Our New Website 「TOCC JAPAN」 coming soon...

 

今回のテーマは、日本独特の価値観についての記事です。

 

接客業の方なら、経験したことある方もいるかもしれないこのキーワード。

 

「客は神様だろ!」

 

という謎の訴え。

 

僕は幸せなことに、一度も経験したことないですが、

それに近いような経験はあります。

 

理不尽というか、勝手なことを言う方のことですよね。

 

口には出さなくても態度や口調で表す人もいます。

 

もちろん商売上で言えばお客様は神様みたいな存在です。

 

でもはっきり言います。

 

神様ではありません。

 

あくまで商売上では、何かを提供する代わりにお金で取引をする相手。

 

そのうえでの大切にしなきゃいけない存在であって、

商売はただの取引でしかありません。

 

まずはこの「お客様は神様」というものはどこからやってきたのか?

そして、商売するうえで大切なこととは何なのか?

 

そこには日本人が見失いつつある最も大切なことに気づかされました。

 

 

「お客様は神様」という意識はいつ誕生したの?


「お客様は神様です」とは、(昭和36年)頃の自身のステージ上、三波と司会を務めた宮尾たか志との掛け合いMCの中で生まれた言葉である。

宮尾の「三波さんは、お客様をどう思いますか?」の問いかけに、三波は「うーむ、お客様は神様だと思いますね」と応える。

ここで宮尾がたたみかけるように、客をいろいろな神仏になぞらえ、

「なるほど、そう言われれば、お米を作る神様もいらっしゃる。ナスやキュウリを作る神様も、織物を作る織姫様も、あそこには子供を抱いてる慈母観音様、なかにゃうるさい山の神……」

と、このやりとりで観客は笑いの渦となり、これ以降、定番のMCとして全国各地で披露された。

ここでの神とは、日本古来の神であるが、三波本人の説明によると、

「舞台に立つときは敬虔な心で神に手を合わせた時と同様に心を昇華しなければ、真実の芸はできない」

「いかに大衆の心を掴む努力をしなければいけないか、お客様をいかに喜ばせなければいけないかを考えていなくてはなりません。お金を払い、楽しみを求めて、ご入場なさるお客様に、その代償を持ち帰っていただかなければならない。」

「お客様は、その意味で、絶対者の集まりなのです。天と地との間に、絶対者と呼べるもの、それは『神』であると私は教えられている。」

と、自身の芸と観客との関係について、自著で述べている。

きっかけは、演歌歌手である三波春夫さん。

Wikipediaから引用

 

三波さんの意識の中で、あくまで提供する側の心構えとしての話です。

 

このことを知らない方も多いのではないでしょうか。

 

お客様側が偉そうな態度をして良いなどとは全く言っていません。

 

あくまで例え話であって、それを良い風にお客様が捉えてるだけ。

完全に勘違いです。

 

商売人においての提供する側として、精一杯の気持ちで努力して喜んでもらおう。

 

その為には「神様だと思ってやろう」という意識が大切だと言いたかったのではないでしょうか。

 

 

三波春夫さんが伝えたかった本当の意味とは?

 

実は、三波春夫さんがこの言葉を発したのには、

お金を頂くことに「神様」と表現した訳ではないのです。

 

永六輔が後年さらに「観客=絶対者」について尋ねているが、

三波は「自分はすべての人をお客様だと思っているわけではない。ステージを見に足を運んでくださる人だけがお客様だと思っている。そうした方々は『絶対者』だろう。ステージが〈天〉なら客席は〈地〉で、その天地の中にいる唯一の絶対者がお客様。そういう存在を〈神様〉というのだと自分は教わった」と説明している。

オフィシャルサイトに『「お客様は神様です」について』のタイトルでコラムを掲載、

「例えば買い物客が『お金を払う客なんだからもっと丁寧にしなさいよ。お客様は神様でしょ?』

と、いう感じ。

店員さんは『お客様は神様です、って言うからって、お客は何をしたって良いっていうんですか?』という具合」

と具体的な例を挙げた上で、三波が言っていた「お客様」とは商店や飲食店などの客ではなく、聴衆・オーディエンスであり、

「この言葉を盾に悪態をつく客(クレーマー)は『様』を付けて呼んで貰えるような人たちではないと思います」と解説している。

 

その空間、その場にいる以上は精一杯の努力をし、楽しんでもらう。

 

それが彼のポリシーであって、仕事に対する生き様。

 

お客様側からわざわざ「客は神様なんだよ」的なことを言われるような筋合いは全くありません。

 

お金を払ったから偉そうにできるなんて論外の話です。

 

そんな基本的なことも知らず、

自分があたかも神様みたいに偉そうにしてしまうのは、ある意味自分の世間知らずをさらし出してるようなもの。

 

ビジネスをやる以上、文句言う方はお断りぐらいの気持ちがあってもおかしくはないのです。

 

海外でもクレーマーや文句を言う人なんていっぱいいます。

 

でもそもそもお客様は神様なんて考え方がないので、

文句言うような人はこなくていい。

 

そんなシンプルな考えができるから、変な気遣いなんてしません。

 

日本は全ての人のワガママに付き合い過ぎ。

 

めんどくさいことにも対応し過ぎです。

 

その結果求め過ぎなお客様が増えたのは事実でしょう。

 

モンスターペアレントやらクレーマーやらが増えたのは、

社会全体がそういう風にしたからではないでしょうか。

 

何でも受け入れるからです。

 

何も言わないからです。

 

そろそろ未来の子供達の為にも、意識すべきは我々大人達ではないでしょうか。

 

 

日本人が見失いつつある相手を尊敬・尊重すること

 

 

商売だけではなく、人が生きていくうえでは必ず誰かの支えがないと生きてはいけません。

 

与える人がいて、頂く人がいる。

 

この形なくしてこの世は成り立っていないのです。

 

商売で言えば、その対価としてお金を払い、その対価を頂くだけ。

 

究極論お金なんてなくても、物々交換さえあれば成り立つ話です。

 

対価に見合わないようであれば、取引しなければいい。

 

それだけではないでしょうか。

 

だから、提供する側はできる限りの努力をする。

 

相手を尊重し、神様のように思って。

 

それに対して提供される側は、

その相手のことを尊敬・尊重してあげることが必要なのではないでしょうか。

 

その相手は、その人なりに努力して頑張ってる。

 

まずはその気持ちを受け入れましょうよ。

 

相手のことを本当に好きなら改善点を伝えることも、時には必要。

 

でもいわゆるクレーマーと言われる人達は、

言いたいだけ。

 

自分の思い通りにしたいだけ。

 

そこに愛も尊敬も全くありません。

 

そんな人として最も大切なことを忘れてしまったような人とはおさらばするのもいいでしょう。

 

自分にとって害のありそうな人とは、とっとと離れるべき。

 

時間と労力の無駄。

 

歳を重ねればワガママになりますよね。

 

なぜなら若い時と違って人それぞれ生き方も価値観も変わってきてるから。

 

昔の仲間とも話が合わなくなるのは当たり前。

 

それを無理して合わせる必要があるのでしょうか。

 

ある意味こっちが合わせようとすればする程調子に乗るような人とは、

一緒にいる価値がありません。

 

まずは自分から努力する。

 

それでもダメなら断ち切りましょう。

 

無理しなくても自分にとって必要なのはその人、その時だけではありませんから。

 

誰に対しても尊敬・尊重する気持ちは忘れずにしていきたいですね。

 

 

読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG