仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

[体験談] 外国人と仲良くなるのは難しい? 実は日本人特有の〇〇が外国人から嫌われる理由を作っている

[体験談] 外国人と仲良くなるのは難しい? 実は日本人特有の〇〇が外国人から嫌われる理由を作っている

 

「外国人と友達になりたい!」「仲良くなりたい!」でも、どうしたらいいんだろう。。

 

僕は実際に海外に住んだ経験があるから分かりますが、正直仲良くなって一緒に遊ぶようになるまでは結構至難の技です。

海外に行けば友達ができるなんてそんな簡単なことではないのは断言します。

 

しかしポイントさえ抑えておけば意外と簡単に友達になることは可能で、まずは自分勝手な目的を理由にしないことが大切です。

もちろん言語や文化の違いはありますが、相手も人間だし、関係性を作る上で何より大事なのが人間性。

 

そんな外国人と知り合いたいという方に、実体験で感じた友達の作り方や注意点を解説します。

 

外国人の友達と仲良くなる方法&注意すること

 

①知ったかぶりを止めること

僕自身も何度も経験したことがあるからこそ、一番最初に言いたかったことです。

例えば、たまたま行ったお店の隣の席に外国人がいたとしてあなたが話しかけるとしましょう。

自「Where are you from?」

外「I’m from Greece」

自「Oh ok…」(どこそこ!?)

外「…」

これ分かりますか?

自ら話しかけて会話をしようとしたところまでは素晴らしいです。

でも問題はその後、その国名を聞いても日本語では「ギリシャ」と言いますよね。

英語と日本語での言い方に差があり、よく分からなかったのにそのままスルーしてしまったパターンです。

もう一つ例を挙げてみましょう。

あなたがパーティーに招待されて到着後、外国人が何か聞いてきました。

外「Wo$%&#?@ drink?」

自「…yes」

外「We have %&$#@/ 」

自「…yes」(聞き取れねえ)

外「no no what do %&$#@/# drink?」

自「…yes」(分かんねえ)

海外に住んだ経験のある人は、こういう状況を一度は体験をしたことがあるのではないでしょうか。

これ実は一番やってはいけないことであり、外国人から遠ざけられる一番の理由なんです。

自分が逆の立場に立てば分かることですが、あなたがお店の店員だとして外国人に飲み物の注文を聞ききたいのに、何言っても「ハイ」しか返事が返ってこなかったらどう思いますか?

おそらくほとんどの人が「ヤバイなコイツ、ちゃんと答えろよ」と思いませんか?

日本人特有の失敗が許されない環境で育ってきてるからこそ、「失敗しちゃいけない」「英語が上手に喋れないといけない」というプレッシャーから結局何言っていいか分からず、分からないままスルー、もしくは知ったかぶりをしてしまう。

これでは友達なんて一向にできません。

もちろん英語を多少でもできて会話ができるのであれば一番いいですが、友達を作るのに英語だけが重要ではありません。

あくまで彼らも同じ人間なので国籍は違っても、相手の人間性を見ています。

同じ日本人同士でも、知ったかぶりをする相手に対して信頼関係が生まれると思いますか?

ほとんどの方が嫌がるでしょう。

じゃあどうしたらいいかと言うと、素直に分からない時は「分からない」と言えばいい。

もしくは「え!なんて言ったの?」と聞き直せばいい。

たったそれだけなんです。

最終的に分からなかったら「ごめん、ちょっと理解できない」でいいんです。

その方が相手も諦めるし、それに対してああだこうだ思いません。

なぜなら外国人同士での会話だから、言葉も文化も違えば会話がスムーズにいかなくて当たり前だし、お互いに無理する必要はありませんよね。

あくまで会話とは人間同士を繋ぐツールであり、やはりそこには礼儀とか信頼関係が必要なので、分からない時ははっきりと「分からない」とか「その単語が分からない」と言えばいいんです。

曖昧に中途半端な対応をすればするほど外国人が離れていくので注意しましょう。

 

②友達を作る目的を英語にしない

日本人が外国人の友達を作る理由に多いのが、「英語を喋りたいから」とか「英語が好きだから」という理由で作りたい人が本当に多いですがそれは絶対にダメです。

もちろん友達ができれば英語は上達すると思いますが、逆の立場から考えてみるとあなたが日本語が喋れるという理由だけで外国人が近づいてきたらどう思いますか?

少なからず「言語習得の為の友達か…」なんてことを思いませんか。

それでは人間関係を築くのにも、ただの言語だけの為であれば、築けるものも築けません。

あくまで友達とは、人間性に興味があったりその人に魅力を感じる部分があるから友達になる訳であって、ただ単に言語だけで近づくのは関係性が浅すぎます。

お互いにLanguage Exchangeだけの目的であれば話は別ですが、外国人の多くも言語習得だけでなく「日本人の友達を作りたい」という人もいるので、そういう人に寂しい思いをさせないように注意しましょう。

 

③こっちから相手の価値を受け入れる

海外に住んだり、外国人と触れ合うと必然的に文化や価値観の違いを肌で感じるようになります。

外国人の多くは真面目に働かないし、文句は言うし、口は悪いし、自己中な人ばっかりです。

でもそれは違う視点で見れば、「日本人自体が協調性を意識し過ぎ」「周りの空気を読み過ぎ」「真面目すぎる」という側面で捉えることもでき、そう自分で認識できれば様々な視点で物事を考えるクセがつくはず。

日本人が当たり前だと思っていることが外国では当たり前ではなかったり、それを価値観が違うからという理由でこっちからシャットアウトして受け入れないようにしてしまうのは絶対にダメです。

