仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

[驚愕] 「朝ごはんを食べないといけない」という強迫観念が病気を作る。朝食は本当に必要なのか?

[驚愕] 「朝ごはんを食べないといけない」という強迫観念が病気を作る。朝食は本当に必要なのか?

 

皆さんは朝食は食べますか?

 

昔から朝食は「最も大事な食事」だとか、「食べなければいけない」と教えられてきましたよね。

でも最近になって実は『朝食は食べなくていい』という話が浮上してきました。

 

実際に僕自身も朝食は本当に軽くしか食べません。

寝起きの白湯とフルーツのみです。

 

なぜなら”朝食は食べた方が調子が悪くなるから

「嘘だ」と思う人もいるかもしれないですが、基本的な人間の構造を理解すれば本当に必要かどうかが分かります。

 

今回は朝食の有無について、皆さんとシェアできればと思います。

 

そもそも昔の日本人は一日二食だった

 

基本的に1日3食が当たり前の現代ですが、これが定着したのは江戸時代・元禄期(1688~1704年)以降のこと。

江戸中期にさまざまな産業の生産性が高まり、流通が盛んになるまでは1日2食が普通だったと言われています。

 

もともと公家の世界では、朝食をお昼くらいに、夕食を夕方4時頃にとっていました。

また庶民も、朝早くから起きてひと仕事終えたあとに朝飯を食べ、仕事の合間に遅い昼飯を食べていました。

 

当時は皆1日2食が普通の時代だったんです。

 

それが一説によれば、1657年に江戸を襲った「明暦の大火」の後、町を復興するために、各地から大工、左官屋などの職人たちが集まってきたことで、食に対する文化が変化したと考えられています。

彼らは肉体労働者ですから、当然1日2食ではお腹が減って体力が持ちません。

 

それにより江戸のあちこちに、屋台や飯屋ができるようになり、外食産業が栄えました。

それから復興のために働いていた職人に正午過ぎにも食事を出すようになったのも、関係していると言われています。(諸説あり)

それが現代まで続く食慣習へと変化していったのです。

 

ちなみに江戸庶民の食事は、朝に一日分の飯を炊き、それを飯櫃に入れて昼と夜に食べます。

・朝食 … ご飯、味噌汁、漬物

・昼食 … 朝の残りものや軽い弁当

・夕食 … ご飯、野菜の煮物、焼き魚など

 

でもここで考えて頂きたいのが、現代の食習慣を考えれば当時のような質素な食事ではなく、肉も魚も野菜もなんでも食べれる時代ですよね。

当時の彼らからしたら今は豪華すぎて、高カロリーなもので溢れています。

 

そんな贅沢な食文化がある現代で、1日3食も食べる必要があるのかどうかを考えてみてください。

 

そして昔と違い便利な世の中になって、長時間歩いたり肉体労働の仕事をしている人は少ない時代です。

そう考えると、現代人は本当に3食も食べる必要があるのか?少し疑問に思ってしまいますよね。

 

次の項目から詳しく解説していきます。

 

僕たちが知らない、朝食が一般的に広まった訳

 

 

でもここで誰もが思うことがいくつかあると思います。

 

「 なんで世間は朝食が必要だと言うの? 」

「親や先生から1日3食は食べなさいと言われてきた」

「朝食を食べないと病気になる」

 

なんて思う人も多いのではないでしょうか。

でもこれは完全に僕たちがメディアや教育によって、洗脳されてきた大きな罠です。

 

1日3食が良いと言う根拠も、朝食を食べるから健康に良いと言うデータも、全く確証も信憑性もありません。

これには、以下のような理由があると言われています。

①一日三食を広めたエジソン説

朝食を世界的に普及させた理由の一つに、「エジソン」が関係していると言われています。

彼が自分で発明したトースターを普及させるために、「 朝食が大切 」とメディアを活用して発信し、現在の朝食文化の定着に貢献したとされています。

「健康のために朝食を食べよう」というものを作り出し、これが功を奏しトースターはよく売れ、その後「ケロッグ社」が展開して同じように成功を収めたのもエジソンがそのきっかけを作った一人。

要は発明したものを売る為の戦略だったという説。

 

②経済効果の為の、マインドコントロール説

例えば、日本の国民全体に朝食文化を根付かせることで、得られる経済効果は、『年間約1.5兆円』に上ると言います。

国や企業が潤う為には、消費が増えなければいけませんよね。

その為には、「朝食は体に悪い!」なんて絶対に言えません。

僕は海外に住んでたから分かりますが、外国人の生活で、夕食以外の朝食や昼食はかなり質素です。

僕たち日本人が知ってる豪華な朝食を食べているイメージは、完全に洗脳されたもの。

もちろん中にはそういった人もいると思いますが、ほとんど食べない、もしくはお菓子だけなんて人も多くいます。

ここで海外にある食に纏わることわざを知っていますか?

「 1日3食のうち、2食は自分のため、1食は医者のため(ドイツ) 」

「 人間は食べる量の4分の1で生き、4分の3は医者のために食べる(古代エジプト)」

1日3食は自分の為ではなく、医者の為になる。

このことわざが一般的に広がらないのも、食事量を減らすことで病気になる人が減ってしまうと、食品業界や医療業界まで儲からなくなり、国の経済発展にとって大きな妨げになってしまう。

その為にはうまく国民をマインドコントロールして、国や企業の為に消費を増やしてもらう必要があるのです。

 

このように僕たちが知らないところで、大きな利権や食の支配が行われてきました。

そこにはお金の流れだけでなく、経済そのものを動かすほどの大きな仕組みになっています。

 

現代では色々な栄養に関する情報で溢れていますが、僕たちはまずその情報を鵜呑みにしていいかを、一度自分の頭で考える必要があるのです。

 

「○○が健康に良い」

「◯○がダイエットに良い」

などという情報が錯乱していますが、それが正しいかどうかなんて、ある人には良くても自分に合うかどうかなんて分かりません。

そしてそう言った情報発信には多額のお金が動いている場合がある。

 

『普段の何気ない当たり前を疑う』

 

僕が常に意識していることの一つで、何も考えなしに行動したり、鵜呑みにしていけません。

必ず自分の頭で考え、自分の体で確認する。

 

健康である為にはすごく大事な考え方だと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

 

朝食を食べることの何がいけないのか?

 

 

ではここからはもう少し詳しく、朝食の何がいけないのか?について解説していきましょう。

①朝は一日で大切な「排出の時間帯」である

 

朝は人間にとって最も大切な「 排泄 」の時間帯です。

人間は「取り入れる」ことを重要視しがちですが、取ったものを「排出」することもすごく大切な要素。

人間の生理的リズムは、以下のような「3つの時間帯」になると言われています。

4時~12時 … 『排泄』
12時~20時 … 『栄養補給』
20時~4時 … 『吸収、回復』

特に注目すべきポイントは、栄養補給する時間帯が『12~20時』排出する時間帯が『4~12時』という点。

12~20時までが栄養を最も補給しやすい時間帯を示していて、お昼ご飯の時間帯から夜ご飯(20時頃)までのことを表しています。

では4〜12時までの時間帯は、ちょうど一般の方が起きて出勤するまでの時間帯を表していてほぼ排出の時間帯となっています。

このように生理的に見ても、人間にとっては1日2食がベストな選択だと言えます。

この人間が自然に持つ生体リズムを狂わせてしまうと、排出すべき体内の毒素がうまく排出できず、そうなると毒素が停滞してしまい、それがきっかけで病気の原因を作り出す。

さらに、重要なホルモンである「モチリン」というもの。

これは、腸の蠕動(ぜんどう)運動を促がし、体内を掃除するホルモンで、空腹時間が8時間以上続いてようやく分泌が開始されます。

このモチリンは空腹時間が長ければ長いほど体内の排泄機能が高まり毒素の排出量も増大するのですが、食事をすることによって分泌が停止してしまい、消化にエネルギーを集中させてしまいます。

そうなると唯一排泄に時間をかけれる時、即ち前日の夕食後から就寝時、そして昼食までを空けることで1日の排泄の時間を設ける事ができて、体内の掃除をうまくしてくれるのです。

 

②朝食が原因で「活力を逆に抑えてしまう 」

 

よく朝食を食べないと元気が出ないという人もいますが、実は朝食を食べている時は良くても、食べたあと数時間は本領発揮できないという人がいます。

人間の自律神経には筋肉の緊張、脈拍や血圧を上げて体を強くする「 交感神経 」と、逆に血管を広げ血圧を低下させ、体の回復、リラックスを促がす「 副交感神経 」があります。

誰もが食事の後、ゆっくりしたいとか、横になりたいなど、一休みしたくなりませんか?

