仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

[働くのが美徳] 年末・年始もアホみたいに働かせる日本

[働くのが美徳] 年末・年始もアホみたいに働かせる日本

 

先日、こんな記事を見つけました。

 

年末年始の休業店増やす 大戸屋、働き方改革推進

 

この大戸屋の行い、ネット上では賛否両論分かれているみたいなんです。

 

皆さんはどう思いますか?

 

僕はこれに関して言ったらたくさんの意見があるので、

僕なりの意見を少しだけ、少しだけ述べたいと思います笑

 

 

世間の意見は?


 

 

 

 

 

以外と肯定派の人が多いのですね。

 

まあ中には否定してる意見もあるみたいですが、

僕の意見としては、すごく良い流れだと思っています。

 

まず年末年始に海外に行けば分かります。

 

リゾート地ではないですよ。

 

普通の一般人の方が住む地域の話です。

 

クリスマスから年始までどこも休みです。

 

もちろんやってるお店や企業は存在しますが、

休日手当や国に厳しく管理されている為、適当な営業はできません。

 

祝日や休日はしっかり休まないといけないのですから、

休みは当たり前に休みます。

 

仕事柄仕方なく仕事しなきゃいけない職業もあると思いますが、

まずはそういった祝日にも関わらず働いてくれた方への謝礼はあった方がいいですよね。

 

気持ちだけでも頂けると、働きがいがあると思います。



年末年始働くのは違法??


 

そもそもなぜ大戸屋がこのような行いをやろうとしてるのでしょうか。

 

大戸屋側の意見としては、

「従業員の心と身体を第一に考える」

と言っています。

 

素晴らしいですよね。

 

会社は社員あってこそ成り立つという想いが伝わってきます。

 

でも、このような素晴らしい行いだと思えることでも否定派の方達はそれでも働けと言う訳です。

 

「休みの日に食べたくなっても空いてないんじゃ困る」

 

「サービス業が休んでんじゃねえ」

 

このような意見が飛び交う訳です。

 

もうこれ、働いてる人への思いやりも何もない。

 

自分勝手でしかありません。

働いてる人達も働きたくて働いてる人ばっかりではありませんよね。

 

シフト上仕方ない人もいるし、誰かの代わりに働いてる人もいる。

 

なぜその気遣いすらもなくなってしまったのでしょう。

 

昔は年末・正月休みのサービス業なんて当たり前。

 

それでも普通に何の違和感もなく営業してました。

 

ではなぜ現代はこの時期に働く必要があるのでしょう?

 

法律上では問題ないのか?

 

調べてみました。

 

 

労働基準法第35条第1項、

「使用者は、労働者に対して、毎週少くとも一回の休日を与えなければならない」

2項は

「前項の規定は、四週間を通じ四日以上の休日を与える使用者については適用しない」

 

 

このように法律上、

休日に関しての曜日の指定はなく、就業規則で曜日や特定日を指定されている場合には、それが休日。

 

元旦に関しても、それが休日と指定されている場合、

原則として出勤を強制することはできず、働かせた場合は割り増しをされた休日手当を支払う必要があります。

 

ただ、元旦がこの休日に該当しない場合には、

出勤を命じることは通常の「業務命令」であるため、基本的に断ることはできないのです。

 

しかも、割増手当も基本的に支払う必要はないということになる。

 

国としても国民の休日であるからと言って、

必ずしも社員を休ませなければならないというわけではないのです。

 

もうこうなったら国の法律から変えるしかありませんよね笑

 

それはハードルが高すぎる。

 

でもよく考えると、その判断基準は企業側に委ねられてるということ。

 

経営者の方針によってはいくらでも変えられるはず。

 

経営者や個人個人の働く意義や目的が明確にあり、皆で共有できてれば、

自分次第で今までの常識もやり方も改善できるような気がします。



 

個人の生き甲斐を自分で見つける時代


 

 

働き方改革とか何とか言われていますが、

そんな上辺だけの言葉よりも、どうやって個人が活き活きと楽しく生きれるのか?

 

本気で考えないといけないと思います。

 

働きたい人は働けば良い。

 

でも働きたくない人や予定がある人が多い場合は休めばいい。

 

「そんなん売り上げ下がるし、困るよ」

 

経営者の方はそう言いたいんですよね。

 

でもその結果、若い子が定着しない原因になったりして、

結局人が足りなくて倒産してる企業がいっぱいあるのは知ってるでしょう。

 

もう「最近の若い奴は・・・」なんて言ってる場合ではないはず。

 

もう既に若い働き手が足りなくなってきてるのに、

今後はもっと深刻化していきます。

 

その時に老人ばっかりで企業を支えていけるのでしょうか。

 

体力も発想もない方達をどう活かしていくのでしょう。

 

売り上げも長時間労働も大事ですが、

もうそろそろ、今までの価値観を変えることを本気で考えていかないといけないと思います。

 

今の現状に満足してますか?

 

お金たくさん稼いで満足してますか?

 

一般の方であれば、

企業に勤めて働くことが自分の満足だったら僕のブログすら読んでないでしょう。

 

ほとんどの方が何かしら悩みや不満を感じてるから、訪れてくれたはずです。

 

専業主婦や子育てしながら仕事を頑張ってる方もいると思います。

 

でも、一つだけ言えることがあります。

 

金稼ぎや物で溢れることが幸せではないということ。

 

お金なんて仕組みやコツさえつかめばなんとかなります。

 

それを本気で勉強し、素直に実施するかどうかです。

 

その為にはお金の仕組みや、稼ぎ方を学ぶ必要があります。

 

僕はお金の稼ぎ方や使い方に関しては人よりも長けてると思っています。

それはもちろん一から勉強したから。

 

でも今の僕に必要なのは、この社会にどう貢献できるかを考える事。

 

目標は大きく、少しづつやってみるしかありません。

 

目標達成できるかどうかよりも、僕が興味のあったことを素直に行い、

自分にしかできないことをただやる。

 

そして思ったことを形にしようと思って、ブログや農業を始めました。

 

もちろんまだまだやりたいことはあります。

 

それは僕の為でもありますが、

僕のような考え方に価値を見いだしてくれたらいいなという思いでやっています。

 

所詮一般の美容師ですが、畑もやってる美容師なんてそうそういない。

 

今までの常識や価値観を変えていくのが僕の目的。

 

仕事一筋でいなきゃとか、

子育て頑張らなきゃとか自分にプレッシャーかけて努力するのは必要かもしれませんが、

そんなことよりも大切なのは自分の人生であり、生き方です。

 

主婦であろうが従業員であろうが一人の人間。

 

どこに住んでようが、貧乏だろうが自分なんです。

 

自分で決めてきた結果なんです。

 

だとしたら金の為に働きたい人は働けばいい。

 

でも働きたくない人への誹謗中傷や邪魔はしないでください。

 

お互いに価値観や状況が違うから生き方も違って当たり前。

 

変にSNSやテレビに騙されて洗脳されないでください。

 

彼らもビジネスであり、やり方なんです。

 

その為には、どうやったらこの働き過ぎの生き方から抜け出せるのか。

 

本気で考えて行動するしか答えはないはず。

 

簡単な話、語学やスキル身につけて海外に移住すればいくらでもこの狭い日本からは抜け出せます。

 

それをやるかやらないかだけですよね。

 

やらないのにああだこうだ言うのはおかしい。

 

元旦から働いてる方も、自分が選んできた結果です。

 

それを今更言うのは、自分の選択が間違ってたということ。

自分を否定してるだけ。

 

でも考え方を変えればそういう方がいるから僕達は食べたい時に食べれて、

買い物したい時にできる。

 

みんなが感謝の気持ちを持って接することができれば、

こんなくだらないことで賛否両論言ってる場合ではないのでしょうか。

 

行きたいお店が休んでても問題ないでしょう。

 

空いてる時に行けばいい。

 

自分の価値観も心の余裕を作り出すのも自分次第だと思います。

 

 

読んで頂きありがとうございました。