仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

【海外在住の方】日本一時帰国の際に使えるのはプリペイド?格安SIM?目的に合わせて考察してみた

【海外在住の方】日本一時帰国の際に使えるのはプリペイド?格安SIM?目的に合わせて考察してみた

 

今回は、日本への一時帰国などの短期間滞在において、SIMカードをどのように利用すればいいか?について解説します。

 

実際に海外の滞在期間が長ければ長いほど新しい日本の情報が入ってきにくく、特にスマホなどのネット関係は大きく変わってることが多いです。

「その際にSIMを利用したいけど、いっぱいあってどれが良いのかよく分からない」と言う方に、一時帰国の目的や期間に応じたベストな選択法を紹介します。

 

日本滞在中にSIMが必要かどうかを判断する基準

 

①そもそもSIMカードが本当に必要?

例えば人によっては、

・日本に帰ったら実家でゆっくりしたい
・友達とご飯食べに行くぐらいでそんなに外に出かけない

このような目的があって滞在する人も多いのではないでしょうか。

要は、日本滞在中に外に出かける回数がどれほどあるのか?によってSIMが本当に必要かどうかが変わってきます。

買い物や旅行など、何か目的があって外出する頻度が多いと言う人は、必然的にSIMを購入すべきです。

買い物
→お店の場所や気になるお店を調べる為にネットが必要

友達と旅行に行く
→泊まる宿やその周辺のお店や観光地の情報を得るのにネットが必要

友達と飲みに行く
→待ち合わせの時間や、急な用事などの連絡手段

このように、外出が多いと言うことは必然的に遊びながら情報収集して、その都度臨機応変に行動する必要があります。

その際にスマホが使えない状態ということは、いざという時に使い物にならないし、周りにいる人にも迷惑をかけてしまいます。

逆に外に一歩も出ず、滞在期間のほとんどを家で過ごすという人はSIMカードが必要ないと言えるでしょう。

 

②無料Wi-Fiだけでやり過ごせるか?

正直に言います、これは日本ではほぼ無理です。

確かにマックやスタバなど一部のお店にはWi-Fiが設置してありますが、メリットよりもデメリットの方が大きいと思います。

・利用者が多くて通信速度が激遅
・会員や何か物を購入しないと使えない
・キャリア専用のWi-Fiであるところが多い
・セキュリティ的な安全面で問題がある

僕自身海外に住んでた経験があるので分かりますが、日本のWi-Fi事情は他国に比べて遅れています。

海外の多くは飲食店はもちろん、キャリア専用の公衆電話みたいなWi-Fiスポットが街のいたるところに設置してあったりして、生活するのに契約しなくても無料Wi-Fiだけで過ごそうと思えば決して無理ではないほど充実しています(もちろん時間帯や利用者数によって速度が遅い時がある)。

日本はそういったサービスがまだまだ浸透していないし、docomoやsoftbankなどの大手キャリアに契約している方がほとんどなので、海外からの一時帰国とは言え、最低限使えるようにSIMを有効活用した方が不便ではないと思う。

あとはセキュリティの安全性なども、Free Wi-Fiの場所はハッキングやウイルスに感染しやすい環境であることから、ご自分の大切な個人情報を盗まれない為にも、なるべくお金払ってでも自分専用のSIMがあった方が安全と言えるでしょう。

 

オースティン君
多少のコストがかかるとは言え、利便性や安全面で考えるとSIMを保有しておいた方が余計な心配が必要ないし、何より自分が楽だと思います。一切外に出ないなら理解できますが、せっかくの日本滞在を充実させる為にも、その利便性や手間を考えても所持しておいた方が何かと安全ですよね。

 

SIMカードを購入する前の注意点とは?

 

 

まずSIMを購入する前に最低限のポイントだけ抑えて判断するようにしましょう。

・SIMカードのサイズを要確認
・SIMカード返却の有無
・SIM Freeのスマホを所有しているか?

まず購入前に確認することの一つに、SIMカードのサイズを確認すること。

基本的に2種類あって「nano SIM」「micro SIM」のどっちかになり、自分の端末は何が使用されているかを確認してから、申し込む必要があります。

次に、利用したあと帰国前のにSIMを返却する必要があるかどうかも重要です。

通信業者によっては返却しないと数千円の手数料の支払いを命じられることがあり、あとあとトラブルの元になり兼ねないので注意が必要です。

最後に、そもそも現在使っている端末がSIM Freeのスマホかどうかです。

今でこそだいぶ浸透してきましたが、一般的なdocomoやsoftbankなどの大手キャリアで契約した端末はSIM Freeに対応できないものがあるので、SIM Free専用のSIMを買って差し込んだところで使えるようにはなりません。

これら3つのポイントは確認すべき必須項目になります。

もしSIM Freeスマホをお持ちでない方は下記の端末を参考にされてみてください。

 

SIMカードを選ぶ重要なポイントとは?

