仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

[驚愕] 世界一食べ物を無駄にし、農薬まみれの物を平気で販売してる日本

[驚愕] 世界一食べ物を無駄にし、農薬まみれの物を平気で販売してる日本

 

皆さんは、野菜や果物に使われる農薬についてどう思いますか?

もちろん身体に悪いのは分かってても、実際に野菜買った時に虫がついてたら嫌ですよね。

 

でも、その虫がつくのにも意味があるとしたら?

 

現代病や社会問題そのものの原因の一つが農薬だとしたら?

 

誰もが気にしなきゃいけない農薬について今回は皆さんとシェアできたらと思います。

 

 

農薬が危険なのになぜ使うの??

 

まず第一に考えなければいけないのは、

 

”身体に悪いのは分かってるのになぜ農薬を使用するのか??”

という事。

 

やはり農薬を使うのにも理由がありますよね。

 

農林水産省のサイトに記してありました。

農作物などに発生する害虫や病気、雑草を増えるままにしておくと、農作物の収穫量が減ってしまったり、品質が悪くなったりします。

そうならないように、農薬を使って害虫や病気を退治したり、雑草を除いたりします。

日本は、特に夏期の気温や湿度が高く、害虫や病気が発生したり増えたりしやすいので、現在でも害虫や病気による被害が毎年出ています。

また、農家1戸あたりの田んぼや畑の面積は、平均でも1ヘクタール注ほどあるので、虫退治や草むしりなどをすべて手作業で行うのは大変です。

農薬をまったく使わずに、品質のよい農作物を十分な量収穫して、ほどよい値段で安定的に皆さんのもとへ届けるには、大変な努力が必要で、難しいことがわかるでしょう。

農林水産省から引用

 

もちろん農家の方からすれば彼らにも生活がある訳ですから、売れないと意味がない訳です。

 

農薬を使わないとたくさんのデメリットもあり、野菜を売らないと生活そのものが苦しくなる。

 

でもここでよく考えて頂きたいのですが、

これは、生産者目線で考えられているということ。

 

そこにはもちろんスーパー等に行って物がなければ消費者は困る訳ですから、

どうしても生産者優先になるのも理解できるでしょう。

 

ただそこには大きな問題が隠れているのです。

 

↓↓誰でもどこでも家庭菜園に挑戦できる『シェア畑』↓↓

 

 

世界で一番食べ物を捨ててる国、日本

 

日本は食に関しては全く困る事はない程、いつ何時でも食べる事ができます。

 

コンビニやスーパーはだいたい徒歩圏内、もしくは車でちょっと出かければすぐ買えますよね。

それぐらい食べ物を得るのに特に困る事はない国は日本ぐらいではないでしょうか。

 

ニュージーランドもオーストラリアもちょっと田舎に行けば、コンビニは街に2〜3件。

スーパーも1件だけだったりします。

 

それはそれで不便ですが、そういう場所なら人間はそういった環境に慣れるもの。

 

そこに住んでればそれが当たり前ですから。

 

では日本はというと、他国からすれば何かとすごく便利で豊かな方だと思います。

 

でもその分のマイナスも大きいのです。

 

過労による人間への負担や、エネルギーの無駄遣い。

物を大量に生産し、その結果全部売れればいいですが、そう簡単にはいきません。

 

実は、日本の食品のほとんどは輸入品に頼っています。

 

日本の年間の輸入量は、『約5500万トン』

 

それに対して、日本の食料廃棄量は、

 

『約1800〜1900万トン』

 

輸入量に対して約3分の1の食料を捨ててる事になります

 

日本の食料廃棄量だけで見れば世界に対して少ないですが、

人口に対して見れば日本は世界1・2を争う程捨てています。

 

それはお金で計算すると、

 

約111兆円にも及ぶそうです。

 

それだけのお金が動いているにも関わらず平気で廃棄する日本。

 

もしそのお金を社会保障など別の使い方ができるのであれば、今頃の日本はどうなってるでしょうか。

 

消費する事よりも、大量に生産する方を優先される現代。

 

簡単に言えば生産者・企業優先の考え方です。

 

でもそこには人間にとって大きく関係するであろう何かが欠けてます。

 

そう、

 

『人々の健康』

 

僕が思う一番の問題はこの『健康』に対しての対策が全く成されていない事だと思っています。

 

↓↓食料排気に関する本はコチラ↓↓


さらば、食料廃棄 捨てない挑戦

 

 

 

大量生産の為の危険な農薬を使用する日本

 

 

日本の農薬使用量は世界第3位!!

 

日本の食は安全・安心なんてこと言われていますが、その時代はだいぶ昔に終わっています。

 

中国やアメリカの食品は危険だ!なんて言われる方もいますが、日本も他国を批難する状態ではなくなってきています。

 

そして農薬の使用量も問題ですが、

そこで使用される農薬の種類に問題があるのです。

 

日本で使用されてる主な農薬は、

 

ヨーロッパなどの欧米諸国では禁止されてる農薬を普通に日本では使用されています。

 

いわゆるネオニコチノイド系の農薬です。

 

なぜ欧米ではその農薬が禁止になったか?

