Our New Website 「TOCC JAPAN」 coming soon...

 

先日、こんな報道がありました。

 

ビットコイン取引所「コインチェック」で620億円以上が不正に引き出される被害が発生

 

このブログでちょうど仮想通貨のことを書いたばっかりだったので、

この記事を急遽書きました。

 

結局何が起きたのかというと、

仮想通貨の取引を管理してる業者(コインチェック)で、

ハッカー集団によって不正に引き出されたというもの。

 

金額は日本円で約620億円。

 

それによって過去に例を見ない程の大きな被害を受けました。

 

仮想通貨に興味がない人にとってはあまり関係ない話ですが、

仮想通貨とは有名なビットコインだけではありません。

 

世界中合わせて全部で600種類以上あると言われていて、

日本で主に取り扱ってるのが、

その中でもある程度需要のありそうなものだけを対象にしています。

 

なぜなら600種類もあっても、セキュリティー面や、価格の上昇が見られないもの。

そして全くコインとしての価値を見いだせないものもあるからです。

 

そしてその日本の取引所で取り扱ってるコインの中でも、

『ネムコイン』と言われるものが被害に遭って、そこに預けてたお金を盗まれたという話。

 

そのネムコインですが、人によっては何百万〜数千万程預けていた人もいた程人気があり、

また価格の上昇も安定してたので期待されていたコインの一つです。

 

それによって利益が何億も得ることができた人もいて、

その稼いだ分が丸ごと持っていかれたのです。

 

確かにこの損失だけ見ればものすごい事件ですが、

皆さんが勘違いしてることがいくつかあります。

 

 

1、そもそも投資とはそういうもの


 

この損失を受けたことによって一時期相場も急落したのですが、

数日たった現在は元の状態に戻ってきています。

 

急落したということは、

保有していたコインを現金化したりして売りに出した人が増えたということ。

 

これは株や為替の世界でも同じことがよくあります。

 

でもそんな中でもその急落を冷静に判断し、買い増すことで大きく利益を得た人もいるのです。

 

分かりますか。

これが投資の世界であり、投資をするうえでは避けては通れないこと。

 

過去で言えば、

リーマンショックなどの世界中に大きな影響を与えるようなことが起きた場合に、

ほとんどの株や為替の世界では急落を起こして多大なる損失を受けた人や企業が存在します。

 

FXトレードLABさんより引用

 

そのせいで会社は倒産、そしてリストラなどで世界中で大きな影響を与えました。

 

でもそんな時にでも価格が低い時に株を買った人もいて、冷静にその時を判断されてる人がいます。

その方は今では億万長者でしょう。

 

それだけのリスクがあることをよく理解したうえで、

投資の世界に挑戦しなければいけないのです。

 

でもそのリスクを負わない限りは、絶対に富裕層にはなれません。

 

雇われの会社員で富裕層と言う人が現れないのは、労働によって得る金額には限界があるから。

 

世の中のお金持ちと言われる人達は、必ずと言っていいほど経営者や不動産・株などの投資で成功した人です。

 

先進国の中でも世界トップレベルに起業する人が少ないと言われる日本ですから、

日本人にとってリスクを負うことがいかに勇気がいることなのかということ。

 

でもリスクを負う勇気がないと、その先には達することができないのです。

 

 

2、ネムコイン自体は何も悪くない


 

この被害によって仮想通貨から離れる人も続出中らしいですが、

継続中の方は冷静に判断されてみてください。

 

ネムコイン自体が悪いのではなく、

そのコインを取り扱っていた取引所の管理体制が悪かったというだけの話。

 

しかも他の通貨に関しては、何も影響を受けていないのに、

コインチェックという取引所のネムコインだけが被害を受けた。

 

取引所としては、

お客様のお金を預かる以上、絶対にセキュリティーを完備しておいて、

もし何かあった時にでも対策を取れるようにしておいてるはずです。

 

でも今回はネムコインのセキュリティーだけが曖昧な作りにしてあり、

そこをハッカー達が狙ってきたということ。

 