 

①SIMカードの種類とは?

SIMカードを大きく分けると2種類あり、どちらもメリット・デメリットがあるので滞在期間や目的に合わせて使い分ける必要があります。

・プリペイド型
・格安SIM

 

プリペイド型の特徴・料金事前払い
・開通手続きが簡単
・使い切り、期限切れで自動解約
・容量が足りなくなったらリチャージできる
・全国のコンビニなどでリチャージ可
・データ専用で通話ができない
・格安SIMに比べて割高

 

格安SIMの特徴・料金後払い
・申し込んで契約が必要(簡単)
・目的に合わせたプランが豊富
・通話ができる(電話番号入手)
・プリペイドよりもかなり割安
・解約手続きが必要

 

参考記事:【海外在住者の方へ】一時帰国の滞在期間に合わせた「SIMカード」の選び方&得する情報

②ネットのみ、電話番号も必要?

SIMをどれにするかを選ぶ時に自分に必要なものはデータ(ネットのみ)なのか、何かの手続きや連絡手段で電話番号が必要なのかどうかで判断する必要があります。

最近はLINEがあればメールも通話もできるので、通常の滞在であればデータのみで十分だと思いますが、人によっては仕事の手続きやスマホを持っていない人(場所)に連絡する場合もあると思うので、そういった方は「データ+通話ができるSIM」を選んだ方がいいでしょう。

 

③データ容量はどれぐらい必要?

データ容量に関しては人によるので何とも言えないですが、目安としてはただの連絡や少し調べ物をする程度なら、Wi-Fiをうまく使えば1週間1GB程度で十分だと思います。

あくまでWi-Fi環境(家や店舗)をうまく使っての話なので、外でも暇つぶしに動画見たりゲームをしたいという方はそれ以上あった方がオススメです。

ただしその分料金は高くなるので、予算とご自分の利用頻度に合わせて調節する必要があります。

 

④滞在期間に見合った料金は?

料金に関しても上記と同じことが言え、ご自分の利用頻度に応じて調節する必要があります。

家での滞在が多かったり、都心部に出かけることが多いのであれば比較的Wi-Fi環境は整っているので、安いプランで十分だと思いますが、観光や旅行で自然の多い地域などに出かける予定の方はある程度のデータがあった方が安心だと思うので、最低でも2GB以上あると安全と言えますが、その分料金は高くなります。

 

自分にはどんなSIMが合ってるのか?

 

前回の記事でこのことは説明しているので、コチラをぜひ参考にしてもらいたいのですが、ポイントとしては目的や滞在期間で大きく違ってきます。

・1週間程度滞在するのか?
・1ヶ月程度滞在するのか?
・3ヶ月程度滞在するのか?
・年間での帰国する頻度は?

これによって選ぶものが変わってきますし、何よりしっかり理解して選択しないとただ損してしまうだけです。

無駄のないように、自分の滞在方法に合ったSIMを選ぶことをオススメします

個人的にオススメは、”格安SIMに契約して月額が安いプランでSIMを維持すること”です。

参考記事:【厳選3社比較】駐在・留学・ワーホリから帰国後のスマホ契約は”格安SIM”にすべき理由

 

まとめ

 

 

では最後に今回のテーマを簡単にまとめてみました。

SIMが必要かどうかの判断基準とは?
→日本滞在中の外出頻度による

Free Wi-Fiを有効活用できるか?
→日本ではまだまだ浸透していないし、ハッキングなどの危険性があることを理解しておこう

SIM購入前の注意点とは?
→SIMの種類を理解し、自分の端末がSIMフリーであるか要確認

SIMカードの選び方とは?
→目的や滞在期間、外出時の利用頻度に応じて自分に合ったSIMを選ぼう

上記のような結果になりました。

せっかくの一時帰国を有意義な時間にする為にスマホが欠かせない現代、Free Wi-Fiなどが普及しているとは言え、まだまだ日本では浸透してきれていないし、自分の大切な個人情報が流出しやすいと言った危険性があることも忘れてはいけません。

自分専用のSIMもしくはポケットWi-Fiなどをうまく有効活用して、日本滞在をエンジョイしてもらえたらと思います。

 

ぜひ参考にされてみてくださいね。