仮想通貨情報シェアするサイト『シェアクリ』

〜フルーツ好きの為の講座〜 ぶどうの効果を調べたら女性に良い事しかなかった。

〜フルーツ好きの為の講座〜 ぶどうの効果を調べたら女性に良い事しかなかった。

 

僕は、フルーツ好きな肉食フルーツ好き男子です笑

 

まあなんでもいいですよね。

 

今まで夏の間はスイカばっかり食べてたので、スイカの記事は前に載っけました。

よかったら読んであげてください。

 

スイカを育てたからこそ分かる、夏に絶対に食べた方が良い理由とは?

 

大好きなぶどうの季節がやってきてついに買ってみたのですが、

栄養やぶどうの事を知らない方も多いと思うので、今回はぶどうについて説明していきたいと思います。

 

 

1、意外と知られていないぶどうの品種の数


 

日本で栽培、又は売られてるぶどうの品種はなんと、

 

54種類!!

 

それだけの種類があっても、実際によく食べる物は限られてますよね。

主によく見かける品種は、

 

・巨峰
・デラウェア
・ピオーネ
・シャインマスカット

 

ぐらいでしょうか。

 

それ以外の品種はあまり知らないし、日本ではあまりメジャーではないのであまり食べた事がない方も多いと思います。

 

ただそれだけ多く生産され、実はすごく栄養価も美容効果も高いぶどうを食べない訳にはいきません。

その時期に摂れるものには意味があるので、その理由や効能を確認していきましょう。

 

もし、もっと品種の特徴を詳しく知りたい方はコチラをご覧ください↓↓↓

 

http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/budou1.htm

 

 


訳あり 種無し 味極み 巨峰 ぶどう 減農薬 長野県 小布施 信州 4~6房 2キロ

 

2、ぶどうの効果が女性には良い事しかない


 

 

1、老化防止&美肌効果

ぶどうにはたくさんのポリフェノールが含まれてる為、老化や美肌に効果があります。

その中でもいくつかの成分の特徴があります。

『ポリフェノールの一種・レスベラトロール』という成分が長寿の効果があるとか。

この成分を摂取する事で細胞が活性化し、寿命を伸ばすきっかけを作ってくれるというんです。

更に、肌の老化や荒れの原因でもある活性酸素も除去してくれるので、美肌やシミ・シワを予防する効果が高い。

他にも、『プロアントシアニジン』という成分も老化防止や寿命に効果があるとの事。

この成分は強力な抗酸化作用を持ってる成分で、老化や疲れの原因である活性酸素を除去する事ができるので、結果的に老化を防いでくれるんです。

この成分に関してはぶどうの種に多くの成分を含んでるので、ぶどうそのままよりワインなどで摂取する方が効果的です。

 

 

2、病気やアレルギーになりにくい身体を作る


先程も説明したポリフェノールの一種であるレスベラトールという成分は、様々な効果をもたらしてくれます。

発ガンやアレルギーの病気の症状を抑え、病気になりにくい身体を作ってくれ、

特に、ポリフェノールの一種のタンニンが腸内環境を改善する効果があるのです。

の原因である腸内環境を整え、善玉菌を増加し、体質改善のきっかけをつくってくれます。

後は、カリウムやマグネシウムも多く含んでるので利尿作用があり、むくみ防止にもなります。

 

 


【福袋】 全てボルドー金賞受賞 高樹齢 生産者元詰 贅沢飲み比べ 厳選セレクト 赤ワイン 6本 ワインセット 750ml 6本

 

 

3、ぶどうは皮ごと食べることに意味がある


 

こう見ると、ぶどうはとても栄養価の高い果物です。

 

でももちろん食べ過ぎはよくないですよね。

ぶどうは甘い物なので、どうしても糖分が多く含まれてます。

食べ過ぎれば糖質の摂り過ぎで、肥満や虫歯の原因を作る可能性があります。

 

後は、ぶどうの栄養が多く含まれる場所は皮と実の間です。

分厚い皮を嫌がって食べない人もいますが、適度であれば食べた方が身体には良いです。

ぶどうの栄養で大事なのはポリフェノールですから、その成分を多く含んでるのが皮とその皮と実の間なんです。

なるべくそのまま、もしくは皮の内側を意識して食べるとしっかり栄養を補給できます。

 

後は、ワインでの摂取もおすすめです。

ワインを抽出する時に種も皮を圧縮して抽出するので、栄養価が高いんです。

飲み過ぎはダメですが、適度な摂取なら老化防止や美肌効果を高めてくれそうですね。

 

 

4、良いぶどうの見極め方


 

最後にぶどうを買う際におすすめの見分け方を説明します。

 

 

1、果軸が緑色のもの

2、色やツヤがそろっている

3、白い粉(ブルーム)がしっかり残ってるもの

 

 

ぶどうの歴史は古く、紀元前3000年程前のヨーロッパでは既に栽培されてたとの事。

それだけ昔から栽培され、畑のミルクと言われるぐらい栄養価が高く、薬の代わりとして今まで作られています。

 

夏で傷めた肌や、溜まった疲れを解消する為にぶどうを食べたり飲んだりする事は健康維持や、老化防止の為にはすごく良いと思います。

ぶどうの旬は夏の終わりから秋ぐらいまでで、食べれる期間も限られてるので旬な時期にぜひ美味しく頂いてみてください。

 

 

読んで頂きありがとうございました。