自分達大人は普通に食べれる物でも、子供にとっては危険性の高い食材というものがあります。

 

普段何気なく食べてるから、子供も平気だろう。

その油断が危険を呼ぶ可能性があるのです。

 

しかも、特に気をつけなきゃいけないのがジジ・ババの存在。

 

孫に甘いジジ・ババは、情報や知識は昔のままで何でも与えたがります。

でも今は、知識や情報量で言えば自分達若者の方が色々なことを知ってるのです。

 

彼らは対して知らないのに平気で危険な物をあげたりするので、特に気をつける必要があります。

 

子供が何気なく食べた物をきっかけに、病気を発症する事だってあり得る事は知っておかないといけません。

 

そこで、何が子供にとって危ないのかを知っておけば、ある程度は防げるはず。

今回は、どんな物が危険なのか?見ていきましょう。

 

【結論】子供に絶対にあげてはいけない食品とは?

おやつを食べる子供のイラストまず子供に与えてはいけない食品を考える際に、大きく3つに分けることができます。

  1. 子供の体に悪影響を及ぼす食品
  2. アレルギーを引き起こす食品
  3. 窒息する可能性がある食品

 

これらに当てはまる物を与えてしまうと病気の発症や死亡する可能性が高くなり、特に身体が小さい時は抵抗力もなく、食べたものが素直に症状として出やすいので気をつけないといけません。

最低限の知識としてこの3つのポイントだけは抑えておいてください。

 

では実際にどんな物を与えてはいけないのでしょうか?

更に詳しく下記で説明していきましょう。

 

子供の体に悪影響を及ぼす食品とは?

 

①生魚などの生もの

ハマチのお刺身のイラスト

お刺身などの生ものは鮮度が大事なので、スーパーの商品などは鮮度が悪いものが多く、物によっては雑菌が繁殖している可能性があります。

このような食品を抵抗力が弱い子供に与えてしまうと食中毒になる危険性も高く、下痢や嘔吐などを発症することもあるので注意が必要です。

あとは寄生虫の影響やアレルギーを発症する成分が含まれている物もあるので、魚や貝類などを与える際には必ず加熱して、しっかり日が通ってるかどうかを確認してから与えるようにしましょう。

  • 生肉
  • 生魚
  • 生卵

 

②ハチミツ

■

ハチミツは元々、加熱処理してない生ものなのでお子さんが小さいうちは与えてはいけません。

ハチミツに含まれるボツリヌス菌に抗体がない状態での摂取は、「ボツリヌス症」という病気を発症する可能性があり、最悪の場合死に至る事もあるので与えない方が安全だと言えるでしょう。

 

③甘い物に含まれる砂糖や人工甘味料

お菓子の詰め放題のイラスト

基本的に子供は甘いものが大好きだと思いますが、実はあまり与えてはいけない物であり、健康を害する可能性があることは知っていましたか。

砂糖は血糖値の急激な上昇を引き起こし、脳を狂わせ、精神状態を不安定にさせてしまうのでなるべく与えない方がいいと言われています。

更に砂糖類は身体を冷やして免疫力を低下させてしまう作用やアレルギーの原因にもなり、体力の低下や、病気になりやすい身体にしてしまう大変危険な面もあるのです。

子供に与える甘いものを選ぶ際には、なるべく自然の味に近いフルーツ、もしくは良質な食材を使った手作りのスイーツであれば安心だと言えるでしょう。

  • 市販のジュース(100%還元ならOK)
  • チョコレート
  • アイスクリーム
関連記事

自分達大人は普通に食べれる物でも、子供にとっては危険性の高い食材というものがあります。   普段何気なく食べてるから、子供も平気だろう。 その油断が危険を呼ぶ可能性があるのです。 &nbsp […]

砂糖不使用の体に優しいジュース

 

④パンやお菓子に含まれるトランス脂肪酸

菓子パンのイラスト

基本的にコンビニなどで売られている菓子パンやスナック菓子には、必ずと言ってもいいほど配合されているものに「トランス脂肪酸」があります。

トランス脂肪酸の人体への有害性に関して農林水産省のサイトより引用させて頂きました。

トランス脂肪酸については、食品からとる必要がないと考えられており、むしろ、とりすぎた場合の健康への悪影響が注目されています。日常的にトランス脂肪酸を多くとりすぎている場合には、少ない場合と比較して心臓病のリスクが高まることが示されています。

引用:農林水産省

トランス脂肪酸は脂溶性なので、体内に入り込むと脂肪に蓄積してなかなか体外に排出しにくくなることから、そこで蓄積された物が肥満の原因やアトピーなどのアレルギー症状を引き起こすと言われています。

安いサラダ油や植物油を使用した商品には特に注意が必要で、市販の食品の表示を確認して「植物油脂」等の表示があったら購入しないことをオススメします。

子供・大人の方関係なく世界中で懸念されている危険な成分の一つなので覚えておきましょう

  • ポテトチップス
  • クッキー
  • 菓子パン
  • 市販のケーキ
関連記事

自分達大人は普通に食べれる物でも、子供にとっては危険性の高い食材というものがあります。   普段何気なく食べてるから、子供も平気だろう。 その油断が危険を呼ぶ可能性があるのです。 &nbsp […]

トランス脂肪酸不使用のパン屋さん

 

⑤様々な食品に使用される添加物

食品添加物のイラスト

添加物の危険性に関しては皆さんご存知だと思いますが、何より日本のシステムのおかしな所は、世界中で禁止されている危険な成分を、日本では平気で使用することができる点です。

現在日本で認められている食品添加物の種類は「約1500種類」ほどと言われています。

では世界各国ではどうかと言うと、使用を許可されている添加物の種類が多いと言われる国でも『130種類前後まで』

日本…1500種類

世界…130種類

そして実は、この130種類の添加物を認められている国と言うのが、体に悪い物しか食べてなさそうなイメージのあるアメリカです。

もちろんこれは物にもよりますが、日本の食品と海外の食品で見比べた時に、実は海外の製品の方が安全性の高い材料で作られている物もたくさんあります。

『海外の食品=悪い』と言うイメージから、”実は日本製の方が体に悪いんじゃないか?”とまで疑われるようになり、昔と今では健康食のイメージの強い日本は、すでに昔の話だとも言われるようにもなりました。

今一度僕達が普段口にしている食品が何から出来ていて、どういう過程で作られているのかを再確認する必要があるのではないでしょうか。

関連記事

自分達大人は普通に食べれる物でも、子供にとっては危険性の高い食材というものがあります。   普段何気なく食べてるから、子供も平気だろう。 その油断が危険を呼ぶ可能性があるのです。 &nbsp […]

 

アレルギーを引き起こす食品とは?

眼と鼻をこすっている人のイラスト(花粉症)

  • 牛乳
  • 小麦
  • 大豆
  • そば
  • カニ
  • エビ

上記に挙げた食品は、体質などによってはアレルギー症状が出やすく、多少の危険性があると言われている物。

しかしこれらの食品よりもっと危険な物が僕達の身近に存在しています。

 

それが、市販で売られている野菜や加工食品などに使用されている「農薬」や「添加物」です。

 

通常であればアレルギー症状が出ないような食品でも、現在生産されている野菜や食品には何かしらの加工を施してあることが多く、更に遺伝子組み換えや農薬などの影響でアレルギーが出やすい食品で市場を占めています。

 

なので食品を購入する際には、”農薬や遺伝子組み換えを使用していないものを選ぶこと”。

そして、”無駄な添加物や保存料”などが入ってないかどうかを必ず確認してから購入するようにしてください。

 

ただし現代において完全無添加の食品を探す方が大変なので、”100%安全な物を求めないことも大切”です。

あまりにも良い物だけを摂ろうとするとかなり吟味して制限しながら食べることになるので、それはそれでストレスになってしまうことから、”危険性のある食品をなるべく摂らない”ぐらいの気持ちで食べないように気をつけましょう。

 

無農薬野菜&無添加食品を取り扱うサイト

 

窒息する可能性がある食品とは?

お餅を食べる人のイラスト(女性)

  • お餅
  • ナッツ
  • こんにゃくゼリー

これらの食品は美味しくて手頃なのが魅力ですが、大人と違って子供のあごの力や飲み込む力が弱いことから、お子さんが小さいうちはあまり食べさせない方がいい食品の一つに挙げられます。

 

もし食べさせるのであれば、小さく切って飲み込みやすくしてから与えるなどの工夫が必要でしょう。

 

ただし、小さい時になるべく堅いものや顎をしっかり使って噛ませる練習をさせると発育や健康面にも大きく影響すると言われていて、

  • 筋力の発達や姿勢を整える
  • 顎を強くすることで歯並びが良くなる
  • 唾液の分泌が増えることによる虫歯予防
  • 満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防ぐ
  • 血流を良くして脳を活性化(精神面の安定)
  • キレにくくなる
  • 集中力や記憶力を高める効果
  • 表情筋が鍛えられて表情豊かになる

このように食事をする時にしっかり噛んで食べるということは、健康や精神面にも大きな影響があり、小さい時から積極的に噛みごたえのある固い食品や弾力のある物を食べさせることはメリットの方が多いので積極的に与えたいところ。

もちろん与えすぎや親がしっかり見ていないような時に食べさせるのはかなり危険なので、親の目の前で適量を少しずつ食べさせるようにしましょう。

 

まとめ

 

 

こうして確認してみると、ほとんどの食品が手軽に手に入って何気なく与えてしまう物ばっかりですよね。

手軽だし楽だからという理由で適当に与えてしまうと、実は落とし穴があることは忘れないようにしましょう。

 

自分の身体を守るのは自分ですが、子供の身体を守るのは親。

 

結局は親自身が選ぶ物を子供も食べる訳だし、その食べる物にどんな物が入っていて、どういう過程で作られたかを調べて購入するのも親自身の判断ですよね。

その為にも最低限の知識と、当たり前を疑う目さえ持っていれば変な影響は受けないはずなので、ポイントをしっかり抑えてお子様にも安全な食事を与えるようにしましょう。

 

ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

読んで頂きありがとうございました。

資産運用&お金稼ぎ情報ブログ
【シェアクリ】

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告