Our New Website 「TOCC JAPAN」 coming soon...

 

2017年も終わり、新年のお正月ですね。

 

1年なんて長いようであっという間に過ぎ去ってしまいます。

皆さんにとっての2017年は良い年でしたでしょうか?

 

今年も最高な年にする最初の食事として、おせち料理を頂く家庭も多いでしょう。

 

ただ好きな方もいれば、あんまり好みではなく、

すぐジャンキーな物を食べてしまう人も多いのではないでしょうか。

 

毎年何気なく食べている『おせち』ですが、

その由来や意味を理解してる方は少ないはず。

 

歴史あるこの伝統食は、日本人である以上は知っておく必要がありそうです。

 

 

おせちの由来とは?


 

あまり知らない方も多いと思うので、まずは『おせち』の由来から確認していきましょう。

御節料理(おせちりょうり)は、節会や節句に作られる料理。

節日のうち最も重要なのが正月であることから、正月料理(しょうがつりょうり)を指すようになった。

「おせち」は「御節供(おせちく、おせつく)」や「節会(せちえ)」の略であり、

中国から伝わった五節供の行事に由来する。

奈良時代には朝廷内で節会(せちえ)として行われ、そこで供される供御を節供(せちく)と言った。

現在のような料理ではなく、高盛りになったご飯などであったとされる。

Wikipediaから引用

 

おせちとは、年間の節日に食べる食事として誕生したもの。

 

確かに、お正月は日本人にとっては最も大切な休日ですよね。

 

街全体がゆったりし、昼からお酒飲んだり、初詣に行ったりして海外にはない独特な雰囲気があります。

 

すごく日本らしくて素敵な日だと思います。

 

その大切な日に食べるものには、

その年の豊作や家内安全、子孫繁栄の意味や願いも混められて食べられてたのです。

 

 

おせち料理の基本


 

 

ただ一つだけ疑問がありますよね。

 

「なぜあのような献立になるのか?」

 

実は、その献立一つ一つに理由が存在します。

ただ地域によっては、献立の多少の違いがあったりもするでしょう。

 

それは地域によっての気候の特色や採れる食材によって、変えてたみたいです。

 

では基本的なおせち料理の献立の意味を確認していきましょう。

 

黒豆・・・邪気を払い長寿と健康(無病息災)を願ったもの

 

数の子・・・五穀豊穣と子孫繁栄を願ったもの

 

紅白かまぼこ・・・形が初日の出。赤色は魔除け、白色は清浄を意味している。

 

伊達巻き・・・巻物(書物)に似た形から文化・学問・教養を持つことを願う

 

栗きんとん・・・「金団(きんとん)」とは金色の団子という意味、金運を願ったもの

 

田作り(ごまめ)・・・「ごまめ」は「五万米」の名とともに五穀豊穣を願ったもの

 

鯛・鰤・鰻の焼き物・・・出世やめでたいと言った縁起の良いもの

 

海老の焼き物・・・脱皮を繰り返していくことから出世を願うもの

 

昆布巻き・・・「喜ぶ」の語呂合わせ。巻物(書物)に似た形から文化・学問を象徴。

 

酢の物・・・おめでたい縁起物の意味をもつ

 

たたきごぼう・・・地中深くに根が入り、家の基礎が堅牢である

 

煮物・・・子孫繁栄、出世、永遠に続く幸を願う

 

このようにそれぞれの食材の特徴に、

意味をつけて、縁起の良い日に食すものとして今まで伝えられてきたのです。

 

お食事の際には一つ一つ意味を感じながら食べてみると見方が変わっていいかもしれません。



女性が解放される期間


 

今でこそ男性も家事をやる時代ですからあまり関係ないかもしれないですが、

昔の常識として女性は、家事に専念することが多かったのはご存知の方もいるでしょう。

 

ただこの正月だけは、日持ちする食事を作ることによって、

お正月の期間だけでも包丁を置き、家事から解放され休める期間だと言われてきました。

 

昔、正月に包丁などの刃物は使うなと言われたことありませんか?

 

元旦に刃物を使うのは、『縁を切る』という由来もあるみたいですが、

家事をやるうえで欠かせない刃物を置いて、女性も自由にできる唯一の日なのです。

 

お正月の期間ぐらいは家族みんなでお家でゆっくりするのが一番ですよね。

 

 

市販のおせちに潜む添加物と糖質過多に注意


 

もちろんこの便利な食事にもデメリットがあります。

 

それは、手作りする際の手間がかかること。

 

それでも昔は当たり前のように手作りしてましたが、

現代のほとんどの家庭ではスーパーや通販で注文することが多いと思います。

 

でも市販で売られてるようなものには、もちろん添加物が含んでいることも忘れてはいけません。

 

そして、何よりも気をつけて頂きたいのが、

 

糖質の摂り過ぎ。

 

おせち料理のほとんどが甘辛く作ってあります。

 

これは日持ちさせる目的で醤油や砂糖を使ってるのですが、

その分食べ過ぎれば糖質過多になり、太る原因や血糖値の急上昇による病気のきっかけを作ってしまいます。

 

更にビールや日本酒などのお酒も進む為、ほとんどの食事から糖質を摂ってることになるのです。

 

お正月だからと言って、

油断して食べ過ぎ・飲み過ぎに注意して、適度な食事を摂るようにしましょう。

 

時間があれば軽い運動なんかもされた方がいいと思います。

 

 

おすすめおせちレシピ


 

最後に個人的に好きなものばっかりですが、

おせち料理の代表的な献立を軽く紹介して終わりたいと思います。

 

楽を求めて市販のものでも良いですが、

どうしても味付けが偏りやすいので飽きやすい。

 

時間がある方はぜひ作ってみてください。

 

今年も意識的に健康であることを忘れずに、

良いものを食べて元気な身体作りをしましょう。

 

 

〜伊達巻き〜

簡単おせち♪我が家の伊達巻き

 

〜栗きんとん〜

栗たっぷり!安納芋で栗きんとん

 

〜数の子〜

味付け数の子☆おせち

 

〜なます(酢の物)〜

柿のなます

 

〜松前漬け〜

 

旨ウマ♪自家製数の子松前漬

 

〜黒豆煮〜

ふっくらおいしい黒豆煮

 

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG