仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

健康オタクの僕が意識して毎日食べてる7つの物

健康オタクの僕が意識して毎日食べてる7つの物

 

どうも!健康オタクのAustinです。

 

今まで、健康の事でこれダメ!あれダメ!!と言ってきた僕ですが、

 

『じゃああんた何食ってんの?』

 

という質問に答えるべく、健康オタクが毎日摂取してる物についてと、更に普段使ってる物を貼っておきます。

よかったら参考にしてもらえたらと思います。

 

最初に言っておきますが、僕は基本的に1日に1食か2食です。

 

詳しくはコチラ↓↓↓

 

僕がここ2年程実践してきたプチ断食。マジで変わった8つの事。

 

食べるものには日頃からある程度気を使ってますが、

時にはジャンクフードなどの食べたい物食べる時もあるので、日によって色々調節してる事は承知のうえで見てもらえたらと思います。


僕が普段意識して食べてるものを紹介

 

1、フルーツ


 

フルーツは基本的に毎日の朝に食べてます。

季節によって食べる物を変えてるので、その時によって食べる物は違います。

 

フルーツの良いところは、

・高い抗酸化作用

・消化、吸収に役立つ酵素が多く含まれる

・ストレス緩和やデトックス効果がある

 

ヨーロッパのことわざでは『朝の果物は金、昼は銀、夜は銅』と言われています。

 

それほど朝に果物を摂る事は良いと言われている訳です。

 

それはなぜかと言うと、

朝は基本的に排泄の時間帯であり、その朝に大量の朝食を食べてしまうと身体が消化にエネルギーを使ってしまう為に排泄がスムーズに行われなくなるというもの。

 

だから比較的身体に負担の少なく、栄養価も高くて消化も早いフルーツが良いと言われています。

これは自分の身体で実際にやってみた結果なので自分の身体にとってはすごく合ってる事でした。

 

〜気をつけるポイント〜

 

・フルーツによっては紫外線に過敏に反応して、紫外線を吸収しやすくしてしまう物がある。
レモンやオレンジの柑橘系・キウイ・イチジク・アセロラ

 

・果物にはカリウムが多く含まれるので、身体を冷やしてしまう。
バナナ・キウイ・スイカ・マンゴーなどの南国で育つような果物は基本的に身体を冷やす

 

・果物の残留農薬は他の野菜などに比べて多い
イチゴ・リンゴ・桃

 

 

 

2、コーヒー




昔、コーヒーはあまり飲み過ぎると良くないとかの情報もありましたが、最近ではその情報も覆され始めています。

僕はだいたい一日2杯から3杯くらいは飲みます。

 

http://news.livedoor.com/article/detail/11172951/

 

最近の報告では、実はコーヒーには肝臓がんや様々なガン予防に効果があると発表されました。

それだけではなく、コーヒーにはたくさんのメリットがあります。

 

・最強の抗酸化作用

・コーヒーの香りが精神を落ち着かせ、リラックス効果を高める

・お酒好きには朗報である肝臓の機能を高める

・運動効果を高める

・ボケやアルツハイマーなどの発症を抑える

 

〜気をつけるポイント〜

 

・カフェインによる利尿作用で必要なカルシウムや鉄分を排出してしまい、骨粗しょう症や貧血を起こす可能性が高まる。

・身体を冷やす効果があるので、冬は必ずホットで、ブラックよりもミルクなどを入れて飲んだ方がいい

・空腹時に飲むのは胃腸に負担をかけてしまう

・歯の黄ばみや口臭の原因になるので水を最後に飲むなどの工夫が必要

 


マウントハーゲン オーガニック フェアトレード カフェインレスインスタントコーヒー100g

 

 

3、ナッツ




ナッツは海外に住んでる時によく食べてたので、それから食べるのがクセになってるのですが、実はナッツはすごく栄養価が高い物なんです。

 

・不飽和脂肪酸、カルシウム、カリウム、マグネシウム、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれているのでメタボや高血圧を予防する

・抗酸化作用をもつ栄養素やフィトケミカルが、善玉のLDLコレステロールを低下させ、善玉と悪玉のコレステロールのバランスを改善する

・高い抗酸化作用により、生活習慣病やガンの発症を抑える

 

僕はナッツを食べる時は食前に食べる事が多いです。

食物繊維が豊富に含まれるので、食べ過ぎを防ぎ、血糖値の上昇を抑えるので身体への負担を少なくしてくれるからです。

 

〜気をつける事〜

 

・ナッツを食べ過ぎてしまうと、食物繊維の大量摂取で腹痛や下痢になる可能性がある。

・不飽和脂肪酸が多く含まれるので、脂質が多く、大量に摂取すればその分高カロリーがになるので太る原因になる。

・なるべくノンオイルで素焼きの物がいい。

 

 


ミックスナッツ ロースト / 1kg TOMIZ(富澤商店) 素焼き 無塩 無添加 オイルなし 保存に便利なチャック袋入 アーモンド カシューナッツ くるみ 胡桃 クルミ

 

 

4、ミューズリー



ミューズリーを食べる時は豆乳やヨーグルトをかけて食べます。

ミューズリーとは、ロールドオーツ(燕麦の押麦)などの未調理の加工穀物とドライフルーツ、ナッツ、種子類などを混ぜ合わせたシリアル食品の一種である。

Wikipedia

 

そのままでも良いかもしれないですが、パサパサで食べにくいので豆乳などで柔らかくしてからの方が美味しく頂けると思います。

 

・主原料のオーツ麦には豊富な食物繊維を含んでるので、便秘解消に役立つ。

・ミネラルも多く含み、その中の成分の亜鉛が肌のターンオーバーを正常にしてメラニンの代謝を促しシミやそばかすを防ぐ。

・たくさんのビタミンも含んでる為、アンチエイジング効果が高い。

 

〜気をつける事〜

 

・食物繊維を多く含んでるので、食べ過ぎは下痢や腹痛の原因になる。

・糖分の入ってる物もあるので糖質過多にならないように注意する。

・豆乳やフルーツとの相性が良いので、その分身体を冷やしてしまう可能性もある。

 

 


アララ クランチフルーツ&ナッツミューズリー 800g

 

 

5、豆乳




小さい時からずっと牛乳を飲んでましたが、腸の調子が悪く一向に良くならなかったので、豆乳に変えてみたら良くなったという経験があります。

 

なので、僕は牛乳の代わりとして豆乳を使用しています。

そのままでは飲まず、だいたいは料理に使う事の方が多いです。

 

・豆乳に含まれるレシチンが記憶力を高め、ボケ防止や集中力向上で脳を活性化する。

・大豆イソフラボンが女性ホルモンに似た働きをしてくれるので、女性ホルモン低下に伴う骨粗鬆症や乳がん、更年期障害などの予防する。

・豆乳の“オリゴ糖”が腸内の善玉菌・ビフィズス菌を増やし、腸内環境を良くし、便通改善。

・ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2を多く含むので、美肌効果、皮膚の保護などの効果が有り、血行促進、肩こり改善の効果もある。

 

男性にとってはあまりなじみのない豆乳ですが、適度に飲む分には男性にも効果が高いです。

抜け毛予防や体臭を防ぎ、良質なタンパク質により丈夫な筋肉を作り出してくれます。

 

〜気をつける事〜

 

・大豆イソフラボンによる女性ホルモンを摂取しすぎると、生理不順や、逆に体調不良を引き起こす。

・大豆アレルギーになる可能性が高くなる。

・骨粗しょう症の方の飲用は更に進行させてしまう可能性もあるので注意。

・大量の豆乳を飲む事は逆効果なので、一日にコップ1杯程度がおすすめ。

・調製豆乳には砂糖など余計な物が入ってるので、無調整豆乳の方がいい。

 

 


ふくれん 九州産ふくゆたか大豆 成分無調整豆乳1L紙パック×12(6×2)本入

 

 

6、味噌



うちの家庭では小さい時から毎日夕食に味噌汁が出てたので、ご飯とセットのようになっています。

ご存知だと思いますが、味噌は日本を代表する発酵食品の一つです。

発行された物は身体にとっても良い事だらけなんです。

 

・味噌に含まれるマグネシウムやカリウム、ペプチドが血圧の上昇を抑えて高血圧予防。

・血糖値の上昇を抑えるので糖尿病予防に役立つ。

・レシチンやコリンという成分が肝臓の解毒作用を高め、デトックス効果を高める。

・酵母や乳酸菌、麹がガン細胞の原因を除去すると言われている。

・美肌、シミそばかすに最高に効く美容効果が高い。

 

昔から味噌は日本で代々作られてきた伝統のある保存食品です。

そういった昔からあるような食品は日本人の身体にとって相性が良いんです。

 

〜気をつける事〜

 

・大豆は輸入品や遺伝子組み換えで作られてる物が多く、安い物はそれなりのコストしかかけてないので買わない事。

・原材料を見て、余計な添加物やよく分からない物が入ってたらそれは味噌に似せた味噌味の物。

 

 


マルコメ プラス糀 無添加 糀美人 650g

 

 

7、玄米(雑穀米)



玄米は海外にいる時から食べるようにしてたのですが、あの食感と味が好きなんですよね。

白米ではどうしても糖質の摂り過ぎになってしまうので、白米と混ぜる事で血糖値の上昇を抑え、味や食感を楽しめます。

 

・食物繊維が多く含まれるので、便秘解消や腸内環境を整える効果がある。

・老廃物や添加物、放射能などを浄化する強力なデトックス効果がある。

・白米に比べて糖質も少ないうえに栄養価が高い。

 

玄米に関しては色々賛否両論あるようですが、どの情報が正しいというより自分に合うかどうかだと思います。

単純に味や食感が好きでなければ食べる必要もないし、もちろん玄米を摂る事でのデメリットもあるからです。

 

〜気をつける事〜

 

・発芽抑制因子の細胞毒性がミトコンドリアを傷つけ、様々な病気の原因を作り出す可能性がある。

・硬い殻が消化できず、消化不良を起こし、栄養素のほとんどを排出する事になる。

・殻に付いた農薬や放射能の影響が大きい。

・選ぶ時は生きた玄米を買う事。

・玄米を炊く前に一度水に浸して発芽する必要があるので、発芽しない玄米は死んでる米。

・もし硬く炊けた場合は極力食べず、2度炊きでもして柔らかくしてから食べる事。

 

 


玄米 筑後の安心米 27年間 無農薬 無化学肥料 福岡 農家直送

 

 

まとめ



個人的に僕が好きな物ばっかりですが、よく食べる物をまとめてみました。

 

どの食材でも言える事ですが、食べ過ぎや飲み過ぎはよくないです。

栄養という物は偏りすぎてもダメだし、足りなさ過ぎてもダメです。

 

適度に摂る事が重要。

 

その為には自分の身体を知る事です。

自分の身体にはこの方法は合ってますが、全ての人に合う訳ではありません。

 

人によっては豆乳が合わないとか、玄米を食べて下痢したとか色々な反応があると思うので、自分に合った適量を知る事と、自分の身体で一度試してみる事です。

 

そして反応を見てもしダメそうなら違う方法を試し、自分に合う物を見つけるまで続ける事。

自分の身体を知る事が健康を維持する秘訣だと思います。

 

病気になるかならないかは自分次第です。

より良い判断をして、その都度やり方を変えていくぐらいの方が良いと思います。

 

 

読んで頂きありがとうございました。