仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

ミネラルウォーターを飲んでも意味ない!?浄水の水道水の方が安全で健康にも良い理由。

ミネラルウォーターを飲んでも意味ない!?浄水の水道水の方が安全で健康にも良い理由。

 

もし、「あなたが飲んでるミネラルウォーターには特別効果がない」と言われたらどう思いますか?

 

健康に良いと思って飲んできたミネラルウォーターでも、その効果がどれほどあるのかというのは、実は立証されてはいません。

 

現代では水とは言っても、色々な種類の飲み方があってどれが良いか迷ってる方も多いはず。

 

そこで今までの当たり前の常識とは別の視点から見方を変えて、水の特徴や仕組み、そして選び方を解説していきましょう。

 

 

一般的な健康の常識が覆される現代

 

 

そもそもなんですが、僕は一般的に身体に良いと言われる食品は、ほとんど摂りません。

 

もちろん完璧に添加物などを防ぐことはほぼ不可能な世の中なので、徹底的にやってるかと言われれば嘘ですが、

例えば、牛乳は飲まないし、1日3食も食べません。

 

市販の一般的な調味料なんて使わないし、界面活性剤系の洗剤、ボディソープも使いません。

 

もちろんそれには理由があるからそのような経緯に至ったわけであって、その結果、色々な身体の変化を実感し、自分には間違いない判断だったと確信しています。

 

こうして考えると、日々の当たり前と言われる情報自体が嘘かホントかなんて誰にも分からないし、どれが正解かなんて人それぞれ違うのは当たり前。

 

でもほとんどの人たちが間違って覚えてきた常識に固執しすぎていて、時代と共に変化していく常識という価値観に、対応しきれていない人が多くいるのも事実。

 

そうやって考えた時に、今まで水道水よりもミネラルウォーターの方が身体に良いと言われてきましたが、今一度本当にその情報が正しいのかどうかを改めて議論すべき時がきたんだと感じます。

 

これにも正解・不正解という結果を見いだすことは難しいですが、大体の検討はつくはずです。

 

最初に答えから言いますが、水道水の方が安全性が高い。

 

ミネラルウォーターの方が安全とは言えない。です。

 

なぜそう思うのか?僕なりの意見や専門家の意見をまとめて下記で解説していきます。

 

 

なぜ水道水の方が安全だと言えるのか?

 

 

まずほとんどの方が勘違いしてることの一つに、

「ミネラルウォーターより、水道水の方が水質検査の基準が厳しい」という事実があります。

 

実はほとんどの人がこの情報を知らず、水道水に対して1000倍近い値段のミネラルウォーターに消費してしまっているのです。

 

それには水質検査項目というものが大きく関係しています。

 

ミネラルウォーターの水質基準原水で18項目が基準値内であれば、販売でき、検査の頻度は1年に1回程度。
そして国産のミネラルウォーターの場合、水質・水源・採取日時などの品質管理の明確な基準や規制がありません

 

水道水の水質検査基準水道水は、”生涯にわたって毎日連続的に摂取しても健康に影響が生じないように、”という観点で基準を定めています。
定期的に原水を採水するだけではなく、家庭の水道の蛇口からも採水して検査しています。
農薬類や水質基準項目など、合計200項目以上を調べます。
検査の頻度は毎日の項目から、1か月毎、3か月毎、6か月毎、1年毎、とあります。

 

基準値の項目数や検査の頻度まで全く違うことにお気づきでしょうか?

 

圧倒的に厳しい水質検査をクリアした上でそれぞれの家庭の蛇口から出てくる水道に対して、ミネラルウォーターに関しては、その水質検査の基準となるものがかなり曖昧なんですね。

 

これは危険性の高い成分が水の中に入ってる場合でも、水道水の基準とミネラルウォーターの基準値とには、約3〜5倍の差があると言われています。

 

それだけ緩い基準値を元に製造されるミネラルウォーターが、安全と言える訳がありませんよね。

 

そして色々な専門家から言われていることがもう一つあって、

”動かない水は死んでる”という意見があります。

 

これは僕個人的にこの意見に賛成派で、自然界にある水とは常に動いていますよね。

 

川や海、湖などどの環境にある水は必ず動いていて、その動きがあるからこそ水中に酸素やミネラル分が溶け出し、その栄養素を摂取しながら呼吸をして生物たちが存在しています。

 

でもミネラルウォーターとして販売する過程で、煮沸消毒やものによっては防腐剤を添加したりして品質をキープしています。

 

それは”生きた水”と言えるのでしょうか?

 

真空で容器の中に閉じ込めたとは言え、家の環境や季節によっては暑さから水質に変化が起きたり、異常が起きてもおかしくないですよね。

 

川や湖の水が腐れば生物が生き延びることはできません。

 

動かない水に対して、常温でも置けるような水が”生きてる”とは言えない気がします。

 

全ての商品に当てはまるわけではないですが、少なからず”生きた水を摂取する意味”を考えなければいけないのではないかと思います。

 

 

水道水の危険性と懸念点

 

 

上記でお伝えしたように、飲料水として考えるには、”動く水”を摂取した方が良いです。

 

もちろん容器に入ったミネラルウォーターが完全に悪いという訳ではないですが、あくまで常飲する水としては、水道水の方が適しているということ。

 

しかし水道から出てくる水自体に問題はなくても、その水が通ってくる水道管に問題があっては意味がありません。

 

老朽化やメンテナンスを施していない水道管だったり、現在では禁止になっているを使用した水道管の交換がまだなされていない地域も多く、そういった地域の水には『鉛』『サビの成分』などが含有してる可能性もあります。

 

あとは水道で最も懸念される成分と言えば、『塩素』ですよね。

 

塩素は、河川から採取する水を消毒・殺菌する為に浄水場で使用しているもの。

 

もちろん『塩素』を使用してるから、余分な不純物を除去でき、安全な状態で蛇口から出てくるようにしてあります。

 

しかしその塩素にも危険性があることは知っておいた方がいいでしょう。

 

ではそれぞれの成分が入ってることで、どのような懸念点があるのでしょうか。

 

<塩素の危険性>

・乾燥肌を招く
・アトピーの悪化
・アレルギー疾患
・心臓病
・脳卒中

 

<鉛やサビの危険性>

・慢性的な頭痛
・慢性的な疲労感
・不眠
・痴呆
・腎臓障害

 

これだけの危険性があるだけでなく、他の様々な病気の症状にも関係するのです。

 

なのでこれらの危険性を除去するには、排水管を交換することが望ましいですが、蛇口から出てくる水自体を個人個人の自宅でろ過、もしくは浄化することでかなり防げると言われています。

 

そこで必要なのが蛇口に直接取り付ける浄水器です。

 

たったこれだけのことでも多くの有害物質の危険性を除去でき、飲料水や料理などにも安心して使えるようになります。

 

なので最低限、水道水を使用する際には浄水器を付けることは心がけていきましょう。

 

 

[最新] 安心安全の不純物除去性能が高い浄水器

 

ではどういった浄水器を取り付けたら良いのでしょうか?

オススメの商品を紹介します。

 

浄水器を選ぶポイント

・カートリッジは13項目除去性能

・浄水口ごとのカートリッジ交換

・原水、浄水の切り替え必須

・年間コストが安いもの

 

オースティン君

浄水器を取り付ける本来の目的は安全な水を飲むことですよね。

なので徹底的な除去性能と、なるべく年間コストが安いもの。

この2つが合致したものがベストな選択になります。

 

本体代は頻繁に交換するものではないので、そこまで価格を気にするものではないと思います。

カートリッジの除去性能や交換頻度をメインに考えていただいて、その中で特にオススメの商品を紹介します。

 

ダントツでオススメできる『東レのトレビーノ』

 

 

トレビーノのメリット・蛇口直結型浄水器

・除去項目13種類

・カートリッジごと交換

・蛇口直結型浄水器

・除去項目13種類

・カートリッジごと交換

・デジタル表示

 

トレビーノのデメリット・ランニングコストが高い

 

個人的には色々な浄水器が販売されている中でも、トレビーノ以外にベストな選択はないと思っています。

 

安全性の高さを売りとした、徹底的な有害物質除去と、簡単に交換可能で手間がかからないこと。

 

そして交換時期がすぐ分かるデジタル表示になってることなど、細かいところにまで気を配っていて、性能も申し分なし。

 

最強の浄水器だと思います。

 

ただしデメリットを挙げるとするなら、他メーカーに比べると少しだけランニングコストが高いですが、その分を補うだけの性能の高さと便利で使いやすい点などを考えれば決して無駄ではないはずです。

 

安心安全の高機能浄水器をお探しの方はぜひ一度購入を検討してみてくださいね。

 

★交換用カートリッジはコチラ★

 

 

まとめ

 

今回は飲料水の選び方や、水道水のメリットについての記事でしたがいかがだったでしょうか。

 

水は人間が生きる上でも一番大切なものなので、しっかりとした知識を持って、選ぶ必要があります。

 

ミネラルウォーターにも水道水にもメリット・デメリットがあるので、どちらが良いかなんて一概には言えませんが、個人的には水道水を浄水器に通した上で飲むことが最も適した飲み方だと思っています。

 

特にお子さんやペットがいる家庭は、ミネラルウォーターが適さない場合もあるので、勝手に体に良いからと思い込んで飲ませてしまうのは大変危険な行為です。

 

ぜひ今一度どちらが一番適しているのか判断された上で、飲料水を選ぶようにしてくださいね。

 

読んで頂きありがとうございました。