実はこれこそが活力を抑えてしまう原因で、食事をすると消化吸収の効率を高めるために、自動的にリラックス時の副交感神経が優位になってしまうのです。

逆に、空腹時は戦う為の神経である「交感神経が優位」の時で、空腹時は動けなくなるワケではなく、むしろ戦うエネルギーが最も活発な時。

スポーツ選手の多くも朝食を食べないとか、1日1食しか食べないアスリートの人もいて、彼らがそういう食事法を選ぶのは、より良いパフォーマンスを行う為に、食べないことで身体が本来の力を発揮し、よりベストな状態で挑む為に食べない選択をしてるそうです。

食べることで力を発揮すると思いがちですが、食べることで実は、本来の能力を引き出せないことになってしまいます。

 

③ガンの発生リスクや病気の発症率を高める

 

人間が生きる上で欠かせないものの一つに、「酵素」が大きく関係しています。

この酵素は大きく分けると2種類あって、

・摂取したものを分解吸収…「 消化酵素 」

・細胞を入れ替え身体の回復…「 代謝酵素 」

の2つに分けられます。

例えば、前日に食べ過ぎた翌朝に「内臓が疲れている」と感じる時は、消化酵素がメインで働き回復を担う代謝酵素が大幅に減ってしまうことで疲れがうまく取れていない状態となります。

一日の中で働く酵素のバランスが重要で、どちらの酵素も適度に働いている状態が最も適している状態です。

それなのに1日3食にしてしまうと、どうしても消化酵素の時間や割合が多くなり、身体の回復に時間もエネルギーも使うことができません。

そうなると、古い細胞の代謝が機能しにくい為、病気の発症を促してしまうと言われています。

その中でも特にガン細胞は、一日に10億個も発生すると言われていて、このガン細胞を早い段階で処理するのが「代謝酵素」の役割。

でも先ほども言ったように、常に消化酵素が優位に立っている状態では、うまく細胞の代謝が機能しない為、がん細胞の進行を進めてしまうというのです。

これは決してガンだけでなく、様々な病気にも関係していて、食べ過ぎるということが、いかに身体に悪いのかを表す結果になっています。

最近の研究結果でも、アメリカよりも日本の方が、癌になるケースが増えてきているという報告もあり、日本が考える1日30品目が、「実は必要ないのではないか?」とも言われているのです。

現代の栄養学は、人間本来の生理的メカニズムを元に考えられておらず、その結果が、最近の生活習慣病やガン、様々なアレルギー症状を引き起こしているとも言われています。

世界を見ても、最も食に溢れる日本という国ですが、その分、病気になりやすい環境に変化していってるのが現状なのです。

 

「朝食抜き」のメリットとは?

 

①内臓&思考をデトックスしてクリアに

生物が空腹の時というのは、最も脳がデトックスされる状態だと言われています。

あえて厳しい断食なんてしなくても、朝食抜きを習慣にすることで、体内をデトックスする効率を上げ、内臓だけでなく必要な栄養が隅々行き渡ることで、思考も身体の中もクリアになっていきます。

よく朝食を抜くとフラフラするという方がいますが、これは身体が糖質依存した状態を表していて、実は健康的に良い状態とは言えないのです。

最初はそういった症状が出るかもしれないですが、慣れてしまえばむしろ身体が軽くて、思考も最も冴えている状態を維持でき、より仕事も勉強も捗らせることができます。

 

②ストレスを溜めにくくなる

脳のエネルギーにはブドウ糖が必要と言われていますが、ブドウ糖が切れると、中性脂肪を代謝してケトン体が生み出されます。

実はこのケトン体をエネルギー源にした脳は、リラックス時の「α波」が増えることがわかっていて、精神的にも安定した状態、脳の健康も維持できると、言われています。

しかも、朝食を食べた人と食べていない人を比べた研究でも、食べた方は疲労を感じやすく、食べていない方は、全く疲れを感じなかったといいます。

僕もこれは一番実感していることで、食後ほどヤル気が低下していることに気づくことができます。

 

③少食は究極の長生き細胞活性化

上記で説明したエジソンもそうだし、現代でもアスリートや一部の専門家なども言っていますが、「少食」であることが、最も健康を維持でき、寿命を延ばすことができるそうです。

少食であることが、より細胞の代謝を促進したり、内臓機能や精神の安定を作り出すことから、有害な活性酸素や毒素からも守ることが分かっています。

更には細胞の若返りまで見られ、女性にとってのアンチエイジング効果や、いつまでも活力があり、若々しい状態をキープできるとも言われています。

 

オススメの朝食抜きの方法とは?

 

では朝起きてから、どのように過ごしたらよいのでしょうか?

ポイントは2つ。

①朝食は段階的に減らしていく
②寝起きの水を必ず一杯飲む

 

①朝食は段階的に減らしていく

常に朝食を食べている人にとっては、急に抜くのは難しいと思うので、少しずつ減らすようにするのがポイントです。

お米だったら半分にしたり、パンなら半切れ、もしくはシリアルに変える。

個人的に最もオススメなのはフルーツです。

海外でも「朝のフルーツは金」と言われるほど、最も適した時間帯に食べるものの一つであり、ヘルシーで栄養価も高いのでオススメ。

(*果物の種類によっては逆効果の物もある)

↓↓参考記事はコチラ↓↓

[海外では常識の健康食] グラノーラより『ミューズリー』の方が健康に良い理由

健康オタクの僕が意識して毎日食べてる7つの物

 

②寝起きの水を必ず一杯飲む

寝起きの水は、すごく重要なポイントです。

よく寝起きにお茶やコーヒーを飲む人もいるとは思いますが、利尿作用が高いことから水分を吸収するというより、排出を促す為に、寝てる間に排出した水分を補うことができません。

あとは朝の時間帯はカフェインもよくないので、↓コチラ↓の記事を参考にしてください。

コーヒーが持つ効能は人体に大きな影響を与える!?飲み方や選び方まで詳しく解説。

寝起きの水を飲むメリットは、

・便秘解消
・代謝アップ
・血液サラサラ
・美容効果
・万病予防
・老化、ボケ防止

朝起きてから水を飲むだけで大きな効果が期待できます。

水を選ぶポイントは「 常温の水、もしくは白湯 」です。

出来れば浄水器をつけた水道水がベストですが、水道水に抵抗がある場合には、ナチュラルミネラルウォーターでも良いでしょう。

うちでは↓コチラ↓のウォーターサーバーを使用して飲んでいます。

ノンボトル次世代ウォーターサーバー「CoolQoo」クールクー

↓↓参考記事はコチラ↓↓

ミネラルウォーターを飲んでも意味ない!?浄水の水道水の方が安全で健康にも良い理由。

水道直結型ウォーターサーバーは損する!?大手3社を比較して分かったメリット・デメリット

 

まとめ

 

 

今回は朝食の必要性についての記事でしたが、いかがだったでしょうか。

 

今までは朝食が絶対必要だと言われてきましたが、最近になって実は必要ないといった情報が溢れてきました。

昔よりも朝食を食べない人が増えたのも、こういったネットで広まって、知識を得た人が増えたからだと思います。

 

もちろん全ての方に言える訳ではなく、人によっては仕事で昼食が食べれないとか、夜勤で食べる時間帯が不規則な方もいることでしょう。

それをあえて朝食を抜く必要性は無いと思います。

 

僕の生活習慣の中では、朝食を抜きやすいから抜いてるだけで、昼を抜いても、夜抜いても良いと思います。

 

僕が言いたいのは、食べすぎることでの身体への影響なんですね。

 

1日3食でも少しずつで、バランスよく栄養を摂取してる人ならそれで良いですが、偏った食事で、尚且つ1日3食米やパンを食べている人は、食べ過ぎによるリスクが高い状態だと思うんです。

 

食べることは幸せなことですが、食べ過ぎればそれだけ内臓に負担をかけていることを、忘れないでください。

機械も負担が大きくなればなる程、故障やパンクしやすくなるのですから、内臓も同じことが言えると思います。

 

その上で唯一食事を抜きやすいタイミングが、朝食なので、朝あんまり食べたくない方は、無理して食べる必要もない訳です。

ダイエット効果はもちろん、美容にもいいので、女性で興味のある方は、ぜひ参考にされてみてください。

 

読んで頂きありがとうございました。