仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

「個性はいけない」と教えられる日本と、「個性は宝」だと教えられる海外

「個性はいけない」と教えられる日本と、「個性は宝」だと教えられる海外

海外に住んだことのある方が日本に帰ると、必ずある違和感を感じると言います。

 

それは、『やたら見た目を気にしなきゃいけないという圧力』

 

もちろん汚い格好するよりは、キレイにしてる方が良いのは、

日本でも海外でも一緒です。

 

人に印象を与えるうえでの第一は「見た目」から入るのがほとんどですから。

 

でも、それは時と場合の話であって、

海外では普通の生活では多少気が緩んでても特に問題ないというか、

見た目なんかどうでも良いことと思えてくるもの。

 

それは海外に住んでみると、なぜか皆同じことを感じると言います。

 

一体なぜなんでしょうか。

 

今回は、日本人の特徴や価値観、外国人との違いを踏まえて、

お話できればと思います。

 

 

日本人独自の見た目に対する価値観

 

よく外国人の友達と日本人のことについて話す時に、

 

「日本人は見た目を気にし過ぎだ」

「日本人は見た目で判断する」

「みんな似てるよね」

 

と、よく言われます。

 

僕も最初はその意味が分からず、

むしろ外国人の方が「気にしなさ過ぎて頭おかしいんじゃないか?」

とまで思ってました。

 

でもある一定の期間海外に住んでると、

見た目とか服装とかどうでもよくなってきます。

 

買い物行く時なんか常に半袖・半ズボン。

 

もう小学生みたいな格好でしたよ笑

 

でもかと言って自分だけがそういう訳ではなく、

現地の人の中にはビリビリに破けた服を平気で着て歩いてる人もいます。

 

もちろん国の文化によってや、都市部などではあまり見かけないのですが、

そういう人が街にいたとしても、何か問題がある訳でもない。

 

むしろそういった見た目をしていても、特に壁を作ったりはしないのです。

 

もちろん、パーティなどがある時は派手にキレイにして、

いつもと全く違う装いにしたりするもの。

 

うまくTPOに合わせて調節をしているのですね。

 

僕が思うに、見た目を気にし過ぎなのは、日本独自の価値観であって、

無意識に人の見た目にやたら反応してしまう人種でもあると思います。

 

確かに、日本という国柄、島国で他の人種をあまり見ない国ですから、

ちょっと見た目が違うと違和感を感じるのは仕方の無いことかもしれません。

 

なので流行や人の目を気にしてみんなと一緒にすることが、

一種の存在価値を感じる部分であって、

ちょっと人と違うだけでもなんだか落ち着かない感覚すらある。

 

だから「みんなと一緒にすることで安心する」

というのが一つの理由なのではないかと思います。

 

それが特別間違いではないですが、

その分、個人個人が失ってしまったものの方が大きいのです。

 

それが、『個性』

 

 

見た目の美しさは手に入れても、「個性」を失った

 

 

日本人は他国の人種に比べて男女ともにキレイ好きで、

オシャレな人が多い印象です。

 

でもその代わりに、「個性」が足りないというか、

端から見た日本人は、どうしてもみんな一緒に見えてしまうんですよね。

 

それは小さいときから培ってきた「教え」が大きく関係してると思います。

 

僕たちはずっと『出る杭は打たれる(個性を潰す方法)』と教えられ、

みんなと横一列で一緒にいることが大事だと教え込まれてきました。

 

それは世界から見ると、とても異様な光景。

 

”個性が無く、自分が無い物なんて単なるロボットと一緒”

というのが世界の常識です。

 

個性が無いことが普通であり、

当たり前の感覚で過ごせるのは日本だけの話。

 

海外では自分の意見ははっきり述べる文化であり、

自分の意思を常に持ってるから、独立した考え方をしてる人が多いです。

 

それだけ小さい時からの育ちや教育から根本的に違うんですよね。

 

人よりも目立ち過ぎるとなぜか叩かれる日本に対し、

目立つ能力を褒めて更に伸ばす海外。

 

どっちが正解とかではないですが、

今までの教育法では日本人として世界で勝負できないのは、

何となく気づいてるのではないでしょうか。

 

単純に、協調性しかない日本人が、個性の塊の世界に行った場合に、

コテンパンにやられます。

 

圧倒的に個性の強さに負けるんですよ。

 

僕も実際にこのような経験をしたこともあるし、

美容師としての本当のプロ意識が芽生えたのも海外に行ってからです。

 

海外に行ってから始めて気づいたんですね、

「個性がないといけないんだ」って。

 

30歳手前にして、

初めてショックを受けた経験だったのを今でも覚えています。。

 

 

人の個性について意見を述べるのは、余計なお世話

 

実際に僕の経験上、面白い感覚だなと思ったことがありました。

 

”しゃべってる相手の見た目の話をしないということ”

 

外国人の相手から、

僕自身の見た目のことで何か言ってきたことなんて一度もありません。

 

影では言ってるかもしれないですけどね笑

 

男が女の人をナンパするのに、

「キレイだね」とか「可愛いね」と言うのとは話は別です。

 

日本人特有の、

「今いくつ?」

「あれ、太った?」

「老けたね〜」

「若っ!!」

 

なんてことは一言も言われたことは無いのです。

 

日本人には理解できないかもしれません。

 

ただ一度もですよ、一度も。

 

こっちから言って始めて、向こうの意見を言ってくる感じ。

 

不思議じゃないですか?

 

よくよく考えたら当たり前の話なのですが、

それは個人のプライバシーの問題であり、

人の見た目を突っ込む筋合いなんてないからです。

 

まあ簡単に言えば、良い意味で人の見た目なんて興味がないんです。

 

もし外国人と話す時に、

 

「鼻高いですね」

「顔小さい」

「背高い」

 

なんて絶対に言ってはいけません。

 

相当仲良くなって、お酒の席だったらうまくスルーされるかもしれないですが、

基本的にタブーです。

 

そんなことを相手に言っても、

「ありがとう」と口では言ってくれるかもしれないですが、

心では「何なんだコイツ!」と思っています。

 

むしろ見た目のことを言われるのは、”けなされてる”と思われてしまうのです。

(もちろん全ての人ではないですが、違和感を感じる)

 

海外で街を歩いていて、

「Fucking Jap!!(日本人)」

「Yellow!!(黄色人種)」

 

なんて言われるのは、

彼らは単なる差別意識の強い精神年齢の低い糞ガキです。

 

彼らみたいなモラルが無いような人は日本でもいますよね。

 

一緒です。

 

そういう人達のことを言ってるのではなく、

一般のまともな人と会話する場合に、そんなことは言ってはいけないのです。

 

だって、そんなこと人から言われる筋合いも無いし、

相手に言う筋合いも無いから。

 

要は、人の勝手だし、人のことにとやかく言う必要もないですよね。

 

こんな基本的なことがなぜか日本人には難しいようで、

余計なお世話というのが日本語でもありますが、

まさにそういった場合に使われる意味合いにぴったりだと思います。

 

”相手に気を使ってるようで、気を使ってない”

 

これ日本人が外国人と会話する時に、

最も気をつけるポイントなので覚えておいてください。

 

 

「みんな一緒に」が、個性を潰す

 

 

なぜこんなにも日本人と外国人では大きく違うのでしょうか。

 

やはりその根っこを見ていくと、

「みんな一緒に」という感覚が、

頭の片隅に根強くあることが大きな原因だと思います。

 

そのことが決して悪いことではないのですが、

日本人が世界で勝負をしていくうえでは、全く意味を無さない感覚であって、

外国人には理解できない日本人独特の思考なのです。

 

例えば、相手の見た目が悪かろうが、若く見られようが、太ろうが、

それはその人の個性であり自由であって、

だからと言ってその人自身に価値がなくなった訳ではない。

 

むしろ、「その個性を理解する為に、この人ともっと話してみたい」

という思いがあれば、

いきなり相手の見た目のことを言うなんて出来る訳が無いのです。

 

だから心に余裕があるし、初対面の人とでも、

誰とでも打ち解けて話せるんですよね。

 

要は、否定から入ってないんです。

 

むしろその個性が良いことだと思っています。

 

だから自分に無いものを持ってると、

興味が湧くんですよね。

 

それがうまく表現できないのが日本人のダメな部分でもあるのです。

 

日本人がコミュニケーション下手だと言われる理由の原因は、

「個性がなぜ大切なのかが分かってない」ということに、

全ての原因があると思います。

 

 

個性は貫き通してこそ、価値を磨ける

 

 

日本人でよくある特徴の一つに、自分を基準にして、

勝手に人を判断するクセが強すぎる傾向があると思います。

 

それは昔からある上下関係や、年功序列と言った考えがベースにあって、

それが原因で勝手に人を判断してしまう悪いクセがあるんですね。

 

ちょっとした変化や人と違う行動をしてるだけで「どうしたんだろう」とか、

「何かあったのかな」なんて妄想を膨らませる。

 

かと言ってコミュニケーション取る訳でもなく、

外からこっそり眺めて様子見てる感じ笑

 

冷静に考えたら気持ち悪いですよね。

 

例えば、僕なんか色々なことをやって収益を上げているので、

平日の昼間とかに平気で犬の散歩とかしてる訳です。

 

すると、

「あの人昼間から何してるんだろう?」

「あの人ニートなのかな?」

 

なんて思う人がいるはずなんです。

 

例えばですよ笑

 

別に誰も何も直接は言ってこないですから笑

 

