仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

海外旅行好きの僕が泊まったホテル「ザ プリビレッジ フロア バイ ボレイ アンコール」~カンボジア編~

海外旅行好きの僕が泊まったホテル「ザ プリビレッジ フロア バイ ボレイ アンコール」~カンボジア編~

 

今回オススメするホテルは、カンボジア・シェムリアップにある、

『ザ プリビレッジ フロア バイ ボレイ アンコール』です。

 

カンボジアと言えば、「世界遺産アンコールワット」ですよね。

 

昔テレビ番組で「電波少年」という番組をやっていて、企画で「アンコールワットに道を作る」というかなり大掛かりなことをやった日本人がいました。

 

当時すごく人気番組で、小学生だった僕は好きでよく見ていたのを覚えています。

 

そしてそのテレビで見るアンコールの素晴らしさに憧れて、

「僕もいつか絶対行こう」と決めていたのです。

 

そして、この年になってついに念願のアンコールワットに足を踏み入れました。

 

まあ正直な感想は、当時見たままの『感動&唖然』でしたね。。

 

何度も訪れるような場所ではないけど、あの感動は行った人にしか分からない。

 

あの空気感や匂い、この目で見た記憶は一生忘れることはないでしょう。

 

今回は、アンコールワットの事は軽く説明する程度で、

その時に泊まったホテルのレビュー記事になります。

 

 

 

アンコールワットってどんな所?

 

 

アンコールワットってなんとなく聞いたことはあっても、詳しく知らない人が多いと思うので軽く説明させてください。

 

カンボジアにある世界遺産です。
1979年に登録され、世界各国の援助により修復作業が今もなお続けられております。
数年前まで内戦があり、それによって破壊されてしまったのです。
もちろん日本も援助しており、私が去年の今頃に行ったときは上智大学の表示がありました。

アンコール・ワットのアンコールとは王都、ワットとは寺院を意味します。
ヒンドゥー教の寺院であり、王の墓でもあります。
12世紀前半にアンコール王朝のスールヤヴァルマン2世によってつくられました。
石造り、左右対称で巨大なアンコールワットはクメール建築の最高傑作ともいわれています。

アンコールワットはアンコール遺跡群の一つなのですが、アンコールトムというのもあります。

アンコール・トムとは大きな街と意味で、城壁に囲まれた城塞都市です。
12世紀後半にジャヤヴァルマン七世によって、ベトナムのチャンパ軍によって破壊された王都は再建、仏教による神都として再生されました。

*ワットとトムでは宗教が違うのです!

引用:Yahoo!知恵袋

 

ここは説明するより、来て、見て、感じた方が早いです。

 

まず「でかい」「偉大」「繊細」「感動」

 

これらが一遍にくる感じ。

 

そしてとにかくすごく大きなパワーを感じることができます。

 

これは行った人にしか分からない感覚だと思いますが、日本の寺院や神社とは比べ物にならないほどの素晴らしさです。

 

 

世界遺産や歴史好きな方にとっては最高の場所だと思います。

 

すいません、説明下手で。

 

でもこれ以上言うことは無いぐらいの強烈な衝撃を受ける場所なんです。

 

おそらくほとんどの方が何も言えず唖然とすると思います。

 

噂によるとピラミッドやマヤ文明との繋がりもあるという話もあり、これらに共通するのが宇宙との繋がりや人類の誕生、そしていまだに多くの謎に包まれた歴史が多すぎること。

 

ピラミッドも実際に見たからこそ分かりますが、似たような印象を受けます。

 

謎と神秘さを兼ね備えた人間ごときでは踏み込めない領域。

 

とにかくアンコールは一度は行った方が良い。

 

死ぬまでに絶対に見といた方が良い、これだけは言えます。

 

 

 

 

ザ プリビレッジ フロア バイ ボレイ アンコールのレビュー

 

 

今回アンコールワットを見て回る上で、全体を見るには最低でも3日が必要だとネット上で書かれてたので、3泊4日の滞在の為、こちらのホテルを選びました。

 

正直、世界遺産というのもあって、ホテルもピンからキリまで、多くのホテルがあるのでかなり悩みました。。

 

その中でも選んだ理由は一つ。

 

Expediaなどの予約サイトの評価が抜群に高かったから笑

 

もちろん高額な金額出せば他にも良いホテルはありますが、高過ぎないけどそれなりに安心して滞在できるホテル。

 

そういった理由からこちらのホテルを選びました。

 

でも結果的に見ればこの選択は間違ってなかったと言えます。

 

このホテルは、シェムリアップにある「ボレイアンコール」と言う大型リゾートホテルの中にある、特別フロアのホテルになります。

 

なのでボレイアンコールの中でも一段上のランクだと思ってください。

 

もちろんボレイアンコール内の設備(プール&スパ等)は利用できます。

 

なのでそれなりに高級感はあって、贅沢な雰囲気は十分感じれるホテルとなっています。

 

↓↓当サイトオススメの予約サイト↓↓

①コンシェルジュ付きの空港送迎

 

こちらは事前に予約を入れておくと空港送迎を無料でやってくれます。

 

この事前に予約がポイントで、こちらのホテルには日本語を喋れるスタッフがいない為、英語でのメールのやり取りをする必要があります。

 

英語に自身の無い方は、コミュニケーションをとるのが少し難しいかもしれませんね。

 

空港に着いてから送迎があるか無いかはその旅行の楽しみが全く変わってくると思います。

 

時間の節約や手間、そしてとにかく楽に安心して滞在できると言うのは、全てにおいて変わってきます。

 

