仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

[新事実] 外国産の牛だから危険、国産牛だから安全だと思ってませんか?

[新事実] 外国産の牛だから危険、国産牛だから安全だと思ってませんか?

 

皆さんは、肉を買う際に何産などを見て購入されてますか?

 

・国産牛

・和牛

・アメリカ産

・オーストラリア産

 

など日本で出回ってる産地はこんなところでしょうか。

 

もちろん僕も牛肉は食べますが、基本的に普通に国産を選びます。

 

あとはオーストラリア産のものはたまに買います。

 

ただ、牛肉に関してはたまにしか食べません。

 

そんなに食べたいと思わないのもありますが、基本的に肉は鶏肉がメインです。

 

牛はたまに食べるから美味しい訳で、

どうしても和牛は脂っこいので食べすぎると胃がやられるからです笑

 

確かに外国の肉に比べて国産の方が美味しいのは分かりますが、

決して国産だから安心とも言えないのです。

 

食べ過ぎれば病気のきっかけを作ると言っても過言ではありません。

 

僕はオーストラリアに住んでる時に肉工場で働いてたので、その時に見て感じた事や国産の牛肉事情も含めてお話できればと思います。

 

 

国産牛と和牛の違いを知ってますか?


 

例えばアメリカ産牛と国産牛の違いぐらいは分かると思いますが、

国産牛と和牛って一緒じゃないの?と思いますよね。

 

でも実はけっこう違うのです。

 

 

国産牛・・・品種に関係なく全肥育期間の半分以上を日本国内で肥育された牛の総称。

和牛・・・肉専用種として指定された4つの牛の品種、または4品種間の交雑牛のみのこと。

 

 

簡単に説明すると、

生まれが海外でも、育った期間が日本の方が長ければ「国産牛」。

生まれも育ちも日本なら「和牛」なのです。

 

似てるようでかなり違いますよね。

 

なので絶対的に国産が良ければ「和牛」を選べばいいし、

少しでも安くてそこまで国産にこだわりがなければ「国産牛」を選択するような感じでしょうか。

 

どちらが良い悪いではなくて、好みと価格で選べばいいのかなと思います。

 

ちなみに和牛の種類とは、

 

・黒毛和種

・褐毛和種(あかうし)

・日本短角種

・無角和種

 

 

スーパーによく置いてあるものや、日本人が好んで食べるのが黒毛和種です。

 

脂が多く、柔らかくて霜降りの高級なブランド肉などが代表ですよね。

 

確かに美味しいし、とろけるようなあの食感は世界一の牛肉だと思います。

 

ただし、その日本を代表するような霜降りの和牛ですが、

ある意味世界から見ると異常なんですね。

 

 

オーストラリアの肉工場で見た食肉の真実


 

AYSHIA ARMANI ONLINEより引用

 

海外旅行に行かれる方なら分かると思いますが、

外国人が好む肉とは「THE 肉!!」って感じの硬くて噛みごたえのあるものですよね。

 

レアで食べるのは日本人ぐらいで、外国人は生に近い状態の肉をあまり好みません。

 

僕は実際にオーストラリアの肉工場で働いた経験があるので、捌かれるところから商品化されるまでをこの目で見てきました。

 

色々思う事があるのですが、その中で一点だけ取り上げてみたいと思います。

 

それが牛さんのほとんどが赤身で形成されてる事です。

 

もちろん脂肪分もありますが、皮膚に近いところ(皮下脂肪)が多いぐらいで、他はキレイな赤身肉なんですね。

 

日本の和牛と比べると圧倒的に脂肪が少ないのが特徴です。

 

それは、オーストラリアの飼育方法にその理由があります。

 

国土が広く、自然を大切に守る事が重要視されてるのでたくさんの自然のままの土地が有り余ってます。

 

その広い土地をうまく活用して自然放牧してるのです。

 

そこら中の雑草などを食べて飼育されてるので、運動量が多く食べるものが人工的に作ったものではなく自然の植物。

 

それが無駄な脂肪を作らない健康体の身体を作ってくれる原因なのでしょう。

 

だから脂肪よりも筋肉や必要な肉だけが残り、繊維の硬い状態になってしまうのです。

 

もちろん牛舎に閉じ込めて飼育してるところもあるので、食肉工場ではそれらの商品も生産しています。

 

牛舎で閉じ込めてるとは、脂肪分の多くて運動量が少ない牛さん達です。

 

更に早く成長させ、生産性を上げる為にホルモン注射をしてるものもあります。

 

そのような種類の肉は別枠で生産してるのです。

 

それらは主に、

日本や中国などのアジア圏に輸出され、アジア人が好む為、売る目的で人工的な飼育方法でやっています。

 

もうお気づきになられたでしょうか。

 

日本人が好むあの脂肪たっぷりの霜降り肉ですが、

餌や飼育方法を極端に変える事で肥満状態にして、栄養を偏らせてる状態なんです。

 

人間の手で意図的に太らせる事で、霜降りの状態を人工的に作り出しています。

 

決して自然の状態ではないのです。

 

簡単に言えば「異常に不健康な牛さん」という事になります。

 

 

日本独自の美味しさの秘密は危険だらけ!?


 

 

先程も言いましたが、

オーストラリアみたいに広い土地で飼育され、自然放牧してるような牛さん達はそうそう霜降りの脂肪だらけにはなりません。

 

では日本の牛肉はなぜあんなに脂肪分が多いのでしょうか?

 

高カロリーの配合飼料を長期間与えて、かつ人為的にビタミンAを欠乏させて肥育(太らせることを目的に飼育する)するという、世界でも特異な飼育方式が主流です。

黒毛和牛を霜降り牛肉にするためには、生後3か月くらいまでに乾草を十分に食べさせ、それ以降は筋繊維の間に脂肪を入れ込むために極端に高カロリーの濃厚飼料を与え、粗飼料は反芻を促すために必要最低量の乾草や稲ワラしか食べさせず、運動をさせないようにしています。

ひとー人~shig/谷田茂さんのブログより引用

 

人間で言えば、

全く身動きとれないぐらいの狭い部屋でひたすら高カロリーのご飯を食べさせられる状態です。

 

そりゃ太りますよね。

 

それが健康体かと言われれば疑問ではないでしょうか。

 

人間でもそういう生活をしてれば太るだけではなく、様々な病気になりやすくなるのは当たり前です。

 

それを牛さんには平気でさせてる訳です。

 

その結果、牛舎の中では様々な異常な事が起きます。

 

牛は自由な行動や遊びができなくなって、牛特有の行動要求(本能的な動きや習性)を充た せなくなり、ストレスがたまって心の葛藤状態や欲求不満が続き、異常行動(仲間の乳首や陰嚢をしゃぶる、舌遊び、犬座姿勢など)が現れるようになります。

感情を表すことや行動要求を抑制されたことによる絶望感が牛の精神に異常を来したといえるのではないでしょうか。

多くの牛舎は風通しが悪くてほとんど日が差すことがなく、コンクリート製の糞尿排出溝に生の糞尿が 溜まるなど衛生状態もよくなく、病原菌や寄生虫が繁殖しやすい状態になっています。

そこで、牛舎内の病原菌や寄生虫類を駆除するために殺虫剤、殺菌剤がまかれ、病気予防のために抗生物質などの薬剤が大量に使われます。

動物用医薬品として病気の予防や治療に使われ、飼料添加物として餌に混ぜられる抗生物質の量は、人間の医療用に使われ る抗生物質の量の2倍以上といわれています。

ひとー人~shig/谷田茂さんのブログより引用

 

このように、牛さんの身体には異常な症状が現れます。

 

人間でも頭おかしくなって狂ってしまいますよね。

 

高カロリーでビタミンAを極端に減らした食事を続けると、

肥満が止まらなくなり、失明し、脂肪肝、動脈 硬化が進み、糖尿病状態になります。

 

最終的には自分の脚で支える事が難しくなり、歩く事すらできなくなる牛さんも出てくるとの事です。

 

そういった牛さんの肉を我々人間達がスーパーなどで購入して食べてる訳です。

 

これは乳牛なども同じような方法で飼育しています。

 

コクがあって美味しいと頂く牛乳には、異常な環境に侵された色々な危険な成分も溶け込んでる事を知っておかなければなりません。

 

そのお腹の不調は、牛乳かも!?〜実は危険な物シリーズ1〜

 

美味しく頂くのは良いですが、その分の大変な思いをして死んでいった牛さんの命を頂いてる事に心から感謝しなければいけないのです。

 

 

まとめ


 

 

上記で述べたように国産・外国産に関わらず飼育方法や飼料にたくさんの問題があるのが食肉業界の現状です。

 

大量に必要だから大量に生産し、ひどい環境の元でたくさんの命を奪ってるのが現状です。

 

人類は昔から狩りなどをして、生きてる肉を食べる事で栄養を補う事をやってきたのですが、

ここにきてその方向性や意味を失ってきてるのです。

 

食べる目的とは生きる為です。

 

生きる為には命を頂かなければならないのです。

 

でも昨今では食べれれば何でも良いというような風潮がありますよね。

 

添加物や異常な食だらけの世の中で、美味しいと思うものが変わってきてる事が大きな問題です。

 

食べるものから栄養を吸収して、生きる活力を身につけてるのに、むしろ病気になる為に食べてるようなものですよね。

 

自分達には選ぶ権利がある事を忘れてはいけません。

 

これからの世代の子の為や、子孫をしっかり残す為には必要な栄養素をしっかり摂る必要があるのです。

 

危険性を知って、知識を持ちながらも買うべきものをしっかり選んでくださいね。

 

次回は外国産肉の危険性についてお話したいと思います。

 

 

読んで頂きありがとうございました。