仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

ペットフードは死んでる餌!?市販のペットフードが危険な理由 〜part1〜

ペットフードは死んでる餌!?市販のペットフードが危険な理由 〜part1〜

 

好きな人にとってはたまらない存在であるペット。

 

最近では犬・猫だけでなく、は虫類や観賞魚、虫とかもペットにされてる方もいますよね。

 

もうペットの存在は、人間の関係以上、もしくは家族の一員として捉えてる方も多いと思います。

 

うちではチワワを飼ってますが、まだ子犬なので色々訓練中です。

 

厳しくしなければいけないのですが、

可愛さのあまり甘やかしてしまう事も。。笑

 

そんなペット業界ですが、異様な事が平気で行われている事を知ってますか?

 

今回は、そんなペット業界の異常な形態と、

ペットフードの内容成分の危険性についてお話できればと思います。

 

 

野放しになってるペットフード業界

 

皆さんが飼われてるペットにはどんな食べ物を与えていますか?

 

昔は残飯が主でしたが、

比較的安価で、手軽に与えられるものとして、

ドッグフードやキャットフードを与えてる方が多いと思います。

 

ただ、そのペットフードの作る過程や基準って知ってますか?

 

おそらくほとんどの方が、値段やなんとなくの感覚で購入されてる方が多いことでしょう。

 

実は、

そんなペットフード業界には基準となるものがすごく中途半端で、

ほとんど基準がないと言ってもいいぐらいです。

 

国の決まりの中では、

ペットフードに関しては食品として認められていません。

 

それは配合するうえでどんなものを入れようが、

ウソの表示だとしても義務や罰則は一切ないのです。

 

もちろん全ての業者さんがそういった事をやってる訳ではないと思いますが、

そういった事をやってる業者さんがいる事は知っておいた方がいいです。

 

なので食品を扱う農林水産省すらもペットフードは対象外になっています。

 

もうめちゃくちゃなんですね。

 

同じ生き物として存在する犬や猫は人間と同じようには扱ってないのです。

 

でも飼う際にはペットショップなどで購入されますよね?

 

しかも決して安くはないです。

 

それは単なる金儲けの一つになってるだけで、

命を大切に扱うような業界ではなくなってきているのが現状です。

 

ペットショップに並ぶのは短期間で、売れない犬は格安になり、

それでも売れないと保健所行きです。

 

そこでも引き取り手がいなければどうなるか?

 

分かる方には分かるでしょう。

 

同じように人間も扱われたらどうでしょうか?

 

それがペット業界の現実でもあり、大きな問題点でもあります。

 

 

ペットフードの内容成分は知ってますか?

 

 

例えば市販で打ってるペットフードはいくらぐらいで売ってますか?

 

1500〜3000円ぐらいが一般的でしょうか。

 

でもそのような商品でも、完全栄養食品として謳ってる訳です。

 

よく考えてください。

 

完全栄養食品がその値段で買えますか?

 

人間だと食費が月に何万もかかってるのに、ペットは数千円。

 

おかしいですよね。

 

もちろんこだわってる優良な業者さんが存在するのも確かです。

 

僕が言いたいのは、

あまりにも安過ぎて、栄養があるのか何なのか分かんないような、

ペットフードが市販で普通に売られてる事がおかしいと言いたいのです。

 

ではそんなペットフードの何がいけないのか?を詳しく見ていきましょう。

 

大きく見ると3つに分けられます。

 

 

・肉骨粉

・畜産副産物

・穀物

 

これだけ見てもよく分からないと思うので一つずつ説明していきます。

 

 

①肉骨粉とは?

肉骨粉(にくこっぷん)は、牛・豚・鶏から食肉を除いたあとの屑肉、脳、脊髄、骨、内臓、血液等を加熱処理の上、油脂を除いて乾燥、細かく砕いて粉末としたもの。

Wikipediaから引用

 

簡単に言えば、食肉と扱われていないゴミです。

 

それを細かくして粉末にしたものと言うこと。

 

例えばドッグフードのラベルにはこのように書いてあります。

 

・チキンミール

・ミートミール

・フィッシュミール

 

 

これらは言い方が違うだけで同じ肉骨粉です。

 

肉骨粉は基本的には農家の肥料などによく使用されるものですが、

最近ではペットフードにもよく使用されているのです。

 

本当にゴミです。

 

だから安く作る事ができるのです。

 

 

②畜産副産物とは?

