Our New Website 「TOCC JAPAN」 coming soon...

あなたは、身体を洗う時に石鹸で洗いますか?

それとも、ボディソープを使いますか?

 

実は、似てるようで全く違う両者。

「どっちでもいいや」と思ってる方には知ってほしい事がいくつかあります。

 

どちらにもメリット・デメリットがありますが、結論から言わせて頂くと、

”石鹸の方が肌への負担が少なく安全。しかし石鹸の選び方には注意が必要”

 

そのワケを知るには、「製造過程」や「ph」などが大きく関係しているので、一緒に確認していきましょう。

 

広告

石鹸とボディソープの違いとは?

 

<石鹸とは?>

一般に汚れ落としの洗浄剤を指し、より化学的には高級脂肪酸の塩の総称である。

工業的に動植物の油脂から製造され、特に純石鹸(じゅんせっけん)と呼ぶ場合は、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムだけで、添加物を含まない石鹸を指すが、多くは炭酸塩や香料などの添加物を含む。

Wikipediaから引用

 

<ボディソープとは?>

液体のボディソープと、固形の化粧せっけんでは、成分?に違いはありますか?〜Yahoo!知恵袋〜

まず、「液体のボディソープ」は、ごく一部には洗浄成分が石鹸系の液体ボディソープもありますけれど、大半は洗浄成分が合成洗剤(=石鹸素地・脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウム以外の成分)でできています。

固形の化粧石鹸は、一部の製品(固形石鹸の形をした合成洗剤)を除いて、洗浄成分が石鹸素地(脂肪酸ナトリウム)という成分でできています。

薬事法・および家庭用品品質表示法という法律により、家庭用洗浄剤は人体用も器物用も含め、製品に含まれる界面活性剤が「石鹸」「それ以外」かに分けて表示し、石鹸以外の物は全て、合成洗剤と表示する決まりです。

何故かというと、石鹸と合成洗剤では、性質に明らかな違いがあるからです。

 

このように、薬事法で洗浄剤の界面活性剤が2つに分かれているのです。

石鹸 … 石鹸素地

それ以外 … 合成洗剤

 

ちなみにこの「合成洗剤」とはどんなものを表すのか?

<合成洗剤とは?>

合成洗剤(ごうせいせんざい)とは、石油や油脂を原料として化学的に合成された洗剤をいう。

石鹸より水溶性に優れ、洗浄力が強く、石けんカスが発生しないため、洗濯機の普及とともに広まった。

なお、日本では家庭用品品質表示法の適用対象となっており雑貨工業品品質表示規程に定めがある。

Wikipediaから引用

 

上記の説明でもう分かって頂けたと思いますが、製造過程も、成分も、全て違います。

 

特に合成洗剤に関しては、

”洗濯機の普及とともに広まった”と記してある程、根本的な製造目的が違います。

 

「石鹸」は、身体を洗う為のもの。

「合成洗剤」は、衣類などの家庭用洗剤として使用するもの。

 

今では石鹸系のボディソープなどもありますが、基本的な知識としては、

『石鹸以外の合成洗剤=肌用には作られていない』という事になるので覚えておいてください。

 

アルカリ性・弱酸性どっちが肌に良いの?

 

では次は、石鹸とボディソープのph値を確認してみましょう。

ボディソープ… 弱酸性

石鹸… アルカリ性

 

こう見ると、

「あれ?石鹸の方が肌に悪いんじゃないの?」

と思う方もいらっしゃると思いますが、実は決してそうとも言えないのです。

①弱酸性が肌に優しいは嘘?

実は、肌への負担で比べると、『酸・アルカリの性質だけでは決められない』と言われています。

原料や製法、使い方、配合の仕方などによって、その製品の洗浄力が様々に変化するようにできているからです。

これは石鹸でも弱酸性石鹸などでも同じ事が言え、

一概に「石鹸はアルカリ性だから洗浄力が強い」「ボディソープは酸性だから洗浄力が弱い」という風には簡単に分けることはできません。

②汚れを落とす仕組みの違い

元々、石鹸(アルカリ性)は酸性物質と合わさることで、中和されて洗浄力が薄まるようにできています。

皮脂や汗など肌の汚れは弱酸性であることが多いので、これらが石鹸を中和し、洗浄力をほどほどに抑える効果があり、結果的に肌への負担は少なくて済みます。

それに対して合成洗剤は、弱酸性でも洗浄力を発揮するよう、様々な成分で配合されているので、この作用がありません。

いくら弱酸性は肌に優しいとは言っても、洗浄力成分自体が強いことから、洗いすぎの状態になるのです。

更に、石鹸は水で薄まるとすぐに洗浄力がなくなり、簡単にすすぎ落とすことができますが、合成界面活性剤は、水で薄まっても洗浄力をそのまま維持するものが多く、かなり丁寧にすすがないと肌に残ることで、肌への負担を作り出すことにもなります。

  •  一概に弱酸性は肌に優しいとは言えない
  • 原料や製法などによってphも洗浄力も変化する
  • 使い方によっても肌への負担は大きくなる
  • 中和するから適度な洗浄力を保てる
  • 弱酸性でも洗浄成分が強いことがある
  • 合成洗剤は肌に残りやすい
オースティン君
結果的に見れば『石鹸の方が好ましい』というだけであって、全ての石鹸が肌への負担が少ないとは言えません。洗い方やその石鹸の製法、配合される添加物なども含めて、”石鹸の選び方”を知ることが最も重要なポイントになるんだ

 

正しい石鹸の選び方とは?

 

ではどんな石鹸を買えばいいのか?

 

まず知っておいて頂きたいのが、

値段や見た目だけでは判断できないということ。

 

高ければ良いとか、見た目が良さそうというだけでは、危険な成分を配合されていることがあるので注意が必要です。

なので最低限の知識としていくつかポイントを抑えておく必要があります。

  1. 無添加である事
  2. アルカリ性を選ぶ
  3. 石鹸の製造方法や成型方法

では、この3つのポイントを詳しく説明していきます。

① 無添加であること

選ぶ基準として、まずは『無添加』というものを選びましょう。

無添加とは、化学物質・防腐剤・香料・着色料・合成界面活性剤などが配合されていない物のことを言います。

これらの成分が皮膚や身体に悪影響を及ぼし、アレルギーや肌トラブルのきっかけを作ると言われています。

特に大手メーカーは大量生産することが目的なので、楽に、安い成分で、コスパよく製造しなければいけません。

しかし、それが全ての消費者に合うように作られているという訳ではなく、あくまで”一般的に問題が無いように”が基準であることから、敏感肌の方や肌トラブルで悩んでる方は特に、市販の安い石鹸を買わないようにしましょう。

 

② アルカリ性を選ぶ

よく弱酸性石鹸を使用している方の多くは、「洗い上がりのつっぱり感が少なく肌が潤っているように感じる」と言われます。

でも実は、『肌自体が潤っているのではなく、洗浄成分が肌に残っているから』潤っているように感じているだけのことが多いのです。

それに対してアルカリ性の石鹸は、汚れ(弱酸性)と合わさることで中和され、水で簡単にきれいにすすぎ落とせることから、つっぱり感は出ますが、それはむしろ肌の正常な反応であり、ターンオーバーを促し健康な肌へと導いてくれます。

 

③ 石鹸の製造方法や成型方法

次に大事なポイントは、『製造過程や成形方法をしっかり明記してある商品』を選ぶことです。

石鹸は石鹸素地を製造するときに原料と苛性ソーダを混ぜ合わせた後、塩析をして化学反応を起こした素から石鹸素地と不純物を取り除く工程を踏みます。

この塩析を行うことで、「保湿成分であるグリセリンも一緒に取り除かれてしまう」と言われています。

この方法は最も一般的に行われる工程で、特に表記されていない商品ならばこの製法で作られていることが多く、あまりオススメできる製品とは言えません。

なので製造方法で選ぶとしたら、保湿成分を維持しつつ洗浄力も残してある、「釜焚きけん化法(ホットプロセス)」や、「コールドプロセス製法」と明記されているものを選びましょう。


 

これらが基本的なポイントとなります。

石鹸選びと言っても、色々な種類があるし、価格も様々で何が自分に合うのか分かりませんよね。

結局は試してみないと分からないですが、上記で挙げたようなポイントをしっかり把握して選べば、市販の一般的な石鹸を買う理由がなくなるはずです。

なのでスーパーなどで売ってるような商品ではなく、今なら信頼できる企業の商品をネットで購入するしかありません。

 

では、実際にどの商品を買ったらいいのか?

実際に使ってみて良かった、個人的におすすめの商品を下記に貼っておきますので、ぜひ参考にされてみてください。

 

当サイトおすすめ無添加石鹸3選

 

① 無添加・洗浄力・保湿力の全てを兼ね備えた『サボナミドルイースト・キャメルソープ』

アラブ在住の薬剤師さんが開発した『サボナミドルイースト・キャメルソープ』の6つの魅力!!

  • 美肌に効果的な成分を豊富に含むラクダのミルクが主成分
  • ラクダのミルクはヨーロッパや中東ではスーパーフードとして有名
  • 天然100%の無添加
  • 汚れをしっかり落とせる適度な洗浄力
  • しっとり潤う保湿成分が豊富に配合
  • 30日以内の返金保証付き

通常販売されている無添加石鹸のデメリットは「泡立ちが悪い」「汚れが落ちない」「お肌がツッパる」がよく挙げられます。

しかしこの石鹸はデメリットの部分を全て改善することに成功し、適度な洗浄力と保湿の両方を兼ね備えながらも、無添加と言うすごく珍しい石鹸なんです。

昔ながらの製法である「コールドプレス製法」で一つ一つ丁寧に作られていることから溶けにくく、お肌に必要な天然保湿成分を最後までしっかり保持。

クリーミーな泡立ちで毛穴の隅々までしっかり洗浄、使えば使うほどお肌が潤っていくのが実感できるかと思います。

顔だけでなく敏感肌でお悩みの方から体にも使え、そしてお子様にも安心して使えるのでぜひ一度試してみてくださいね。

 

こんな方にオススメ・100%ナチュラル成分にこだわりたい方
・防腐剤、界面活性剤不使用の完全無添加
・肌トラブルや、敏感肌でお悩みの方
・しっとり、モチモチが好みの方
・保湿対策クリームみたいにも使える
・しっかり汚れも落とせる洗浄力
・高いアンチエイジング効果を求める方
・素肌力が高まりお肌に自信が持てる
パメラちゃん
この石鹸の主成分である「ラクダのミルク」は、ヨーロッパや中東ではスーパーフードとして注目されていて、あのクレオパトラも美容の為に愛用したと言われるほどお肌や健康にも効果が高いことが認められています。まずは2〜3週間を目安に使ってみてください。使うごとにお肌がスベスベ、モチモチのお肌になるのを実感できるはずなのでぜひお試しあれ♪

 

1年で5,376円もお得な定期コースが人気



② 加齢によるシミ・小ジワなどの肌トラブルでお悩みの方に『高濃度竹塩石鹸プレミアム

高濃度竹塩石鹸プレミアムを愛用している方の多くは、加齢によるシミ・くすみ・小ジワなどの肌の衰えを感じてたり、これからエイジングケアを始めたいという方がよく購入されています。

その理由は、この石鹸の名前にも使われている『還元竹塩』の特徴にあり、-600mvという高い還元作用が老化の原因になる酸化を防ぎ、海塩と竹塩の豊富なミネラル成分が肌を優しくいたわりながら洗い上げ、お肌の新陳代謝を一気に高めます。

インスタグラムなどのSNSや雑誌で完全無添加の石鹸として話題を呼び、一部の著名人や美容家などからも超注目されている石鹸です。

更に「とくとくコースで注文した方限定」のお得な5大特典が付いていたり、もしお肌に合わなかった場合の「30日間返金保証」などのサービスが付いていることも信頼できると、様々なユーザーから高評価を頂いている理由となっています。

 

こんな方にオススメ・完全無添加で安心安全に使いたい
・年齢による肌トラブルを防ぎたい
・これからエイジングケアを始めたい方
・ターンオーバーの周期を高めたい
・抗酸化力を維持したい
・年齢よりも肌の老化が気になる方
・経済的にお得に使用したい

 

パメラちゃん
見た目が真っ黒で自然由来だからか独特な香りがしますが、それだけ天然にこだわっているので効能は抜群。更にもしもの時の為の返金保証も付いているから、お試し感覚で購入できることが最大の魅力だよね♪

 

初回限定のとくとくコースが一番お得

高濃度竹塩石鹸プレミアム新規初回購入

 

とりあえず一度試してみたいと言う方

 

③ 朝・夜使い分ける2種類の石鹸がノーファンデでも平気な素肌へ『P.G.C.D

P.G.C.Dの石鹸はお肌のターンオーバーに着目して2種類の石鹸(朝用・夜用)を使い分けることで、

  • 朝用 … 皮脂分泌を抑えてテカリや乾燥を防ぐ
  • 夜用 … 洗いすぎを防ぎシミ・くすみの原因を完全除去

時間帯によるお肌の変化に合わせた洗浄力や効能成分がより効果的に発揮します。

更に洗顔後は「トリプルエッセンス美容液」を使用することで、お肌に必要な美容成分はもちろん、富士山の雪解け水に含まれる「バナジウム」や「アロエベラ葉エキス」「ソウハクヒエキス」などのお肌に優しい天然成分が皮膚内部にまでしっかり浸透。

このセットを活用するだけでノーファンデでも美しい肌へと導き、素肌美人の元となる基礎を作ってくれること間違いなしです。

 

こんな方にオススメ・肌への負担を極力減らしたい
・口に入れても問題ない程の天然成分配合
・黒ずみが気になる方
・シミやくすみが気になる方
・透明感でワントーンアップさせたい方
・最近化粧ノリが悪くなったと感じる方

 

パメラちゃん
2種類の石鹸を使い分けることで、それぞれの時間帯に最適な洗浄成分や美容成分が効果的に作用し、美肌の元となる素肌力を高めることに繋がるんだ。
初めて注文する方にお得な初回限定特別価格も用意されているし、もしお肌に合わない場合は30日間返金保証もあるから、まずは試してみたいという方にも使いやすいシステムになってるよ♪

 

公式サイトのトライアルセットが最もお得

P.G.C.Dトライアルセット

 

とりあえず一度試してみたいと言う方

この記事が気に入ったらフォローしよう♪
広告
>新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

新しい僕らの形「TOCC JAPAN」始動

2019年、”新時代を生きる僕たちに必要なものとは?”をテーマに人と人との繋がりを大切にする、そして新たなコミュニティを繋げるWebサービスを開始します。グローバルな時代になって、我が日本にも多くの外国人が訪れ、国境も言葉の壁もなくなりつつある今だからこそ、これからは日本と海外、日本人と外国人の思考の違いや、全く異なる価値をシェアしていくことが求められる時代になると思っています。受け入れ、糧にして、次に繋げる、そんな未来意思のある人たちが集まり、新たな価値を創造する、全ては未来の為に。。まずは僕たちから動き出します。

CTR IMG