仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

[肉工場経験者が語る] 知っておくべき外国産牛肉の恐ろしい実態とおすすめの選び方

[肉工場経験者が語る] 知っておくべき外国産牛肉の恐ろしい実態とおすすめの選び方

 

前回は、国産牛の危険性についての記事を説明しました。

 

↓↓記事はコチラ↓↓

[新事実] 外国産の牛だから危険、国産牛だから安全だと思ってませんか?

 

今回の話も前回の記事からの続きで牛肉の危険性についてです。

 

極論で言えば、牛肉に関しては国産でも外国産でもあまり食べない方がいい。

最初から食べなければこの話をする必要もありません。

 

でも日本の牛肉は美味しいですし、全く食べないという選択は難しいですよね。

 

じゃあどうすればいいかというと、

しっかりとした「牛肉の選び方」を知った上で購入すればいいんです。

 

そうすれば国産でも外国産でも、安全性の高いものを口にすることができるはずなんで。

 

今回は、牛肉の選び方について詳しく解説していきます。

 

結局、輸入肉の何がいけないの?

 

国産牛が良いのか、輸入牛が良いのかという問いに関しては、正直答えはありません。

 

どちらもメリット・デメリットがあるので、

「何を優先して食べるのか」という、自己判断になります。

 

「じゃあ輸入肉の何がいけないの?」と思いますよね。

以下で詳しく解説していきましょう。

 

牛を飼育する上で欠かせない、「レンダリング」というものを知ってますか?

 

レンダリングという言葉を聞いた事ありますか?

 

肉工場で働いた事ある方なら知ってると思いますが、飼料や肉を加工するうえで必要な作業行程の一つ

そしてこのレンダリングビジネスにこそ、輸入肉の最大の問題点があるのです。

畜産分野におけるレンダリング(rendering)とは、
畜場の食用に用いられない屑肉などから粉末肥料、飼料、洗剤などの原料となる動物油脂およびミールを作ること。

Wikipediaから引用

 

上記を簡単に説明すると、

”牛が食べる餌に牛の一部を使い、それを食べて育っていくということ。

 

まだよく分かりませんよね。

 

実は、肉工場には「レンダリングルーム」と言って、

”肉以外の内蔵や必要のないくず肉を収集する部屋”があります。

 

そこには、通常食用としては使われない、

”頭部・骨・爪・内蔵”などが流れてきます。

 

それらは、強力な撹拌機(かくはんき)で粉々にして粉末にする事で、牛の飼料や農家の肥料にするというものです。

 

Healthy Evolutions Fitness & Nutritionより引用

 

すごく効率的なように思えるかもしれないですが、ここで重大な事実が発覚します。

 

それは、死んだ牛・路上でひかれた動物・動物保護施設で殺傷分したものなど、色々な素材をまとめて混ぜる場所でもあるのです。

 

要は、病気を発症している動物や状態の悪いものでもそこに放り込まれて乾燥して飼料にされ、それを餌として牛が食べている。

そして、その肉を加工して僕達人間が食べてるという事実。

 

これを聞いてどう思いますか?

怖くないですか?

これでも人体に何の影響もないと言えるでしょうか?

 

もちろんそれなりの殺菌や消毒など色々な工夫をしてると思いますが、菌の問題というよりも、栄養価の問題の方が僕は気になってしまいます。

 

当たり前ですが人間も食べるものによって細胞が作られ、健康を維持することができています。

もちろん日頃の不摂生や食べるものが悪ければ病気になり、病気になれば当たり前のことができなくなる。

 

これは人間だろうと牛だろうと同じ生物である以上、同じことだと思います。

 

そうなると、そのような栄養価の無い飼料を食べて育った牛がどうなるのか?

 

少し考えたら分かりますよね。

 

アメリカでは、このレンダリングビジネスで約24億ドルも稼いでると言われ、年間で約700万頭〜何千万頭もの死体』がここで処理されているのです。

 

それだけ一つの巨大なビジネスとして成り立っていることをぜひ知っておいてください。

 

File:Solid Wastes from Slaughterhouse.jpgより引用

 

レンダリングが及ぼす影響

 

レンダリングによって採れた脂肪分などは、化粧品などの潤滑油・ワックス・石鹸などに精製され、それ以外のものは乾燥して「肉骨粉」になります。

 

しかも、その成分の4分の1は糞尿です。

 

人間が食べ物として認められないものを活用して、他の商品にうまく配合され普通に使われている。

 

そして残った「肉骨粉」がどこにいくのか?

動物の飼料や、自分達がペットに与える餌にも配合されているのです。

 

そうです、僕たちが何気なく与えているペットが食べるフードにも平気で使われているという事実。

 

自然界の生物でガンになる生物は存在しないと言われているのに、

”ガンや生活習慣病などの病気になるのは人間とペットだけ”なのです。

 

偶然にしてはよく出来た話ですよね。

 

人間の手によってうまく有効活用を考え、金儲けの為に行ってきたビジネスですが、その結果自分達がそれを食べ、そして病気になってるという恐ろしい悪循環を生み出しています。

 

その結果起きた大きな事件が、

『1997年に問題になった狂牛病』に話が繋がってきます。

 

それから多少規制が厳しくなったものの、未だに普通に行われてるのがアメリカの現状です。

そして、更に注意すべき点がもう一つあります。

 

大量の遺伝子組み換え成長促進剤を使用

 

アメリカやオーストラリアは、成長促進剤の使用を許可してる国ですが、その中でもアメリカの基準は度を超えています。

 

研究結果によると国産牛肉に比べて、

「約600倍にもなる高濃度のホルモン剤残留」が分かっています。

 

これはオーストラリアの基準値をはるかに超えてる残留濃度です。

Bovine Growth Hormone: What is its effect?より引用

 

なので、EUなどのヨーロッパ諸国はアメリカ産の牛肉輸入を禁止しています。

 

これらの成長ホルモン剤の使用により人体に与える影響で、『乳がん・前立腺がんなどのガンになる原因の一つ』になると言われているから。

参考記事:筋トレ(筋力強化)に効く食材をお探しなら、ダントツで『グラスフェッドビーフ』がオススメな理由

 

2009年に開催された日本癌治療学会学術集会で北海道大学の半田康医師は、「牛肉中のエストロゲン濃度と、ホルモン依存性癌発生増加との関連」を発表しました。

「わが国において乳癌、前立腺癌を含むホルモン依存性癌は急速に増加しているが、これに並行するように牛肉消費量も増加している。

国内消費量の25%を占める米国産牛肉では、肉牛の飼育時に成長促進目的にエストラジオールを含むホルモン剤の投与が行われる。

米国の牛肉消費量は先進諸国で最多で増加傾向にあるが、癌発生数は乳癌、前立腺癌が極めて高い。

このため、牛肉に含まれるエストロゲン濃度を検討した」

危険な合成ホルモン剤残留牛肉、日本は大量輸入で野放し 発がんリスク、世界中で禁止/Business Journalより引用

 

昨今発症しやすいと言われる、乳がんや前立腺がんの増加と共に、牛肉の消費量も増加してるという関係性が認められています。

 

通常の飼育方法であれば自然の草などを食べ、骨や筋肉を形成しゆっくり成長するのに対して、ホルモン剤を使用することで短期間で急激に大きくさせるというのは生物的にどうしても無理が生じます。

 

無理を重ねた生物が健康体でいれる訳がありません。

 

例えば韓国では整形手術が文化になってますが、身長を伸ばす手術をする人もかなりいます。

成長ホルモン剤を摂取したり、人工的に骨をくっつけたりするみたいですが、その分のデメリットとして骨が脆く、骨折しやすくなると言った報告があるそう。

 

やはり人工的に生物の身体を変える事は、決して容易ではないし、何より危険な状態を自ら作り出してしまうとも言えるののではないでしょうか。

 

牛肉の選び方とおすすめの牛肉

 

 

上記で述べたように、特にアメリカ産の肉に関しては注意が必要です。

 

それは牛肉だけではなくて、鶏肉や豚肉でも同じことが言えます。
最近は安全な肉類の販売が増えているという報告もあります

 

スーパーで購入する時だけでなく、安いステーキ専門店・チェーン店など安く提供されてるお店は、ほぼアメリカ産牛肉を使用してる場合が多い。

 

なのでそういったお店で食べる事をなるべく控え、国産やEU産などを使用してるお店で購入するなどの意識が必要です。

 

そこで個人的におすすめなのが、

『オーストラリア産&ニュージーランド産の牛肉』

 

外国産であればEU産が一番良いのですが、あまり取り扱ってるお店が少ない事がデメリット。

なので、比較的安く買える「オーストラリアやニュージーランド産の牛肉」も視野に入れておくと、選択の幅が広がって良いのではないでしょうか。

 

なぜかと言うとこの両国は、広大な土地を使って自然放牧で飼育してる企業が多いから。

 

無理に大きくさせるなどの異常な飼育方法を行ってる企業が少なく、自然の中でその辺に生えている草を食べて育っているので、日本でよく見る牛よりも脂肪が少なく痩せていて、しかもしっかりとした肉質なのが特徴。

 

だからこそ外国産の牛肉に赤身が多いのはこのためなんですね。

 

特にその中でもおすすめなのが、「グラスフェッドビーフ」と言われるもの。

 

〜グラスフェッドビーフとは〜

ストレスのない放し飼いで栄養価の高い牧草だけを食べて育ち、赤身をメインとする肉質は繊細でやわらかく、肉本来の旨みや香りにあふれていながら低脂肪&低カロリーなもの。

↓詳しい内容はコチラをクリック↓
なぜグラスフェッドビーフ(牧草飼育牛)が健康思考の人に選ばれるのか?

 

しかしここで問題なのが、日本国内で良質なグラスフェッドビーフを手に入れたくても、市販ではほとんど売られていないし、そもそもどこで買っていいのかが分からないこと。

そこで、当ブログで最もオススメしたいグラスフェッドビーフ専門店、【SAITO FARM】を紹介させて頂きます。

 

【こだわり牛肉専門店SAITO FARM】


牧草牛の最高峰として君臨する、ニュージーランド大手のファームから直接取り寄せる牛肉。

広大な牧草地で育てられた牛肉は、健康的で遺伝子組み換えはもちろんのこと、成長ホルモン剤不使用の牛肉だけを厳選。

高タンパクで臭みも少なく、豊富な栄養を含んだ牛肉の為、ダイエットにも最適。

女性にも子供にも安心して食べれる高品質のグラスフェッドビーフとなります。

 

牧草牛の名付け親・ケトジェニックダイエットのドクター斎藤が推奨

機能性医学の第一人者、ドクター斎藤が現代人の健康を考えて選び抜いたグラスフェッドビーフ。
今までの赤身牛肉のイメージを覆す、香り豊かでジューシーな最高級の赤身牛肉をご堪能ください。
はじめは健康のために食べ始めた方も、その「おいしさ」のとりこに!!
驚異のリピート率を誇る、100%牧草育ちの【グラスフェッドビーフ】をぜひお試しください。

 

オースティン君
海外の牛肉は硬くて味に深みのない物が多いですが、SAITO FARMさんの牛肉はジューシーで甘みがあって柔らかく、しかも安心して食べれるという点では最高品質の牛肉だと思います。
最近、自社の日本初牧草牛専門精肉店が麻布十番にOPENし、安全かつおいしい赤身牛肉をお店で食べたいという方は実店舗で食べることも可能になり、健康志向の人にとって大変な人気店となってるそうです。
もちろんネットで注文して自宅で味わいたいという方は【公式サイト】が最もお得ですよ。

 

Amazonで高評価獲得のグラスフェッドビーフはコチラ

海外の肉は大きく量もたくさんあるので、食べれるサイズに切ってから冷凍保存するのが一般的です。

僕も海外に住んでる時は、2kgとかある物を等分に切ってから冷凍して保存していました。

 

上記で紹介させて頂いた商品は日本で言うフィレステーキの部類になり、良質で柔らかく、脂のしつこさがほとんどないのでサラッと食べれると思います。

あとは”焼き方”が最も重要なポイントになるので、以下のリンクもぜひ参考にされてみてください。

 

まとめ

 

 

一つだけ言えるのは、人間にとってお肉は必要な栄養源。

その重要な役割であるにも関わらずその生産の仕方に問題があり、そのせいで自分達の病気にも関係してくるという事実が判明しました。

 

せっかくおいしく食べるものなら安心して食べたいですよね。

安いものには安い理由があるので、最低限の意識としてスーパーで売ってる格安の輸入牛は食べないように心がけましょう。

 

せめて輸入牛を買うなら、国産・オーストラリア産・ニュージーランド産。

 

更にもっと安心安全の良質は牛肉をお求めの方は、

『オーストラリア産やニュージーランド産のグラスフェッドビーフ』を購入される事をおすすめします。

 

ぜひ参考にされてみてください。

 

読んで頂きありがとうございました。