女性がほぼ毎日使うコスメといえば、化粧水やファンデーションなどですよね。

 

お金も時間もメイクにかけてる方が多いのではないでしょうか。

 

今回はその中でも、ファンデーションの事で書いていきたいと思います。

 

もちろん僕は男なんでメイクはしません笑

 

でも美容師でもあるのでメイクの基礎は分かりますが、ある方から化粧品に使用されてる物の危険性を知ってからは、危険な物は嫁にも使わせていません。

 

皆さんにとって、ファンデーションを選ぶ基準ってなんですか?

 

「肌トラブルをキレイにカバーしたい」

 

「若々しいナチュラルな肌にしたい」

 

「一日中キレイなメイクをキープしたい」

 

などといったところが女性が求める部分ですよね。

 

ところが、メイクの厚塗りややり過ぎは、肌にも相当な負担をかけてる事は知っていますか?

 

10〜20代前半だと、肌のキメも整って”ハリつや”があります。

 

それは男性も同じです。

 

でも30歳に入ってくると、しっかりスキンケアをしてあげないと肌の質感も化粧のしにくさも出てくる年代となり、そこで気になるから隠す為に使用してしまうファンデーション。

 

毎日ずーっと長く使い続けることによって乾燥肌・敏感肌などを引き起こし、結果としてシワ・たるみなど肌老化の原因になることもあります。

 

まずはその原因になるものが何なのか?

 

そしてその危険性について一緒に確認していきましょう。

 

 

意外と知らないファンデーションの成分

 

まずは、ファンデーションを作るうえで配合されてる成分を見ていきましょう。

 

①シリコンオイル

コーティング剤の役割と、化粧崩れを防ぐ目的で配合されます。

 

②合成界面活性剤

本来混ざり合わない水と油を混ぜるために使われ、リキッドやクリームファンデーションにはほとんどの場合において配合されます。
種類は1000種類以上あると言われ、表示名称もそれぞれ違います。

 

③紫外線吸収剤

肌表面で紫外線を吸収して留める働きをし、UV効果の高いものに配合されます。
紫外線散乱剤と違って透明であることからファンデーションの色味を左右しないために多用されます。

 

④ノンコーティング酸化チタン

天然鉱石を粉状に加工したもので、白色顔料や紫外線散乱剤としてほぼすべてのファンデーションに使用されます。

 

⑤合成色素

タール色素とも言われる、石油から合成される色素のこと。
赤色○号、黄色○号などの名称で表示されます。

 

⑥ナノ粒子

粒子径が100ナノメートル以下の無機物を指します。(1ナノメートルは10億分の1メートル)
ナノ化することで塗布しても白浮きが抑えられるため、10~40ナノメートルほどのナノ酸化チタンが多くのファンデーションに配合されています。
40~60ナノメートルとされている皮膚細胞の隙間よりも小さいものです。

 

⑦防腐剤

ルース(粉状)タイプには防腐剤を入れる必要がありませんが、水分や油分が多いリキッドやクリームなどには微生物の繁殖を防ぐために防腐剤が配合されます。
皮脂や皮膚のタンパク質が付いたパフでくり返し製品をこするので、製品が不衛生になりやすいことから防腐剤が使用されます。

ファンデーションの多くは、大きく分けると、上記のような7つの成分をうまく配合して作られています。

では、この中で注意すべきポイントになる成分とは?