 

答えはシンプルです。

 

人体に有害だから。

 

ネオニコチノイド系農薬は自ら興奮状態を起こし、その状態を持続させることで、神経を撹乱して死に至らしめます。

作用の仕方はそれぞれ違いますが、どちらも虫の神経を狂わせるもの。

1989年~1999年の10年間の研究内容を再評価したもので、この10年間は有機リン系農薬の使用が多くなった時期と重なっています。

実際、日本でも1980年~2013年の33年間でパーキンソン病の発症数は、7820人から12万6211人と16倍に増加。

パーキンソン病は、手足の震えや筋肉のこわばりなどが起こる神経の病気であり、難病です。

EFSA(欧州食品安全機関)は、有機リン系農薬と同じく、ネオニコチノイドも神経の発達と機能に悪影響を与えると発表しています。

特にアルツハイマーやパーキンソン病、ADHD(注意欠如・多動性障害)、ASD(自閉症スペクトラム)など、子どもたちの発達障害にも大きく影響しているというのです。

また、有機リン系とネオニコチノイドの影響が合わされば、毒性は1000倍以上になると考えられています。

食べ物が危ない!から引用

 

この有機リン系とネオニコチノイド系の農薬、

もちろん日本では当たり前のように使用されています。

 

このように農薬の基準に関しては日本は自由でやりたい放題なんです。

 

先程の記事にも説明されてましたが、農薬による主な病気としては神経系の疾患です。

 

最近ではうつ病などの精神的な病気として診断される人が多くなっていますが、

 

これも農薬とは無関係とは言い切れるでしょうか。

 

僕は原因の一つだと思っています。

 

そこまでしてでも企業や生産者は売りたい訳です。

 

あとは消費者自身の問題だけだと思います。

 

まとめ

 

以前にミツバチの記事でも説明しましたが、

 

[深刻な環境問題] ミツバチ絶滅の可能性とマジでヤバい人間への影響。

 

農薬の使用によって虫に問題が起き、その結果自分達人間に降り掛かるという構図です。

 

これは生物が生きるうえでは絶対に崩してはいけない構図です。

 

虫や動物が存在するから自分達人間も生きる事ができています。

野菜を育てるのも虫は貴重な存在なんです。

 

その大事な存在にも関わらず、もし殺してしまったら?

 

もちろん野菜としては人工的にやってるので普通に成長するでしょう。

でも問題なのはその野菜自体の栄養素だったり、農薬による人体への影響の方が重要なのではないでしょうか。

 

実際に無農薬やオーガニックで育てた野菜の方がこういったメリットがあります。

 

•様々な病気の一因とされる殺虫剤の影響が低い

•薬剤耐性菌に対する暴露がより低い

•ビタミンCやあらゆるフェノール類などの有益な栄養素を多く含む

•硝酸塩などの有害物質量が少ない

•環境汚染を回避しつつ、収穫量は従来の農業技術に匹敵する

•農場労働者の農薬による影響がより低い

•慣行農業に比べ全体的な環境負担が低い

IN YOUから引用

 

無農薬でやるのは自分自身の為でもありますが、

 

こういったプチ農家を増やす為、もっと健康に興味を持ってほしいという事。

 

そして極力自然環境を壊さないために自分にできる事をやってるだけです。

 

もちろん僕一人の力では足りないのは分かっています。

 

でも誰かがやらなければいつまでもこの食の問題は改善されないので、自分にできる事をやってる訳です。

 

全ての原因は大量に物を作るからです。

個人でもし土地が余ってるなら小さな畑でもやって自分達家族ぐらいは補えるでしょう。

 

その結果、物を無駄に買わなくて済みますよね。

 

そうやって少しずつでも行動する人が増えれば、この社会問題や大量生産の根本的な問題を解決できるきっかけになるはずなんです。

 

こういった事を知ってもまだ無駄に消費し、何も行動しないまま生活しますか?

 

いつまでも解決しない問題に目をつぶって野放しにするのですか?

 

僕は僕にしかできないスタイルを貫いていきたいと思います。

 

 

読んで頂きありがとうございました。

 

★今大注目の『シェア畑』★

〜空いてる土地をみんなでシェアして、安心安全な食を守ろう〜




★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆★
無農薬野菜を栽培するなら
貸し農園の「シェア畑」全国70農園展開中!
★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆★

■□■今話題のサービス!「手ぶらで行けるサポート付き貸し農園!」■□■

●魅力1 栽培に必要な物は全て揃ってるから手ぶらで通える!

●魅力2 無農薬野菜を自分で栽培できるから安心・美味しい!

●魅力3 菜園アドバイザーが責任をもって栽培方法を教えてくれる!

★シェア畑・貸し農園 全国に70ヶ所続々開園しています!★

↓※興味があれば『無料見学』に!お近くの畑を探してみましょう♪↓

手ぶらで行けるサポート付き貸し農園【シェア畑】