畜産副産物(ちくさんふくさんぶつ)とは、家畜から食肉を生産したあとに残る部位。

Wikipediaから引用

 

畜産副産物は肉骨粉とほぼ同じ意味です。

 

肉骨粉は粉末にしてるだけで原材料は一緒です。

 

内蔵はもちろん糞尿や羽なども全てこの範囲内になります。

 

しかも、ここに含まれるもので気をつけるポイントがあります。

 

それは、死骸も使えるということ。

日本で市販されているドッグフードの多くが米国メーカーの製品であるが、AAFCO(米国飼料検査官協会)によると、米国においては、ペットフードに含まれる畜産副産物は法に基づいて適切に処理される限り、いかなる病気により死亡した動物でも、いかなる種類の動物でもよく、いかなる部位でもよいとなっている。

これには、牛海綿状脳症(狂牛病、BSE)の伝染の危険性から人間用には禁止されている牛の脳部位や脊髄も含まれる(ただし、反芻動物用飼料に含めることは禁止されている)。

また、安楽死させられた犬猫も含まれる。

Wikipediaから引用

 

これは、

殺処分されたものはもちろん、病気で死んだ動物、

道でひかれた動物なども全て含まれます。

 

どんな病気を持ってようが、

腐ってようがここに放り込まれて一つの商品として生産するのです。

 

これはアメリカで主にやってる生産方法ですが、

日本の市販の商品のほとんどがそういった業者から卸している事を、

知っておく必要があると思います。

 

ラベルの見方としては、

 

・肉類副産物

・獣肉副産物

・バイプロダクツ

 

 

などの表示方法があります。

 

 

③穀物とは?

傾向として、廉価品ほど肉の含有量が少なくなり、畜産副産物や穀物ベースの増量剤が多く含まれる。

一部の高級品を除けば、犬にとっては不要で、アレルギー、各種成人病、虫歯の原因となるトウモロコシや小麦が肉よりも多く含有されている(原材料表のトップに表記される)。

このような材料を使用しながらも、あたかも健康的で新鮮な自然食品が含まれているかのように消費者を誤解させる包装デザインが大変多く、批判の対象になっている。

Wikipediaから引用

 

安価で、あたかも健康的なように謳ってる商品によく使われる方法です。

 

要は、増量剤です。

 

安く作る為に、

犬の主食である肉類を少なくする代わりに、多く見せるために使用されてるのです。

 

基本的に犬や猫は穀類は必要ありません。

 

主に肉類のタンパク質があれば生きていけます。

 

しかし、市販で売られてるほとんどの商品に使用され、

その結果アレルギーやアトピー持ちのペットが増えてるという現状があります。

 

それらが原因の一つになっているのです。

 

しかもそこで使用されている穀物も、

 

・食用として認められない残留農薬が多いもの。

・腐ってたり、カビてたりするもの。

 

も含まれます。

 

それらを全てミックスしたのちに上記であげたような成分と混ぜて配合されています。



まとめ

 

 

このようにペットフードには危険な成分が大量に配合されています。

 

内蔵や糞尿などを粉末にし、病気で死んだ動物をも含んでようが、

それらが栄養価がある健康的な食べ物でしょうか?

 

危険と言うよりも栄養価がほとんどない死んでるクズと言った方がいいかもしれません。

 

だから安くできるし、栄養豊富と謳っても国の決まり上問題ないのです。

 

そこが大きな問題なのです。

 

犬も猫も基本的に肉食です。

 

人間と違って穀物などは基本的に必要ない生物です。

 

それらを食べさせるから、

抗体がなくて対応できず、アレルギーや病気持ちのペットが増加してるのです。

 

これらを聞くと結局何が良いのか、何を与えればいいのか分かりませんよね?

 

次回はそれらも含めて、続きをお話したいと思います。

 

読んで頂きありがとうございました。

 

 

☆うちで愛用中の安心ペットフードはコチラ☆

『FINEPET’Sペットフード』は、原材料を100%明記しています。
安心、安全なペットフードの証拠です!

このドッグフードは、「人間が食べることができるレベル」の原材料のみを使用し、
アレルギー性の低い鹿肉、鶏肉、鮭肉を主原料(肉類原材料割合80%)を主に使用。
肉類の副産物(バイプロダクツ)や 化学合成された添加物は一切使用せず、
余計な成分は全く配合されていません。

うちのチワワにも試した見た所、元々食べることに勢いが無いタイプだったのですが、
コチラに変えて以来、食い付きも良く、毛並みも体の調子もすこぶる良くなりました。

特にコチラの商品のメリットは、
初回限定で、お試し価格「1.5kg=¥3394」のところを、
最初だけ『¥1000』で提供して頂けます。

食べてくれるか分からないワンちゃんにとっては導入しやすい価格設定になっていて、
マメな連絡をいただいたりして対応もすごく良いです。

まずは一度お試しください。

FINEPET’Sドッグフード