特に海外は色々な国籍の人が住んでいるからこそ、何が正しくて、何がベストな選択なんて考え自体存在しません。

しかしその中でも自分の信念や意思をしっかり持ってる人が多く、自分の意見を述べる時ははっきりと伝え、よくも悪くも我慢なんてしないですから、嫌なことは嫌。ダメなことはダメで終わり。

それ以上もそれ以下もないような考え方があります。

ちょっと極端な例を出しましたが、それぐらい外国人の多くは極端な考え方を持ってるんだと認識した上で外国人と付き合えば、何より自分自身が楽になるしストレスも貯めにくくなります。

外国人と触れ合えば触れ合うほど「あり得ない」と思う行動や、「ちゃんとやろうよ」なんて感じることは日常茶飯事で起きるもの。

でもそうはいってもそういう風に育ってきたから仕方がないし、逆に彼らからしたら日本人に対して「真面目すぎる」とか「何の為にそんな働くの?」なんて本気で思っています。

でもどっちが正解で間違ってるとか言えないですよね。

まずは相手が育ってきた環境や教育、そして価値観を理解してあげることから関係性が始まります。

日本人しかいない、日本という独特な価値観が通じるのは日本だけだということを理解して、そういう狭い価値観しか持ってない我々だからこそ、相手を受け入れ心を開けば自然と仲良くなることはできるのです。

 

まとめ

 

 

日本は他の国に比べて封鎖的で、他を受け入れてこなかった期間が長かった国です。

 

しかし時代が変わってきて外国人を見ない日はないぐらい、移住者や観光客が増え、今後の日本は確実にグローバ社会になり、外国人と共存して生活していくことが望まれる時代が来ると思います。

過去の価値観は過去で終わらせ、新しい時代と共に考え方や人間関係も変わってくるからこそ、今までとはまた違った視点で時代を作り上げていく必要がありそうです。

 

その為には、外国人だろうと何だろうとまずは受け入れ、相手のことを理解してあげることが何よりも大事です。

 

その為には僕たち自身も、日本語だけで頼らず他国の言語を習得し、会話をするツールを身につける必要があります。

最低限でも多少の英語ぐらいは喋れた方が、友達だけでなく仕事などにも役立つので、自分のキャリアアップや色々な国籍の人の価値を学ぶということは、今後の人生において確実に役に立つでしょう。

 

当サイトおすすめの英語勉強法を下記で説明しているので、よかったら参考にされてみてくださいね。

 

[本気で英語習得したい方に] 決して楽ではないからこそ、確実に成果を残せるライザップイングリッシュ



ライザップと聞けば筋トレのイメージがあると思いますが、英語教育にも力を入れているのは知っていましたか。

しかも「成果にコミットする」というテーマの元、30日以内に成果がでなければ無条件で全額返金するというシステムをそのまま英語にも導入し、英語習得に相当自信があることを証明しています。

大きな特徴としては4つ。

・マンツーマンによる個別指導
・個人のレベルに応じて徹底強化
・高速レスポンス型教育
・レッスン以外もオンラインサポート

徹底的なマンツーマン指導による会話力を上げ、その人に合った目的・レベルを元に瞬時に判断できる英語脳にするよう叩き込みます。

 

悪い口コミ

・レッスン代が高額
→格安の学校にダラダラ通うより、短期間で一気に覚えさせることを目的にし、結果が出る為に徹底的なサポートをしてくれるから高額

・週に必ずある宿題が超大変
→ライザップ独自のスパルタのシステムにより決して楽ではないが、厳しくするから短期間での習得が可能

・日本人トレーナーのみ在籍
→ネイティブトレーナーが相手だと、日本人がつまづきやすいポイントを分からぬまま進めてしまい、そのせいで習得に時間がかかることがある為

 

正直、ライザップのシステムは楽ではありません。

でも実際に体作りの方でも見ての通り、成果を出す為の徹底的な指導をしつつ、自分の為に考え努力してくれることがライザップを支持する人の意見であり、自分に甘えてしまうこともなくモチベーションを維持できるからこそ、結果的に成果を残すことに繋がっているのです。

ライザップイングリッシュに向かない人

・のんびり自分のペースでやりたい人
・特に予定もなく勉強したい人

これらに当てはまる人はライザップではなくて、別の学校などに通われた方がいいです。

なぜなら”本気で英語を学びたい人以外は続かないぐらい厳しいから”

あくまで留学や仕事などでどうしても必要とか、今後の自分のキャリアアップや目標にしたいという何かしらの目的がないと正直辛くて辞めちゃうと思います。

でも裏を返せば、「ちゃんと勉強したい」「今まで勉強してきたけど上達を感じていない人」などには最適な環境とも言え、実際に経験した多くの人は上達を実感して卒業される方がほとんど。

しかも”高い金額を払ってる以上は成長もないまま辞める訳にはいかない”というモチベーションアップにも繋がるし、結果的に見れば一般的な英会話教室に通うよりも、短期での習得が可能だと考えたらお得な方だと思います。

無料カウンセリングの際に、レベルによっては「うちじゃない方がいいよ」なんて正直なことも言われるそうで、無理矢理勧誘してこない点やお金目的ではなく、本気で自分のことを考えてくれた上で判断してくれる所も大きな魅力。

お互いに納得した上で契約できるという点でも安心して通うことができるでしょう。

『かなり信頼できるライザップだからこそ、高額でキツイ、でも必ず結果を残せる』それがライザップなんです。

本気な人は無料カウンセリングへGO

【30日間全額返金】ライザップイングリッシュ