ハッカー集団からすればそのような弱いところを見抜くのは簡単でしょうから、

まさにその時を待っていたのでしょう。

 

その結果ネムコインは急落。

 

そして現在は元の価格になりました。

 

どういうことかと言うと、ネムコイン自体の価値は変わっていないということ。

 

あくまでコインチェックという取引所の信頼度が落ちただけで、

ネムコインという通貨自体は存続しています。

 

なにも変わっていません。

 

物には需要があれば落ちて消えていくし、需要があれば残り続けます。

 

今後は仮想通貨自体が無くなってしまう可能性もありますが、

それを決めるのは世の中であり自分達です。

 

それは企業や文化などにも全く同じことが言えると思います。

 

 

3、投資した以上は、自分自身でしっかり管理しなければいけない


 

 

これが今回の話で、みんなが最も大きく勘違いしていることです。

 

仮想通貨とは、取引所で通貨を購入することができるのですが、

その後が一番重要。

 

『それはどこでその通貨を管理するか?』です。

 

現在の通貨で言えば、

・銀行に預けるのか?

・現金で所有しておくのか?

 

大きく分ければこの2つになります。

 

それぞれにメリット・デメリットがあるのは理解されていますよね。

 

仮想通貨の世界にもそのようなウォレットと言われるものが存在します。

 

・取引所に預ける

・インターネット上のウォレットに預ける

・パソコンやスマホ自体に保管(オフライン)

・専用のUSBに保管(ハードウェア)

・小切手みたいな紙での管理

 

大きく分けると5つ。

 

この中でも最も安全と言われるものが、

専用のUSB紙による保管です。

 

なぜなら完全にオフラインで、更には現物として保管するものなので、

自分の手元で管理できるから。

 

送金などの取引したい時にだけ繋げればいいので、あとは大切に保管しておけばいい。

 

それだけの話です。

 

↓↓おすすめの保管方法はコチラ↓↓


Ledger Nano S (レジャー ナノS)暗号通貨ハードウェアウォレット 【正規品】

 

では逆にコインを管理するうえで最も危険だと言われることがあります。

 

それがまさに取引所での保管です。

 

なぜならハッカー集団にとって一番やりやすい場所だから。

 

前からずっとそのことに関しては取引所も、

個人でやってる方も保管方法について推薦し、伝えていたはずです。

 

でもめんどくさいからとか、大丈夫だろうという甘い考えが、

このような事件を起こしてしまいました。

 

どちらが悪いのではなく、自分のことは自分で管理しなければいけない。

 

それは健康などと同じことが言えると思いませんか?

 

全て自己管理です。

 

 

まとめ


 

投資とは、全て自己責任で行うものです。

 

買うのか、止めとくのか、判断するのも全て自分次第。

 

そこに使う金額も自分次第です。

 

そしてそれをどう保管して管理するのかを決めるのも自分次第です。

 

投資と言っても、株や仮想通貨取引だけでなく、

勉強の為に講習に行くのも、おいしい話に乗っかって多額のお金を賭けるのも全て一緒。

 

そのあと何が起きても全て自己責任になります。

 

それには自分で資産管理をしなければいけません。

 

失敗する人に限ってよく言うのが、

大丈夫だと思ったから。

稼げると思ったから。

 

このようなことを言う人を信じてはいけません。

 

冷静に考えれば、そんな稼げるようなおいしい話を誰にでも教えますか?

 

教えるにしても身近な人ぐらいですよね。

 

友達にも言わないと思います。

 

世の中は騙す側も悪いですが、冷静に判断できなかった騙される側も悪い。

 

人間とはそういうものですから、もし騙されたと思っても誰のせいでもなく、

自分の管理が甘かっただけ。

 

それだけの話です。

 

でもそう思ったら気が楽になりますよね。

 

人のせいにするから腹立つ訳であって、自分が悪いと思えばそれまでですから。

 

あくまで仮想通貨も未来の為の投資対象です。

 

皆さんは無理のないように行ってくださいね。

 

 

読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG