生クリームではありません。

あくまで「生クリーム風の生クリーム味に仕上げたクリーム」というだけの話。

 

これが『植物性生クリーム』と言われる商品の秘密です。

 

生クリームの動物性と植物性の大きな違いとは?

 

上記で説明した内容を簡単に説明すると、

  • 生クリーム(動物性)
  • 生クリーム風(植物性)

似ているようですが、全く別の商品だと思った方が正しいです。

スーパーなどに行くとだいたい同じ場所に陳列され、選べるようになっていますが、価格は倍ぐらいの差があります。

 

ではこの2つは一体何が違うのでしょうか?

  1. 動物性 … 乳脂肪分18%以上のもの
  2. 植物性 … 植物性油脂に水素を加えて乳化剤や安定剤を加えたもの

 

このように植物性の生クリームには、牛乳の成分はほとんど配合されていません。

もし配合されていたとしても、ごく僅かな成分しか配合されていないのがほとんどです。

 

一部の商品には生クリーム配合という表記もありますが、物によって比率に大きな差があったり、価格もそれぞれ変動するようになっているので、ちょっと入っているから大丈夫とかそんな問題ではありません。

 

ここで僕が一番に問題として挙げたいことが、

「植物性クリームは人工的に配合された合成クリーム」ということ。

 

これこそが植物性生クリームを使用する最大のデメリットであり、どんな成分で製造されているかを知っておかないと確実に損するような情報なので、ぜひ一緒に確認してもらえたらと思います。

 

植物性クリームの危険性とデメリット

 

まず植物性生クリームを製造するうえで、欠かせないものが2つあります。

それが、「乳化剤」と「植物性油脂」です。

乳化剤(界面活性剤)の危険性

乳化剤は色々な加工食品に使用され、目にすることも口にすることも多い物ですが、これは「界面活性剤」です。

洗剤やシャンプーなどによく使われ、化粧品や食品にまで幅広く使われている化学物質の一つ。

しかし乳化剤の問題点に挙げられるのが、乳化を目的とした添加物をどれだけ使用しても、一括りにまとめて「乳化剤」とだけの表記で許されるということです。

乳化剤にはたくさんの種類が存在しますが、目的に沿った使用であれば何種類使ってもOKなんですね。

ただし明確な判断基準が立証されていない為、病気との関係性も定かでなく、心配な方は口にしないほうがいいでしょう。

 

植物性油脂(トランス脂肪酸)

トランス脂肪酸の危険性に関しては知ってる方も多いのではないでしょうか。

安いサラダ油や市販の加工品、パンやマーガリンなど幅広く使われる添加物ですが、その分危険性の高い成分でもあります。

一部の国では使用を規制されてるところもあり、人体への影響や病気との関連性がかなり懸念されています。

関連記事

皆さんはケーキはよく食べられますか? お誕生日などの記念日や、毎年のクリスマスの時期などには必ず食べるという方も多いことでしょう。   しかし、実はそのケーキに使用されてる食材の一つである「 […]

  • 動脈硬化
  • 心臓疾患
  • 認知症
  • アトピー

 

植物性生クリームのメリットとは?

 

植物性生クリームに関して詳しく知ると、悪いところばっかりが目立ってしまいますが、製造する理由があるから市販で販売することができているのも事実です。

ポイントは大きく分けて2つ。

  • 動物性生クリームより安い
  • ホイップにすると形状を長時間維持できる

 

当たり前ですが動物性生クリームよりも何かしらのメリットがないと売れる訳がないですし、やはりそこで差をつけるとしたら価格しかありません。

スーパーなどで確認してもらうと分かりますが、価格は倍ぐらいの差があります。

それだけ低コストで製造できて、人工的にいくらでも加工ができる食品ですから、安く手に入らないと意味がないですよね。

 

では次にメリットとして挙げられるのが、ホイップにすると長時間形を崩さずに保持できるということ。

よく大手ケーキ屋さんに並んでるケーキを見ると、いつまでも型崩れせずにキレイに保ってますよね。

 

もちろん当日の朝に作っているでしょうし、ホイップの作り方だってプロなので持ちがいいのは当たり前なのかもしれません。

しかし、一部のケーキ屋さんでは植物性生クリームを使って製造されている所もあり、乳化剤や安定剤が添加されていることで形崩れしないという話もあります。

 

これでメリットを感じるのは、企業や一部の価格で選びたい消費者だけですよね。

そこに健康への影響や、品質の良さが全く含まれていません。

 

もちろん何でも安い方が良いのですが、かと言って人体に悪影響があるかもしれないような物を製造し、販売してしまうというのが僕には理解できないです。

これも消費者である我々の判断次第なのですが、メリットとは決して言えないような真実が世の中にはたくさんあることは、僕達もしっかり知っておく必要があると思います。

 

市販のケーキのほとんどが生クリーム不使用

 

 

実際に市販で販売されているケーキの生クリーム事情を調べてみると、驚愕の事実が判明しました。

大手ケーキ会社の実際の内容成分

  • 乳脂肪分は10%以下
  • 残りの成分は植物性油脂が40%
  • 残りの50%がラードなどの動物性油脂

 

このように、最近の市販のケーキ類に使用される生クリームのほとんどが、乳脂肪分はたった10%しか使われていません。

完全に見た目や味が良ければそれで良い、という風に作られているのが分かりますよね。

 

そして更に問題なのが、何も知らずに買ってしまう消費者がたくさんいることです。

もし購入前に知っていたら、危険なものだと知っていれば買わなかったはず。

 

僕がよく思うのは、何でも美味しければいいという話ではありません。

食べることは自分の身体を作る原料になるものです。

 

原料が悪ければ機能すべきものが効率良く機能しません。

車にはガソリンが必要なのに、どんな油でも入れれば良いという話と一緒のことだと思います。

 

なので今の時代、もしケーキを食べたいのであれば2つの選択肢だけです。

  • 本物のケーキを作ってくれる所を探す
  • 自分で作る

正直、この2択しかありません。

 

ネットで調べればいくらでもケーキ屋さんや、ケーキのレシピを知ることは可能なので、ぜひケーキを購入する前にもう一度この記事を読んで再確認してもらえたらと思います。

自分の身体を守れるのは自分だけなのですから、どうせ食べるなら美味しくて健康にも良いものを食べましょう。

 

では最後に純生クリームを使ったケーキや安全な生クリームを紹介します。

ぜひ参考にして頂いて、美味しくて健康に良いものを家族や友達と共有してもらえたらと思います。

 

【通販】純生クリームを使ったケーキを紹介

 

 

【通販】安心安全の純生クリーム

 

資産運用&お金稼ぎ情報ブログ
【シェアクリ】

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG