知っておくべき外国産牛肉の恐ろしい実態とおすすめの選び方。

知っておくべき外国産牛肉の恐ろしい実態とおすすめの選び方。

 

前回は国産牛の危険性についての記事を説明しました。

 

[新事実] 外国産の牛だから危険、国産牛だから安全だと思ってませんか?

 

究極な話、国産でも外国産でもあまり食べない方がいいのですが、そんな訳にはいきませんよね。

 

なので、国産でも外国産でもちゃんとしたものを選ばなければいけません。

 

今回は前回の記事の続きで、外国産の何がいけないのか?

と、その選び方について詳しく見ていきましょう。

 

 

結局、輸入肉の何がいけないの?

 

国産の肉には国産の良いところもあるし、悪いところもあります。

輸入肉に関しても良いところも悪いところもあるのが現状です。

 

では輸入肉の何がいけないの?と思いますよね。

 

それでは説明していきたいと思います。

 

 

〜レンダリングビジネスを知ってますか?〜

 

レンダリングという言葉聞いた事ありますか?

 

肉工場で働いた事ある方なら知ってると思いますが、飼料や様々な商品を作るうえで必要な作業の一つです。

 

そしてこのレンダリングにこそ輸入肉の問題点があります。

 

畜産分野におけるレンダリング(rendering)とは、と畜場の食用に用いられない屑肉などから粉末肥料、飼料、洗剤などの原料となる動物油脂およびミールを作ること。

Wikipediaから引用

 

簡単に言えば、自分達が食べてる牛の肉ですが、その牛も、牛の肉を食べてるという事。

 

『???』ですよね。

 

肉工場にはレンダリングルームと言って、

肉以外の内蔵や必要のないくず肉をまとめる部屋があります。

 

例えば頭部や、骨、爪、内蔵などでしょうか。

 

それらは、強力な撹拌機(かくはんき)で粉々にして粉末にする事で、牛の飼料や農家の肥料にするというものです。

 

Healthy Evolutions Fitness & Nutritionより引用

 

すごく効率的なように思うかもしれないですが、

ここで重大な事があります。

 

それは、

死んだ牛・路上でひかれた動物・動物保護施設で殺傷分したものなども放り込まれるというもの。

 

要は病気で死んだ動物、腐ってる物でもそこに放り込まれて乾燥して飼料にしてるのです。

 

それを牛さんが食べて、その肉を自分達が食べてるという事。

 

怖くないですか?

 

人体に何の影響もないと言えますか?

 

アメリカでは、このレンダリングビジネスで約24億ドルも売り上げてるというのです。

 

年間で700万頭〜何千万頭もの死体がここに流れてきます。

 

一つの巨大なビジネスとして成り立っているのです。

 

 

File:Solid Wastes from Slaughterhouse.jpgより引用

 

そこで採れた脂肪分などは化粧品などの潤滑油・ワックス・石鹸などに精製されて、

それ以外のものは乾燥して「肉骨粉」になります。

 

しかもその成分の4分の1は糞尿です。

 

それらの「肉骨粉」がどこにいくのか?

 

飼料や、自分達がペットに与える餌にも配合されているのです。

 

そうです、可愛いとか言って飼ってる犬などが食べるドッグフードにも平気で使われています。

 

自然界の生物ではガンになる生物は存在しないのですが、

ガンや生活習慣病などの病気になるのは人間とペットだけなんです。

 

原因はこういったところにも存在しています。

 

恐ろしい事を平気でやってきたのが人間達ですが、

その結果自分達がそれを食べ、そして病気になってるという恐ろしい悪循環です。

 

その結果起きた大きな事件が、1997年の狂牛病なのです。

 

それから多少規制が厳しくなったものの、未だに普通に行われてるのがアメリカの現状です。

 

そして、更に注意すべき事がもう一つあります。

 

 

〜大量の遺伝子組み換え成長促進剤を使用〜

 

アメリカやオーストラリアは成長促進剤の使用を許可してる国ですが、

その中でもアメリカの基準は度を超えています。

 

国産牛肉に比べて、約600倍にもなる高濃度のホルモン剤残留が分かっています。

 

これはオーストラリアの基準をはるかに超えてる残留濃度です。

 

Bovine Growth Hormone: What is its effect?より引用

 

なので、EUなどのヨーロッパ諸国はアメリカ産の牛肉輸入を禁止しています。

 

これらの成長ホルモン剤の使用により人体に与える影響は、

乳がん・前立腺がんなどのガンになる原因の一つになってるという事。

 

2009年に開催された日本癌治療学会学術集会で北海道大学の半田康医師は、

「牛肉中のエストロゲン濃度と、ホルモン依存性癌発生増加との関連」を発表しました。

 

わが国において乳癌、前立腺癌を含むホルモン依存性癌は急速に増加しているが、これに並行するように牛肉消費量も増加している。

国内消費量の25%を占める米国産牛肉では、肉牛の飼育時に成長促進目的にエストラジオールを含むホルモン剤の投与が行われる。

米国の牛肉消費量は先進諸国で最多で増加傾向にあるが、癌発生数は乳癌、前立腺癌が極めて高い。

このため、牛肉に含まれるエストロゲン濃度を検討した」

危険な合成ホルモン剤残留牛肉、日本は大量輸入で野放し 発がんリスク、世界中で禁止/Business Journalより引用

 

昨今では乳がんや前立腺がんの増加してるのと一緒に、牛肉の消費量も増加してるという関係性が認められています。

 

自然に骨が伸びて骨格を形成し成長するのに対して、

短期間で急激に大きくし、成長させる事というのはどうしても生物的に無理が生じます。

 

無理を重ねた生物が健康体でいれる訳がありません。

 

例えば韓国では整形手術が文化になってますが、

男性で身長を伸ばす手術をする人もいるとの事。

 

成長ホルモン剤を摂取したり、人工的に骨をくっつけたりするみたいですが、

その分骨が脆くなり骨折しやすくなると言った報告もあります。

 

そんな簡単に生物の身体を変える事は難しいのです。

 

 

牛肉の選び方とおすすめの牛肉

 

 

上記で述べたように、特にアメリカ産の肉に関しては注意が必要です。

 

スーパーで購入する時だけでなく、安いステーキ専門店・チェーン店など安く提供されてるお店はアメリカ産牛肉を使用してる場合が多いです。

 

なのでそういったお店で食べる事は控え、国産やEU産などを使用してるお店で購入するなどの意識が必要です。

 

そこで個人的におすすめなのがオーストラリア産の牛肉。

 

外国産であれば、EU産が一番良いですがあまり取り扱ってるお店が少ない事がデメリットです。

 

なので、比較的安く買えるオーストラリア産の牛肉を購入するようにしてください。

 

なぜかと言うと、自然放牧で飼育してる企業が多いから

 

無理に大きくさせようとしたり、異常な飼育をしてるところが少ない事。

 

特にその中でもおすすめなのが、

「グラスフェッドビーフ」というもの。

 

〜グラスフェッドビーフとは〜

ストレスのない放し飼いで栄養価の高い牧草だけを食べて育ち、赤身をメインとする肉質は繊細でやわらかく、肉本来の旨みや香りにあふれていながら低脂肪&低カロリーなものです。

 

日本で販売してるものではニュージーランド産の物もありますが、

ニュージーランドも生産数が少ない分自然放牧で飼育されてるので比較的安心して口にする事ができます。


リブ ステーキ 約400g 厚切り約3cm!ナチュラルビーフ100%!リブアイロール ニュージーランド産 BBQにもオススメ


NEWZEE ビーフリブアイ ニュージーランド 5 x 200g ステーキ(1kg) Beef Ribeye ニュージーランド産プレミアム品質牧草牛

 

海外の肉は大きく量もたくさんあるので、食べれるサイズに切ってから冷凍保存するのが一般的です。

 

僕も海外に住んでる時は2kgとかある物を等分に切ってから冷凍して保存していました。

 

ニュージーランドもオーストラリア産のお肉でも少し高価ですが比較的柔らかいものもあって、日本で言うフィレステーキみたいなものがこの商品です。

 

柔らかく、上質な肉の味ながらもヘルシーなのでおすすめです。

 

更に輸入牛をおいしく焼く方法もあるのでこちらもぜひ参考にされてみてください。

 

https://kurashi-ideal.com/steak-oisikuyaku-369

 

 

まとめ

 

 

人間にとってお肉は必要な栄養源です。

 

その重要な役割であるにも関わらず、

その生産の仕方に問題があり、そのせいで自分達の病気にも関係してくるという事実があるのです。

 

せっかくおいしく食べるものだから安心して食べたいですよね。

 

安いものには安い理由があるので、スーパーで売ってる格安の輸入牛は食べないようにしましょう。

 

輸入牛でも買うならオーストラリア産かニュージーランド産。

 

そして焼き方さえこだわれば普通に美味しいステーキができるのです。

 

もし牛肉を購入するなら、

国産もしくはオーストラリア産やニュージーランド産のグラスフェッドビーフを購入される事をおすすめします。

 

ぜひ参考にされてみてください。

 

 

読んで頂きありがとうございました。