仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

[身近にある意外と危険な食品] キシリトールガムが、実は添加物まみれで身体に良くない理由

[身近にある意外と危険な食品] キシリトールガムが、実は添加物まみれで身体に良くない理由

 

甘いチューインガムとか、キシリトールが歯に良いとかで、

ほとんどの方がガムを一度は食べたことはあるのではないでしょうか。

 

僕は口臭予防にと、

シュガーレスのミント系のガムをよく噛んでいましたが、

調べるにつれて恐怖で食べる機会が極端に減りました。

 

一見、特に害のありそうには見えないものですが、

実は人体にとっては決して良いとは言えない食品の一つなんです。

 

ガムの何がいけないのか?

 

そして何が体に良くないのか?

 

今回はガムの危険性について解説していきたいと思います。

 

 

「ガム」の成分を知っていますか?

 

最初のガムは味がなく、パラフィンでできていた。

1848年、アメリカ合衆国でジョン・カーティスが

「メイン州純正スプールガム」というパラフィンガムを発売した。

1860年頃、メキシコのサンタ・アナ将軍が、

当初別の目的でチクルを利用しようとしたが、

これはうまくいかなかった。

しかし、チクルには噛むと歯が白くなるという効能があることを発見したため、

チクルをあめ玉状にして売り出した。このころはまだ味はついていなかった。

将軍の支援者であったアメリカ人のトーマス・アダムスがチクルに甘味料を加え、

「アダムス・ニューヨーク」というチクルガムを発売、

人気を得て一気に普及した。

1869年には、甘味料のほかに、

香料を加えた初の味つきガムをジョン・コルガンが発売した。

風船ガムは1880年代には存在した。

日本では、平安時代、6月1日に餅などの固いものを食べ、

健康と長寿を祈る「歯固め」の風習があったことから、

日本チューインガム協会は1994年、同日をガムの日・チューインガムの日と設定した。

Wikipediaより引用

 

かつてガムのベースになるものは、

天然の植物性の「チクル」と呼ばれる樹脂で作られていました。

 

引用:ミミとチャッピの布団

 

ガムの起源は、メキシコ・マヤ文明まで溯ると言われ、

当時のマヤの人達は、天然の樹脂のガムを噛んでいたとされています。

 

もちろん当時のガムに甘味など無いです。

 

その後、中南米や東南アジアの熱帯雨林が大量伐採され、

その後チクルの生産量が減って価格が高騰してしまいました。

 

そこで目をつけたのが、値段が安い、

「酢酸(さくさん)ビニル樹脂」というプラスチックの原料でした。

 

これは現代の商品で例えるなら、

日曜大工の接着剤や塗料の材質と同じなんです。

 

酢酸ビニル樹脂を作るには、

石油を精製し、さらにナフサを分解精製してエチレンを作り、

そのエチレンを酸素と酢酸に反応させ、

繋ぎ合せることで、酢酸ビニルが完成します。

 

そしてそれに人工的に味をつけたものが、

現在売られているガムの基礎になるのです。

 

昔食べれられていた天然の樹脂は、

もちろん天然ですから、人体に害はありません。

 

でも現在僕たちが食べている主なガムの材料に使われているのは、

元はプラスチックの成分と一緒なんですね。

 

厳密に言えば、口に入れる物ですから多少違いますが、

同じ部類に入る成分で構成されています。

 

これを体内に入れて何の害も無いと言えるかどうか、

少し疑問に思わなければ嘘になりますよね。

 

まずはこの原料を知っておいてください。

 

 

酢酸ビニルが持つ人体への危険性

 

 

先ほども述べたように酢酸ビニル自体は有害です。

 

実際に、染色体異常や発がん性のある物質の一つに認められています。

 

厚生労働省でも、長期的な摂取により発がんの可能性があることは、

国際機関などでも正式に発表されている程。

 

でもなぜそんな危険なものを販売できるのでしょうか?

 

そこに日本のシステムのカラクリが潜んでいるのです。

 

ただし「日本チューインガム協会」は以下のように述べています。

1912年にドイツで開発された無色透明、水に溶けない、

無味無臭の樹脂です。

チューインガムに使用されている酢酸ビニル樹脂は、

食品衛生法の厳しい規格基準にもとづき製造されています。

この樹脂は、軟化して快い噛み心地をもつガムベースの原料となり、

また安全性は、各種の試験により確認されています。

 

もちろん体内に入れるものですから、

安全性のあるものでないと困りますよね。

 

ここで言えるのは、

ガムに使用されている酢酸ビニルに関しては、

人体に取り込んでも問題無いものである可能性が高い。

 

ただし、100%問題無いかと言われれば、

そうではないと言ったところでしょうか。

 

これは消費者の判断によると思います。

 

でもここで僕が一番心配してるのは、酢酸ビニルではなく、

使用されている甘味成分なんです。

 

 

大量の人工甘味料を使用している恐さ

 

では早速裏の表示を確認してみましょう。

 

まずパッと見て思うのが、

色々入ってて訳わかんないですよね。

 

でもそれが一番危険なんです。

 

訳の分からない聞いたことも無いようなものが入ってるものは、

まずは疑って口にした方が良い。

 

これ最低限僕たちができることです。

 

では危険そうな成分を取り上げて、

一つ一つ確認していきましょう。

 

<①マルチトール>

麦芽糖(マルトース)を還元して製造したもので、

「還元麦芽糖」とも呼ばれています。

砂糖とよく似た甘味を持っていますが、

カロリーは砂糖の半分で、虫歯になりにくいと言われています。

ただし、マルチトールは摂り過ぎるとお腹が緩くなるという報告も多く、

原因はキシリトールなどと一緒で、

成分を体内で分解されずに消化・吸収されにくことから、

下痢をしやすくなると言われています。

そして、マルチトールの原料である麦芽糖(マルトース)は、

トウモロコシやジャガイモのデンプンから作られており、

このような甘味料の原料となる場合は、

アメリカ産の遺伝子組み換え作物が使われる事が殆どなので、

安価な遺伝子組み換えを使用している可能性が高いと言えます。

 

<②アスパルテーム>

アルパルテームは、砂糖に比べてカロリーが低いものですが、

200倍の甘味を持ち、

「フェニルアラニン」と「アスパラギン酸」の、

2つのアミノ酸の成分で構成されていて、

この成分が、インスリンとレプチンという、

ホルモンを極端に刺激すると言われています。

実はこれらのホルモンは、満腹感と脂肪の蓄積に深く関係していて、

新陳代謝を制御する作用もあることから、

太りやすくなるということが報告されています。

また、アスパルテームを摂取後、

急激に上昇した血糖値は下がりにくい状態になるとも言われていて、

糖尿病のリスクも懸念されています。

そして最も危険と言われる主成分である「フェニルアラニン」は、

脳内のドーパミン・ノルアドレナリンに合成され、

覚せい剤などと似た作用が起きると報告されています。

脳細胞を過剰に刺激し蓄積していくと、

腫瘍
脳障害
頭痛
不眠症

知能低下

などの症状が見られ、危険な成分の一種であることは間違いないです。

 

<③アセスルファムK>

アセスルファムKとは、酢酸(食酢の主成分)を原料として作られていて、

砂糖の200倍の甘さを持つ人工甘味料で、0kcalの食品です。

ただし、アセスルファムKには塩化メチレンが含まれていて、

呼吸器や皮膚からある一定の量が体内に吸収されると、

高確率で発がんすることが分かっている危険な物質となります。

実際に、

がん
肝臓疾患
腎臓疾患
頭痛
吐き気

など引き起こすことが報告されています。

また、アセスルファムKは体内で消化することができず、

血糖値の急上昇を促し、すい臓から大量のインスリンが分泌されます。

これが脂肪の蓄積をし、太る原因を作る事になるのです。

特に糖尿病患者は絶対に摂取してはいけない成分の一つとなっています。

 

<④キシリトール>

キシリトールと言えば虫歯予防に役立つと言われる成分ですよね。

シラカバやトウモロコシの芯などから取れる、

キシランヘミセルロースという成分からつくられ、

食品添加物として認可される前から、

点滴用の輸液などにも入っていた成分です。

世界的に安全性を認められている危険性の少ないものですが、

ここ数年の間に、

キシリトールが歯に良いという根拠が無いという報告がありました。

国際NPO「コクラン共同計画」が、

キシリトールに関するこれまでの研究を評価した結果、

1991~2014年の間に出された「キシリトールの虫歯予防効果」に関して、

全ての研究結果の根拠の質が低いという評価が下されました。

これはつまり、

キシリトールが虫歯予防に効果的だということを全て覆す発表だったんです。

更にキシリトールには、お腹がゆるくなるという副作用が指摘されていて、

糖アルコールの弱い下剤効果によるもので、

消化機能や免疫系が弱っている時など、体質の合わない人は注意が必要です。

しかもシラカバから採れると言われていますが、

実際には遺伝子組み換えを含む

トウモロコシやジャガイモも使用されていて、

子供の免疫や生殖の問題を抱える可能性があるといわれています。

長期的な摂取や大量摂取は控えた方が安全と言えるでしょう。

 

