仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

仮想通貨がなぜ必要なのか?本気で考えてみた。~part 1~

仮想通貨がなぜ必要なのか?本気で考えてみた。~part 1~

 

今回のテーマは、題名の通り今話題の仮想通貨についてです。

 

皆さんがよく知ってる通貨と言えば、ビットコインですよね。

 

CMであれだけやってたら、

内容を知らなくてもなんとなく聞いたことあるのではないかと思います。

 

ただほとんどの方が怪しいなと思ってしまいますよね。

 

何か詐欺的な何かじゃないの?

 

そう思っても仕方がありません。

 

それは、現物として存在しない物だから。

 

でも実際にこのビットコインを買って儲かった人がいるのは事実です。

 

これはいわゆる株やFXと一緒。

 

投資の話。

 

お金持ちの人や、いわゆる成功者と言われる人達は皆この投資をしてるのをご存知でしょうか。

 

一般の人にはあまり馴染みがない投資というもの。

 

実はお金を得る為には絶対に必要なことなのです。

 

得たものを消費するだけでは絶対にお金は増えません。

 

貯金して車を買う。

 

貯金して家を買う。

 

貯金して良い服を買う。

 

これではお金は増えないばかりか、減る一方。

 

こうすればする程働かないといけなくなるのです。

 

この悪循環から抜け出す為には、

『稼いだお金で、お金を作り出す』ことを自ら行う必要があります。

 

この考えがなければ、高所得者、富裕層にはなれません。

 

まずは、この基本を理解されたうえでこの仮想通貨とは何なのか?

 

そしてなぜ今必要なのかを分かりやすく説明していけたらと思います。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨って結局何なの?


 

 

仮想通貨(かそうつうか、英語: virtual currency)は、法定通貨に対して特定の国家による価値の保証を持たない通貨のこと。

Wikipediaから引用

 

簡単に言えば、

通常の通貨とは国が発行し、その国の中で通用する価値を証明するもの。

 

それに対して、

仮想通貨とは、個人による信用、もしくは個人にとって必要なものだと思う人が多ければ需要が増え、価値が決められるというもの。

 

そこには国も企業も関係ありません。

 

国籍や国が違くても価値を感じれば取引ができる通貨。

 

どういうことかと言うと、物々交換に近い考え方がベースになっています。

 

今までは物の価値を決めるのに、『お金』でその価値を証明していました。

 

国や企業に権限があり、その価値を決めることができるので、

その国や企業はお金を得やすい環境を作り出すことができる。

 

お金の流れを一つ(国や企業)に集めることができるのです。

 

なぜならお金の仕組みというものが、貧困層はいつまでも貧困で、

富裕層はどんどん儲る仕組みになってるから。

 

お金持ちの人の世代が変わっても、その家系はずっとお金には苦労しないようになってますよね。

 

それは富を得ることで、お金を自分達でまた生み出していけるから。

 

それが稼いだお金を活かす考え方。

 

不動産やビルのオーナー、企業の経営者。

 

芸能人の方でもそういった事業をしてる方もいますよね。

 

国会議員で言えば庶民から税金で給料をもらっています。

 

もちろん国の為に努力してくれてると思いますが、

ある意味何もしなくてもお金は保証されているのです。

 

税金というものが無くならない限り、お金を自動的に徴収し、ある程度の富を得ることがきます。

 

それが今までのお金の仕組みだった。

 

でも、仮想通貨が出てきたことによってその価値を決める権限を持てるようになるのが、

一般人であり個人になるのです。

 

通貨の価値も物としての価値も、決めるのは自分達次第ということになります。

 

そこには何の壁もない。

 

全て決めるのは自分達。

 

その結果、一部の富裕層がお金を牛耳ってたのが分配され、

個人でも富を得る可能性が高くなったということ。

 

あくまで高くなったというだけですが。今は。

 

これには世の中の仕組みをよく理解してもらう必要があると思います。

 

当たり前のように払ってる税金。

 

日々忙しい生活をしてるのに、給料は増えず、物の価値は高くなり、苦労が増えるばっかり。

今後リストラや倒産する企業が増加していくとも言われています。

 

でも働かないと生活できないから働くしかない。

 

その悪いスパイラルの中に我々はいるのです。

 

でも世の中には、そこまで苦労しなくてもお金には困らない人達が存在します。

 

なぜこのような人達が存在してるのか?

 

一度しっかり考える必要があるのです。

 

例えば、家を買って本当に得するのは誰なのか?

 

自分達の為に家を買ったのに、固定資産税や土地代を取られ、自分の家のはずなのに、

なんだか賃貸に住んでるみたいですよね。

 

未来の子供の為に買ったのに、余計家計の負担になり、

でも買った以上はローンを払っていく為に仕事をしなければならない。

 

本当に僕たちは得してるのでしょうか。

 

もしかしたら、家を買ったことで得してるのはまた別の違う人達なのではないか。

 

そんな疑問を持つことから始めてみてください。

 

僕たちは考えてはいけないように洗脳されています。

 

まさに王の為に働くゾンビのように。

 

自分の考えで自分の意見を言うことや、

自分のやりたいようにすることを阻む人が存在し、止めようとします。

 

それが小さい時からの教育です。

 

まさに一般的な常識や世間体と言われるものを根付かせられてる。

 

でもそれを作り出してるのは自分達自身であり、社会そのものです。

 

だからいつまでも苦労し、いつまでも豊かにはなれないようにコントロールされています。

 

お金の為に働かなきゃいけないようにコントロールされているのです。

 

その結果富を得ることができるのは、

コントロールする側の人。

 

そして、それでも自分の道を進んでいける人達です。

 

だから一部の人にしかお金が廻らないようになっている。

 

まず仮想通貨の事を理解するには、

世の中の仕組みやお金の流れを知ることから始める必要がありそうです。

 

では次は、じゃあなぜ仮想通貨が必要なのか?

 

次回の記事で深く説明していきたいと思います。

 

 

読んで頂きありがとうございました。

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin