Our New Website 「TOCC JAPAN」 coming soon...

 

前回の記事では、有機野菜と無農薬野菜の違いや農薬の危険性に関する記事を書きました。

 

前回の記事はコチラ

[農業の裏事情] 意外と知らない有機野菜&無農薬野菜の違いとは? ~農薬がなぜ危険だと言われるのか~

 

毎日に必要な栄養源である野菜だからこそ、食べるものをしっかり吟味したいですよね。

 

有機野菜にしても無農薬野菜にしても、安全性の高さはある程度までは保証されていますが、やはりそこで大事なのは生産者さんとの信頼性だと前回の記事でも伝えました。

 

誰が、どんな方法で、どういった思いで栽培したのかを我々消費者が見て分かることが何よりも大事なこと。

 

その為には、生産者さんから直接購入するのが確実ですよね。

 

でもなかなかそういう関係を築くこと自体、そう簡単ではない。

 

だったら一番信頼できるのが、自分で野菜を作ってみるということ。

 

でも畑ができる土地なんて持ってないし。。

 

実は、現代ではインターネットをうまく使い、みんなでシェアする方法であれば、家族の分ぐらいを自分たちで賄うことは可能な時代なんです。

 

しかし育てる時間も無いという方も多いと思うので、そんな方にオススメしたいのが『自然栽培』というもの。

 

今回は、自然栽培をススメる理由や、農業ができる土地をシェアする方法を紹介します。

 

 

有機栽培でも無農薬栽培でも無い自然栽培のススメ

 

 

皆さんは「自然栽培」という言葉を聞いたことはありますか?

 

これは有機栽培でも、無農薬栽培でも無い栽培方法なんです。

 

では簡単にそれぞれの違いを下記でまとめて見ました。

 

<有機栽培>

…農林水産省に指定された農薬に関しては使用可

<無農薬栽培>
…農薬を一切使用しない方法だが、過去に使用してたかどうかは自己申告

<自然栽培
農薬を一切使用しないだけでなく、肥料も使用しない方法

 

有機栽培も無農薬栽培に関しても、指定された農薬に関しては使用可(有機野菜)だったり、過去においての栽培方法(例:前年、同じ場所で農薬を使用して栽培したかどうか)による土壌の状態を自己申告になってたりするので、確かな信憑性が無い点が大きなデメリットでした。

 

そういった方に、一番安全で最も信用できると話題なのが「自然栽培」と言われるものです。

 

自然栽培を簡単に説明すると、

”農薬も肥料も一切使わず、更に雑草なども放置で自然のまま栽培するという方法”

 

「そんなんで野菜が育つの?」と疑問に思う方がいると思いますが、野菜はどんな環境であれその環境に合わせてしっかり育つのです。

 

農薬も肥料も元々の土壌に存在し、人工的に加えることは必要ない。

そして、生えてくる雑草にもすごく意味があるとされていて、その自然に行われる行為を壊してはいけないというところから考えが始まっているようなんですね。

 

ではなぜ自然栽培が良いと言われるのか?下記で説明しましょう。

 

 

野菜栽培に使う肥料が問題の原因となっている

 

 

農薬がよくないと訴える人がいても、肥料がダメだと言う人はあまりいませんよね。

 

一部の方達の中で、

『肥料が様々な野菜栽培の問題を作り出している根本的な原因』という説を唱えている方がいます。

 

”肥料を使うから、農薬を使用しなければいけなくなっている”というのです。

 

その理由とは、『肥料を与えることで実りが良くなりすぎてしまうから』

 

野菜に肥料を与えて成長を早め、より栄養価の高いものを作る為に行なっているのに、逆に実りが良くなりすぎてしまい、虫が寄りやすくなってしまっているというのです。

 

本来、虫もバカではないですから、栄養の濃い良い物を見分けて飛んできます。

 

虫が寄りやすくなるということは、生産者としては虫を駆除したくなりますよね。

 

そこで農薬を使いたくはないけど、駆除に手間も時間もかかるから、農薬を使うしかないという悪い流れを自ら作ってしまう。

 

農薬を使えば虫は駆除できますが、農薬により野菜栽培においての大切な役割を失ってしまいます。

 

それが生命が育つ上で欠かせない存在、『微生物』です。

 

農薬をかければ、もちろん微生物も死にます。

 

微生物が死ねば、野菜を成長&保護する機能が無くなる為、天候などの様々な影響を受けやすくなり、病気にかかりやすくなります。

 

状態が悪くなっている野菜を見て慌てた生産者は、更に肥料を与え、また農薬を散布する。

 

それを繰り返すうちに、今度は野菜の栄養源である土壌が汚染されていきます。

 

これにより土中の微生物が消滅し、土自体がどんどん痩せ細ります。

 

痩せ細って栄養の無い土では野菜は育たないので、更に肥料を与え、無理やり大きくしようとする。

 

その結果、栄養価がほとんど無い見た目だけの野菜が誕生してしまう。

 

この根本的な原因を作り出しているのが、肥料だったのです。

 

通常の自然な流れで野菜が成長していく過程を人間の手によって狂わせてしまい、土の循環をも破壊して、自然環境そのもにも影響しているということ。

 

人工的に肥料を与える必要があるのかについては、今一度改める必要があるのかもしれません。

 

肥料の材料自体に問題がある場合も

肥料の材料には、残飯や糠や油粕、家畜の排泄物を乾燥させたものなどがあります。

例えば残飯に使われるものの中には、保存料や食品添加物が配合されていたり、遺伝子組み換え食品の使用の可能性。

家畜の排泄物には抗生物質やホルモン注射などを施した家畜の肥料を使っていることもあります。

野菜の栄養を補う為の肥料が、逆に野菜の組織を狂わせるだけでなく、自然環境そのものを破壊する手助けをしてしまってることがあるのです。

 

自然栽培のデメリットとは?

 

 

そんな魅力溢れる自然栽培ですが、もちろんデメリットもあります。

 

それは一般的な農法により栽培に比べて、商売としての自然栽培はかなり至難の業だということ。

 

①収穫量が圧倒的に少ない

当たり前ですが、通常の一般的な栽培による農法では、農薬や肥料を使っているから、販売できる野菜の量も多く作れています。

安く販売でき、大量に生産して、世の中で飢餓を起こさない為に不足の無いよう維持されています。

その分、無農薬栽培や有機栽培は数を生産することが大変難しい為、価格が高くなるのは当たり前。

更に栽培が難しいと言われる自然栽培だとより希少なものになるので価値はもっと高くなります。

そして栽培する過程においても、自然栽培だと一つ一つ丁寧に管理しながら、虫の影響や、野菜の状態を見て育てます。

それに対して通常の栽培方法の場合は、全体に農薬を散布し、トラクターなどで耕し、一気に植え付け&収穫まで完成させてしまうので、早さ、的確さ、そして手間のかからなさは一般的な農法の大きなメリットと言えるでしょう。

なので生産数が限られてしまうことから儲かりにくのがデメリットとなります。

 

②安定して売れない

通常の農法によって生産された野菜であれば、農協や卸業者、飲食店などへの販売ルートを確保しやすく、より販売しやすい工夫がされているので、利益があげやすい構図になっています。

しかし、自然栽培などの野菜を生産する場合は、そういったルートは自分で見つけて、自分で作っていく必要があるので、まず買い取ってくれる業者を探すのがとにかく大変です。

現在ではネットなどでも簡単に販売できますが、それでも信頼性を構築するまでに相当な時間と、努力が必要になってくるでしょう。

 

 

それでも安心安全の野菜を食べたいなら。。

 

 

それでも安心できる野菜を食べたいと言う方もいることでしょう。

 

そこまでこだわる方であれば、絶対に自分で作った方がいいです。

 

僕は実際に美容師をしながら野菜を作っていますが、この経験が色々な健康の問題や食の安全などを考え改める良いきっかけになりました。

 

こういった記事を書いているのも、もちろん自分で畑をやっているからです。

 

畑を触ると言うことは自然環境に自分の身を置くことであり、自然の偉大さや素晴らしさ、そして何よりも自分自身を見つめ直すきっかけを作ってくれます。

 

土を触ったり、野菜や虫などの生き物の存在を身近に感じることは、自分が生きる存在意義を確認することに繋がってるからです。

 

忙しい日々を過ごしている現代人だからこそ、一度生き方を見つめ直し、自分にとって何が必要なのかを自分自身に問う時間は絶対に必要。

 

そして自分で考えて、試行錯誤を繰り返して作り上げた野菜は、見た目や味がダメだったとしても、その野菜を食べる意味や、価値を肌で感じることができます。

 

何か迷っていたり、自分を見失ってしまいそうな時ほど、自然環境に身を置くことで何かを気づかせてくれます。

 

もし空いてる土地や、空いてる農地を活用できるチャンスがある方は、ぜひ挑戦して見てください。

 

 

空いてる土地が無いけど、畑をやってみたい…

 

現在日本では、農家の高齢化や人材不足により、農地として維持できなくなったり、空いた土地があるけど使ってくれる人がいなくて困ってるなどの問題が深刻化しつつあります。

 

そんな悩みを解決する為に、”都市×農地”を繋ぐ架け橋になることを構築されている企業が、『シェア畑』さんです。

 

 

空いてる農地を誰でも気軽に活用するようにと、その仲介役として会社を立ち上げ、現在は首都圏をメインに、関西地方も含め全国70農地も誕生。

 

利用者数20000人を突破し、様々なメディアに掲載され、今すごく話題の週末農家を体験できるとして大変注目されています。

 

シェア畑の特徴とは?・栽培に必要な道具は必要なし。手ぶらで通える!
・化学肥料&農薬は一切使わず無農薬野菜を栽培可能
・初心者の方にも専属アドバイザーが教えてくれる
・野菜栽培の講習を開催したり、栽培代行サービスも可
・今後は全国での更なる展開予定
・トイレ&休憩スペースも完備で子供安心
・季節ごとの野菜を年間通して15種類以上収穫が楽しめる
・週末だけなどの週1からの来園でもOK
・30分程度の無料見学実施中♪
*料金は区画、地域によって異なります

 

 

オースティン君
この企業の最大のメリットは手軽に参加できて、道具を揃える必要もなく、手ブラでいつでも参加できるということだと思う。子供への食に対する教育だったり、体験させて実際に新鮮な野菜を食べさせることは健康に良いだけでなく、生きる意味を考える良いきっかけになると思うんだ♪

 

まずは現地見学から始めて見ませんか?

★登録はコチラから★


この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG