皆さんはビールはお好きですか?

 

僕は好きです。

元々はビールの美味しさがあまり理解できず、よく居酒屋等で見かける何時間もビールしか飲まない人を見て「この人頭おかしいんじゃないか?」と思っている派でしたが、その美味しさが分かる年齢になりました笑

 

特に海外に住んでたことをきっかけにすごく飲むようになり、外国製のビールの方が口に合うせいか、たくさんの種類を試す機会が多かったです。

その時に気づいたことがあって、「日本のビールよりもスッキリしていて飲みやすいのはなんでだろ??」

 

それから色々なビールのことを調べていくうちに、日本の色々な事情や危険性が潜んでいること。

そして海外と日本の製造方法の違いなどを知るきっかけになりました。

 

本物のビールは一種類しか存在しない!?

 

まずビールのことを詳しく知る前に、最初に知っておいてほしい真実があります。

日本のビール市場において”『本物のビール』は数%しか存在しない”ということ。

 

実際にスーパーやコンビニに行くと色々な種類のビール類が並べられていますが、実はそのほとんどが『発泡酒や第三のビール』で市場を占めています。

あまり知らない方も多いとは思いますが、これらはビールではありません。

 

”ビールに似せたアルコール飲料”であってビールではないのです。

 

もっと詳しく説明すると、ビールの味に近づける為にたくさんの添加物を使うことで、より本物っぽく加工したもの。

要は、”ビール味に調合して作った飲料”でなのです。

 

では何が違うのか?を図で確認してみましょう。

【原料】
ビール麦芽・ホップ
発泡酒麦芽・ホップ・大麦・米・コーンスターチ・糖類
第3のビールホップ・糖類・大豆たんぱく・酵母エキス
ノンアルコール麦芽エキス・ホップ・糖類・大豆たんぱく・香料・乳化剤・甘味料

ここで最も注目してほしいのが「原料の違い」です。

これを見て単純にどう思いますか?

 

なんだか「発泡酒」辺りから下は、原材料がおかしくなってきてますよね。

そうなんです、先ほど説明したように日本のビール市場の全体を占めているのが「発泡酒」と「第3のビール」であり、その原料に使われているのは本来のビールに必要な原料がほとんど使われていません。

 

どちらも、人工的に加工された添加物で調節して加工してあるのです。

しかもこれらは酒税法ではビールの部類に入ってなくて『リキュール』の部類に入ります。

 

要は日本人の多くは、ビールではなくリキュールを飲んでいるということをご理解頂きたいと思います。

 

ビールに使われる危険な添加物

 

例えば第4のビールに配合されてる『香料』や『乳化剤』というものは、添加物の一種なのですが、この添加物には日本の法律などにも関わるある事情があります。

「使用量に制限なく一括で香料や乳化剤と表示できる」ということ。

 

もっと分かりやすく言うと、1種類だけ添加しようが100種類添加しようが、一括で「香料」「乳化剤」と表示できちゃうのです。

乳化剤に関する記事

関連記事

皆さんはケーキはよく食べられますか? お誕生日などの記念日や、毎年のクリスマスの時期などには必ず食べるという方も多いことでしょう。   しかし、実はそのケーキに使用されてる食材の一つである「 […]

香料に関する記事

関連記事

誰しもが簡単な栄養補給にと、野菜ジュースを買って飲まれたことがあると思います。 手軽で野菜も摂れて、しかも美味しいから常飲している人も少なくはないでしょう。   しかしそれだけで満足している […]

 

他にも注意すべき添加物に挙げられるのが「糖類」「コーンスターチ」です。

このどちらも一般的によく使用されていますが、これらは”遺伝子組み換え”の材料を使っています。

 

遺伝子組み換えの危険性については、こちらの記事を参考にしてもらえると分かって頂けるかと思います。

関連記事

  主要農作物種子法がついに廃止!!   2017年2月に閣議決定された、 「主要農作物種子法廃止法案」という法案が可決されました。 この閣議決定がどれだけ大きな影響を及ぼすのか。 […]

 

ビールは正しい知識を得て、選び方を知っておかないとこれだけの危険性が潜んでいるのです。

安く販売できるものには安い理由があるから、安くできるということ。

 

