Our New Website 「TOCC JAPAN」 coming soon...

 

皆さんは今やっている仕事に満足していますか?

 

この問いを投げかけた時にどれだけの方が「満足している」と言えるでしょうか。

 

もちろん仕事というもの自体が、自分が好きでやってる人ばかりではないので、満足なんて思考そのものがそもそも存在しない考えなのかもしれません。

 

でも社会人として社会に出てる人のほとんどが何かしら悩みを抱えていて、人間関係や仕事のやり方などに不満があり、転職しようか、それとも続けるべきかで悩んでる方が多いのは事実ですよね。

 

個人的には嫌だったらさっさと辞めて次行こう派なので、悩む時間が勿体無いと思ってしまうのですが、かと言ってただ単純に辞めて次行けばいいかのと言われれば、それは間違っていると思います。

 

もし現在進行形で何か仕事の悩みがあって、転職を深刻に考えている方に一つだけ伝えたいことがあるので、ぜひ僕の想いに少しでも共感してもらえたら嬉しいです。

 

☆アプリで簡単転職相談するなら☆

転職はジョブクル -正社員求人情報を検索してくれる転職アプリ

転職はジョブクル -正社員求人情報を検索してくれる転職アプリ

Smiloops無料posted withアプリーチ

僕が長年勤めてきた美容院を辞めた理由

 

 

僕のことを何も知らない方の為に、簡単に僕のことを説明します。

 

基本的な職業としては美容師をやっていて、現在は小さい畑を借りて農家、そしてブロガーとして生計を立てています。

 

肩書きは、『美容師農家ブロガー』ですかね笑

 

約10年ほど勤めた美容院を辞めて、海外に移住し、美容師や日本食レストラン、工場での勤務などを経て、現在は日本に帰国し、美容師農家ブロガーとしてやっています。

 

詳しい経歴を知りたい方は”コチラをクリック”

 

まず僕が当時勤めていた美容院を辞めた理由ですが、理由は単純、

”先”が見えてしまったから。

 

”先”というのは、今後美容師を続けていく上で美容師人生の進路がなんとなく見えてしまい、それが自分が本当にやりたかったことではなかったからです。

 

お店が嫌いとかスタッフとの人間関係の悩みとかではありません。

 

自分の将来を考える上でこの先の自分の当たり前から脱却し、新たな挑戦をしてみたかったんです。

 

もちろん会社を辞めるというのは、スタッフやお客様に迷惑をかけてしまうのは百も承知です。

 

実際にたくさんの迷惑をかけてしまい、快く送り出してくれる人ばかりではありませんでした。

 

当たり前ですよね。世の中そんな良く思ってくれる人ばかりではないのです。

 

でも辞めた今だから思うことが一つだけあります。

 

 

会社を辞めてから気づく感謝の想い

 

 

この決断が間違ってたかどうかなんて、どうでもいい。

ただ昔の仲間には本当に感謝しているということ。

 

もし僕が美容師じゃなかったら海外に行くなんて考えもしなかったでしょう。

 

美容師だから、手に職を身につける為に教育してくれた方々がいたから、そういう判断ができた。

 

これ会社を辞めたあとで気づいたことです。

 

辞める日までは、正直楽ではなかったので、色々な想いが錯綜し辛い時期でもあったのに、辞めたあとふと昔を思い出した時に気づいたんですね。

 

この決断が正しいとか、間違ってたとかはどうでもいいことなのではないか。

 

辞められた側からすれば、「裏切り者」とか「あいつは最低だ」なんて思われているかもしれないですが、僕はそれでも昔のスタッフには感謝の気持ちしかありません。

 

自己中なのは分かっています、でもそれでいいんです。

 

結局、自分の人生は誰かに作ってもらうものではなく、自分で構築していくものです。

 

そこには誰かの手を借りることもあるでしょう。でも全ての決断も判断も自分ですよね。

 

人から何言われようが、自分でやりたいと思ったことは貫き通した方がいい。

 

もしかしたら会社を辞めた後に、初めて気づくこと、反省することがあるかもしれない。

 

でもそれが自分の成長に繋がるのです。

 

全ての過程や出会い、自分の決断は一つの線で繋がっている。

 

だからムカつく奴や尊敬してた人なども全て含めて、自分には意味があるということ。

 

そしてもう一点、本当に伝えたいことがあります。

 

 

辞めるのは簡単、でも「逃げる為」では一生同じことを繰り返す

 

 

そもそもあなたはなぜ会社を辞めたいのですか?