 

個人的にオススメの無添加ガム

 

では実際にガムを選ぶ際に、

どのように選んで買えば良いのでしょうか。

 

正直に言わせてもらうと、

日本で販売されているガムで無添加のものはほとんどありません。

 

本当に残念なのですが、

世界に比べて添加物の規制が厳しく無いことから、

一般的に売られているもので、

人工甘味料を使っていないガムは僕が知る限り無いです。

(★もし国産で知ってる方がいたら教えてください)

 

なので国産だけにこだわらずに、一部の無添加商品を取り扱うお店か、

ネットで買うしか選択肢はありません。

 

そこで個人的にオススメの無添加ガムを紹介します。

 

<①Xylichew Gum(キシリチューガム)>

 

・甘味料はキシリトールのみ
・遺伝子組み換え不使用
・砂糖不使用
・人工甘味料不使用
・グルテンフリー
・大豆フリー
・アメリカ産

現在、最も安心して食べることができる無添加ガム。

余計なものは入っておらず、

唯一の甘み成分はキシリトールだけという徹底ぶり。

シートタイプとボトルタイプに分けられ、

味の種類はペパーミント・スペアミント・フルーツの3種類。

薄味で味の長持ちはしにくいのですが、普通に美味しく食べることができ、

何より安心して食べることができるのが一番の魅力。

試して見たい方はシートタイプの安いのから試されると◎。

後は口臭予防にも役立つタブレットタイプの物もあります。

↓↓タブレット派の方はコチラ↓↓

 

<②Spryガム>

 

・100%キシリトール
・全天然成分
・歯科防衛システム
・非GMO
・グルテンフリー
・天然キシリトールのみで甘味付け
・製造国中国

こちらも使ってる材料全てがナチュラル成分で構成され、

人工甘味料などの合成成分は一切使用されていません。

日本の粒ガム同様に表面は硬くコーティングされていて、

甘みもあり、そんなにミント感は強くない。

ただしミント味は長持ちせず、味がなくなるのも早いのが唯一難点。

しかしそこを補うだけのナチュラルガムというのが一番のメリットで、

手軽に買いやすいリーズナブルなのも大きな魅力。

 

<③サンコーミントガム>

 

・遺伝子組み換え不使用
・人工甘味料不使用
・砂糖(三温糖)使用
・国産で安心
・日本人に馴染みのある3種類の味

こちらは唯一国産で信用できるガムを製造してるサンコー。

人工甘味料や遺伝子組み換え不使用で、

甘み成分は砂糖(三温糖)を使用。

味は、「ミント・りんご・のど飴風」の3種類。

食べてみると、ミント風味が強くて、

結構スッキリしていて食べやすい。

やはり国産なだけあって安心して、しかも気軽に買えるのが魅力。

自然派のお店にも売ってることも多いらしく、

探してみると近所でも買うことができるかも?

とにかく国産が良いという方にはオススメの商品です。

 

 

まとめ

 

 

普段何気なく食べている方も多いであろうガムですが、

調べてみるとここにも、

たくさんの危険性の高さを疑うような発見がありました。

 

このブログでは日常に潜む添加物の危険性を記事にしていますが、

日本で生産しているから安心だとは言えないのが現状です。

 

昔は『国産=安全』というのが一般的でしたが、

現在はそうとも限らないのです。

 

外国産でもしっかり選んで購入すれば、

安全でこだわった商品は数多くあるので、

この機会に色々調べて見てくださいね。

 

たかがガムですが、

普段から化学物質でまみれた食品を食べていれば、

蓄積して病気の原因を作り出します。

 

まずは普段の生活から一つ一つ見直してみることが、

すごく大事なことだと思います。

 

ぜひ参考にされて見てください。

 

読んで頂きありがとうございました。