仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

[超重要] 風邪薬では風邪を治せない。飲めば飲む程治りにくくなるワケ。 〜まとめ〜

[超重要] 風邪薬では風邪を治せない。飲めば飲む程治りにくくなるワケ。 〜まとめ〜

 

今回は、2回に渡って説明してきました『風邪』についてのまとめになります。

 

風邪薬の危険性や副作用など説明してきましたが、

「じゃあ結局どうしたらいいの?」という疑問が湧くと思います。

 

これから話すことは僕の意見ではなく、

一部の方にとっては当たり前の話で、決して珍しくもありません。

 

ただ今まで何も知らずに薬を飲めばいいと思ってきた方にとっては、

だいぶ考え方も治療法も違います。

 

そこには色々な理由があり、

身体にとってより負担の少ない方法で予防・治療できるという方法があるのです。



僕たちに元々備わってる健康を維持する力


 

この元々備わってる力を高めることが病気を治すには何より必要なこと。

 

これを、『自然治癒力』と言います。

自然治癒力とは、

人間・動物などの心身全体が生まれながらにして持っている、ケガや病気を治す力・機能を広くまとめて指す表現。

手術を施したり、人工的な薬物を投与したりしなくても治る機能のこと。

「自己治癒力」とも呼ばれる。

Wikipediaから引用

 

このままwikipediaさんにとても参考になる記事がしっかり書かれてたので、

そのまま引用させて頂きます。

 

現代西洋医学では、診断により病名をつけ、医薬品の処方や手術を行う。

現代西洋医学では、原因となっている部分の除去や、症状の緩和(対症療法)が目的となっている。

ただし、実は、こういったことだけでは病気は治らない。

結局は、十分に体細胞の休養をとり、生命力を高めて治癒力が動くようにしてやることで治癒しているのである。

 

この対症療法というものが皆さんが一般的に行う治療法です。

 

では対症療法とは何なのか?

対症療法とは、

疾病の原因に対してではなく、主要な症状を軽減するための治療を行い、自然治癒能力を高め、かつ治癒を促進する療法である。

姑息的療法とも呼ばれる。

転じて、医学以外の分野において「根本的な対策とは離れて、表面に表れた状況に対応して物事を処理すること」という意味で用いられることがある。

「対処療法」と表記するのは間違いである。

対症療法に対して、症状の原因そのものを制御する治療法を原因療法という。

病気そのものを治療するには、原因療法や自然治癒力の助けが必要である。

また、疾患の多くは直接の原因と複数の遠因が重なりあって起こるため、原因療法と対症療法の区別は相対的なものである。

 

西洋医学がダメとか危険とかではありません。

 

ここにもしっかり説明されてますが、あくまで西洋医学的な考えは症状の緩和が目的。

もしくは症状を抑えることしかできないのです。

 

現代の医学では「治す」というよりも、症状を軽くすることや、

治す手助けでしかない。

 

なので治ると思って薬を飲むのは、ある意味勘違いでしかないのです。

 

薬を飲んで治ったとしても、薬のおかげではなく、一時的に緩和され、

症状を治したのは人間が持ってる自分自身の治癒力で治したのです。

 

これは本当に大切なことなので覚えておく必要があると思います。

 

 

自然治癒力を高める・治癒を早める方法


 

 

ではこうした元々備わってる力を強化してくにはどうしたらいいのでしょうか?

 

一言で表すと、

『人間として当たり前のことをする』

 

ただそれだけです。

 

でも現代はこの当たり前のことができてない人が多い。

 

だから病気の人が増え、いつまでも解決できていません。

 

原因は、ただ当たり前のことができていないから。

 

仕事や遊びなどで忙しいので、当たり前のことをするのが難しいのは分かります。

 

でもそれは人間の身体にとっては関係ありません。

 

人間として当たり前のことができてないのに、

自分の欲や楽さに甘えて、身体を投げやりな扱いにしてしまうのは間違っているのです。

 

病気になりたくないなら普通のことを普通にやってください。

では当たり前のこととは何でしょうか?

 

 

〜生命が生きるのに必要な当たり前のこと4つ〜

1、人間に必要な栄養のある食事

2、質の良い睡眠

3、適度な運動

4、デトックス(毒素排出)

 

 

健康でいれるか、病気になりやすいかは、

この4つのことが普通にできるかどうかで変わってきます。

 

僕はただ当たり前のことを言ってますが、

じゃあ現代人でどれだけの人がこれらを守れてるでしょうか?

