仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

[危険な市販の石鹸・ボディソープ] 身体を洗う物の正しい選び方

[危険な市販の石鹸・ボディソープ] 身体を洗う物の正しい選び方

 

あなたは、身体を洗う時に石鹸で洗いますか?

 

それとも、ボディソープを使いますか?

 

実は、似てるようで全く違う両者。

 

どっちでもいいやと思ってる方には知ってほしい事がいくつかあります。

 

どちらにもメリット・デメリットがありますが、それらも含めて結局どっちが良いのか?

 

詳しく見ていきましょう。

 

 

石鹸とボディソープの違いって?


石鹸とは?

一般に汚れ落としの洗浄剤を指し、より化学的には高級脂肪酸の塩の総称である。

工業的に動植物の油脂から製造され、特に純石鹸(じゅんせっけん)と呼ぶ場合は、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムだけで、添加物を含まない石鹸を指すが、多くは炭酸塩や香料などの添加物を含む。

細菌の細胞膜やウイルスのエンベロープを破壊するため、一部の病原体に対して消毒効果を発揮する。

市販の石鹸は脂肪酸のアルカリ塩を主成分とし、洗浄補助剤として無機塩(炭酸塩・ケイ酸塩・リン酸塩など)や金属封鎖剤(キレート)、添加剤として香料や染料、グリセリン、天然油脂、ハーブ、ビタミンなどのほか保存料が加えられる製品も存在するが、無添加を謳った製品もある。

一方、脂肪酸塩以外の界面活性剤を含む製品もあり、含有量によって複合石鹸、合成洗剤、合成化粧石鹸などに区分される。

Wikipediaから引用

 

 

ボディソープとは?

液体のボディソープと、固形の化粧せっけんでは、成分?に違いはありますか?〜Yahoo!知恵袋〜

 

大いにあります。

まず、「液体のボディソープ」は、ごく一部には洗浄成分が石鹸系の液体ボディソープもありますけれど、大半は洗浄成分が合成洗剤(=石鹸素地・脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウム以外の成分)でできています。

固形の化粧石鹸は、一部の製品(固形石鹸の形をした合成洗剤)を除いて、洗浄成分が石鹸素地(脂肪酸ナトリウム)という成分でできています。

薬事法・および家庭用品品質表示法という法律により、家庭用洗浄剤は人体用も器物用も含め、製品に含まれる界面活性剤が「石鹸」か「それ以外」かに分けて表示し、石鹸以外の物は全て、合成洗剤と表示する決まりです

何故かというと、石鹸と合成洗剤では、性質に明らかな違いがあるからです。

 

このように、薬事法で洗浄剤の界面活性剤が2つに分かれているのです。

 

 

・石鹸 ・・・ (石鹸素地)

・それ以外 ・・・ (合成洗剤)

 

 

ちなみに合成洗剤とは何か?

合成洗剤とは?

合成洗剤(ごうせいせんざい)とは、石油や油脂を原料として化学的に合成された洗剤をいう。

石鹸より水溶性に優れ、洗浄力が強く、石けんカスが発生しないため、洗濯機の普及とともに広まった。

なお、日本では家庭用品品質表示法の適用対象となっており雑貨工業品品質表示規程に定めがある。

Wikipediaから引用

 

これらの説明で分かったとは思いますが、

製造過程も、成分も、全て違います。

 

特に、合成洗剤に関しては”洗濯機の普及とともに広まった”と記してある程、製造した本来の目的が違います。

 

石鹸は、身体を洗うものに対して、

合成洗剤は、衣類などの家庭用洗剤として使用されてたという事。

 

今では石鹸系のボディソープなどもありますが、

基本的には、石鹸以外の合成洗剤=肌用には作られていないという事になります。

 

 

アルカリ性・弱酸性どっちが肌に良いの?


 

 

基本的に、石鹸とボディソープではphもそれぞれ違います。

 

 

ボディソープ ・・・ 弱酸性

石鹸 ・・・ アルカリ性

 

 

こう見ると、

 

「あれ?石鹸の方が肌に悪いんじゃないの?」

 

と言う方もいらっしゃると思いますが、決してそうとも言えないのです。

 

実は、肌への負担で見ると、酸・アルカリの性質だけでは決められません。

 

原料や製法、使い勝手によって、その成分が肌に与える影響が違ってくるからです。

 

配合の仕方や、保湿剤など添加物の工夫によって、その製品の洗浄力はさまざまに変化します。

 

これは石鹸でも弱酸性石鹸などでも同じ事です。

 

「石鹸はアルカリ性だから洗浄力が強い」

「ボディソープは酸性だから洗浄力が弱い」

という風には簡単に分けることはできないのです。

 

石鹸は酸性物質に会うと中和されて洗浄力がなくなります。

 

皮脂や汗など肌の汚れは弱酸性であることが多いので、これらが石鹸を中和し、洗浄力をほどほどに抑えます。

 

それに対して合成洗剤に関しては、

弱酸性でも洗浄力を発揮するよう調整されているのでこの作用はほぼないのです。

 

するといくら弱酸性とは言っても、洗浄力は強いままなので、洗いすぎの状態になることもあるという事。

 

更に、

石鹸は水で薄まるとすぐに洗浄力がなくなるので、簡単にすすぎ落とすことができますが、

合成界面活性剤は水で薄まっても洗浄力をそのまま維持するものが多く、かなり丁寧にすすがないと肌に残ることもあります。

 

このようにphだけで見るよりも、

そのphの性質や配合の仕方などで詳しく見てみると、以外な違いがあるのです。

 

結果的に肌への負担で見ると、石鹸の方が肌への負担は少ないという事になります。

 

 

正しい石鹸の選び方


 

 

ではどんな石鹸を買えばいいのか?

 

まず、石鹸の選び方として値段や見た目だけでは判断できません。

 

高ければ良いとか、見た目が良さそうというだけでは危険なものもあるという事です。

 

なので最低限の知識としていくつかポイントを抑えておく必要があります。

 

1、無添加である事

2、アルカリ性

3、石鹸の製造方法や成型方法によって選ぶ

 

では、この3つのポイントを詳しく説明していきます。

 

選ぶ基準として、まずは『無添加』というものを選びましょう。

 

無添加とは、化学物質・防腐剤・香料・着色料が配合されてないものです。

 

これらの成分が身体に悪影響を及ぼし、

アレルギーや肌トラブルのきっかけを作るのです。

 

次に、『アルカリ性』である事。

 

弱酸性の石鹸は、洗い上がりのつっぱり感が少なく肌が潤っているように感じますよね。

 

ですがそれは肌自体が潤っているのではなく洗浄成分が残っているからです。

 

それに対してアルカリ性の石鹸は、水できれいにすすぎ落とせるので、つっぱり感は出ますがそれはむしろ肌の正常な反応であり、ターンオーバーを促し健康な肌へと導いてくれます。

 

次に大事な事は、『製造過程や成形方法をしっかり明記してある』ことです。

 

石鹸は石鹸素地を製造するときに原料と苛性ソーダを混ぜ合わせた後、塩析をして化学反応を起こした素から石鹸素地と不純物を取り除く工程を踏みます。

 

この塩析を行うことで保湿成分であるグリセリンも一緒に取り除かれてしまうのです。

 

この方法は最も一般的で、特に表記がない商品ならばこの製法だと思っていいでしょう。

 

なので製造方法で選ぶとしたら保湿成分を維持しつつ洗浄力も残してある、

釜焚きけん化法(ホットプロセス)や、コールドプロセス製法と明記されているものを選びましょう。

これらが基本的なポイントです。

 

では、実際にどの商品を買ったらいいのか?

 

実際に使ってみて良かった個人的におすすめの商品を貼っておきますので、いくつか紹介しますね。

 

よかったらまずは試してみるなり、口コミや製造元をしっかり調べてご自分で判断されてみてくださいね。

 

 

 


無添加石鹸白いせっけん3P

天然油脂をまるごと焚き込み、5日間熟成させて作った純せっけん。

もちろん、香料・着色料・防腐剤等は一切入っておりません。

自然のうるおい感と泡立ちのよさが特長です。

ドラッグストアにもよく売られてるので比較的手に入れやすい商品です。

 

 

 

 


M-mark 無添加せっけん3個セット

純石けん分98%。

昔ながらの釜焚き製法で百時間かけて焚き上げた石けん素地で製造した商品。

合成界面活性剤・鉱物油・香料・着色料・防腐剤無添加。

釜焚き製法の石けんは、乾燥やつっぱり感をやわらげる天然保湿成分グリセリンをしっかり含んでいます。

肌をさっぱりと清潔に洗い上げる豊かな泡立ちで、顔から身体まで全身に使えます。

クリアな野の花の香りのラベンダー精油とラベンダーの花を粉砕した成分を配合。

乾燥肌の方や、潤った感じが好きな方には特におすすめです。

 

 

 

 


オリーブとローレルの石鹸(ノーマル)2個セット [並行輸入品]

2000年前からの伝統的な釜焚き製法により造られたオリ-ブ石鹸。

自然素材をベ-スに造られ、世界の人々に愛用されてきた素朴な石鹸です。

この石鹸に含まれるローレルオイルという成分がさっぱりと洗い上げ、オリーブオイルによる保湿もしっかりしてくれます。

泡切れよく流した後すぐさっぱりしますし、粉吹くような酷い乾燥が全く無くなりボディクリームを沢山塗らなくてよくなります。

これ一つで、洗顔・シャンプー・洗濯まででき、適度に汚れを落としながらもしっかり保湿し、肌にも環境にも優しい石鹸です。