では次の項目で正しいビールの選び方について解説していきましょう。

 

本物のビールの見分け方と正しい選び方

 

本物のビールを選ぶ際に最も気をつけてほしいことが、安い商品は絶対に買わない事です。

世の中には安くて良いものは存在しますが、そのほとんどが安くできる理由があるから安いんです。

 

もし安くて気になる商品があるなら、最低限内容成分は必ず確認するようにしましょう。

パッと見て、表記がシンプルではない。

よく分からい成分が入っていると思ったら買わなければいいのです。

 

たったそれだけのことなので、意識して実践することをオススメします。

では、個人的におすすめなビールを紹介しましょう。

 

意外かもしれないですが、初心者の方は国産ビールより海外のビールをオススメします。

海外のビールを選ぶ理由

  • 日本よりも安全性の高い商品が多い
  • 種類が豊富
  • 好みにもよるが飲みやすい
  • 女性に好まれる味
  • 日本の本物のビールと変わらない値段

アメリカ産のビールは遺伝子組換えを使用している場合もあるので内容成分を確認すること

 

【オススメビール】ハイネケン

ハイネケンは有名なメーカーなので、アメリカ産だと勘違いしてる方も多いですが、実はオランダ産のビールです。

ヨーロッパの各国は、遺伝子組み換えや添加物に関して日本よりも厳しく取り締まっている国が多く、安全性に関してはかなり保証されています。

その中でもハイネケンは本物のビールと言える商品で、使用されてる原料は麦芽とホッピのみ。

もちろん「NON GMO(遺伝子組み換え不使用)」なので安心して飲む事ができます。

デメリットとしては日本のビールよりも少し高いですが、女性にも飲みやすい味で、健康の事を思えばこれが最もコスパが高い商品です。

 

【オススメビール】ヒューガルデン

ベルギー産のビールとして、世界中で親しまれているビールと言えばヒューガルデンです。

正直価格は安くはないですが、かなりスッキリしていて飲みやすく、女性の方やビールが苦手な方に特におすすめ。

あまりビールが好きじゃない方にとってはこれを機に好きになる方も多く、僕も初めて飲んだ時は飲んだ本数を忘れるほど、どんどん飲めちゃいます。

ただ人によってはガツンとくる喉越しが欲しいという方もいるので、そういった方には物足りないかもしれません。

 

【オススメビール】プレミアムモルツ

もし国産のビールで選ぶとしたら「エビス」と「プレミアムモルツ」以外にはありません。

または地域限定の地ビールなどもありますが、それらはあまり飲んだことがないので分かりませんが、価格と成分表示を見て本来必要ない成分が入っていなければ大丈夫でしょう。

やはり日本を代表する国産ブランドの両者は高いだけあって、品質も良く、安全性も高いので国産にこだわりがある方は、どっちかを買うようにすること。

味や喉越しなどは好みの問題ですが、個人的にはプレミアムモルツ推しですね♪

 

【オススメビール】エビス

 

まとめ

 

 

もし本物のビールしか飲みたくないのであれば、今回紹介したビール以外は飲まないでください。

お金がないから他の安いのを飲むのであれば、飲まない方が身体に良いです。

 

むしろ毎日飲まなくてもいいですし、飲むペースを変えるなどの工夫をすれば節約もできて体にもいいのでオススメ。

 

日本という豊かな国でたくさんのもので溢れていて、お酒の種類もたくさん存在します。

でもそこには、本物として売り出すにはとてもハードルが高い面もあるのです。

 

安く売る為には安い材料で作るしかありません。

でも安売りしないと売れない現状を作り出してるのは、我々消費者の意識の問題だと思います。

 

自分の身体は誰も守ってくれません。

自分自身で気をつけるしかないんです。

 

ぜひ良い物を積極的に摂る意識を持ち、極端に安いものや身体に悪そうな物は摂らない意識が本物を広める事になると思います。

個人の意識が世の中を変えると信じています。

 

読んで頂きありがとうございました。

資産運用&お金稼ぎ情報ブログ
【シェアクリ】

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告