仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

なぜグラスフェッドビーフ(牧草飼育牛)が健康思考の人に選ばれるのか?

なぜグラスフェッドビーフ(牧草飼育牛)が健康思考の人に選ばれるのか?

 

このブログで過去に牛肉の危険性や選び方について記事にしましたが、ありがたいことにたくさんの方に読んで頂き、当ブログで最も読まれている記事の一つになりました。

 

僕自身、海外の肉工場で働いた経験があることから、その経験を通して牛肉の真実を知り、ぜひ色々な方にも肉生産の色々な事情を知ってもらいたいと思い記事にしたのがきっかけです。

 

そんな中で、個人的にオススメしたい安全性の高い良質な牛肉である、『グラスフェッドビーフ』と言われるもの。

 

今回はその『グラスフェッドビーフ』がなぜ健康に良いのか。

そして成分や他との違いなどに焦点を当てて、より詳しく解説していきたいと思います。

 

 

牧草飼育牛と穀物飼育牛の違いとは?

 

まず結論から言わせて頂くと、

牧草飼育牛の方が健康に良いのは当たり前の話なんです。

 

その理由は大きく分けて3つあります。

①成長の早さを決定づける飼料の違い
②栄養の豊富さが違う
③飼育にかかるコストが違う

 

①成長の早さや味を決定づける飼料の違い

 

牧草牛と穀物牛の違いと言えば、身体を構成する上で欠かせない飼料の違いが大きく関係します。

これは名前の通り、牧草牛は”牛本来の餌である牧草や野草”に対し、穀物牛は”大麦・トウモロコシ・大豆・魚粉”などの餌を食べて成長していきます。

この違いによる影響とは、「成長速度の違い」「味の違い」になり、穀物牛の方が糖質の摂取量がダントツで多い。

更に成長が早く、脂質を多く溜め込むことになるのでジューシーな美味しい肉ができるということ。

これは主に国産の霜降り肉などがこの方法で飼育されています。

それに対し牧草牛が食べる牧草や野草には、ビタミンやミネラルなどの牛が健康的に育つには欠かせない栄養素を豊富に含んでおり、必然的にカロリーやタンパク質の摂取量が少ないことから、成長が遅く脂質は少なくなる。

要は健康的な肉質であるのは牧草牛であるが、ジューシーさがなく、野生独特の臭みがあると言う方もいて、人によっては好き嫌いが別れることもあります。

美味しさで言えば穀物牛の方が美味しいのは確かです。

でもこの過程において、穀物牛の場合は狭い牛舎に閉じ込めたまま穀物をひたすら食べさせ、運動量を減らし、強制的に太らせる。

これは人間で言えばメタボリックの牛だと思ってもらえると、その牛の状態が想像できるかと思います。

更に、本来の牛は牧草や野草を食べて育つことから、穀物しか食べない生活を続けていると病気になりやすくなり、病気になった牛には薬や抗生物質などを飼料に混ぜることで、無理やり症状を抑えながら成長を早めることだけを重視し、その際にホルモン注射などを使用していることもあるそうです。

これが健康的な牛なのかどうかと言えば、かなりの疑問ですよね。

 

②栄養の豊富さが違う

 

牧草牛と穀物牛の違いを裏付けることと言えば、栄養価の問題です。

両者同じ量のステーキを食べたとしても、牧草牛の方が「オメガ3」「オメガ6」「リノール酸」「ビタミン」などの量が穀物牛よりも2〜5倍ほど豊富に含んでいると言われています。

これらの成分のメリットとは、

・肥満を防ぐ
・体脂肪を減らす
・善玉コレステロールを上げる
・抗酸化作用による老化防止

最も効果が期待できるのが、ダイエット効果と老化防止などに役立つ抗酸化作用を豊富に含んでいることです。

一部の健康志向の人には「肉は体に悪い」「太る」などと言われていますが、最近になってそのような考えを改め直すようになりつつあり、むしろ良質なお肉であれば積極的に摂取した方が健康に良いという見解が強まってきています。

 

③飼育にかかるコストが違う

 

日本がなぜ牧草飼育よりも穀物飼育を行なっているかというと、単純にそれだけの国土がないことと、それだけの場所を確保するのに多大なコストがかかること、そして消費者が牧草牛よりも脂肪たっぷりの霜降りが好みだからです。

例えばオーストラリアはあれだけ大きな国土があるにも関わらず、人口は日本の5分の1程度で、都心部のほとんどが海側に集中しています。

要は残りの地域は砂漠地帯などもありますが、基本的には自然のまま保護していて、手付かずの地域が多く存在しています。

行ってみると分かりますが本当に広大で、少し都心部から離れると道も舗装されていないところもあるし、動物はそこら中にいるしで、日本では考えられないほどの大自然が広がっています。

だからこそそれだけの土地を有効活用して自然放牧させ、それぞれが必要な分だけを食べ、人間にはほとんど手間がかからないから、国産の牛肉よりも低コストで生産、消費者も安く手に入れることができるのです。

