Our New Website 「TOCC JAPAN」 coming soon...

 

もうすぐクリスマス。

 

カップルや家族の方にとっては年間行事の中で一大イベントの一つですよね。

 

うちはケーキ食べるぐらいで大したことはやりません。

 

ケンタッキーにしてもどっか出かけるにしても、

普段食べればいいし、行きたい時に出かければいいという考えなんで笑

 

どこ行っても混んでるし、高いし、こういう時は家でゆっくりするのが一番。

 

いつも通りのいつもと一緒の暮らしを楽しみます。

 

今回のテーマはオカルト系の話が好きな方にとってはネタになる良い話笑

 

クリスマスの意味や起源なんて誰も調べたことないでしょうから、

分かりやすくより深い話をしたいと思います。



クリスマスの起源を知ってますか?


キリスト教においてもクリスマスは「降誕を記念する祭日」と位置づけられており、

「イエス・キリストの誕生日」と考えられているわけでは無い。

降誕祭とは別に、西方教会では1月6日にキリストの公現を祝う(公現祭)。

12月25日の生誕祭は、遅くとも345年には西方教会で始まった。

ミトラ教の冬至の祭を転用したものではないかと言われている。

キリスト教圏では、クリスマスには主に家族と過ごし、クリスマスツリー(常緑樹で、一般にモミの木)の下にプレゼントを置く。

プレゼントを贈る気持ちである「愛」の日でもある。

Wikipediaから引用

 

誰がキリストの誕生日なんて言ったんだ笑

 

何の根拠も証明もない。

 

思わず突っ込みたくなる話ですよね。

 

元々、冬至の祭りの一貫として始まった儀式であるということ。

確実な情報ではないですが、おそらく一番ピンとくる説だと思います。

 

とにかくクリスマスの説には色々ありすぎて、何が真実かが分からない状態。

 

ただそこには行事にする目的や理由があるから今まで残ってきてるはず。

 

調べると様々な事情や、行ううえでのくだらない理由も存在してるのです。

 

 

12月25日は誰の誕生日?


 

 

実は、キリストの誕生日とは別の人物でクリスマスと関係の深い人物がいます。

 

それが、『ニムロド』

 

ニムロド(ヘブライ語: נמרוד‎)は旧約聖書の登場人物で、

『創世記』の10章においてクシュの息子として紹介されている。

クシュの父はハム、その父はノアである。

Wikipediaから引用

 

実は、この日はニムロドの誕生日なのです。

 

偶然でしょうか。

 

全く別人の彼が出てきましたが、世の中の仕組みを理解してる方からすれば、

彼の存在なしにはこのイベントは続かなかったでしょう。

 

一方、ミドラーシュではよりネガティブな人物として想定されている。

それは彼の名前が即、神に対する反逆を表明しているからである。

つまり「ニムロド」とはヘブライ語で「我々は反逆する」を意味している。

狩人としての彼の行為もまた、凶暴かつ残虐的に描写されている。

なかんずくバベルの塔の建造においてはその企画発案者と見なされており、

ミドラーシュには、バベルでの偶像崇拝を拒絶した青年時代のアブラハムを炉に投げ入れるよう命じる場面が詳述されている。

 

更にこう続きます。

 

ニムロドの誕生日は12月25日の日曜日とされ、それはバビロニアの大安息日でもあるとされる。

したがって、クリスマスはイエスを祝うだけではなく、ニムロドの生誕を祝う日でもあるとされる。

「Merry Xmas」の『X』という十字に似た文字は、

二ムロドのシンボルとされ、

merry Xmas は『Magical or Merriment Communion with Nimrod』という説がある。

 

段々陰謀論みたくなってきましたね笑

 

なんだかゾクゾクしてきました。。

 

イエス・キリストは、もっと暖かい季節に生まれたのです。

イエスが生まれたとき、羊飼いは、彼らが飼っている羊とともに野外でスヤスヤ寝ていたのですから。

断じて、イエスは氷雨の降る12月に生まれたのではないのです。

では、12月25日に生まれたのはいったい誰なんでしょう。

それは、他ならぬエホバの神(旧約聖書の唯一神、ヤハウェのこと)

に最初に敵対した人間--そう、ニムロド(NIMROD)なのです。

ニムロドの生誕祭は、西暦起源のずっと前から異教徒たちが祝ってきたもの。

毎年、正確に12月25日、バビロニアの女神(セミラミス )の息子に祝意を表して。(ニムロドはセミラミスの子供)

その後、この同じ祭はローマ教会でも採用されるようになり、

この祭りの名前に「キリスト」というネーミングが加えられました。

ニムロドが死んだとき、その死はyule log(クリスマスイブに暖炉で焚く太い薪)として表わされるようになりました。

ニムロドの死は、この偉大なる“神”の薪の中に封じ込められ暖炉に投げ入れらることによって祝賀されるのです。

wantonのブログさんより引用

 

陰謀論というか信じるか信じないかみたいな話。。

 

でも陰謀論という架空の話だけでは片付けられない現実もこの世の中には存在してるのです。

 

そんなくだらないことにこだわってる連中がいるのも事実。

 

そして、それ以外の説があまり立証されていないこと。

 

これらを信じるとかではなく、一つの考え方として理解してもらえたらと思います。

 

 

サンタクロースは悪魔の象徴!?


 

突然ですが皆さんも知ってるサンタクロース、何者だか知ってますか?

 

存在は知ってても、神様なのか架空の生き物なのか、人間なのか訳分からないですよね。

 

実は、『セントニコラウス』という聖人なのです。

 

まあ伝説の人物というか、生きてたのかさえ疑問ですが。。

ただ現代でもその彼を祝う日も存在してるので、価値のある方だと理解しましょう。

 

でもここからがおかしくなってきます。

 

セントニコラウス自体は良い人で、お祭りの日に子供達にプレゼントを与える役なのですが、

そこに同じく連れ添って悪い子供達にお仕置きをする役目の者が存在します。

 

それが、『クランパス』

 

クランパスは、割れた蹄(ひづめ)、長い舌、頭には角、暗い色をした煤けたような皮膚、その皮膚にうっすら生えた毛、そして熊手を持っています。

子供たちにとって、クランパスは、悪さをする子供を鞭で叩く悪魔のヤギのように見えるのです。

クランパスは、聞き分けの悪い子供を連れ去って、地獄の深みに落とすために、子供を入れる大きな袋を持っています。

サンタが大きな袋をさげて、子供たちにプレゼントを持ってきてくれると言われているのは本当は逆で、

子供たちを捕らえて入れるための袋なのです。

 

 

ではまずはその生き物を見てください。

 

 

見ての通りバケモノです。

 

手に持ってるのはクリスマスツリーでしょうか。

 

長靴もありますね。

 

 

かごは袋の代わりでしょうか。

 

子供にとっては恐ろしすぎるヤバい奴。

 

決してお祝いされてる感じには見えません。

 

現代が異常なのでしょうか笑

 

更にヨーロッパの一部では現代でもこのようなことをイベントの一つとして行ってるところもあります。

 

In Austria the saint is accompanied by the demonic Krampus.

 

日本で言う「なまはげ」と似てますよね。

 

まあ関係性もありそうですが。。

 

しかもこのサンタの名前の由来にも関係することがあります。

 

「santa」の文字の位置を少し変えるだけで、『SATAN』になるのです!!

 

恐ろしいですよねー笑

 

偶然でしょうか?

 

そんな分かりやすいことを平気でやるのですねー笑

 

 

 

まとめ


はい、今回は楽しい楽しいおもしろネタでした。

 

気に入って頂けたでしょうか?

 

僕は本気で伝えてるつもりですけど、本気さ伝わりましたか?笑

 

でもそんなくだらないことにこだわってる連中が世界のトップに君臨してたり、

いまだに悪魔崇拝的なことをやってるのは事実です。

 

なぜ、クリスマスになるとケンタッキーなんでしょう?

 

なぜ、砂糖たっぷりケーキを食べるのでしょう?

 

全て意味があります。

 

実は、普段の生活してる中にも、

テレビの世界や企業など色んなところにサインが存在してるので好きな方はどうぞ調べてください。

 

自分達がどれだけちっぽけで、生きてる意味さえ見失います笑

 

では良いクリスマスを♪

 

♪Merry SATAN♪

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG