牛乳と言えば小さい時からの習慣で、普段から飲まれている方は多いのではないでしょうか。

そんな身近な牛乳ですが、実は健康によくないと言った話を聞いたことはありませんか?

 

正直僕自身も色々なことを試してきましたが、牛乳の危険性に関しては事実だと思います。

もちろんこだわって生産されている会社もあるでしょうし、人体への影響は関係ないと言った意見もあることでしょう。

 

しかし少なからず人によっては何かしらの症状や、影響があるのは事実であって、100%問題ないとは言えないはずです。

 

そこで今回は自分の実体験を交えながら、牛乳の何が問題でどんな危険性があるのか?

そしてどんなことに気をつけて摂取すれば良いのか?について解説していきたいと思います。

 

牛乳の何が問題なの?

 

エド君
では牛乳の何が問題で、どんな危険性があるのでしょうか?牛乳は人によって影響が出やすい人と出にくい人がいるので、より反応が出やすい方に向けて注意点をまとめてみました。

 

そもそも牛乳が人間の体に合わない

人間の赤ちゃんは母乳を飲みますが、その母乳は何でできているか知ってますか?

「血液」です。

赤ちゃんは母の血液から栄養を補うのですが、牛は雌牛の血液から作られた血液を飲んで栄養を補います。

なので決して人間の為に作られてる物ではないことは、理解しておくべきでしょう。

 

日本人の体質が乳糖不耐症の人が多い

牛乳に含まれる乳糖(ラクトース)を分解する酵素(ラクターゼ)が少ない方は、牛乳を飲むと軟便、下痢などが引き起こされやすくなります。

そして日本人の体内には元々、ラクトース(乳糖)を消化する酵素がない人が多いと言われています。

 

骨粗しょう症になりやすくなる

特に高齢者の方に限りますが、牛乳を常飲していると血中カルシウム濃度が常に高くなってしまうことから、体内の必要なカルシウムが排出されてしまい、骨粗鬆症を引き起こす可能性があると言われています。

 

アトピーなどのアレルギーを引き起こす

牛乳に含まれるタンパク質が人間の体内に入ると、元々備わっている免疫システムが「異物」とみなし、アレルギー反応を引き起こすと言われています。

 

エド君
もちろん全ての方にこのような危険性があるとは言えません。しかし体質によってはこのような危険性があることは事実であり、免疫力が弱い方や普段の食事による添加物などの影響によっては、このような影響が出る人も少なからずいることは知っておいてください。

 

【実体験】牛乳を止めたらお腹のゴロゴロが治った!?

 

僕は現在、牛乳を止めてから5年以上は経つのですが、それまでは小さい時から毎日のように飲んでました。

でも、いつも思ってた事があったんですね。。

 

牛乳を飲んだ後に必ず起きるお腹のゴロゴロ。。

 

ずっと違和感は感じていたけどいつもだったので特に気にせず、その影響もあってか毎日の便は基本的に緩めか下痢気味。

そしたらある日のこと、まさかの違和感に気づきました。

 

あれ!?肛門にイボが。。

 

この当時まだ20代前半の頃です。

正直かなりショックでしたね。。

 

それからというもの、トイレに行くたびに痛みに苛まれ、なんとかするべくインターネットで調べることに。

すると、そもそも便が緩いこと自体が問題であり、痔になった理由も下痢気味が続いていることから発症したんですね。

 

そこで普段の食事や生活習慣などを全て改め、何が原因なのかを追及しました。

そして全ての原因を調べた結果、やっとたどり着いた答えが「食生活」でした。

 

僕は18歳の頃から美容師をやり始め、毎日仕事ばっかりの日々が続き、休みもなくただただ働く毎日。

毎日が忙しいので食事は適当に済ませ、栄養バランスなんて考えずに食べたいものを食べるという感じだったので、栄養のことは気にしませんでした。

 

でも痔になって以来何かを変えようと思い、とりあえず手をつけやすかったのが食事の改善であり、今思えば最も効果がすぐに感じれるベストな選択をしたなと思っています。

そしてそのタイミングで、長年飲んでいた牛乳を止めることにしたんです。

 

するとどうでしょう、数ヶ月経ったある日、毎日下痢気味だった便は改善され、痔もいつの間にか小さくなって気にならないぐらいになり、顔色も良くなって体がすこぶる軽く快適に。

そう、お腹のゴロゴロや謎の体の不調の原因は牛乳+食事だったんです。

 

長年健康にと思って飲んできた牛乳が、僕には完全に合わなかったことに初めて気付かされた出来事でした。

 

牛乳が危険だと言われる理由とは?