脂身が少なく肉質が硬いというのも、それだけ広大な土地を動き回ってその辺に生えている牧草しか食べないからとも言え、むしろ健康的で栄養素が豊富に含んでいるのも当たり前の話なんですね。

安く栄養豊富な牛肉を食べるのであれば牧草牛の方が好ましいということになります。

 

人間の余計な手が入れば入るほど自然界が犯されていく

 

 

一般的に穀物牛に与える餌は大麦やトウモロコシ・大豆などと説明しましたが、それらのほとんどが輸入に頼っていたりして、国産牛の飼料にアメリカ産飼料などを使用している企業が多いと言われています。

 

でもここで一つ疑問に思ってほしいのですが、その飼料を加工する前の段階でどのような状態の材料を使い、農薬や遺伝子組み換えなどは使用してあるのかどうか。

それらの情報が、僕たち消費者には把握できないということ。

 

もちろん優良な精肉企業などではしっかりと表記されているところもありますが、市販で売られている一般的な商品に関してはそういった表示がされていませんよね。

 

そして当たり前ですが、牛に与える飼料に関しては人間が口にする食べ物よりも品質管理に関して厳しくなく、カビが生えることでのカビ毒が発生した物を与えたり、飼料の量を調節する為に牛の内臓や動物の死骸などを粉末にしたものを混ぜてカサ増ししてるという話もあり、アメリカ産の牛肉は以ての外、国産牛に関しても選び方をしっかり把握した上で購入を判断しないと、美味しいだけでは危険なこともあるのです。

→詳しい内容はコチラ

 

それに対して牧草牛は自然放牧による飼育法なので、基本的にそういった人間が独自に手を加えるようなことはほとんどなく、余計な化学薬品や遺伝子組み換えなどの危険性もほとんどありません。

自然に育った物をそのまま精肉工場に運び、加工してもらうだけなので、ほぼ自然の状態の牛肉なんです。

 

もちろん牧草牛は、肉質が硬くて食べにくいというのもありますが、現地の人にはむしろ硬い方が好まれるんですよね。

僕自身が精肉工場で働いていたから分かりますが、加工する段階で脂肪がある部分はほとんど切り落としちゃって、赤身の部分だけを残してパック詰めされます。

 

元々が脂っこい牛肉よりも硬い肉を好む人が多いので、そもそも柔らかいジューシーな肉を生産する必要がないのかもしれません。

 

無理して作り出した自然の物はどうしても違和感のある物になり、結果的に人体に悪影響を及ぼすだけでなく、環境問題にも繋がると言われているので、人間のエゴがどれだけ危険なものかが再確認させられます。

 

まとめ

 

基本的な牛肉の選び方として、『グラスフェッドビーフ』が好ましいことはご理解いただけたでしょうか。

 

もちろんたまには国産のジューシーな牛肉を食べるのも良いとは思いますが、日常食としてはあまり好ましいとは言えません。

もし国産牛肉を選ぶにしても、優良な安全性に力を入れている企業から買うことをオススメします。

 

それだけ日常の食品には危険な物が多く存在しているので、ぜひお肉を購入される際の判断基準にしてもらえたらと思います。

 

安心安全の美味しいグラスフェッドビーフを食べたい方は【SAITO FARM】がオススメ

 

【こだわり牛肉専門店SAITO FARM】


牧草牛の最高峰として君臨する、ニュージーランド大手のファームから直接取り寄せる牛肉。

広大な牧草地で育てられた牛肉は、健康的で遺伝子組み換えはもちろんのこと、成長ホルモン剤不使用の牛肉だけを厳選。

高タンパクで臭みも少なく、豊富な栄養を含んだ牛肉の為、ダイエットにも最適。

女性にも子供にも安心して食べれる高品質のグラスフェッドビーフとなります。

 

牧草牛の名付け親・ケトジェニックダイエットのドクター斎藤が推奨

機能性医学の第一人者、ドクター斎藤が現代人の健康を考えて選び抜いたグラスフェッドビーフ。
今までの赤身牛肉のイメージを覆す、香り豊かでジューシーな最高級の赤身牛肉をご堪能ください。
はじめは健康のために食べ始めた方も、その「おいしさ」のとりこに!!
驚異のリピート率を誇る、100%牧草育ちの【グラスフェッドビーフ】をぜひお試しください。

 

オースティン君
海外の牛肉は硬くて味に深みのない物が多いですが、SAITO FARMさんの牛肉はジューシーで甘みがあって柔らかく、しかも安心して食べれるという点では最高品質の牛肉だと思います。
最近、自社の日本初牧草牛専門精肉店が麻布十番にOPENし、安全かつおいしい赤身牛肉をお店で食べたいという方は実店舗で食べることも可能になり、健康志向の人にとって大変な人気店となってるそうです。
もちろんネットで注文して自宅で味わいたいという方は【公式サイト】が最もお得ですよ。

 

Amazonで高評価獲得のグラスフェッドビーフはコチラ