[超重要] 季節の旬の野菜、果物をなぜ食べる必要があるのか知っていますか?

 

最近ではどの食材でもスーパーに行けば買える事が可能になりました。

とても便利になり、いつでも自分が好きな物が食べれる事はとても大事な事かもしれません。

 

でも通常の自然環境では季節により育つ物も違うし、採れる魚も違います。

 

でも現代では季節問わずスーパーに並んでる食材がありますよね。

それが自然の流れを破壊してる事はご存知でしょうか。

 

”自然に育てた”ものではなく、人工的に作り出しているという事です。

 

それこそが大きな社会の問題でもあります。

 

『売る側も、買う側も食べる目的が変わってきた。』

 

これが全ての原因で、

売る側も買う側も中身の栄養価よりも見た目を意識し、同じサイズや色などどうでもいい事にお金や時間をかけ、その分の必要な食材の価値が下がってきてる事です。

 

「食べる=生きる」というよりも、

「食べる=ただ腹を満たす」に変わってきてるような気がします。

 

 

コスパを重視する事によって失う本当の価値

 

 

例えばファミレス、チェーン店系。

どこに行ってもだいたいは同じ味、同じ見た目で安く提供してもらえますよね。

 

でも一度よく考えて頂ければ分かると思いますが、

味噌汁にしてもカレーにしても作り手やかけた時間が違えば多少の違いがあるものです。

 

それは同じように作ってるつもりでも、

火加減・塩加減・かける時間など、その人の感覚で作ってるので変わって当たり前なんです。

 

でも売る側としてはマニュアル化し、短時間で簡単に効率良くを重要視しています。

 

生産性ですよね。

 

マニュアル化していかに効率良く企業が儲るかを第一に考えているのです。

 

それに対し、買う側もその生産性を求めています。

早く、安く、コスパを重要視するようになってきました。

 

それによってお金という価値を得る事はできるかもそれないですが、

そこに人間の想いや愛、そしてその食材そのものの価値を見失ってしまってると思います。

 

本来なら、自然に育った生き物を頂けるだけでも幸せな事だと思うのに、

食べる目的や幸福感を見失う事で食べる価値すらもなくなってしまっている。

 

まず見直す事として、野菜にしても何にしても『生きてる』物を頂いてる意識を持つ事。

 

そこに全ての偶然が重なり形として成り立ってるので、そこに存在する事が奇跡なんです。

その価値を適当に扱ってはいけません。

 

自分達は生きる為に生きてる物を頂かないと生きてはいけないんです。




旬のものがなぜその時期に育つのか?

 

気候等によって育つものが変わるのが自然の成り行きですが、その旬の時期に成るものには必ずその意味や価値があるのです。

 

日本には四季がありますよね。

 

世界でも珍しい程の恵まれた自然環境にある中でその時期により採れるものを食べる事で体調を整え、過酷な暑い時期、寒い環境にも耐えられるように先人達が色々な知恵を残してくれました。

 

・春は生物が活動を始める季節

春には「にがみを盛れ」と言われ、山菜や野草を摂るように言われてきました。これは、芽が出る季節には、苦味のあるものを食べ、冬の間に体内にたまった老廃物を出す為に必要な食材になるのです。

・夏は「水分や酸味」が必要な季節

きゅうり、なす、トマト、スイカなどウリ科やナス科の夏野菜は、からだを冷やし、暑さを和らげ、体調を整えてくれる効果があります。

・秋は冬に向けて体を整える季節

秋は夏の食習慣から冬の支度に向けて体を整える季節です。昔からこの時期になると、「お産に響くからナス科やウリ科の野菜を食べ続けてはいけない」と言われ、また寒い冬に備えるために、良質な油(オメガ3)を持つ旬の魚(イワシやサバ、さんまなど)を摂ると良いと言われています。

・冬は寒さから体を守る食材を摂る季節

寒い冬を乗り越えるには、体を温める効果の高い根菜類を摂ると良いと言われています。
(ごぼう、にんじん、大根、れんこんなど)などが美味しくなります。

 

その時期に育つ物には必ず価値や意味が存在します。

 

それぞれの時期に合わせた特徴という物があるので、選ぶ際にはその栄養価の高い時期や、野菜がもたらす影響なども考える必要があります。

 

例えば、冬にスイカは売ってませんよね。

スイカは夏の暑い時期に育つ物であり、暑さを緩和する目的があるのです。

寒い時期に食べる事は身体を冷やす事になるのであまり身体に良いとは言えません。

 

更に旬でない時期に採れる物は、栄養素が約半分程になってると言う話もあります。

 

冷凍野菜とかが典型的ですよね。

味や見た目だけでは分からない事ですが、その栄養を摂取する事にこそ食べる意味があるのです。

 

実は最近の調査で、

栄養価が低い物を常に食べてる人は、いくら食べてはいても、栄養失調になってる人が増加してるという結果が出ています。

 

現代人の「食と健康」  実は黄信号 日常の食生活で栄養バランスの心がけを!

 

その結果、免疫力の低下や栄養失調により風邪ひきやすくなったり、

疲れやすく、最悪の場合重い病気にかかってしまう可能性が高くなってしまいます。

 

何度も言いますが、食べる事は生きる事です。

 

自分の身体を守るのは自分でしかありません。

食べるものを疎かにするという事は辛い道へ進むのを自ら選んでいるという事です。

 

 

まとめ

 

 

現代は忙しい日々の中、意識する事が多くて大変だと思います。

でも何やるにしても身体が第一です。

 

不健康だとやりたい事もできず、結果辛い思いするのは自分自身ですよね。

 

楽だからとか忙しいからという理由で簡単な物を求めて冷凍の物やお菓子だけなんて食事をしてしまうと、その時の一瞬は良いかもしれないですが、

もし自分が重い病気になった時にはどう思うでしょうか。

 

めんどくさくても簡単な料理をしたり、

旬の野菜を取り扱ってる所に出向き、そこにある生産者さんの想いやその食材を食べる意味や目的を意識するだけでも見方が変わってくると思います。

 

旬の野菜を買ってきて、栄養価の一番高い時期においしく食べる。

 

全ての事には必ず意味があります。

全ての事柄に感謝し、ご自分の身体を大切にしてもらえたらと思います。

 

読んで頂きありがとうございます。

 

★今大注目の『シェア畑』★

〜空いてる土地をみんなでシェアして、安心安全な食を守ろう〜




★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆★
無農薬野菜を栽培するなら
貸し農園の「シェア畑」全国70農園展開中!
★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆★

■□■今話題のサービス!「手ぶらで行けるサポート付き貸し農園!」■□■

●魅力1 栽培に必要な物は全て揃ってるから手ぶらで通える!

●魅力2 無農薬野菜を自分で栽培できるから安心・美味しい!

●魅力3 菜園アドバイザーが責任をもって栽培方法を教えてくれる!

★シェア畑・貸し農園 全国に70ヶ所続々開園しています!★

↓※興味があれば『無料見学』に!お近くの畑を探してみましょう♪↓

手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】

資産運用&お金稼ぎ情報ブログ
【シェアクリ】

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG