海外移住や留学などで人気の国ニュージーランド。

 

実際に住んでみると欧米の文化の中に昔ながらの伝統も残していて、独特な雰囲気が素晴らしい面もあるのですが、正直何にもない国なので遊びが少なくてつまらない国とも言えるかもしれません。

 

でも何もないからこその面白さや魅力があり、僕たち日本人が知るべき外国人の過ごし方や仕事の仕方からは、たくさんのことを学ぶ機会でもあると思います。

 

特に仕事の仕方に関しては、かなり価値観変わるのでぜひ経験してもらいたいことです。

 

ではそんなニュージーランドにはどんな仕事があるのでしょうか?

どんな仕事が人気があって、日本人が働ける仕事があるの?なんて心配している人も多いはず。

 

そんな方へ、経験者だから分かる仕事事情や人気の職業をご紹介します。

 

ニュージーランドで働く為のビザとは?

 

まず海外で働くことを理解していない人は、基本的なビザのことから知っておく必要があります。

・ワーキングホリデービザ
・就労ビザ
・パートナーシップビザ
・永住権
・学生ビザ(上限アリ)

 

大きく分けると5つのビザがあり、このビザのどれかを保有してなければ働く許可を得ることはなく、これ以外の観光ビザでは働くことができないビザなので、注意してくださいね。

 

では上記に挙げたビザについて、もう少し詳しくそれぞれの特徴を紹介しましょう。

 

①ワーキングホリデービザ

18歳以上31未満の日本国籍を所有する人のみが利用できるビザで、他のビザと大きく違う点は、観光でも学校に通うにしてもオールマイティに自由にしてもいい最強のビザとなります。

しかし期限が1年と決まっているので、その限られた期間内にどう行動するかは個人の自由で決めていいことになっています。

 

②就労ビザ(ワークビザ)

ビザ申請のサポートをしてくれた雇用主のみの企業で働けるビザとなります。

期限は雇用主の判断ではなく移民局の判断によるので、だいたい1〜3年の範囲で働き、期限が切れる前に継続するかどうかを雇用主との相談の上決めていくことになります。

基本的には永住権を取得する前の最も重要なビザでもあるので、ある意味このビザを取得すればその国に住む権利をもらったと言ってもいいでしょう。

ただ、申請した企業でしか働けないビザになるので、転職をする場合などは再びビザの申請をし直す必要があります。

 

③パートナーシップビザ

ニュージーランド国籍や永住権を持っているパートナーにサポートしてもらって申請するビザとなります。

要は恋人としてや結婚する上で必要なパートナーの為にビザを申請することで滞在が許可され、事実上の永住権みたいなもの。

ただし事実上と言ったのは、永住権まで繋げたい場合、ある一定の期間共にしていることを証明し、自分で申請に必要な書類や条件を整えて申請しなければいけません。

永住権申請前に、恋愛が終わってしまったり離婚した場合などはビザの権限がなくなるので注意しましょう。

就労ビザと違い、パートナーとの関係がある間はなんでも自由に働けるビザとなります。

 

④永住権

永住権とは言わば、ニュージーランド人とほとんど変わらない待遇を受けることができるビザとなります。

会社を変えても、辞めてもビザに影響がある訳ではなく、自由に入国できるしなんでも可能になるビザです。

 

⑤学生ビザ

学生として通学中の者のみが申請できるビザで、学校に通う証明がなければ取得できず、しかも1週間のうちに20時間までなら働くことができます。

1週間で20時間なので1日4時間までの就労となり、必然的に最低限の仕事しかできないので、生活できるギリギリの所得しか得ることができないリスクがあることも知っておく必要があります。

 

現地ではどうやって仕事を探すの?

 

 

ニュージーランドでは色々な仕事の探し方がありますが大きく分けると、

・求人サイトやネットの掲示板
・バッパーや学校の掲示板
・友人などの紹介
・直接履歴書を配る

 

4つの方法があり、基本的にはネットの求人や掲示板などを見て応募することが多いです。

現地の求人サイト

日本人向け / NZdaisuki.com

現地向け(英語)/ trade me

 

ただし日本と大きく違うのは、現地の人はのんびりしている人や企業が多いので、連絡したところで連絡してこなかったり、返信までに数日〜数週間とか当たり前です。

 

それまで待てるのであれば待っててもいいですが、もし数日経っても連絡がないようであれば直接問い合わせるか、企業やお店に出向いて直接話し、履歴書を配るのが最も早く的確に働ける方法となります。

 

原始的な方法とも言えますが、直接会って「働かせてくれ!!」が現地では最もベストな仕事の見つけ方なんですね。

 

日本人に人気の職業とは?

 

ニュージーランドに訪れるまで知りませんでしたが、実はかなり多くの日本人が住んでいます。

仕事で来てる人もいれば上記で挙げたような、ワーホリから就労ビザに切り替えて生活している人もいたり、パートナーが見つかって現地の人と結婚してる方など、色々な事情により滞在しています。

 

ではそんな現地に住んでる人たちはどんな仕事をして生活をしているのでしょうか?

 

現地で活躍できる職業・シェフ
・美容師
・ネイリスト
・IT関係
・ツアーガイド
・受付担当
・医療関係
・保育士

 

現地でよく見かける日本人の職業を挙げてみました。

彼らの多くは現地で一から学んだ人もいますが、基本的には日本での職種を活かして現地で活躍している人が多いです。

 

なぜなら海外の多くは仕事の教育にそこまで時間をかけることがなく、日本ほど長期間修行するという文化があまりないため、ある程度できたら自己責任で早くから一人前としてやらせることが多いです。

 

企業のオーナーからすれば即戦力が最も大事な要素であり、経験者やすぐに活躍できそうな人を率先して受け入れる傾向にあります。

もちろん未経験でも現地の学校に通って一から勉強して資格を取得するなどの方法もありますが、お金も時間もかかりますよね。

 

なので日本で働いた経験や資格を元に、現地で活かせる職に就いた方がより確実に職を得る方法と言えます。

 

そう言ったこともあり現地でよく見かける日本人の職業としては、やはり飲食系が圧倒的に多いですね。

ウェイトレスやシェフ、バリスタなど飲食系の職業は世界中どこでも働ける場所があることから、シェフやバリスタは知識や経験がないといけませんが、ウェイトレスとしてだったら全くの未経験でも働ける職業になります。

 

ただ一点だけ難点を挙げるとするなら、現地の人でも誰でもできる職業であればあるほど時給が低いこと。

 

専門的な職業は現地でも活躍することができる分、高い給料を設定されていますが、ウェイトレスや受付・接客関係などは現地の人でもできる仕事になるので、時給が最低時給にしてある事が多く、決して良い所得とは言えません。

 

こういった点から見ても、なるべくなら日本で専門的な知識や経験を得て、その上で現地に出向いた方がより良い所得を得ることができるし、何より安定した生活を過ごせるので安心して生活をエンジョイできることでしょう。

 

もし永住権まで繋げたいならIT関係のエンジニアは、世界中で不足している分かなり需要があるので、ぜひ日本で勉強して海外に挑むと仕事を得やすいし、何よりビザの優遇などもあって活躍の幅が大きく広がります。

現地でもリモートワークなどが盛んに行われているので、自分一人で企業と提携して自宅で仕事ができる点なども海外で生活するにはとてもオススメの方法です。

↓Web関係の知識を一から学びたいなら↓

未来のキャリアを作るプログラミングスクール【tech boost】

 

ニュージーランドの給料事情や有給・休日手当について

 

 

日本ではほとんどの企業で月1で給料が支払われますが、ニュージーランドは基本週1回支給の仕組みです。

毎週企業が定めた曜日にお金が銀行口座に振り込まれる仕組みで、振り込まれる前に所得税として15%が引かれて振り込まれます。

*違法労働をやらせる企業だと現金払いなので要注意

 

ニュージーランドの最低時給は、$16.50です。

日本円で換算すると(2018年9月10日時点)1NZD=72.45円なので、約1195円です。

 

日本で最低賃金が最も高いと言われる東京で986円なので、日本よりも時給は高いですよね。

1195円でフルタイムで働けば月に約20万円ぐらいは得る事ができ、日本でバイトするよりも所得は良い方だと言えるでしょう。

 

ただし上記でも述べた通り、ここから税金15%も引かれるので、手元に残る金額は生活する上で少し余裕がある程度になり、決して安定した生活が送れるとは言えません。

 