ただ何となくそんなことを感じる訳です。

 

それは、「男は平日は仕事に行って家にいない」

という固定観念があるからですよね。

 

確かに間違ってはいないですが、

昼間に男がいるから何が悪いの?と思う訳です。

 

別に何してようが人の勝手だし、何してても良いじゃないですか。

 

人生の中で、そういう期間があってもいいだろうし、

僕自身もこのままこの生活を続けるなんてことは思っていません。

 

まだまだやりたいことはたくさんある訳で、

少しづつ自分のペースでどんどん挑戦していくつもりです。

 

そんなのも自分の勝手だし、人にとやかく言われる筋合いも無い訳です。

 

むしろ人のこと心配するよりも、

何も挑戦せず、今の生活がいつまでも続くと思って、

何も変えずに、新しいことをやる勇気も無い人の方が僕は心配してるぐらいです。

 

いつまでも狭い世界の価値でしか物事を考えられない、

普通でいることが全てだと思っている。

 

挙げ句の果てには自分は平気だとか、

誰かが、国が何とかしてくれるなんて人任せの考えを持ち、

誰かに頼りっぱなしの人生こそ「そのままで大丈夫か?」と思っています。

 

そういう人は何も気づいても感じてもいないのでしょう。

 

気づいてても何も行動せず、

何もできずに指をくわえて待ってるだけなのでしょう。

 

そういう人はそれで良いので、ぜひそうやって待っていてください。

 

その間に僕はどんどん前に進むだけですから。

 

要は、すぐに結果や答えを求めて走るのではなく、

自分が信じた道があればなるべく早く挑戦し、

もしダメだったとしても軌道修正すればいいんです。

 

それにはある一定の期間が絶対に必要不可欠。

 

継続してこそ、その価値があるということ。

 

たったそれだけのことなのに、

挑戦する勇気を持てないことの方が人間としておかしいのです。

 

どんな新しい技術だって、新しい考え方だって、

最初は否定され、潰されそうになりながらも、

軌道修正を繰り返しながら継続してきた結果今がある訳です。

 

インターネットやスマホがこれだけ普及してきたのも、

最初は散々否定されてきたんです。

 

その中でもうまく継続してきた奴が生き残るのは当たり前なんですよ。

 

個性を貫き通してきたから、その価値を作り出し、

認めてもらえただけの話。

 

最初の一歩は全て「個性」から始まっているのです。

 

 

まとめ

 

個性を潰す人の特徴として、

自分にできなかったことや、自分に無い考えを持ってるから、

理解できず、否定するしか能がないという特徴があります。

 

要は、その人に対する嫉妬なんですよね。

 

怒ったり、傷つけるようなことを言ってしまうのも、

自分にない価値に侵されるのが怖いから、

こっちに引きづりこもうとしているだけの話。

 

相手を受け入れるだけの余裕が無い証拠なんです。

 

自分に無いものを持ってるなら尊重してあげれば良い。

 

自分が憧れるのならただ真似すれば良い。

 

それでも足りなければ、自分の個性を磨けば良い。

 

たったそれだけのことなのに、いつまでも他人と比較し、

自分が優れている・劣っているという風に自分で勝手に評価してしまう。

 

いつまでそんなくだらない意識を持ち続けるのでしょうか。

 

若くても優れている奴はたくさんいるし、

歳とっててもダメな奴もたくさんいます。

 

かっこ良くても性格悪い奴はいるし、

ブサイクでも良い人なんていっぱいいますよね。

 

どっちが正しいとかどっちがダメかって一言で言えますか。

 

言えないですよね。

 

何だって良いんですよ。

 

もっと広い心で受け止め、世界を見れば日本人よりももっと優れた奴もいるし、

めちゃくちゃな奴もたくさんいます。

 

どれが正解とかではなくて、

その人自身がそれで良いからそうしている。

 

だからそれで良いんです。

 

間違ってたとしてもいつか気づく時が来るはず。

 

気づかずに死んでいったとしてもそれで良いじゃない。

 

人のことをどうこう言う前に、

自分は本気で楽しんでますか?

 

自分と向き合い、自分が心から喜ぶことを行動していますか?

 

それが自分の価値であって、自分の考えです。

 

誰が何言おうと、自分が良いと思ってるならそれで良い。

 

日本人に足りないもの、それこそが『個性を受け入れる心』だと思います。

 

この感覚を理解してる人と、してない人とでは、

今後の人生においてのその差は相当大きいですよ。

 

何よりも自分に素直に直感を信じて行動する。

 

僕たちはこんな簡単なこともいつのまにか失ったんです。

 

ぜひこれからの未来の為に、

前を向いて自分の足で歩んでいくことを意識しましょう。

 

読んで頂きありがとうございました。

 

↓↓参考になる本はコチラ↓↓


ブログ飯 個性を収入に変える生き方