 

皆さんは、これだけの大量の牛乳が世に出回ってるのを見て違和感を感じませんか?

「どれだけの牛がいて、どれだけの量を生産させられているんだろうと。。」

 

これは当たり前のことですが、大量に生産する為に人工的にたくさんの工夫を施してあります。

その中でも特に要注意なのが、「ホルモン注射」です。

 

ホルモン注射とは、牛の通常の成長を促進して生産量を増やす為に使用されている成長促進剤です。

関連記事

  前回は、国産牛の危険性についての記事を説明しました。 ↓↓参考記事はコチラ↓↓ 外国産の牛だから危険。国産牛だから安全だと思ってませんか?   今回の話も前回の記事からの続きで […]

 

当たり前ですが通常の成長速度よりも早めることでメリットを感じるのは、利益を上げる企業だけです。

牛にとっては完全に負担でしかないことはご理解頂けるでしょう。

 

そして、そのツケが人間にも影響が及び始めています。

特にアメリカを中心に、生理が早くきたり、幼いうちに胸が大きくなったりなど早熟の少女が増えているといいますが、牛乳に残留している性ホルモンの影響が大きいと考えられます。

また、乳牛が病気にならないよう、日常的に抗生物質を与えられていることも把握しなければなりません。

引用:内海聡氏著書

まさに牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするとか、下痢になるといった症状も体に合わないからそのような症状が出ている訳で、そのような方は無理して飲む必要がありません。

 

むしろ牛乳自体は即刻止めて、代わりのもので代用するなりした方がいいでしょう。

とにかく体質によりますが人によっては影響が出やすい人もいるので、思い当たるフシがある方はぜひ考えを改め直した方がいいかもしれません。

 

牛乳を飲むなら自然放牧牛!安全性の高い牛乳を紹介

 

牛乳が人間にとって良いか悪いかの問題だけではありません。

牛が作り出す牛乳の生産を、人間が無理矢理行ってることにこそ大きな問題があるのです。

 

牛乳自体は昔から存在し、今よりも人体への影響は少なかったと言われています。

でも現代の生産されてる牛乳には色々な工夫が施されていることから、そのストレスのかかった牛から作られる血液にそのまま影響を与えているのではないでしょうか。

 

ではどんな牛乳を選んだらいいのでしょうか?

 

唯一安全性が高いと言われている牛乳があります。

それが「自然放牧で飼育された牛から採れる牛乳」です。

 

基本的にそのような業者さんは日本において数件しかないと言われ、大変貴重な存在なのですが、だからこそぜひそのような企業を応援して、市販の牛乳の問題に気づいてくれる人を増やしていきたいですよね。

 

実際にすごくこだわって生産されている業者さんのリンクを貼っておくので、ぜひ参考にされてみてください。

しっかりとした管理の元に牛にストレスをかけずに生産しされた牛乳は、全く別物の美味しさです。

 

安心安全でなおかつ美味しい、そんな牛乳を集めてみました。

 

自然放牧の商品を買うなら【なかほら牧場】

【安心安全で高品質】自然放牧で生産された乳製品などを購入されるならグラスフェッドの『なかほら牧場』が最もオススメです。

徹底した管理の元、安全性の高い美味しい乳牛を生産する為にひたすらこだわって努力されてきた優良企業。

その志や想いがホームページなどを見るだけでも伝わってきて、健康を少しでも気にする方に大変好評を頂いています。

現状日本ではこのような飼育方法を行っている企業は少なく、かなり貴重な存在だからこそ頑張ってもらいたい。

だからこそより高品質の安全な牛乳を皆に伝えていきたいと、僕は思っています。

ぜひ気になる方はぜひ公式ページを確認されてみてください。

ご当地牛乳グランプリ『最高金賞』受賞!満天☆青空レストランでも紹介されました!

通年昼夜放牧の『なかほら牧場』


 

楽天などからも注文できます

資産運用&お金稼ぎ情報ブログ
【シェアクリ】

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告