地域柄どうしても観光客を狙った犯罪やぼったくりなど頻発しやすいので、しっかりとしたホテルを選んで安心して任せられるホテルを選択することは、海外旅行する上では必須な条件だと思います。

 

やはり海外は日本とは違うということを忘れてはいけないのです。

 

車に乗れば手作りの可愛い花飾り(ラベンダーかな?)ウェルカムギフトをもらい、爽やかな匂いに包まれた車内で、冷えたペットボトルの水もサービスでもらえます。

 

そしてホテルまで向かってる間に車内でチェックインを済ませてくれるので、ホテルに着いたらフロントに行く必要もなく、そのまま部屋まで案内してくれるのです。

 

これはかなり楽だし、良いサービスだなと感心しました。

 

帰りの際も、時間や予定をあらかじめ伝えてあるので、当日も安心して空港まで送ってくれます。

 

 

②天蓋付きのソファがあるプレミアムルーム

 

僕たちが泊まった部屋は、プレミアルームという部屋で少しだけ贅沢な部屋になります。

 

というよりもこのホテル自体が中の上ぐらいのプチ高級ホテルなので、全体の豪華さや、サービスは結構良い方だと感じます。

 

部屋にはバスタブも付いているし、シャワーも安心して使え、ベッドも快適。

 

ベランダには天蓋付きのソファみたいのが置いてあり、外でゆっくりすることもできます。

(部屋によっては綺麗な景色も堪能できます)

 

ただし暑いので長時間外にはいれないかも?

(季節による)

 

部屋は十分すぎるほどの満足感を得れると思います。

 

 

③絶品フォーやパンケーキも楽しめる豪華朝食

 

次にこのホテルのオススメなのが食事です。

 

朝食に関しても、かなり豪華で種類も多く、とにかく美味しい。

 

元々東南アジア系の料理はたまに食べる程度でしたが、このホテルの料理をきっかけに今ではめちゃくちゃ好きになりました。

 

フルーツやデザート、もちろんカンボジア料理は美味しいですが、

特にオススメなのが「フォー」です。

 

ここのフォーが美味しいのか、カンボジアのフォーが美味しいのか分かりませんが、二人して何杯もおかわりしたほど。

 

チキンのダシが効いてて、さっぱり食べれるのがとにかく絶品でしたね。

 

朝食のビュッフェの際にぜひ堪能してみてください。

 

 

④安心して観光できる送迎サービス

 

観光に関しては、アンコールワットまでは車かトゥクトゥクかを選べ、担当のコンシェルジュがその手配を全て行ってくれます。

 

いつ・何時に出発かを伝えれば、当日にフロントに行くとすぐに案内してもらい、観光地まで連れてってくれます。

(ガイドが必要かどうかも確認されると思います)

 

オールドマーケットなどの繁華街に歩いてもいけますが、治安の面やとにかく暑いので、トゥクトゥクを利用して行った方が良いでしょう。

 

現地に着いたら、「何時に迎えに来ればいいか?」を聞かれ、大体の目安で口頭で伝えればその時間帯に同じ場所に向かいに来てくれるので、帰りも安心できるという点でもホテルのサービスを利用しない理由が無いでしょう。

 

特にアンコールワットに関しては、広すぎて疲れます。

 

かなり歩くのと、とにかく暑くて体力的にやられるので、アンコールワット観光に関しては車の手配をお願いした方がいいでしょう。

 

車の中には冷たい水が常備してあるので、そういったサービスもそこそこのホテルに泊まらないと受けることは難しいですよね。

 

*観光地送迎は有料になります

 

⑤笑顔溢れるホテル全体のホスピタリティ

 

そして何より良かった点は、スタッフの笑顔と対応です。

 

ホテルに着いた初日から、第一印象が、スタッフそれぞれがイキイキとしていて、とにかく笑顔が素晴らしいなという印象がこのホテルにはあります。

 

フロントに立つスタッフを始め、通りがかりのスタッフまで、笑顔を絶やさず、常にお客様を歓迎する意識を感じることができました。

 

これは海外の高級ホテル以外ではなかなか感じることが難しいですよね。

 

そしてたまたま僕たちの担当の子が良かっただけかもしれないですが、すごく丁寧で、毎回ホテルに帰るたびに何かしら声かけてくれて、その都度お世話をしてくれました。

 

観光地の案内や次の日の予定、その日の夕食などの案内もしてもらい、気が利いていて、とにかく親切。

 

どのスタッフもしっかり教育されている印象があります。

 

日本のおもてなしに近い、もしくはそれ以上の対応だったと感じる良いホテルだったなと思います。

 

それだけでもここに滞在する理由の一つとして選ぶ価値があるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

 

・現地ではプチ高級なホテル
・空港送迎無料(要予約)
・車内チェックインが超楽
・担当コンシェルジュが付く
・部屋は綺麗で広い
・ベランダに天蓋付きソファがある
・朝食ビュッフェが美味い
・観光には車かトゥクトゥク必須
・スタッフの笑顔&教育が素晴らしい

 

アンコールワットに滞在予定の方はぜひ参考にされてみてください。

 

英語ができた方がいいですが、できなくてもこのホスピタリティ精神のあるホテルならそれなりに安心して滞在できると思います。

 

それだけ魅力溢れるホテルに、壮大なアンコールを観光して、ぜひ満足のいく旅行にしてください。

 

それだけの魅力がこの地域にはあるのです。

 

読んで頂きありがとうございました。

 

↓↓ザ プリビレッジ フロア バイ ボレイ アンコールの予約はコチラ↓↓


当ホテルの口コミ&詳細はコチラをクリック

↓↓当サイトオススメの予約サイト↓↓

当ホテルの口コミ&詳細はコチラをクリック