しかもオークランドなどの都市部であればシェアルームでも最低週に$NZ200~250なので、家賃だけで月約$NZ1000前後の支払い、プラス食費なので現実は厳しい事がわかりますよね。

 

もしパートナーや婚約者がいて共働きで生活すればある程度の余裕は出ますが、一人だとよほどの専門職でない限り決して余裕があるとは言えないのです。

 

だからこそ、日本で専門的な知識や技術を身につけてからその職種に就く事ができれば、時給が$30だったり、職種によっては$50とかももらえることもあるので、全く違う待遇なんですね。

 

ただし、ニュージーランドで働く最大のメリットと言えば、休日や手当についてです。

日本よりもかなり待遇が良いのでぜひ一緒に確認していきましょう。

パブリックホリデー(祝日)
…祝日出勤手当1.5倍+追加で有給1日

シックリーブ(病欠)
…風邪などで休んだ場合に有給休暇とは別で、有給がもらえる(制限アリ)

ホリデーペイ(有給休暇)
…1年間に4週間の有給は必ず消化する義務がある

 

休みや手当に関しては労働者に優しい制度が盛りだくさんで、こういった制度があるから仕事と遊びを両立してバランスよく生活ができ、幸福度が高い環境を作り出す事ができるんですね。

これだけ贅沢な仕組みが整っているにも関わらず現地の人は働きたがらないので、日本人が普通に当たり前のことをやれば必ず高く評価され、活躍の幅も広がるし、かつ仕事もしやすい環境だと言ったらそんな贅沢な話は無いと思いませんか。

 

ただ日本人に足りないのは、語学の問題と一歩飛び出す勇気だけなんですね。

 

まとめ

 

こうやって見てみると海外生活の厳しい現実もあれば、海外で働くからこそのメリットも多くある事が分かるかと思います。

 

正直、普通にニュージーランドに住もうと思ったらお金の事情で困る事がとにかく多いです。

家賃も物価も税金も高いので、日本でもらう月20万円ほどの給料では厳しいと思います。

 

それもあって現地の人の多くは共働きが当たり前だし、最近はホームレスが急増中だと言う話もあります。

 

ぜひこういった現実も知って頂きながら、計画的に海外での生活を謳歌する方法だけ間違えなければ、十分満足できる生活ができるはずなので、日本にいる間にしっかり準備するようにしましょう。

 

専門職の方なら語学さえクリアできていれば、絶対に活躍できるので自信を持って、日本よりも所得も待遇も良い海外転職も視野にいれてもらえると自分の幅を広げる良いきっかけになると思います。

本気の英語習得なら【ライザップイングリッシュ】

ライザップと聞けば筋トレのイメージがあると思いますが、英語教育にも力を入れているのは知っていますか。

しかも「成果にコミットする」というテーマの元、30日以内に成果がでなければ無条件で全額返金というシステムをそのまま教育分野にも導入し、実際に多くの方が成果を残しています。

 

【RIZAP イングリッシュ】の特徴とは?

  • マンツーマンによる個別指導
  • 個人のレベルに応じて徹底強化
  • 高速レスポンス型教育
  • レッスン以外もオンラインサポート

徹底的なマンツーマン指導による会話力を上げ、その人に合った目的・レベルを元に瞬時に判断できる英語脳にするよう叩き込みます。

 

RIZAP ENGLISHのQ&A

「何でレッスン代が高額なの?」
格安の学校にダラダラ通うより短期間で質の高いカリキュラムを叩き込んで成長を早める為です。

 

「宿題が大変すぎませんか?」
ライザップ独自のシステムにより英語で考える時間を強制的に作る為です。

 

「日本人トレーナーのみ在籍で本当に上達できるの?」
ネイティブよりも日本人の方が間違いにすぐ気づくことができ、改善点をその場でアドバイスできるので実は上達が早いんです。

 

RIZAP ENGLISHに向かない人

  • のんびり自分のペースでやりたい人
  • 特に予定もなく勉強したい人
エド君
これらに当てはまる人はライザップではなくて、別の学校に通いましょう。あくまでライザップは「本気で英語を学びたい人だけに本気で向き合う為のサービス」です。高額で厳しくする代わりに成果はしっかり残す。それがライザップのやり方なので、信じれる人だけまずは無料カウンセリングを受けてみましょう。

資産運用&お金稼ぎ情報ブログ
【シェアクリ】

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告