 

守れてないから免疫力が下がり、内蔵に負担をかけ、精神にまで影響を与え、

その結果身体の不調があっても無理をして仕事や日々の生活をする。

 

そんな調子じゃ病気になるように、自分で自分の身体を傷つけてるようなもの。

 

まずはこの4つの当たり前をできてるかどうか、

自分でしっかり反省して見直すきっかけにしてもらえたらと思います。



1、栄養のある食事

 

何でも食べれば良いというものではありません。

 

しっかり人間にとって必要な栄養を補えるものを食べ、内蔵に負担の少ない食事の仕方、バランスを考えて食べること。

ポイントは、

 

・内蔵を温める食材(肉、魚、根菜類、温かい食事)を意識して摂ること。

・化学物質や変な食材を使ったものは食べない。

・余計なものが添加されていない調味料に変える。

・調理に使用する油を変える。

 

 

これらのことをまずはやってみてください。

続ければ少しずつでも身体の変化を感じることができると思います。

 

体を温める食べ物は?冷えにくい体を作る食事法より引用

 

 

2、質の良い睡眠

 

まずはなるべく同じ時間帯・同じ環境で寝る努力をすること。

 

遅くまで起きてたり、寝る前にゲームやスマホによる目の使い過ぎは厳禁です。

スマホの照明やゲームなどは脳を覚醒させる効果があり、睡眠障害の原因、寝ても質の良い睡眠ができなくなります。

 

できることなら寝る前は映像などの液晶を見るのを止め、目を休めるようにしてください。

 

布団に入る前に軽いストレッチなどをするのは、自律神経を整える作用があるので、

質の良い睡眠を助ける役目がある為おすすめです。

 

寝る前10分!眠りの質を高める6つのストレッチより引用

 

3、適度な運動

 

ここで重要なのは適度な運動です。

 

運動はある程度は身体に良いことですが、激しすぎる運動や身体に負担の大きい運動は逆に健康を損なう可能性があります。

1日30分だけでも軽く走ったり、軽い筋トレをするだけでも良いと思います。

 

とにかく毎日継続して少しずつ行うこと。

 

あとは、ストレッチやヨガは自律神経を整える効果があります。

精神的なリラックス作用や柔軟性を高め、免疫力アップや代謝を良くする作用もあるのでおすすめ。

 

とにかく運動に関してはやり過ぎない、酷使しすぎないことが健康な身体作りには重要です。

 

 

4、デトックス

 

デトックスとは、

食事や運動によるデトックス効果のある方法もありますが、

僕がおすすめするのは食べないことでのデトックス効果です。

 

風邪ひいた時には消化に良いものを食べて栄養を摂りなさいと言われてきましたが、

実は無理に食べない方が免疫力も自然治癒力も高まることが分かっています。

 

これは前にプチ断食の記事でも説明しましたが、

食べると消化に体力を奪われ、治す力が半減してしまうから。

 

僕がここ2年程実践してきたプチ断食。マジで変わった8つの事。

 

特に注意したいのが、

薬を飲むことでの症状が緩和されたことで「治った」と勘違いしてしまうこと。

 

早い段階でいつも通りの生活に戻り、

食べ過ぎや消化に悪いものを摂ったり、身体に負担をかける行為は要注意です。

 

これでは症状を余計長引かせることになるだけ。

 

なるべく調子が悪い時はしっかり毒素を排出する為の時間を作り、

食べないことによる本来の免疫機能を一度リセットすることで、免疫機能を向上させ、本来の身体に戻すのにはとても必要なこと。

 

このように食べない行為というものは、健康である為にはすごく効果のあることなのです。



それでもまだ薬を飲みますか?


 

人間にとって自然なことを普通に行うだけで風邪ひきにくい身体にし、

風邪ひいても身体を休めることがどれだけ重要か分かって頂けたでしょうか。

 

風邪ひいたら、風邪薬。

 

風邪ひいたら、栄養のあるものを食べる。

 

風邪なんか気にしてるよりも仕事しろ的な考えは、

もう捨てるべきだと思います。

 

たかが風邪ですが、風邪で亡くなってる人がいるのも事実。

 

風邪とは、身体のリセット(休息)を知らせてくれる自然現象です。

 

それを無視して楽を求めて薬を飲んだり、身体の休息が少ないと、更に余計な病気になったり、

最終的には亡くなる可能性もあるのです。

 

まずは自分の身体のことを知りましょう。

 

僕が説明してきたのもあくまで参考程度です。

 

人によって合う合わないがあるのは当たり前なので、

自分で自分の身体と相談し、しっかり見つめ直すことが何より大切なことだと思います。

 

その為には症状の仕組みや身体のことをしっかり理解すること。

 

ぜひ参考にしてもらえたらうれしいです。

 

 

読んで頂きありがとうございました。