 

詳しく下記で説明していきましょう。

 

 

化粧品の中にも恐ろしい程の合成物質配合

 

 

あまり知らない方も多いと思うので、いきなり結果から言わせて頂きます。

 

実は、化粧品の成分のほとんどは人工的に加工した化学物質の塊です。

 

そして、その成分のほとんどが『合成物質』で作られています。

 

前にこのブログでもお話したのですが、

「経皮毒」と言って、化学物質などの悪性の成分は、皮膚表面からも吸収する作用があるのです。

 

[経皮毒] 実は、身体の部位によって化学物質の吸収率が違う

 

なので最低限の知識として、何か肌トラブルや肌の悩みが多い方は、皮膚に触れるものや、塗っているものの成分を確認してみてください。

 

知らなかっただけで以外の危険な成分が多く含まれていることもあるのです。

 

そこでファンデーションにも含まれる成分で、購入する際に気をつけるべき成分をいくつか紹介しましょう。

 

①合成界面活性剤

〜肌への影響〜

肌のバリア機能である皮脂膜を溶かし、乾燥を招く恐れがあります。

 

【表記名】
・スルホン酸ナトリウム
・キシレンスルホン酸アンモニウム
・パレスー3硫酸ナトリウム
・ラウレス硫酸ナトリウム
・ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩
・ラウリル硫酸アンモニウム

 

②シリコンオイル

〜肌への影響〜

合成ポリマー自体に毒素はありませんが、コーティング機能により肌の常在菌が死滅して防御機能が落ちたり、皮脂の分泌量が減って乾燥肌になる恐れがあります。

 

【表記名】
・ジメチコン
・セルロース
・アクリル酸
・シロキサン
・クロスポリマー

 

③紫外線吸収剤

〜肌への影響〜

紫外線の防御力が高い分、肌への負担が大きく、人によっては肌刺激を感じる恐れがあります。

 

【表記名】
・ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル
・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

 

④防腐剤

〜肌への影響〜

毛穴を通して肌に浸透すると、ニキビやかぶれの恐れがあります。

 

【表記名】
・メチルパラペン
・フェノキシエタノール
・プロピルパラベン

 

⑤合成色素

〜肌への影響〜

メラニン色素を沈着させてしまい、そのままシミになってしまう。

その他にも発ガン性やぜんそくの原因、吸い込むと呼吸困難になる恐れがあります。

 

【表記名】
・タール色素
・赤色◯号
・黄色◯号

これらの成分をもう一度見返してみると、実はある共通点があります。

 

それは、

”我々が食べる食材にも使用されてる添加物の一種である事”

 

上記のような成分をうまく配合し、量を調節して食品として販売されてる訳です。

 

要は配合量や種類が違うだけで、肌に塗るものも、食べるものも、同じように考える必要があります。

 

当たり前ですが、体内に入れるもので危険性のあるものは、皮膚にも塗ってはいけないということになるのです。

 

 

安心・安全なファンデーションの選び方

 

 

現に市販のファンデーションの中では、

上記に挙げた成分がほとんどの商品に配合されているので、市販で買うには正直難しいです。

 

「ブランド物で高ければ良い商品」という訳ではなく、
しっかりとした知識を元に、上記に挙げたような危険な成分が配合されていないかを確認して、購入する必要があります。

 

ただし極端な話、ここまで危険性を知ってしまうと、「ファンデーションは塗らない方が良いのではないか」と思うと思いますが、塗らなくていいなら塗らない方が断然いいです。

 

例えば、中国人の女性の中には、日本人と違い、お風呂もマメではないし、化粧品をあまり使わないのですが、肌や髪がすごく綺麗な人がいます。

 

文化的にオシャレに対する意識が日本人とは大きく違うので、メイクにあまり手をかけないというのもありますが、そのおかげで肌に負担をかけず、自然な状態をキープできるので肌も髪の状態もすごくキレイな子が多いのです。

 

こう言った理由からも、メイクは極力しない方が肌に良いのは確かです。

 

でも日本の女性にとっては、そう簡単な話ではない。。

 

「そうは言っても見た目が。。」

 

「仕事で必要だし。。」

 

そういう方がほとんどだと思います。

 

じゃあどうしたらいいのかと言うと、

とにかく肌への負担が少ない化粧品に変える事が重要です。

 

まずは裏の成分を確認して、使用するものをしっかり選ぶこと。

 

では安心して使用できるファンデーションとはどんなものなのでしょうか?

 

素肌を守るファンデーションとは?

 

まずは基本的なところから、

『プレストパウダーファンデーション』と、『リキッド・クリームファンデーション』を使用しないでください。

 

これらは、化粧崩れやカバー力は確かにあるものです。

 

でもその分、大量の合成界面活性剤や防腐剤などの成分を配合しているものが多い。

 

塗ると見た目も良く、しっかり保てるので一見便利でいい物だと思いがちですが、それだけ肌表面にガッチリ固定してある状態で一日過ごして、肌に全く負担が無いと言えるでしょうか。

 

しかも夜寝る前に、当たり前のようにクレンジングで落としますよね?

 

そのクレンジングにも、強力な洗浄力の界面活性剤が配合されていることは知っていましたか?

 

肌にとっては一日中常に、何かしらの成分で肌に刺激を与えてしまってるようなものです。

 

それではベースの肌の状態が悪化する一方で、悪化すれば気になるから、また上からカバーして一時的に綺麗に見せ、そうすれば更に悪化するという最悪のスパイラルに陥ります。

 

それではせっかくのメイクも楽しめないし、いつまで経っても根本的に解決することはできません。

 

なので最低限、安心して使えるファンデーションを選ぶ必要があります。

 

①ルースタイプ(粉状)であること
②ミネラル成分100%であること
③ナノ粒子不使用であること

 

これらの3つがポイントです。

 

ただし、ミネラル成分100%と表記されてても注意すべき事があります。

 

ミネラル成分とは天然鉱石を削って粉状に加工したもので、酸化チタンと酸化亜鉛が基本。
あとは、マイカ、シリカ、酸化鉄などが含まれます。
しかし現実は、「ミネラル成分少量+添加物」でもミネラルファンデーションと謳えるため、
プレストパウダーやリキッドタイプもミネラルファンデーションとして販売されているので注意しましょう。

 

メイクにしても健康にしても第一に考えなきゃいけない事は、

”ベース(基礎)を大事にする事”

 

健康なら身体(内臓等)、メイクなら素肌です。

 

普段の何気ないメイクが肌を自らボロボロにし、老化を促進したり、見た目を余計悪くしてる場合もある事を理解しておくこと。

 

最後に、僕の嫁は滅多にファンデーションはしないですが、たまに使うように常備してある、おすすめファンデーションを貼っておきますので、よかったら確認されてみてくださいね。

 

☆愛用中のエトヴォスミネラルファンデーション☆


【全成分】
・マイカ
・シリカ
・酸化亜鉛
・ステアリン酸
・酸化チタン
・水酸化Al
・酸化鉄
※よりくすみにくいマイカへ変更となりました。

【内容量】
5.5g (※パウダーファンデーションの粉漏れ防止のシフター付き!)
[容器サイズ] 直径 5.5cm×高さ 2.8cm

 

エトヴォスファンデーションの特徴

~メリット~
・美容皮膚科採用の天然ミネラル成分配合
・防腐剤、タルク、香料、合成着色料などを不使用
・つけたまま眠れるほど肌にやさしい
・驚きのクレンジング不要
・毛穴隠しに最適
・SPF30PA++使用で紫外線をカット
・パウダーなのに乾かない

~デメリット~
・慣れないうちは塗りにくい
・すっぴんに近い軽い仕上がり
・シミ、クマは隠せない

 

オースティン君
エトヴォスのファンデーションを購入される方のほとんどが、ミネラルファンデーション スターターキット(お試しセット)を購入して、実際に使ってからその効果を判断してるよ。中身は、「ファンデ・フェイスブラシ・石鹸・ローション・美容液・アルガンオイル」まで付いて2000円しないというのが高評価の理由。特にフェイスブラシがかなり使いやすくて、嫁も大絶賛してたよ♪

 

↓まずはお試しセットから↓

カバー力抜群の国産ミネラルファンデ!夏の紫外線対策もOK

資産運用&お金稼ぎ情報ブログ
【シェアクリ】

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告