 

会社を辞めたり、転職する人の中には色々な理由があり、何があっても自分で最終的に決断しますよね。

 

確かにその人たちが言いたいことは理解できるし、間違いではありません。

 

もしあまりにも辛いんだったら辞めた方がいい。

 

なんか最近一部の方達の中では、会社辛いなら辞めた方がいいというだけの意見が多く聞かれますが、僕はそれは半分正解でもう半分は勘違いしてはいけないことだと思っています。

 

例えば、

『辛い=辞める』これが本当に正しい判断だと言えますか。

 

これでは、”単なる逃げ”でしかないと思います。

 

辛いんだったら逃げてもいいです。これ自体は間違ってはいない。

 

でも、『逃げて自分がどうなりたいのか?』が一番大事なんじゃないでしょうか。

 

「辞めてからどうしたいのか?」

 

「辞めて何に挑戦したいのか?」

 

僕が気になるのはこの2点です。

でもほとんどの方が辞める理由はというと、

 

「辛いから辞めたい」

 

「辞めて楽になりたい」

 

「もっと楽な職場を探したい」

 

いやいやこれじゃどこ行っても同じこと繰り返すだけだし、何より今後の成長が全く見込めません。

 

まず自分の行動や思考を改めて見直してみてください。

 

”誰かが”ではなく、”自分が原因”なのではないかと。。

 

自分が成長していないから人間関係や仕事で悩む訳であって、どこに行ってもムカつく奴がいたり、仕事がうまくいかないなんて当たり前。

 

なぜなら自分がその環境や試練を作り出しているから。

 

誰のせいでもない、自分で勝手に自分が辛くなることを作っている。

 

ここに気付けるかどうかは超大事なこと。

 

辞める決断するのも自分、でもその辞める理由を作っているのも自分だと気づいた方がいい。

 

辞めるんだったら、次も同じことを繰り返さないように自分をレベルアップさせる。

 

自分をレベルアップできないんだったら転職しない方がいい。

 

厳しいようだけどこれが現実。

 

絶対に逃げの姿勢で辞めてはいけません。

 

絶対に攻めの姿勢で次の成長を見込んで転職する。

 

自分が描く未来像が一体なんなのか?

 

その為には自分は今何をしなければいけないのか?

 

お金の為じゃない、あくまで自分に素直に、まっすぐに行動しているかどうか。

 

その為だったら転職だろうと何だろうと、どんどんやった方がいい。

 

これ超大事な基本的なことなのでぜひ覚えておいてください。

 

 

まとめ

 

 

そもそも、仕事が辛い、仕事を辞めたいんだったら自分でやればいいんです。

 

事業を起こして自分でやればいい。

 

それが一番簡単で楽な方法だと思います。

 

でもやらないんですよね、やる自信がないんですよね。

 

だったら文句言わずに自分がしっかり成長するまで本気で取り組む。

 

自分がやりたいように周りを動かせばいい。

 

お金稼ぎの為の仕事ではなく、あくまで自分が満足する、自分が本気で取り組めることを探す。

 

その為だったら辛いなんて言葉もないでしょう。

 

お金が欲しいんだったらバイトしてた方が楽だし、確実に稼げる。

 

僕はお金の為の仕事だなんて一度も思ったことはないです。

 

自分が好きなこと、やりたいことをやってきた結果、お金が付いてきた。

 

そして自分が今そこで生活できているのは、色々な人の力があってこその自分がある。

 

絶対にその感謝の思いだけは忘れないで、次に繋げてほしいと思います。

 

転職する前に…ちょっと待った!!

 

転職するのは良いけど、今の時代、ネットをうまく活用して企業の情報をしっかり調べ、吟味してから判断した方がいいです。

転職とは簡単に言えないほど、会社を辞める時も、新しい環境で仕事するのも決して楽ではないし、ストレスも労力もかかる。

「やっぱりあの時調べておけば…ではもう遅い!!」

まずはしっかり希望の会社について情報収集して、自分のキャリアアップや、今までの反省を活かして次に繋げることができるかどうかを判断してからでも決して遅くはない。

とにかく大事なのは同じことを繰り返さない覚悟と、自分の挑戦をし続けること。

あくまで自分の成長の為の転職であることは忘れてはいけません。

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG