仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

[無性に◯◯食べたい!!] 実は、その欲求にはある秘密があるのです。

[無性に◯◯食べたい!!] 実は、その欲求にはある秘密があるのです。

 

皆さんは無性に何かを食べたくなって、早速買いに出かけた経験はありませんか?

 

「ハンバーガーが食べたい!」

 

「ケーキが食べたい!」

 

「ラーメンが食べたい!」

 

など急に思った事ありませんか。

 

これらの欲求は人間なら当たり前の事なのですが、

実はこの◯◯を食べたい!と思ってしまうのには理由があるのです。

 

今回はこの人間の欲求と身体の関係性をまとめてみたいと思います。

 

 

実は栄養が足りてないサイン!?


 

皆さんは、今日の夕ご飯のレシピを考える時に、どうやって決めてますか?

 

テレビやネットでたまたま見かけて食べたくなる人もいると思いますが、

 

なんとなく肉が食べたい。

なんとなく魚が食べたい気分かなと思って決める人もいると思います。

 

実はその答えはすごくシンプルなんです。

 

『身体が求めているから』

 

これは、

その肉や魚などに含まれる栄養素が足りてなくて欲している状態という事。

 

脳が求めている事よりも先に体が反応しているんですね。

 

なので簡単に言えば「栄養が足りてませんよ。」

と訴えてくれてるんです。

 

ただこれだけたくさんの食がある飽食の時代にも関わらず、栄養が足りていないという状態というのはおかしいと思いませんか?

 

前にもこのブログで紹介したのですが、

 

[ダイエット] 痩せ過ぎ&栄養失調という異様な姿を目指す日本人女性

 

栄養のバランスの偏りによって本来必要な栄養素を補給できてなく、

食べてはいるけど、栄養が全く足りてないという現代の社会問題の一つです。

 

何でも食べればいいというものではありません。

 

食べる事は健康を保つ為であり、生きる為に食べる必要があります。

 

その部分を怠って好きなものしか食べなければ、もちろん病気を発症する可能性が高くなる。

 

それはどんな生き物でも、栄養をしっかり補ってなければ生命を維持するのが難しくなってしまいますよね。

 

なので人間の脳から出る◯◯食べたいという指令と、

身体が本当に求めてる物は実は別物なんですね。

 

なので、自分達はしっかり考えて食べるものを選ぶ必要があります。

 

 

「◯◯食べたい!」と思う理由とは?


 

 

ではそういった欲求が出た時に実際に足りないものとは何なのか?

しっかり学んでいきましょう。

 

 

 

〜しょっぱいものを食べたい時〜

 

しょっぱいものを食べたい時は、

身体に必要な、ミネラルが不足している状態。

 

必要なミネラルとは?

・ナトリウム
・マグネシウム
・リン
・硫黄
・カリウム
・カルシウム
・クロム
・マンガン
・鉄
・コバルト – ビタミンB12に使われる。
・銅
・亜鉛
・セレン
・モリブデン
・ヨウ素

 

〜これらを多く含む食品〜

海藻類・豆類・魚介類・雑穀

 

 

〜甘いものを食べたい時〜

 

甘いものを食べたい時に甘いもので補う事は、実はかなり危険です。

 

急激に血糖値を上げてしまうので身体の負担の方が大きくなり、逆に病気のきっかけを作り出してしまいます。

 

このように甘いものを欲してる時というのは、

 

たんぱく質が不足している状態。

 

タンパク質が不足するとセロトニンという脳内物質も不足し、体が糖度の高いものを欲するのです。

なので良質なタンパク質で補ってあげる事が重要です。

 

〜これらを多く含む食品〜

大豆製品・赤身の肉・ささみ

 

 

〜脂っこいものを食べたい時〜

 

フライドポテトや唐揚げなどの脂っこいものを欲してる時は、

 

カリウムが不足している状態。

 

これは身体が排出を促す事を求めているのです。

 

でも揚げ物というのは、高温で揚げる事で栄養素もほとんど失ってしまいます。

なので、別の食品でカリウムを多く含む物で排出を促す必要があります。

 

〜これらを多く含む食品〜

アボカド・スイカ・バナナ・ブロッコリー・納豆

 

 

〜すっぱいものが食べたい時〜

 

たまに梅干しなどのすっぱいものを食べたい時ってありませんか?

もしその状態なら、実はかなり身体が疲れている証拠です。

 

疲労が溜まると乳酸という疲労物質を出し、身体の疲れを訴えてきます。

 

その時に身体が本当に求めているのは、疲労回復などに役立つ「クエン酸」などの酸です。

 

逆に疲れた時に甘いものはなるべく避けた方がいいです。

 

甘いものを食べた直後は良いですが、

その後急激に疲れる事ってありませんか?

 

それは血糖値のせいなのです。

急激に上がったものは急激に下降します。

 

それが脳を狂わせ、回復したように見せかけて本当は回復していません。

疲れた時こそ梅干しなどの酸なんです。

 

〜これらを多く含む食品〜

梅干し・みかん・レモン・はちみつ・酢

 

 

〜炭酸飲料を飲みたい時〜

 

炭酸も急に飲みたくなる時ってありますよね。

 

そのような時は、

カルシウムが不足している状態。

 

このような時に炭酸を飲んでしまうと、

骨からカルシウムを濾し取り、カルシウムを吸収することで、もっと炭酸飲料が欲しくなるという悪循環に陥ります。

 

なのでこういった時は、カルシウムを多く含んだもので補わなければいけません。

 

〜これらを多く含む食品〜

ごま・ブロッコリー・魚・チーズ

 

 

〜コーヒーなどのカフェインを飲みたい時〜

 

女性の場合、生理などによって血液が不足する事が多くなります。

 

又は、貧血気味の方にも多いのがこのコーヒーを飲みたくなる症状。

 

これは、

鉄分が足りてない可能性が高いです。

 

コーヒーは、鉄分の吸収を阻害する効能もあるので、生理中の方とか、食後すぐの飲用は特に注意が必要です。

 

〜これらを多く含む食品〜

ほうじ茶・玄米茶・ひじき・レバー

 

 

まとめ

 

 

◯◯食べたい!というのは添加物などの影響で味覚や、神経までをも狂わせてしまいます。

 

本当に美味しいものや栄養価の高い物よりも、

ファーストフードやお菓子などを美味しいと思ってしまう事自体が危険なんです。

 

本当はそれらの物を身体は求めていません。

 

日々しっかり栄養価の高い物で補ってあげてれば、そういった欲求すら湧かなくなります。

 

身体が欲するものというのはしっかり身体が反応してくれてるんですね。

 

本当に足りてないものを理解してれば、何を補うべきかを判断できると思います。

 

決して間違った知識は持たず、しっかり「食べたい物」「欲してる栄養素」を理解して、その都度変えてあげてください。

 

食べたいものを食べる事も時には必要ですが、

身体の反応をしっかり見て、足りてないものを補える食事をするようにしたいですね。

 

まずはこの欲求に対する足りない栄養素をしっかり覚えてください。

 

 

読んで頂きありがとうございました。